安定恐慌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安定恐慌(あんていきょうこう)とは、インフレを収束させるため政府が金融を引き締めて貨幣価値を安定させる政策をとるときに起こる恐慌状態のこと。安定不況とも呼ばれる。

概要[編集]

市場での通貨数量が急速に収縮した結果、金詰まり状態となり、企業倒産失業者が増大する。

第一次世界大戦後のドイツヴァイマル共和政)でのマルク安定策後に見られた現象や、太平洋戦争後の日本ドッジ・ライン1949年)が実施された後に起こった不況がその事例とされる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]