日本の、これから

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本の、これから』(にっぽんの、これから)は、NHK総合テレビで放送されていた不定期の大型長時間特別番組

概要[編集]

2004年に発生したいわゆるNHKの不祥事問題を受け、広く一般市民の声を受け止める番組を作るべきだと数多くのドキュメンタリー番組を手がけてきた川良浩和らが中心となって立ち上げた[1]

NHKスペシャル』の枠で放送されてきた「21世紀日本の課題」をベースに、現在日本が直面している様々な諸問題、例えば経済不況少子高齢化、学校の安全、自衛隊派遣などの安保問題などについてドキュメンタリーや視聴者から寄せられた意見(ファクシミリ電子メール)を交えて、専門家有識者と全国から集められた一般市民ら30-40名が本音で語り合う討論番組である。結論を出さず、様々な意見発表の場という形をとっている。

出演する市民は番組ホームページからアンケートに回答する形式で応募。応募した人の中からスタッフによる電話及び面談取材の上選ばれる。スタジオでは地域、年齢、職業、性別の他、その回で討論するテーマについての考え方別にだいたい10人ずつくらいのブロックに分けられており、対立する意見を持つ者が向かい合って討論するように演出されている。

司会の三宅民夫アナウンサーはスタジオで討論の進行を担当する。番組毎にその回のテーマに沿って、三宅が出演するユーモアのある番組宣伝映像が放映されるのも特徴。2010年4月からは番組の公式Twitterアカウントを開設、出演者や意見の募集を行うほか、番組へ双方向参加できる仕組みを導入している。

2010年度いっぱいで終了し、後継番組として当初は「変えなきゃにっぽん」へとリニューアルされる予定であったが、東日本大震災の影響で取材もそちらに特化している影響から、新番組の立ち上げの目処が立たない状況が続いたが、2011年8月から、この形式を踏襲し概ね毎月1回程度「NHKスペシャル・シリーズ 日本新生」と題して主に土曜単発枠の第2部(21:00~22:15、まれに19:30~20:45の第1部から)で放送されている。

放送日時[編集]

土曜日の19:30 - 22:30(JST)を中心に、2009年度からは加えて金曜日の22:00 - 23:30(JST)枠での放送も予定され、内容にあわせた時間枠で編成される[2]。そのため、通常放送される番組は休止となる。

土曜日20:45 - 21:00のニュースは通常通り放送(2007年度は当番組の後に放送)。2008年度22:00スタートだった『土曜スポーツタイム』は30分繰り下げ。なお、2007年3月3日放送分は『土曜ドラマハゲタカ』第3話を1時間繰り下げて放送、『@ヒューマン』が休止、その日のスポーツニュースは『スポーツニュース』として放送。

海外でもNHKワールド・プレミアムが総合テレビと同時放送を実施[3]

出演者[編集]

進行
全員NHKアナウンサー(住吉は当時)

放送リスト[編集]

2005年[編集]

2006年[編集]

2007年[編集]

第13回以降2007年度いっぱいは、「NHK地域応援キャンペーン」の一部として位置づけられ、随時これと関連した内容となることがあった。その場合は、前日に『地域発!どうする日本』が放送され、その最後に、三宅・武内が現れ予告した。

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

出来事[編集]

  • テレビの、これから
2009年3月21日放送分は「テレビ」がテーマ。NHKは毎年放送記念日に「放送記念日特集」を放送していて、その一環として放送。「専門家・有識者」としてNHK・民放各局のプロデューサー・ディレクターなど制作者側の代表と、「一般市民」として一般視聴者の代表が出演。大手広告代理店の社員も参加したが、市民側(一般視聴者)として出演。
出演した制作者は、NHKの松尾雅隆(『日本の、これから』、『プロジェクトX』デスク)、日本テレビ福士睦(『世界一受けたい授業』)、TBSテレビ編成局長の吉崎隆(『NEWS23』)、フジテレビきくち伸音組)、テレビ朝日の松本基弘(『相棒』)、テレビ東京の加増良弘(『ガイアの夜明け』)、朝日放送松本修(『探偵!ナイトスクープ』)、北海道テレビ藤村忠寿(『水曜どうでしょう』)、放送作家の鶴間政行(『SMAPxSMAP』他)今井義典NHK副会長と広瀬道貞民放連会長も生出演。
VTRでは日本テレビやTBSが夜7時枠で放送される新番組の準備の模様や担当プロデューサーへのインタビューが放送された。
  • 「新型インフルエンザ」ニュースに差し替え
2009年5月1日19:30からの放送を予定していたが、新型インフルエンザ関連のニュースに差し替えとなり、7日に延期となった。近畿地方かんさい特集・上海万博特集に差し替えのため同日深夜(5月2日未明)に録画放送する予定だったが「かんさい特集」もニュースに差し替え。NHKワールド・プレミアムもニュースに差し替え、ノンスクランブルで国内同時放送。このため、番組初の収録放送。7日放送予定のドラマ8ゴーストフレンズ』第6話は5月14日20:00に変更。通常、生放送では行われない字幕放送も初めて実施。
  • 日韓の未来
2010年8月15日放送での出来事。歴史認識の討論の際に一般男性(古谷経衡。後に政治活動家)が、当時の日本人は韓国人が憎くて併合したわけではない。当時、世界は帝国主義列強の時代であり、植民地支配はあたり前だった。日本が韓国を併合したことはやむを得なかったとの趣旨の発言を行った。その反論として、崔洋一監督は「当時の日本のイデオロギーは、そういう方向に流れていた。国そのものがそうなっていた。だけど、36年間にわたる植民地支配がそれによって肯定されるという考え方は、基本的に歴史を語る資格がない」と強い口調で発言した。その後、小倉紀蔵から「歴史問題というのは、権力者が、あなたの考えは完全に間違いと言詮封鎖してはいけない」と発言を正される場面があった。このやりとりはインターネットを中心に波紋を広げ「討論番組で一般の参加者に『歴史を語る資格がない』はない」[4]とする意見があがった。NHKの広報局は、番組への電話やメールが2010年8月16日夕方までに約1800件に達したとしている。[5]

類似番組[編集]

地域情報番組金曜日19:30 - 20:45放送分で、ほぼ毎月1回程度放映されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 川良浩和『我々はどこへ行くのか―あるドキュメンタリストからのメッセージ』径書房 ISBN 4770501943
  2. ^ 8月15日終戦記念日に行われるため、必ずしも土曜日、この時間とは限らない(2008年は当番組としての終戦特番はなし。2010年8月14日開催)。
  3. ^ ワールド・プレミアムでの放送はスクランブル放送。ただし、20:45の中断ニュースはノンスクランブル放送。NHKワールドTVは国内の放送から約1~2週遅れの録画放送(撮って出し形式で日曜日午後)となっていたが、2008年3月放送を最後に打ち切りとなった(英語放送強化のため)。
  4. ^ サーチナニュース NHK日韓討論番組、崔洋一監督の「歴史を語る資格はない!」が視聴者に波紋
  5. ^ J-CASTニュース「韓国併合肯定なら歴史語るな」崔洋一監督の「言論封殺」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]