NHK京都放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NHK京都放送局
NHK logo.svg
NHK京都烏丸御池局舎.JPG
2015年2月21日より運用開始した烏丸御池の
新京都放送会館
所在地 604-8515
総合テレビ
開局日 1972年3月27日
放送対象地域 京都府
コールサイン JOOK-DTV
親局 京都 25ch (キーID 1)
Eテレ
親局 京都 *40 [1]ch (キーID 2)
ラジオ第1
開局日 1932年6月24日
FM
放送対象地域 京都府
コールサイン JOOK-FM
親局 82.8MHz
主な中継局
デジタルテレビ
○総合
福知山25ch
舞鶴25ch
宮津25ch
峰山25ch
亀岡25ch
山城田辺45ch
中舞鶴19ch(垂直偏波)
久美浜25ch(垂直偏波)
野田川19ch(垂直偏波)
伏見桃山25ch
山科47ch
和束30ch
宇治田原39ch
ラジオ
○ラジオ第1
舞鶴585kHz
福知山1026kHz
宮津999kHz
特記事項:
ラジオ第2放送JOOBは1973年(昭和48年)3月20日に廃止
ラジオ第1放送JOOKは2015年(平成27年)2月2日に廃止
テンプレートを表示

NHK京都放送局(エヌエイチケイきょうとほうそうきょく)は、京都府放送対象地域とする日本放送協会(NHK)の地域放送局総合テレビFM放送で京都府域向けの放送を行っている。

概要[編集]

1925年(大正14年)に大阪放送局の出張所として開設され、昭和天皇の即位礼開催に合わせスタジオが設置された。1932年(昭和7年)にこれらを統合して京都放送局となった。1972年(昭和47年)からアナログ総合テレビ放送が開始され、2005年(平成17年)4月1日より地上デジタル放送を開始した。

旧放送会館の老朽化が著しいことから移転が検討されていたが、本部レベルで京都市営地下鉄烏丸線東西線が交差する烏丸御池駅近くの土地を取得したことが発表され、2014年(平成26年)に新放送会館が竣工、翌2015年(平成27年)2月21日に移転した[2]。なお、旧放送会館は解体の上で落札した大京に譲渡され、マンションに建て替えられる予定[3]

旧局舎内に置かれていたラジオ第1放送の送信所については、2014年(平成26年)7月15日に開催されたNHK理事会において、放送会館移転に先立ち放送対象地域が重複する大阪ラジオ第1放送(美原ラジオ放送所)に統合し廃止する方針であることが発表され[4]、2015年(平成27年)2月2日をもって廃止された(後述)。

新聞テレビ欄は、京都新聞毎日新聞両丹日日新聞は京都放送局独自の番組表を掲載しているが、朝日新聞読売新聞産経新聞日本経済新聞は大阪放送局のものをそのまま掲載している。

沿革[編集]

旧放送会館局舎上にあったラジオ第1放送送信用T字型アンテナ
  • 1948年(昭和23年)12月1日 - ラジオ第2放送呼出符号:JOOB)開始。
  • 1950年(昭和25年)6月1日 - 放送法施行に伴い社団法人日本放送協会が解散。一切の権利義務は特殊法人としての日本放送協会が継承。
  • 1965年(昭和40年)3月 - 京都放送会館が改築竣工。テレビ番組制作を開始。
  • 1971年(昭和46年)3月27日 - FM放送開始。大阪放送局の大電力化に伴い、ラジオ第1放送と第2放送の廃止が計画されていたため、府域FM放送用に新しい呼出符号(近畿圏の他局のパターンにそろえたJOTP-FM)が割り当てられ放送を開始した[5]が、計画変更によりラジオ第1放送の存続が決まったため、1972年(昭和47年)、沖縄復帰により呼出符号の変更を余儀なくされた前橋放送局に「JOTP」を譲り、現在のJOOK-FMとなった[6]
  • 1972年(昭和47年)3月13日 - 総合テレビ(アナログ)のローカル放送(呼出符号:JOOK-TV、UHF波)開始[7]
  • 1973年(昭和48年)3月20日 - ラジオ第2放送廃止[8]
  • 1997年(平成9年)8月 - 京田辺市に学研都市報道室を開設。
  • 2004年(平成16年)7月 - 舞鶴市に丹後舞鶴報道室を開設。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - デジタル総合テレビ(呼出符号:JOOK-DTV)開始[9]
  • 2011年(平成23年)7月24日 - アナログ放送終了。
  • 2014年(平成26年)8月29日 - 新放送会館竣工(中京区烏丸通御池下ル虎屋町576番地)[10]
  • 2015年(平成27年)
    • 2月2日 - 1:00にラジオ第1放送廃止[11]
    • 2月16日 - 新放送会館での放送業務を開始。
    • 2月21日 - 新京都放送会館オープン[10]

送信施設概要[編集]

テレビ放送[編集]

系統名 コールサイン チャンネル 空中線
電力
ERP 放送区域
内世帯数
備考
総合
リモコンキーID:1)
JOOK-DTV[1] 25ch[1] 1kW[1] 6.6kW 約113万世帯
教育
(リモコンキーID:2)
京都中継局 40ch[1] 20W[1] 360W 約53万7000世帯
アナログ総合 JOOK-TV 32ch 映像10kW/
音声2.5kW
映像66kW/
音声16.5kW
約-世帯 2011年(平成23年)7月24日終了

ラジオ放送[編集]

