大正世代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大正世代(たいしょうせだい)とは、大正元年7月30日から大正15年12月25日まで[1]の15年間(大正時代)に誕生した世代のこと。すなわち、大正生まれのことである。西暦で言うと1912年から1926年生まれまでに相当する。

概要[編集]

大正世代の時代背景[編集]

大正生まれの時代と年齢の早見表
大正元(1912)年生まれ 大正15(1926)年生まれ 主な出来事
1926(大正15/昭和元)年 14歳 0歳 昭和へ改元
1937(昭和12)年 25歳 11歳 支那事変日中戦争
1941(昭和16)年 29歳 15歳 大東亜戦争太平洋戦争
1945(昭和20)年 33歳 19歳 終戦
1952(昭和27)年 40歳 26歳 サンフランシスコ講和条約
1964(昭和39)年 52歳 38歳 東京オリンピック
1973(昭和48)年 61歳 47歳 第1次石油危機
1990(平成2)年 78歳 64歳 バブル崩壊
1995(平成7)年 83歳 69歳 阪神・淡路大震災
2011(平成23)年 99歳 85歳 東日本大震災東北地方太平洋沖地震
2017(平成29)年 105歳 91歳 (現在)
大正世代の成長過程と時代背景

1926年(大正15年・昭和元年)の大正から昭和への改元時には、大正生まれは全て未成年であった。大正生まれは青少年期だったころに、1937年(昭和12年)の支那事変日中戦争[2]1941年(昭和16年)-1945年(昭和20年)の大東亜戦争太平洋戦争)を経験した[3]。壮年期には、1964年(昭和39年)の東京オリンピック[4]1973年(昭和48年)のオイルショックを経験した[5]。元号が昭和から平成改元された時には、大正生まれは全員60歳を超えていた。2001年(平成13年)の21世紀への転換期に大正生まれは全員後期高齢者となり、2012年(平成24年)には大正元年生まれが100歳となった。[6]

大正時代生まれ[編集]

大正時代は、明治時代以降の近代年号(明治・大正・昭和・平成)の中で15年間という最も短い期間であり、唯一20年なかった時代であった。そのため、大正生まれだけは、全員が成人する前に昭和時代になっており、大正年間はまだ未成年者であった。

明治生まれ以降の成人になる年齢についての説明
明治(明治時代)生まれは、明治天皇の在位中に初めての明治生まれの1868年(明治元年)生まれが1888年(明治21年)に二十歳の新成人として成人した。明治時代最後の年である1912年(明治45年)に1892年(明治25年)生まれが、明治最後の新成人として二十歳になり成人した。明治生まれは全て1932年(昭和7年)に最後の明治生まれである1912年(明治45年)生まれが成人した。
昭和生まれは、昭和天皇の在位中に最初の昭和(昭和時代)生まれとして二十歳の新成人となった1926年(昭和元年)生まれが、1946年(昭和21年)に成人した。昭和時代最後の年である1989年(昭和64年)に1969年(昭和44年)生まれが昭和最後の新成人として二十歳になり、成人式を迎えた。昭和生まれは全て2008年(平成20年)に、最後の昭和生まれである1988年(昭和63年)生まれが成人した。
平成生まれは、1989年(平成元年)生まれが2009年(平成21年)に平成生まれ初の新成人として二十歳となり、成人式を迎えた。
大正生まれ(大正世代)は1932年(昭和7年)に最初の大正(大正時代)生まれの1912年(大正元年)生まれが成人した。1932年(昭和7年)~1945年(昭和20年)の15年戦争の期間内に20歳の成人となった大正世代の男子は成人と同時に召集令状赤紙)が来て日本軍軍人となった。最後の大正世代の1926年(大正15年)生まれは、最後の大正生まれの新成人として二十歳を迎えて、1946年(昭和21年)に成人した。「大正生まれ」と云う曲が昭和時代の戦後期に誕生した。作詞者小林朗であり、女性篇は作詞佐々木律子玉城百合子楽譜はニ短調四拍子の曲で、作曲大野正雄編曲大前成之である。[7]

大正時代の影響[編集]

