福島瑞穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福島みずほから転送)
移動先: 案内検索
福島 瑞穂
ふくしま みずほ
Mizuho Fukushima.jpg
生年月日 (1955-12-24) 1955年12月24日(61歳)
出生地 日本の旗 日本 宮崎県延岡市
出身校 東京大学法学部
前職 第二東京弁護士会所属弁護士(1987年-1998年)
所属政党 社会民主党
称号 法学士(東京大学・1980年
弁護士
公式サイト 【福島みずほ】参議院議員(比例区)

内閣 鳩山由紀夫内閣
在任期間 2009年9月16日 - 2010年5月28日

内閣 鳩山由紀夫内閣
在任期間 2009年9月16日 - 2010年5月28日

内閣 鳩山由紀夫内閣
在任期間 2009年9月16日 - 2010年5月28日

選挙区 比例区
当選回数 4回
在任期間 1998年7月26日 - 現職
テンプレートを表示

福島 瑞穂(ふくしま みずほ、1955年12月24日 - )は、日本弁護士政治家社会民主党所属の参議院議員(4期)、社会民主党副党首参議院議員会長、希望の会議員会長、社会主義インターナショナル副議長、学習院女子大学客員教授神奈川県在住。

社会民主党幹事長(第4代)、社会民主党党首(第3代)、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)を歴任した。

来歴[編集]

弁護士[編集]

宮崎県立宮崎大宮高等学校東京大学法学部卒業。大学受験時代は全国模試で1位を取ったこともある[1]

1987年弁護士登録をし、第二東京弁護士会に所属する。その後、人権を重視する弁護士あるいはフェミニズム論の論客として、テレビ朝日朝まで生テレビ!』、読売テレビウェークアップ!』をはじめとしたテレビの政治討論番組などに出演した。

弁護士時代から慰安婦問題に積極的に取り組む。アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件を担当した弁護士の一人であり、慰安婦問題については早期から問題の周知に大きな役割を担った[2]高木健一らと共に韓国賠償訴訟原告となる元慰安婦を募集した。[3]

1992年8月にソウルYMCA会館で開かれた『アジア連帯会議』は、松井やより福島瑞穂が仕切り元慰安婦の女性たちは会議の席上、事前に日本人と韓国人のスタッフから指導された通りに自身の体験と語って日本政府を非難した[4]

慰安婦募集の強制性を認めた1993年(平成5年)8月の河野談話の根拠となった日本政府による韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査にオブザーバー参加している[5]

参議院議員[編集]

1998年第18回参議院議員通常選挙で、社民党政治姿勢と知名度を買われて比例区から出馬し初当選。以降、社民党神奈川県連合代表・党幹事長などを歴任する。

社会民主党党首[編集]

2003年、社民党は第43回衆議院議員総選挙で議席を大幅に減らし、党首の土井たか子が引責辞任する。同年11月、後任の党首に就任した。

2004年第20回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し再選した。

2007年11月1日に期限失効したテロ対策特別措置法の後継法として国会に提出された新テロ特措法案には、テロ対策特別措置法に引き続き反対した。2008年1月10日、参議院外交防衛委員会で法案が否決され、参議院の本会議でも否決される見通しとなったので、与党日本国憲法第59条に則り再可決を行う方針を示したことに対して「衆議院の再議決は、ここ50年間はなかったことだ」「与党の数の横暴であり、憲政史上最悪の汚点となる」と反対・批判した。

2008年、社会主義インターナショナル副議長に就任する。

2009年3月26日の参議院予算委員会で、北朝鮮のミサイル発射問題に関して弾道ミサイルが日本領内に落下した場合にこれを迎撃するとする日本政府の方針を批判した。外務大臣中曽根弘文防衛大臣浜田靖一から理解を求める答弁がされたが、これに対しても福島は「当たらない場合は国益を侵害し、当たった場合でも単なる人工衛星だったらどうなるのか」と迎撃批判を続けた[6]4月4日、政府の北朝鮮ミサイル発射の誤報に際し、「間違ってミサイル防衛で迎撃していたら先制攻撃にもなりかねなかった」と、先制攻撃が起こった可能性を主張した。