  • 送信所所在地
    • ラジオ第1・第2放送:旧・京都放送会館内
    • FM放送:小塩山(京都府京都市西京区大原野南春日町1411)
系統名 コールサイン 周波数 空中線
電力
ERP 放送区域
内世帯数
備考
ラジオ第1放送 JOOK 621kHz 1kW - 約-世帯 2015年(平成27年)2月2日廃止[11]
ラジオ第2放送 JOOB 1510kHz 1973年(昭和48年)3月20日廃止
FM放送 JOOK-FM 82.8MHz 1kW 2.4kW 約-世帯
ラジオ第1中継局

京都第1廃止後は大阪第1の中継局となっている。

FM中継局
  • 京都京北 87.9MHz / 10W
  • 舞鶴 84.2MHz / 100W
  • 峰山 83.5MHz / 100W
  • 福知山 84.8MHz / 50W
  • 宮津 86.1MHz / 10W
  • 丹波美山 83.6MHz / 10W
  • 綾部八津合 81.9MHz / 3W

支局[編集]

  • 学研都市
    • 1997年(平成9年)開設。京田辺市に所在。なお、同報道室からリポートなどを中継で伝えることから、スタジオの設備があるものと思われる。
  • 丹後舞鶴
    • 2004年(平成16年)7月開設。舞鶴市に所在。同市ほか府北部の取材拠点として利用されている[12]
  • 福知山

情報カメラ設置ポイント[編集]

嵐山の渡月橋が映し出される

主な京都局制作番組[編集]

京都の歴史と伝統や文化を伝えるための単発番組を数多く制作し、日本全国向けに放送している。なお、京都競馬場で開催される中央競馬GI競走の中継は大阪放送局の担当。

総合テレビ[編集]

ラジオ(FM放送)[編集]

  • ニュース・気象情報など - いずれも平日のみ放送されており、土日・祝日及び年末年始は大阪局から放送している。
  • 放送時間は以下のとおり。
    • 11:50 - 12:00
    • 12:15 - 12:20
    • 18:50 - 19:00

スポーツ中継[編集]

テレビドラマ[編集]

過去の番組[編集]

事件[編集]

2002年(平成14年)1月18日、京都局内で立てこもり事件が発生したが、犯人が立てこもっていたロビーに、NHK総合テレビジョンが映ったテレビ受像機が設置されていたため、関西のNHK(大阪局制作)では、犯人を刺激しないための配慮から、『NHKニュース7』『NHKニュース9』『NHKニュース10』で、立てこもり事件を放送する際には、NHK大阪放送局から別の関西地方ニュースに差し替えたほか、『関西845』などの関西ローカルのニュース・天気を拡大して放送するなど、当該事件のニュースを犯人に視聴させないようにした[14]。また、20時前に全国向け特設ニュースが当該事件を放送した際にも、関西ローカルのニュースに差し替えて放送するなど、事件が解決するまで同様の対応をとった。

アナウンサー・キャスター・リポーター[編集]

氏名 前任地 担当番組
アナウンサー
小林千恵 大阪 京都ニュース845 など
酒井良彦 佐賀
江原啓一郎 長崎 ニュース630 京いちにち(キャスター)
堀井洋一 神戸 京都ニュース845 など
澗隨操司 北見
斉藤寿朗 日本語センター
契約キャスター
荒山沙織 ニュース630 京いちにち(キャスター)
寺田有希
矢澤剛
契約リポーター
猪崎由華 ニュース630 京いちにち(リポーター)
ぐるっと関西おひるまえ
小谷麻菜美
磯野悠香

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f NHK年鑑2016(NHK放送文化研究所) (PDF)
  2. ^ 新会館建設について - NHK京都放送局(2010年6月24日付、2011年2月10日閲覧)
  3. ^ NHKの旧京都放送会館は大京に売却、マンションに建て替え 建設ニュース 2016年10月25日、2017年10月20日閲覧。
  4. ^ 日本放送協会 理事会議事録(平成26年7月15日開催分) (PDF)
  5. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'71』 日本放送出版協会、1971年、565頁。 
  6. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'73』 日本放送出版協会、1973年、20頁。 
  7. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'72』 日本放送出版協会、1972年、294頁。 
  8. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'73』 日本放送出版協会、1973年、201頁。 
  9. ^ 比叡山テレビ放送所はデジタル放送については2010年(平成22年)春まではNHK京都総合とKBS京都テレビのみ配信されていたが、2010年(平成22年)夏に近畿広域圏4局(府域放送のテレビ大阪を除く)とNHK大阪教育の配信も開始された。
    2010年7月24日、比叡山に地上デジタルNHK教育テレビ、在阪民放4局が開局しました (PDF) - NHK京都放送局(2011年1月26日閲覧)
  10. ^ a b 新京都放送会館のオープン日程について(NHK京都放送局)
  11. ^ a b ラジオ第1放送の周波数一本化について
  12. ^ 京都局のあゆみ(NHK京都放送局)
  13. ^ かぶと山山頂がリニューアルされる 京丹後市役所 平成27年4月30日
  14. ^ 当時はテレビによる定時の京都府域向け番組が中断されていた時期で、事件発生当時も関西広域向けのニュース番組をそのまま放送していた(詳しくは「イブニングネットワーク」を参照)。現在の『ニュース610 京いちにち』『京都ニュース845』にあたる府域番組の開始はこれより後のことだった。

外部リンク[編集]