幼年期に第一次世界大戦があり、大正時代に帝国主義藩閥政治が終焉していた。大正デモクラシーによる民力涵養運動部落解放運動労働運動婦人解放運動普選運動があった。その結果、民本主義思想が国民に広まった事によって大正時代末期から政党政治が行われるようになった。昭和初期に民政党政友会二大政党から内閣総理大臣天皇から任命された。また全ての成人した国民男子が、選挙権を獲得する普通選挙法が大正末期に成立して、昭和初期に普通選挙が行われた。

第一次世界大戦では、戦車毒ガス戦闘機など新兵器が登場した。新兵器による激しい戦闘で大量の戦死者がでるようになった。将軍や兵士中心の戦争から武器中心の戦争となり、爆撃機による空襲で民間人を攻撃する近代戦争の時代となった。子供時代(小学生時代)に関東大震災で被災した体験がある最年少の世代である。[8]大正デモクラシーの時代に生まれた「大正世代」は大正時代の中心思想であった吉野作造が唱えた民本主義による思想の影響でリベラルな思想を持っていた。

大正世代が受けた教育[編集]

大正世代は日本人平均寿命は人生50年以下の42歳くらいと教育されていたと例えられている。軍事費の増大と植民地経営のコスト増大と世界大恐慌による収入減で財政難となっていた。財政難で日本人の1人当たりにすると戦前に生まれた赤ちゃんは誕生と同時に1人200円の国家の借金を背負っていていた。国民男子日本国家のために軍人となり、国民女子はたくさんの子供を産んで後継者を残せと教育されていた。大正世代は大正時代に改革された教育思想の遺産である大正自由教育運動など欧米で活発化していた新教育運動が日本にも輸入されて、1920年代から1930年代前半にかけて起こった運動で教育された世代である。[9]

自由主義の影響を受けて、家制度によるお見合い結婚から恋愛を謳歌する風潮や、個性を重視する教育・作文による教育・私立学校による教育が盛んになっていた。[10]大正時代には、明治時代までは帝国大学のみだった大学が大学数が急増していた。明治時代までは専門学校扱いであった私立大学大学令により認可されて、高等教育が普及した。当時はまだ義務教育のみの小学校卒業の学歴が大半であり、大学生エリートであったが、都市部を中心に大学を卒業したインテリ層が増加してサラリーマン層が誕生した。学歴社会や企業社会の基礎となる高学歴化や都市化が進展した。箱根駅伝高校野球など戦前から始まり戦後になっても続いている部活動が盛んになった世代である。[11]帝国大学・旧制大学旧制高校旧制中学で戦前期に最後の大日本帝国教育制度を受けた世代である。[12]

文化・思想[編集]

文化的には大正ロマン昭和モダンなどの影響で、歌謡曲や洋服などの衣装や洋食文化が普及した。ロシア革命など社会主義思想の影響を受けて、労働問題や貧困問題で左翼思想が台頭した。天皇制を否定する危険思想と解釈した日本政府は、左翼思想への対策として尊王精神を強化したり、靖国神社を信仰する右翼思想教育や軍国主義を強化する思想教育を行った。

世代的特徴[編集]

大日本帝国最後の正規軍人世代[編集]

大正世代は大正時代から昭和時代の戦前期にかけて学生時代を過ごして、最後の大日本帝国の戦時下でない正規の教育制度を受けた世代である。小学校時代に修身などの授業で尊皇など天皇制教育を受けた世代である。大日本帝国の時代に最後の若者だった世代であり、昭和時代の軍国主義体制下で青年だった世代であり、男性が正規兵として従軍して、戦争前から~戦中までの時期に軍隊経験がある世代はこの世代が最後である。(次の世代である、昭和一桁世代も軍隊経験があるもの、それは予科練や最末期であり、この大正世代は最後の正規期間で教育を受けた職業軍人の世代であり、最後の正規徴兵制度の対象世代であった。大正時代に誕生した男性は30歳の壮年期までに約4割の男性が死亡した。戦死は(割合が7分の1に当たる14%が戦死)または病死など(その他の理由として支那事変日中戦争)や大東亜戦争太平洋戦争)で食糧の補給路が絶たれ飢餓の増加や戦地で病気が流行して、日本軍の医療体制が不備であり戦病死が急激に増加した事や、戦争関係の自決の増加や戦後の経済苦による自殺や負傷自殺の増加や戦前の医療の未発達で男性の乳児死亡率が高かった事でその他の理由で26%の男性が)死亡した事で、大正世代の男性人口が急減した。