内閣府特命担当大臣[編集]

2009年9月16日、社民党は民主党国民新党と連立して鳩山由紀夫内閣を発足させ、社民党は11年ぶりに与党に復帰する。自身は初入閣し、内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)および、鳩山由紀夫内閣で内閣府特命担当大臣(消費者担当)内閣府特命担当大臣(食品安全担当)を統合して新設された内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)に任命された。

しかし、普天間基地移設問題では一貫して沖縄県外、日本国外への移設を主張。2010年5月28日辺野古地区への移設で日米が合意したためこれに反発し、閣議了解の書類に署名しないと宣言する。鳩山の説得にも応じなかったため、同日中に罷免された[7]日本国憲法下での閣僚罷免は5例目で、政党の党首職にある閣僚の罷免は初めてであった。

2010年5月30日に開いた社民党全国幹事長会議で、最終的に連立を解消することを決定した。

社会民主党党首辞任後[編集]

2010年第22回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し3選。

2013年7月25日、前年の第46回衆議院議員総選挙および第23回参議院議員通常選挙での敗北の責任を取り、2003年以来10年近く務めていた社民党党首を辞任した[8]。党首辞任理由に選挙戦での敗北に伴う引責を掲げる一方で、兼任していた党の選挙対策の総責任者である社民党選挙対策委員長については留任する[9]。辞任前の日本国会における政党要件を満たす政党党首の中では、山口那津男公明党)や荒井広幸新党改革)とともに数少ない参議院議員であった。このため、衆議院通常国会代表質問などを行うことはできず(参議院では行った)、この役目は社民党幹事長だった重野安正らが担った。

2013年11月1日、社民党副党首に就任する。

2016年第24回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し4選。同年7月26日、社民党と生活の党と山本太郎となかまたちの参議院統一会派「希望の会」の議員会長に就任した。

略歴[編集]

人物[編集]

  • 選挙や著作では、名前平仮名にした「福島みずほ」表記を用いることが多い。
  • 鳩山内閣における資産公開では、首相の鳩山に次いで2億4999万円(内、1億2265万円は事実婚で同世帯である弁護士・海渡雄一定期預金を算入)の2位であった。資産の半分を占める定期預金は参院議員当選前(福島の弁護士登録は1987年で、参院議員当選は1998年、その実働期間は10年ほどである)に弁護士として得た報酬としている[10]
  • 弁護士時代から慰安婦問題に積極的に取り組んでいる。アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件を担当した弁護士の一人であり、慰安婦問題については早期から、問題の周知に大きな役割を担った[11]高木健一らと共に韓国賠償訴訟原告となる元慰安婦を募集し[3]、慰安婦募集の強制性を認めた1993年(平成5年)8月の河野談話の根拠となった日本政府による韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査にオブザーバー参加している[5]
  • 2015年1月14日の在日本大韓民国民団新年会に出席し「慰安婦問題は性的暴力の問題、(外国人)地方参政権も含め、共生社会として作っていく」「統一地方選、来年の参院選、どうか手を貸してください」などと語った[12]
  • ハト派筆頭格の福島だが、タカ派筆頭格の自民党の中川昭一とは東京大学の同期生であり生前から面識があった。2009年10月の中川の葬儀に参列し「いつもすれ違う度に大学で同級生だったよね、と言ってくれた。立場は違ったが深いショックを受けている」と語った。

文書に賛同した19人は衆議院議員では民主党の篠原孝生方幸夫 ・社民党の吉川元 、参議院議員では民主党の蓮舫小川敏夫藤田幸久相原久美子有田芳生石橋通宏小西洋之難波奨二野田国義大島九州男田城郁徳永エリ森本真治・社民党の吉田忠智福島瑞穂又市征治だった。[13]

批判[編集]

