中小企業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中小企業(ちゅうしょうきぎょう)は、中規模以下の企業。特に、個人経営に近い小規模なものは、小規模企業者または零細企業とも呼ばれる。

定義[編集]

中小企業基本法では、第二条で「中小企業者の範囲」を次のように定義している。資本要件、人的要件いずれかに該当すれば、中小企業者として扱われる。

  1. 資本の額(資本金)又は出資の総額が3億円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人であつて、製造業建設業運輸業その他の業種(次号から第四号までに掲げる業種を除く)に属する事業を主たる事業として営むもの
  2. 資本の額又は出資の総額が1億円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人であつて、卸売業に属する事業を主たる事業として営むもの
  3. 資本の額又は出資の総額が5000万円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人であつて、サービス業に属する事業を主たる事業として営むもの
  4. 資本の額又は出資の総額が5000万円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人であつて、小売業に属する事業を主たる事業として営むもの

 ただし、具体的な中小企業政策を定めた個別の法令では、以下の特例を追加していることが多い。

  • ゴム製品製造業は、資本金3億円以下または従業員900人以下
  • 旅館業は、資本金5000万円以下または従業員200人以下
  • ソフトウエア業・情報処理サービス業は、資本金3億円以下または従業員300人以下

 この特例が設けられていない個別法令としては、中小企業退職金共済法などが挙げられる。

また法人税法では業種に関係なく、資本金の額が1億円以下の企業が「中小企業者」と定義されている。後述の税制上の優遇措置を受けられるか否かは、主にこちらの定義が適用される。また、税務関係上の所管についても異なってくる(資本金1億円以下の中小企業は本社所在地管内の税務署が、同1億円超の大企業は国税局が所管することとなる)。

小規模企業者[編集]

中小企業基本法第二条五項で、おおむね常時使用する従業員の数が20人(商業又はサービス業に属する事業を主たる事業として営む者については、5人)以下の事業者を、「小規模企業者」と定義している。

中小企業のメリット[編集]

中小企業は税制度などの面で優遇されるため、あえて減資を行い中小企業になる、もしくは留まる企業も多い。代表的なメリットを以下に記述する。なお、税務面での優遇措置についてはここに記述した以外にも適用要件がある場合もあり注意が必要。下記の「日本国における法人税課税の概要」も参照されたい。

  • 法人税率の軽減
    中小企業の所得のうち年800万円までは、適用される法人税率が25.5%から15%に軽減される。
  • 交際費の損金処理
    年600万円以下の交際費の最大90%を税務上損金として処理できる(通常は交際費はその全額が損金不算入である)。
  • 法人住民税の減額
    自治体により減税額は異なるが減税が行われる。
  • 外形標準課税の免除
    地方税である外形標準課税が免除される(ただし、資本金1億円までの会社に限る)。
  • 少額減価償却資産
    取得価額30万円未満の減価償却資産を税務上年300万円まで全額損金算入できる。
  • 欠損金の繰戻還付制度
    条件を満たせば、欠損金が生じた事業年度の欠損金を前事業年度所得などに繰り戻して還付金を受けられる(通常は翌事業年度以降の事業年度への欠損金の繰越のみが認められる)。
  • 独立行政法人勤労者退職金共済機構中小企業退職金共済(中退共)に加入できる。(事業者が従業員に支払う予定の退職金の積み立てについて、国からの補助や税制上の優遇措置が受けられる)
  • 金融機関から事業資金を調達するときに、商工業のほとんどの業種では、中小企業者の金融円滑化のために設立された公的機関である信用保証協会の信用保証制度を利用することができ、資金の調達がスムーズになる。

日本国における法人税課税の概要

日本国において法人は法人税法所得税法消費税法租税特別措置法等の法令に基づき課税を受けるが、ここでは法人税法に基づく課税につき概説する。なお以下においては記述の簡略化のため詳細な要件や数多の例外規定等については大部分の記載を省略している。実際の課税の局面においてはここに記述した以外にも様々な要件等があるため注意が必要。