戦死が多い世代[編集]

親世代である明治生まれ世代の政治家や陸軍及び海軍指導者の日中戦争太平洋戦争の犠牲となった若手の日本兵であった世代で、多数が学徒出陣神風特攻隊などで出陣や戦死などした。「特攻隊の遺書」や「きけわだつみの声」などで大日本帝国の若い日本兵であった大正世代の若い男性の死生観が理解できる。織田信長の時代から大日本帝国の時代までは「人生50年」と呼ばれていたが、大東亜戦争の期間内では、男性の平均寿命は大量の日本兵が戦死した事によって、平均寿命が22歳まで一時的に急低下したので「人生20年」と云う言葉が誕生した。1950年(昭和25年)の人口統計では20歳(1930年生まれ)から44歳(1906年生まれ)までは、男性の数(明治末期世代から~大正世代~昭和初期生まれ世代までの男性人口)が女性人口を下回っていた。[13][14]特に大正世代の、25歳(1925年(大正14年)生まれ)から34歳(1916年生まれ)までの男女の人口を比べる男女比は、100万人以上男性人口が女性人口より少なかった。大正世代の成年男子100万人は、戦争の犠牲になってしまった事を示す人口統計である。大正時代に誕生した日本人の男子の人口は、合計では1348万人いる。1348万人のうち、約200万人近くが戦死した。[15]つまり、大正世代の人口の7分1の割合の男性が戦死している。さらに、大正10年代に生まれた1921年(大正10年)生まれから1926年(大正15年)生まれの大正末期世代では、7分の1以上の男性が戦死している。大正世代の中でも特に大正10年代に生まれた世代の戦死率が高い。

男女比[編集]

戦国時代の日本の性比は、大正世代の男女比と同様で合戦による武将足軽戦死の急増で男性人口の方が女性人口より少なかった。

江戸時代中期~江戸時代幕末期の日本の性比は男性人口の方が女性人口より多かったと推測されている。江戸時代(近世期)は江戸四大飢饉など飢饉があり、貧困百姓が多かった時代であった。歴史学者の間では心理学的に男尊女卑の思想が蔓延して男児誕生が優先されていた事や、意図的に女性人口を減らして人口を減少させる政策が行われていたとされている。江戸時代の百姓の間では、女児間引きが増加していた。

町人人口は農村(地方)から江戸などの城下町への出稼ぎの増加で、町人の人口の研究者の間では以下のような性比であったと考えられている。

江戸の人口の歴史的な資料の人口統計を研究している歴史学者から男蟻地獄と呼ばれているように1743年寛保3年)に成人男子約31万6千人、成人女子18万5千人で[16]男性人口の方が女性人口より多かった。[17]武士身分ではなどを持つ殿方が多くて女性人口の方が男性の人口より多かったが、町人や百姓は女性人口より男性人口の方が多くて性比が男性過剰であったので吉原など風俗での売春の横行やポルノ浮世絵が流行した。

明治時代から~昭和初期(昭和一桁)の時期までの日本の男女比は、紡績工場の不衛生から女工の結核死が多かった事。産婦人科医療が普及していなくて多産が常識であった時代背景から大日本帝国の30代女性の出産によって死亡する妊産婦死亡率の高かった事。また、婦人科系の病死が多かった事で、25歳~45歳の性比(昭和5年度に実施した国勢調査の統計)[18]は男性105人~107人対女性100人の割合で女性人口より男性人口の方が多くて、戦前の日本女性の平均寿命は男性と同じ程度で短かった。

