しらけ世代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

しらけ世代(しらけせだい)は、日本の学生運動が下火になった時期に成人を迎えた、政治的無関心が広まった世代を指す語。1980年代には、世相などに関心が薄く、何においても熱くなりきれずに興が冷めた傍観者のように振る舞う世代を指した。また、真面目な行いをすることが格好悪いと反発する思春期の若者にも適用された。

範囲[編集]

この世代を指す範囲の定義は3つある[誰によって?]

  1. 1950年代に生まれた世代:この範囲では、学生運動が下火になる時期に大学生だった世代から、共通一次試験制度が開始される前までに大学に入った世代までという範囲である。この場合、「新人類」は共通一次試験を経験した1960年代に生まれた世代を指している。
  2. 1950年代の“後半に”生まれた世代:最も狭い定義で、「無共闘世代」と呼ばれることもある[1]。この範囲では、ベビーブームが過ぎた後の出生数が最も少なくなった時期に生まれ、高度経済成長と学生運動時代が終わった直後に高校を出て、共通一次試験制度が始まる前に大学に入った世代、という範囲に基づいている。
  3. 1950年代から1960年代前半に生まれた世代:最も広い定義で、この範囲では、大学在学中に学生運動が終わった世代から、バブル景気が起こる前に成人した世代までを一括している。その中でも高度経済成長と学生運動時代が終わった後から冷戦が終結したころに成人した1955年から1964年までに生まれた世代は、「新人類」と呼ばれることがある。

なお、以下は3の定義で書かれている。

成長過程[編集]

1950年代前半に生まれた世代は第一次ベビーブームに続く世代(ポスト団塊の世代)に当たり、高度経済成長時代初期に小学校に入り、1970年大阪万博の頃に高校を出た世代である。この世代の大学進学率は20%ないし30%[2]であり、「金の卵」として中卒や高卒で集団就職した者が多かった。その一方で、進学志向の強い高校、あるいは予備校に在学していた時期に70年安保などの学生運動を経験した者[3]も存在した。そして、成人する時期にあさま山荘事件1972年2月)や沖縄返還(1972年5月)や第一次オイルショックを経験した。安倍晋三がこの世代の一人である。

1950年代後半に生まれた世代は、出生数が前後の世代に比べて少なくなった時期に生まれた世代に当たる。高度経済成長時代中期に小学校に入り、小学校時代から高校時代の時期にあさま山荘事件や沖縄返還やオイルショック(石油危機)を経験した。また、彼らが就職した時期はオイルショック後の低成長期で、後の就職氷河期ほど酷くはないものの、オイルショック前に就職した上の世代に比べると就職環境は厳しかった。百田尚樹がこの世代の一人。

1960年代前半に生まれた世代は、出生数が再び上がり始めた世代に当たる。高度経済成長時代後期に小学校に入り、小学校時代から中学校時代の時期にあさま山荘事件や沖縄返還やオイルショック(石油危機)を経験した。また、この世代が就職するころ、今までとは違う価値観を持っているといわれ、新人類と呼ばれるようになった。詳しくは「新人類」を参照

なお、しらけ世代(1950年代から1960年代前半生まれ)の親世代は、1920年代から1930年代前半生まれ(大正末期から昭和一桁)、子ども世代は、1980年代から1990年代前半生まれ(氷河期世代後期からゆとり世代)である。

オイルショックが起きて高度経済成長が終わり、あさま山荘事件が起きて学生運動が急速に衰えると、一つの時代の終わった無力感と学生運動への失望を背景に、「シラケ」という言葉が若者の間で流行し、「無気力・無関心・無責任」の三無主義(後に「無感動・無作法」を加えて五無主義ともいわれた)を中心とする風潮が見られた。何をしても言っても「しらけ(当て字で「白け」)る」「しらけた」を連発し、冷めており、政治的な議論には無関心になり、一種の個人主義に徹する傾向が強くなった。

若者の間において安保闘争全共闘が代表するような過激な政治志向が消えた後、四畳半フォーク(代表例:かぐや姫の「神田川」)、井上陽水の「傘がない」、ドラマ『俺たちの旅』に見られるようなノンポリ・個人生活優先・モラトリアムの傾向が残り、若者の「シラケ」を強く印象づけた[4]。一方でこうした世相を自虐的な笑いに結びつけることもあった。1976年から放送された『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』では「しらけ鳥」というキャラクターを登場させシュールな笑いを誘った。

1970年代末期に差し掛かると、個人的な消費による自己実現を目指す風潮が生まれ、拝金主義ブランド指向の風潮が芽生え始める。この時期を象徴する文化が松任谷由実(荒井由実として1972年デビュー)のニューミュージックや、「ブランド小説」とも呼ばれた田中康夫の『なんとなく、クリスタル』(1980年)である。こうした風潮は、1980年代末期から1990年代初期のバブル景気によって絶頂期を迎える。

文化[編集]

彼らが成人する1970年代後半以降、アニメコンピュータゲームといったおたく系業界が急速に発展した。

1950年(昭和25年)生まれから1964年(昭和39年)生まれからは、押井守板野一郎原恵一河森正治庵野秀明今川泰宏宮本茂堀井雄二深谷正一黒須一雄岩谷徹遠藤雅伸坂口博信などがアニメ、コンピュータゲームのクリエーターとして活躍した。

また、この世代の田中芳樹栗本薫安田均夢枕獏氷室冴子花井愛子水野良神坂一などがSFファンタジーライトノベル作家として活躍した。作家・評論家としてなどオタク業界で広範囲に活躍した大塚英志岡田斗司夫もこの世代である。この世代の中でも1955年(昭和30年)生まれから1964年(昭和39年)生まれは「おたく第一世代」と呼ばれている。

文学では、川上弘美村上龍などの純文学の担い手を生み、浅田次郎あさのあつこ石田衣良大沢在昌高村薫東野圭吾宮部みゆき京極夏彦ら娯楽的な小説の大家を輩出した。

なお、1950年生まれから1964年生まれの女性は、成人する1970年代から1980年代前半にかけて「アンノン族」と呼ばれる新しい国内旅行のスタイルを生み出した。アンノン族によって生み出された個人旅行のスタイルは、1980年代以降、団塊の世代以降の男性も含めた日本人に広く定着した。

1980年代半ばには、1983年(昭和58年)にデビューした尾崎豊1965年生まれ)を「しらけ世代」の最たる者として記事に採り上げたりキャプションをつけることが度々あった[5]

脚注[編集]

  1. ^ 泉麻人みうらじゅん、『無共闘世代』(朝日出版社、1985年3月)。また、公文書においても、1955年から1958年生まれの世代を「無共闘世代」と呼ぶ例がある(「『公』に関する考え方」 三重県庁総合企画局企画開発室、「新しい時代の公」)。
  2. ^ 文部科学省『平成19年度学校基本調査報告書』
  3. ^ 代表的人物としては、在学中に高校をバリケード封鎖した体験を基に『69 sixty nine』を綴った村上龍、高校時代に羽田闘争に触発された押井守本人のプロフィール)、高校時代に校内でバリゲード封鎖などを行った坂本龍一馬場憲治、そして高校および全国浪人共闘会議で運動に参加した塩崎恭久などがいる。
  4. ^ ただし、南こうせつと井上陽水は1948年から1949年の間に生まれた同期生であり、共に団塊の世代に当たる
  5. ^ 本人は後にインタビューで、「その記事にこそ“白け”た」と揶揄し、失笑していた[要出典]

関連項目[編集]