林野宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

林野 宏(りんの ひろし、1942年(昭和17年)8月5日[1] - )は、株式会社クレディセゾン代表取締役社長。埼玉大学フェロー

人物[編集]

京都府出身。埼玉県立浦和西高等学校を経て埼玉大学文理学部卒業後、西武百貨店入社[2]。セゾングループ創業者堤清二のお別れの会では、ドナルド・キーンと共に実行委員長を務めた[3]

1982年、西武百貨店から西武クレジットに転籍。クレジット事業を主業とするための企画立案を担当する[4]。社長就任後にはポイントに有効期限のない「永久不滅ポイント」のサービスや、ビザマスターカードアメリカン・エキスプレスと提携するなどした。

略歴[編集]

  • 1965年 埼玉大学文理学部卒業、西武百貨店入社。以後、人事部、企画室、営業企画室、宇都宮店次長などを経る。
  • 1982年 西武クレジット(現・クレディセゾン)にクレジット本部営業企画部長として転籍。
  • 2000年 クレディセゾン代表取締役社長に就任。
  • 2003年 りそなホールディングス社外取締役に就任。
  • 2005年 経済同友会副代表幹事に就任。
  • 2010年 埼玉大学からフェロー称号を授与[5]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.248
  2. ^ 役員情報 林野宏”. 株式会社クレディセゾン. 2015年1月22日閲覧。
  3. ^ 堤清二氏お別れの会に2500人 セゾングループ創業者”. 日本経済新聞 (2014年2月26日). 2015年8月19日閲覧。
  4. ^ 『セゾンの歴史 下巻 変革のダイナミズム』P 604
  5. ^ 埼玉大学フェロー称号授与式を実施しました”. 埼玉大学 (2010年12月9日). 2015年8月19日閲覧。

参考文献[編集]