江戸中期~昭和初期までの日本の性比日露戦争による若い男性の病死や戦死の増加による一時的な男性人口の減少はあったが、大日本帝国時代は女性人口より男性人口の方が多かった。1937年(昭和12年度に実施した国勢調査の統計)からの日本の性比は日中戦争による若い男性の戦死の急増で男性人口より女性人口の方が多くなり、戦後から平成期は女性の高齢化の進行で女性人口の方が多い状態が続いている[19]

戦争で多数の日本軍兵士戦死したため大正世代の若い男性の日本人が少数となり、トラック一杯の女に男が一人の割合と呼ばれるまで男性人口が減少した事から、終戦後に男性人口が少なくなる男性不足の問題があった。若い大正世代の男子の人口が不足した事から、若い女性は結婚難になった。男性は男女比が女性の方が圧倒的に多かった事から容易に結婚が出来て生涯未婚率は極めて低い1%以下であり99%の適齢期男性結婚をしていた。男性は病気の保有や障害者犯罪者であるなど特別な事情がない以外は全員結婚する皆婚であった。男性は自由に女性を選び結婚できると言われるくらい男性人口が少なかった。女性婚約者戦死未亡人になる悲劇的な女性が多かった。男性人口の不足から女性は一夫一婦制度の下では結婚難になった。女性は男性より未婚率が高くて、有力な男性のとなる女性がいた。また、占領軍パンパンと呼ばれた売春婦となる女性や、占領軍の兵士と結婚して「戦争花嫁」となった女性もいた。最後の家制度世代であった。1945年(昭和20年)11月1日沖縄県を除く日本全国の人口調査では兵役についた年齢の17歳から39歳までの性比が低いが、20歳代半ばの性比は0.4人まで低下して、20代では男性人口は女性人口の半分以下しか日本国に存在しなかった。

男性の40歳時点の生存率は1つ世代が下の昭和一桁世代は約8割(80%)であった。息子である団塊の世代では約9割(90%)に上昇したが、父親である大正生まれの男性の40歳時点の生存率は約5割(50%)であった。乳児死亡率が低下した新人類世代や孫世代である団塊ジュニアの男性の40歳時点の生存率は96%~97%で男性がほとんど死亡しなくなり40歳時点で男性人口の方が女性人口より多くて、2010年(平成22年)の25歳~34歳の性比は男性102人対女性100人の割合で男性が多くなり男性の未婚者が急増した。[20]日本国内の25歳の適齢期性比を見ると、太平洋戦争で、若い男性の4分の一が戦死した事で1947年(昭和22年)の時点の25歳(大正末期生まれ)の性比は男性75人対女性100人であった。戦後25年以上たった1970年(昭和45年)の時点の25歳性比の統計でも男性が女性より少なかった。団塊の世代が25歳性比がほぼ同数だった世代であった。戦後の占領期栄養不足が、男の子の死亡率に大きく影響していたのが原因である。[21]1975年(昭和50年)以降から男女比が逆転して、しらけ世代の若者から男性人口が急増して25歳性比は女性人口より男性人口の方が多くなった。男女の人口が同数又は女性人口の方が多くなる年齢が大正世代~団塊の世代では男性の戦死や病死が多かった事から20歳~25歳以上が女性人口の方が男性人口より多くなる年齢であった。しかし、戦後の少子化世代のしらけ世代~新人類世代では、男性の病死の急減や戦死がなくなり、47歳~50歳以上で男女の人口が同数又は男性人口より女性人口の方が多くなる年齢になった。(千葉県などの首都圏愛知県などの男性が多い都道府県では60代で男女の人口が同数となる)、大正世代の男性の生涯未婚者が1%以下であったのに対して、1960年(昭和35年生まれ)では20%の男性が50歳時点で一度も結婚したことがない生涯未婚者であった。

家制度世代[編集]

大正世代は太平洋戦争から復員した終戦後に子供を儲けた世代である。団塊の世代を中心にしらけ世代までにかけての親世代となった。戦後の第一次ベビーブームで日本の人口を急増させた。最後の家制度世代でアニメサザエさんの波平さん(磯野波平)像がある。