  • 納税義務者・事業年度単位課税
内国法人(日本国内に本店・主たる事務所を有する法人)は例外とされる法人を除きその全世界における所得について法人税を納める義務がある。日本国内に起因する所得(国内源泉所得)を有する外国法人の国内源泉所得についても同様に課税される(法人税法第4条に規定)。法人にはその事業年度単位で各事業年度の所得に対する法人税が課税される(法人税法第5条に規定)。事業年度は通常その法人が定款等で定めた会計期間である。通常1年間であることが多いが、設立・解散した事業年度等は1年間でないことが多く、半年決算の法人等1年間より短い期間を会計期間として定めている法人では1年間ではない(法人税法第13条に規定)。
  • 各事業年度の所得の金額に対する課税
法人の各事業年度の所得に対する法人税の課税標準(税率を乗じる金額)は各事業年度の所得の金額とされる(法人税法第21条に規定)。
各事業年度の所得の金額はその事業年度の益金の額から損金の額を控除した金額である。原則として益金の額は企業会計における収益の額の合計額、損金の額は企業会計における原価費用・損失の額の合計額であり、これにより原則としては所得の金額=企業会計における利益の額となる(従って法人の所得計算は実務上も企業会計による損益計算書末尾の当期純利益からその計算をスタートさせる)が、実際には様々な法人税法他による別段の定めにより税務調整が行われ(例:税務上損金とされないこととなる企業会計上の費用等の額を企業会計上の利益の額に加算し、利益の額を所得の金額に調整する)、結果所得の金額と企業会計の利益額は通常は一致しない(法人税法第22条に規定)。

人事[編集]

経営と人事との関係[編集]

会社の経営戦略と、社員の採用・教育といった人事は、密接な関係があるという。

今後の会社の方向性に対して、長期的な経営戦略を持っている企業では、新卒を採用し、丁寧に育て今後に対応しようとしている。一方、持っていない企業はその場その場で必要な人材を中途採用アウトソーシングによって賄おうとする傾向があるという[1]

  • 長期的な経営戦略を持っている会社 - 「正社員の新卒採用・内部教育を重視している割合が高い」[1]より引用
  • 長期的な経営戦略を持っていない会社 - 「即戦力の人材の中途採用や非正社員の活用業務の外注を重視する割合が高くなっている」[1]より引用

また、経営戦略として、自社の競争力としてどのようなものを重視するかという観点からは以下のように分かれる[1]

  • 技術製品開発ブランド力を重視する会社 - 内部での人材育成を重視する傾向がある
  • 価格サービスの提供を重視し、商品価値を軽視する会社 - 中途採用やアウトソーシングを重視する傾向がある

ただし、サービスの提供であっても、ブランド力を重視するホテル業界などは、内部での人材育成を重視する傾向がある[1]

人事の特徴[編集]

中小企業の人事は、以下のような特徴がある[2]

  • 中途採用及び中途転職が多い
    このことは、技術伝承の困難さ、職場の中核となる人材が育ちにくい状況の原因となっている。
  • 永年勤めてくれた人に報いる年功序列型の傾向
    上述したように人が辞めやすい中で、長年会社のために働いてくれた人(これは、長年勤めることによって技術の研鑽、先代からの継承にも功績があることを意味する)に報いるために、年功序列型になる傾向がある。

人材難[編集]

中小企業は、人材難な状況となっている。原因は、就職希望者・新規入社社員及び、会社側双方にある[2]。近年、中小企業はいくら求人を出そうとも新卒が集まってこない厳しい状況に直面している。2005年放送のNHK「日本のこれから」中のスタジオ生討論においても、中小企業経営者らの代表グループが「町工場は人手がまったく足りない」「求人を出している」と語っていた。100年に一度の就職難とされている2010年現在においても、中小企業は新卒学生に向けて大量の求人を出しているが、受験する学生は少なく、中途採用を中心とせざるを得なくなっている。以下に主たる原因を挙げるが、決して中小企業全体に言えることではなく、むしろ増幅された悪いイメージを教育現場やマスコミが喧伝することによって悪循環に陥っている。

就職希望者・新規入社社員の責任
中小企業は経営が不安定になりやすく、大企業に比べると長期勤務しようという意欲に乏しい社員が多い。中小企業の社員は、3Kの仕事や会社のワンマン体質をいやがり、すぐに退職する傾向がある。
会社側の責任
人材を育てる体制がない。中小企業はワンマン経営をしている場合が多く、役員たちが社内の体制を見直そうという意識を持っていても、経営者を恐れてほとんど何も言えない。また、経営者も役員に対し不信感を抱いており、役職者を親族やイエスマンで固める傾向にある。すぐ辞めてしまうからと正社員の育成を怠り、安易な人件費抑制に走って非正社員パート労働者外国人労働者)を増やそうとする。人件費抑制の果てに、甚だしくは、密入国者や不法残留者を雇用する会社も少なくなく、たびたび摘発されている。

英語での表現[編集]

英語ではSmall and Medium Enterprises(SME)と表現される。また、SMEは中小企業基本法における中小企業よりも範囲は狭く、中堅中小企業を指し示す際に用いられる。英語圏だけではなく、日本語圏でも中堅中小企業を指し示してSMEと称することがしばしばある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 2007年7月号人材教育』(日本能率協会マネジメントセンター
  2. ^ a b 『製造業崩壊-苦悩する工場ワーキングプア北見昌朗 東洋経済新報社 2006年12月