第一次戦後派作家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第一次戦後派作家(だいいちじせんごはさっか)は1946年1947年日本文学の分野に現れた新人を日本の近現代文学史上一つの世代として括る総称であるが、必ずしも文学的業績や志向と一致した範疇化とはいえない。ただ、小沢清や熱田五郎などの労働者作家は含まないのが通例である。

傾向としては野間宏梅崎春生椎名麟三らに代表される戦争文学としての方向性と、中村真一郎福永武彦らに代表されるマチネ・ポエティクの20世紀小説的な手法を用いた実験小説としての方向性があるが、第一次戦後派の小説の傾向を論じる場合、通常は前者を指し、戦争体験の与えた文学的意味について論じられることが多い。後者のグループは、加藤周一が戦時中の若者を「星菫派」といって批判したことからくるいわゆる「星菫派論争」との関係で、戦後派作家の中には含めないこともある。

主な作家[編集]

関連項目[編集]