息子である団塊の世代には体罰教育が当たり前に行われていた。戦後に婦人参政権を得た最年少の世代である。漫画家である(水木しげる武良布枝)夫妻のように昭和一桁世代の一つ世代が若い女性と結婚する男性も多くて、大正世代であっても子供数が2人や子供が女子のみしか誕生しなかった家庭の男性もいたが、9割以上のほとんどの男性は息子である跡継ぎがいた。[22]

結婚と出産[編集]

  • この世代はまだお見合い結婚が主流であった。子供の数も4人から6人の複数兄弟が当たり前であり、大正前期生まれは、明治生まれ世代と同様、平均子供数が4人から6人であったが、大正後期生まれ(しらけ世代の親)は平均子供人数が3人程度まで落ち込んだ。女性は戦中生まれと団塊の世代産婦人科ではなく、産婆による自宅などでの出産制度が主流であったが、しらけ世代の母親(大正後期生まれ)になると都市部を中心に産婦人科での病院出産も増えた。
  • 出生コーホート別の国立社会保障人口問題研究所が調査した出生数の統計では、以下となっていた。

<大正初期生まれ世代>

  • 1911年(明治44年)生まれから~1915年(大正4年)生まれの大正初期生まれ世代の婚姻をしている女性の子供数として1960年(昭和35年)に実施した調査結果では以下となった。
  1. 不妊症などで無子である女性が7.1%
  2. 子供数が1人の女性が7.9%
  3. 子供数が2人の女性が9.4%
  4. 子供数が3人の女性が13.8%
  5. 子供数が4人以上である女性が61.8%であった。
  • 平均出生数(子供数)は4.2人であった。

<分析結果>

  • 不妊症の無子の家庭もある程度いたが、養子として親戚などから子供を迎えて家を存続したケースが多かった。子供数1人と子供数2人の女性は1割以下で、戦時中に結婚した夫が戦死して多産にならなかったケースが多くて、子供数3人の女性も1割弱であり都市部の住民(高学歴層・サラリーマン層・工場労働者層)に子供数が3人以下の家庭が多かった。大部分の国民の約6割が子沢山である子供数が4人以上であり、農家は金の卵と呼ばれた子供数が6人から10人である子沢山の家庭が多かった。

<大正末期生まれ世代>

  • 1921年(大正10年)生まれから~1925年(大正14年)生まれの大正末期生まれ世代の婚姻をしている女性の子供数として1970年(昭和45年)に実施した調査結果では以下となった。
  1. 不妊症などで無子である女性が6.9%
  2. 子供数が1人の女性が9.2%
  3. 子供数が2人の女性が24.5%
  4. 子供数が3人の女性が29.7%
  5. 子供数が4人以上である女性が29.6%であった。
  • 平均出生数(子供数)は2.9人であった。

<分析結果>

  • 子供数2人や子供数3人の女性が増加して大学などの高等教育に子供を進学させるサラリーマン化した家庭や少子化が大正末期生まれ世代で進行した。子供数4人以上の女性も3割近くと多くて子供数3人が平均家族モデルであった。[23]

<明治後期生まれ世代>

  • 1901年(明治34年)生まれから~1905年(明治38年)生まれの明治後期生まれ世代の婚姻をしている女性の子供数として1950年(昭和25年)に実施した調査結果では以下となった。
  1. 不妊症などで無子である女性が8.6%
  2. 子供数が1人の女性が7.5%
  3. 子供数が2人の女性が7.4%
  4. 子供数が3人の女性が9.0%
  5. 子供数が4人以上である女性が67.4%であった。
  • 平均出生数(子供数)は5.0人であった。

<分析結果>

<昭和一桁生まれ世代>

  • 1928年(昭和3年)生まれから~1932年(昭和7年)生まれの昭和一桁生まれ世代の婚姻をしている女性の子供数として1970年(昭和45年)に実施した調査結果では以下となった。
  1. 不妊症などで無子である女性が3.4%
  2. 子供数が1人の女性が10.7%
  3. 子供数が2人の女性が46.1%
  4. 子供数が3人の女性が28.3%
  5. 子供数が4人以上である女性が5.7%であった。
  • 平均出生数(子供数)は2.3人であった。

<分析結果>

青年期以降の成長過程[編集]

