山本ルミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 ルミ(やまもと ルミ、1967年 - )は、大分県生まれの看護師

日本では珍しい、海外でケガや病気になった患者に付き添って、患者の母国や母国の病院などへ送り届けるエスコートナース(国際搬送看護師[1][2])の魁として知られる。

経歴[編集]

  • 1985年 - 大分県中津市、扇城高等学校看護科卒業(現東九州龍谷高等学校)、准看護師の資格で東京慈恵会医科大学付属病院勤務。
  • 1988年 - 慈恵看護専門学校卒業し、正看護師の資格を取得。
  • 1991年 - カナダのFanshow college ESLコース受講。1994年から、六本木にある外国人専門のインターナショナルクリニックに勤務。
  • 2000年 - 在職中にメディック・エアーフランス(Medic Air France)に初めての日本人エスコートナースとして登録。
  • 2006年 - International SOSにも登録。
  • 2014年 - インターナショナルクリニックの所長だったエフゲニー・アクショーノフの死去により、クリニックは閉鎖。

新聞、雑誌でのインタビューなど多数。講演活動もやっている。

著書[編集]

  • 山本ルミ『空飛ぶナース』新潮社、2007年。
  • 山本ルミ(原案)、世鳥アスカ(漫画)『患者さまは外国人 無国籍ドクターと空飛ぶナースのドタバタ診療日誌』CCCメディアハウス、2014年。

脚注[編集]

  1. ^ 添乗看護師に似ているが、添乗看護師は、団体及び個人の旅行に付き添い、参加者の健康の管理、万一発症した際の身体状況の把握や病院への搬送などを担当する。高齢者の多いツアーや要介護者の旅行の付添のようなケースもある。Attandant Nurseという。
  2. ^ エスコートナースは、患者の母国まで、医師の指示書をもって同行するが、フライトナース(Flight Nurse)ではない。こちらは、救命救急の仕事で救急ヘリに搭乗する職種。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]