失われた30年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

失われた30年(うしなわれた30ねん)とは、ある国、あるいは地域の経済低迷が約30年以上の長期にわたる期間を指す語である。

日本経済[編集]

日本において「失われた20年」を経て、高度経済成長期経済成長率が約10%以上)や安定成長期(経済成長率が約5%以上)の頃のような経済成長率・景気拡大(デフレ脱却)が起こらない場合、「失われた30年」になってしまう可能性もあるという声もあり[1][2][3]2016年の時点で既にそうなってしまったと述べている人たちもいる[4][5](なお、「30年」が成立するのは2020年)。

ムーディーズのエコノミスト、ファラツ・サイードはリポートで、日本の経済停滞が続き、アベノミクスが日本の成長エンジンに再点火することができず、インフレ目標も達成する可能性が低いため、賃金上昇は小幅にとどまり、日本は次の失われた10年に向かうと指摘した[6]

長期予測[編集]

日本経済団体連合会シンクタンク「21世紀政策研究所」は2012年4月、“「失われた20年」の状況がこのまま続いた場合、日本は2050年頃に、先進国でなくなる”とする予測結果をまとめた[7]。シミュレーションによると、最も楽観的なシナリオでも人口減少による労働力人口減少、資本ストック減少の影響が大きく、2030年以降、日本経済は恒常的にマイナス成長に陥るおそれがあることを指摘している[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 「「失われた30年」を避けるには」塩沢由典
  2. ^ 池田信夫エコノMIX異論正論 「「失われた30年」に向かう日本」(ニューズウィーク日本版 2010年12月23日
  3. ^ 「失われた30年」となる可能性も次の10年を考えて投資しよう MONEYzine「土居雅紹のeワラントコラム」
  4. ^ いまこそ「失われた30年」をもたらした「中曽根政治」の総括が必要だ 広島瀬戸内新聞社主・佐藤周一、JANJANブログ
  5. ^ IMFは『失われた30年』認定、首相の強気は虚構 団藤保晴ブログ「Blog vs. Media 時評」2015年1月25日。団藤は朝日新聞で記者・編集委員を務めたジャーナリスト
  6. ^ 日本は次の失われた10年に直面 ムーディーズ 2016年6月17日
  7. ^ 「グローバルJAPAN~2050年 シミュレーションと総合戦略」提起

関連項目[編集]