昭和時代の青年期[編集]

青年期になり、大学生などのインテリ層や労働者の中には自由主義を唱えたり社会主義思想に共感を持ち、学生運動をするなどリベラルな思想を持っていた世代であったが、青年期に、国粋主義者や大日本帝国陸軍による五・一五事件二・二六事件などのテロによって政友会民政党の2大政党による政党政治が崩壊して、大正デモクラシーから昭和時代になり軍国主義の日本となった。世界恐慌による就職難の時代であり、1932年(昭和7年)の失業率は6.9%まで上り、「就職氷河期」の同義語に当たる「大学は出たけれど」が流行語になった。中でも、高等小学校を出た大正一桁生まれは、軒並み就職難に遭遇した。冷害の年が続いた為、寒冷地の農村では「娘の身売り」が社会問題に発展した。この事が孫世代である団塊ジュニア世代ポスト団塊ジュニア世代と共通していると比較される。

中年期[編集]

男性のサラリーマン化が進み、団塊の世代として誕生した息子の進路と進学状況は、富裕層やサラリーマン層の家庭では高校や大学に息子を進学させて、娘には短期大学女子大学に進学させた親や家庭がいる一方で、農家や貧困家庭では、中学卒業や高校卒業の「金の卵」と呼ばれる労働者(「集団就職」も参照)になる家庭に分かれた。また、当時は「女に学問はいらない」という考えも残っていたため、息子は大学に進学させても娘は高卒止まりという家庭も少なくなかった。

高齢期[編集]

総人口は1926年(大正15年)の時点で、大正時代が15年間の短期間であったのが理由で明治生まれより総人口が少なくて、1945年(昭和20年)の時点で大正世代より明治生まれと昭和生まれの方が総人口が多かった。平成時代の期間内に大部分が高齢者となって死亡した。それまで、戦後一貫して軍事対象の恩給や戦死者を対象とする遺族年金の受給があり、陸軍同窓会と海軍同窓会と反省会が開かれていた。

定年・引退[編集]

1972年(昭和47年)頃に大正初期世代の1912年(大正元年)生まれが定年を迎え始めて(当時は55歳定年の企業も多かったので数年ほど早く定年を迎えた者もいる)、1986年(昭和61年)頃に大正末期世代の1926年(大正15年)生まれが定年を迎えて、1972年(昭和47年)から1986年(昭和61年)の高度成長期後からバブル経済期までの安定成長期間内に大正世代が年金生活者となり、昭和末期のバブル期に大正世代は全員が定年を迎えて平成初期にかける時期に政治界と経済界では昭和一桁生まれ世代と世代交代した。年金運用は大正世代までは子供数が4人から6人の複数で黒字化していた。

2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙で、最後の大正生まれの国会議員の中山太郎が落選して大正世代の国会議員がいなくなり全国会議員が昭和生まれとなった。

2013年(平成25年)の時点で大正世代の有名人水木しげる他、90歳を超える生存者は多い(参照は以下の大正世代の有名人一覧。大正世代の有名人は高齢者が多い事が分かる)。なお、次の世代である昭和一桁世代は、男性が短命であるため[24]、大正世代の有名人は昭和一桁の有名人よりも生存率が高い[25]

大正生まれの政治家[編集]

1947年(昭和22年)の第23回衆議院議員総選挙で、大正世代の田中角栄と中曽根康弘が初当選した。以降大正世代が続々と国会議員となり三角大福中自由民主党政権の55年体制の時代に活躍した政治家が多かった。昭和50年代に大正世代が50歳代になるまで社会の最前線で働き安定成長期の政治や経済を大正世代がリードした。

大正世代で総理大臣となった政治家は6人いる。1972年(昭和47年)7月7日から1974年(昭和49年)12月9日の期間内に在任した田中角栄(大正7年生まれ)が最初の大正世代の総理大臣であった。田中角栄は大正世代(大正時代生まれ)で初めての内閣総理大臣であり、<大正生まれ>として国民やマスコミから注目された。田中角栄は戦後最年少の若い総理大臣として就任をした。その後再び明治生まれが総理大臣になった。三木武夫(明治40年生まれ)・福田赳夫(明治38年生まれ)・大平正芳(明治43年生まれ)・鈴木善幸(明治44年生まれ)の明治生まれ世代が4代連続で総理大臣となった。1982年(昭和57年)11月27日から1989年(平成元年)8月10日までの期間内に内閣総理大臣として在任したのは中曽根康弘(大正7年生まれ)・竹下登(大正13年生まれ)・宇野宗佑(大正11年生まれ)であり、大正世代(大正生まれ)が3代連続で総理大臣となった。

1989年(平成元年)に昭和生まれで初めての総理大臣海部俊樹が就任して、大正世代から昭和一桁世代の総理大臣に世代交代した。1991年(平成3年)11月5日から1993年(平成5年)8月9日に再び大正世代の総理大臣として在任したのは宮沢喜一(大正8年生まれ)だった。その後、1993年(平成5年)の非自民・非共産連立政権の成立で、再び総理大臣の世代が若返って細川護熙羽田孜が首相に就任して、昭和10年代生まれの焼け跡世代が総理大臣となった。1994年(平成6年)6月30日から1996年(平成8年)1月11日に在任したのは村山富市(大正13年生まれ)であり、最後の大正世代(大正生まれ)の総理大臣となった。(竹下登・宇野宗佑・村山富市)は学徒出陣の対象となった軍隊経験者(兵士としての軍歴がある総理大臣)であった。田中角栄と中曽根康弘も軍隊経験(軍歴)があり、宮澤喜一を除く5人の総理大臣経験者が軍歴があり、大正世代の総理大臣の内では(内閣総理大臣経験者6人の中で5人の総理大臣)が元日本兵(大日本帝国軍人)であった。ちなみに最後の大正生まれの国会議員は中山太郎であった。大正生まれの出馬は第46回衆議院議員選挙出馬の川島良吉(埼玉12区)が現時点で最後である。また、地方議会においても岩手県一戸町議の赤屋敷信一を残すのみとなった。

親・子供世代[編集]

両親世代[編集]

大正時代に生まれた者は、大日本帝国期の家制度で兄弟の人数が多く、兄弟間に年齢差がある事情もあり、明治生まれや昭和生まれに兄弟がいることも多い。大日本帝国の家制度の下では、都会東京府大阪府福岡県[26]のインテリ層(旧制大学旧制中学に進学させる家庭)や、大正時代に誕生したサラリーマン層、貧しい工場労働者層でも兄弟は3人ほどで、農家では10人以上の兄弟がいる家庭もおり、日本全体の平均的な家族は息子3人と娘3人の合計6人を平均モデルとする兄弟数であった。

また家制度の下では皇室の昭和天皇と香淳皇后夫妻や明治生まれの100歳を超える長寿であった成田きん(きんさんぎんさんの姉)夫妻のように最初に女子ばかり誕生しても跡継ぎである男子が誕生するまで複数の子供を出産する家庭が多かった。

両親の世代は明治中期生まれであることが多く、日露戦争で指導者だった幕末生まれが祖父母世代で、日露戦争で兵隊であった世代が父親、息子は大東亜戦争の若い兵隊となったケースが多い。

子供・孫世代[編集]

特に多いのが団塊の世代であり、軍隊経験など戦争の影響がなかった男性やお見合い結婚が早期に成立した者は戦前から戦中期に結婚出産をしている。

孫の世代は、しらけ世代からゆとり世代にかけて広い範囲に分布しており、特に団塊ジュニア世代とポスト団塊ジュニア世代であることが多い。

参考文献[編集]

  1. 大日本帝国最後の正規軍人世代の項目
  2. 戦死が多い世代の項目
  3. 男女比で男性人口が少ない世代の項目
  1. 大日本帝国最後の正規軍人世代の項目・
  2. 戦死が多い世代の項目
  3. 男女比で男性人口が少ない世代の項目
  • 『実録第二次世界大戦史』株式会社 シーティティー
  1. 大日本帝国最後の正規軍人世代の項目
  2. 戦死が多い世代の項目
  3. 男女比で男性人口が少ない世代の項目
  1. 大正時代の影響の項目
  2. 大正世代が受けた教育の項目
  3. 文化・思想の項目
  4. 昭和時代の青年期の項目
  • 皿木喜久 『大正時代を訪ねてみた 平成日本の原景』「大正世代」 (産経新聞社2002年
  1. 大正時代の影響の項目
  2. 大正世代が受けた教育の項目
  3. 文化・思想の項目
  4. 昭和時代の青年期の項目
  • 『日本の歴史第17巻大正時代~大正デモクラシー』(著者は松尾尊兌

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1912年7月30日は明治45年生まれと大正元年生まれが重複。1926年12月25日は大正15年生まれと昭和元年生まれが重複するが両日とも大正生まれの大正世代に含む。
  2. ^ 11-25歳
  3. ^ 15-33歳
  4. ^ 38-52歳
  5. ^ 47-61歳
  6. ^ なお、2026年-1926年は100歳。大正世代全てが100歳を超える。
  7. ^ http://ncode.syosetu.com/n2420f/3/
  8. ^ 皿木喜久 『大正時代を訪ねてみた 平成日本の原景』「大正世代」 (産経新聞社、2002年)194頁~195頁の大震災襲来の項目
  9. ^ http://ncode.syosetu.com/n2420f/4/
  10. ^ 皿木喜久 『大正時代を訪ねてみた 平成日本の原景』「大正世代」 (産経新聞社、2002年)136頁~139頁の理想の學校づくり-個性尊重かかげて次々と産声の項目
  11. ^ 皿木喜久 『大正時代を訪ねてみた 平成日本の原景』「大正世代」 (産経新聞社、2002年)124頁~127頁の燃え上がる野球熱大学高校から中学への浸透の項目
  12. ^ 皿木喜久 『大正時代を訪ねてみた 平成日本の原景』「大正世代」 (産経新聞社、2002年)94ページ1行目~95ページ1行目の進学熱と百家争鳴の項目
  13. ^ 人口統計資料集(2012)
  14. ^ 45歳(1905年生まれ)~59歳(1891年生まれ)は、女性の出産による死亡が多かった事と男性の戦死が少なかった事から女性人口の方が男性人口より少なかった。60歳以上の高齢者は男性人口より女性人口の方が多かった。
  15. ^ http://nippon-end.jugem.jp/?eid=3263
  16. ^ http://www2s.biglobe.ne.jp/~kobayasi/area/population/popu_1.htm
  17. ^ http://diamond.jp/articles/-/20931
  18. ^ 10歳以下の子供などの未成年者(大正世代)の性比が男性101人対女性100人でわずかに男性人口の方が多かった。日本の総人口の性比が男性101人対女性100人で戦前は男性人口の方が女性人口より多かった。
  19. ^ 統計トピックスNo.23 世界の人口と日本の人口-「世界人口デー」にちなんで-(国連資料,平成17年国勢調査結果から)”. 総務省統計局 (2007年7月10日). 2013年3月11日閲覧。
  20. ^ http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/rxr_detail/?id=20121220-00027253-r25
  21. ^ http://homepage2.nifty.com/anthrop/sexology_archive.htm
  22. ^ http://hagakurecafe.gozaru.jp/zyosei10meizi.html
  23. ^ http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2006pdf/20061006090.pdf#search='%E6%B1%9F%E6%88%B8%E6%99%82%E4%BB%A3+%E6%80%A7%E6%AF%94'国立社会保障人口問題研究所人口統計資料集2006年(平成18年度版)
  24. ^ http://www.fihs.org/volume11_2/articles4.pdf#search='%E5%A4%A7%E6%AD%A3%E4%B8%96%E4%BB%A3+%E6%80%A7%E6%AF%94' 性比からみたがん死亡率のコホート分析 −昭和ヒトケタ男性短命の原因を追って−
  25. ^ 例:手塚治虫(60歳)、藤子・F・不二雄(62歳)
  26. ^ 東京府・大阪府・福岡県で少子化が進み子供が少なくて大正時代に4.0人ほどの出生率だった

大正世代の有名人[編集]

関連項目[編集]