  • 沖縄の基地移設反対派とトラブルとなった依田啓示について、福島の公設秘書がツイッターで『先ほどもそこで食べるな!と連絡が入ったばかりです』などと、施設名を実名を名指しして誹謗したことについて、依田はあまりにもひどい嫌がらせであると主張している[14]

活動[編集]

政策[編集]

議員連盟[編集]

発言・主張[編集]

  • 2001年11月15日の参議院予算委員会における自衛隊インド洋派遣の質疑で、中谷元防衛庁長官に対し「よくわからないんですね。そこ(アラビア海)でB-52が、実際に艦船から飛び立ち、攻撃をするわけです。直接に攻撃をするわけです。ですから、そこは相手方から見て十分攻撃される場所ですから、アメリカは戦闘地域と考えているわけです。日本がいつまでも、日本は戦闘地域と考えないと日本だけが言って、だから自衛隊は行けるのだとすることは極めて問題だと思います」と述べた[46][47]。ただし、B-52H1960年から運用中)は戦略爆撃機で、全長48.5m、全幅56.4m、離陸距離2,900mの巨体であり、艦載機として艦船から発艦するのは到底不可能である。また、アラビア海ではなくインド洋ディエゴガルシア島から発進している。
  • 2005年の第44回衆議院議員総選挙自民党が大勝した前後において、「郵政よりも大切な問題がある」「国民は全ての問題で自民党を支持したわけではない」との旨の、国民は「郵政民営化」についての限定的な政策について、自民党を支持したとする意見を表明した[48]
  • 自民党内において新総裁・新内閣が誕生した際に記者会見や党・個人のHPにおいて「極めて古い自民党内閣」「いくら総裁が代わっても政権が変わらなければ意味はない」との旨の意見を発表したことがある[49]福田康夫内閣発足の際は「民意を得ていない」と批判した。安倍内閣については「僕ちゃんの投げ出し内閣」[50]、またその政治手法について「僕ちゃんの僕ちゃんによる僕ちゃんのための政治」[51]と形容した。福田康夫内閣については「国民投げ捨て内閣」[52]と評した。また麻生太郎首相を「国民の苦しみから最も対極にいる雲の上首相」と批判した[53]
  • 自身の政党観について2005年8月21日付けの自身のブログ福島みずほのどきどき日記にて、「自民党と民主党はカレーライスかライスカレーかの違いでしかなく、私たちの社民党はオムライスであり、カレーライスでもライスカレーでもないのだ」と語っている。しかし一方で、2004年7月8日札幌市内における記者会見では「自民党への批判票が 民主党に流れるのを止めたい。地方の民主党の人たちは有事立法に反対と言っており、なぜ、社民党に来ないのかと不思議に思う。民主党(の表皮)をはげば考え方は社民党だ。何としても、これをはぎたい」と語っていた[54]
  • 入閣後の2009年12月3日普天間基地移設問題について、「もしも、辺野古の沿岸部に海上基地をつくるという決定をこの(鳩山)内閣が行った場合には、社民党としても私としても、重大な決意をしなければならない」と述べ、辺野古への移設が決まった場合の連立政権離脱を示唆した[55]
  • 2009年、内田樹との対談の中で、「(自民党中心の)日本の政治は何かの法律が成立したり、在日米軍基地の条約ができるとそれをお土産のようにアメリカに報告しに行く。その姿は全く属国にしか見えない」と述べている。自民党に対しては「自民党は愛国心が足りない、自民党は『売国奴だ』(親米保守を批判した文脈で)」「(自民党と比較して)私の方がよほど愛国者だと思っている。」という批判を行っている[56]
  • 2010年1月12日、東京都内で開かれた、在日本大韓民国民団(民団)中央本部の新年会で、「社民党も先頭に立って(永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案を)一緒に成立させたい」と発言した[57][58]
  • 同年4月17日石原慎太郎が外国人参政権に関して「与党の党首や幹部は帰化した人の子孫が多い」と発言したことに対し、与党3党の内、国民新党の党首である亀井静香が外国人参政権に反対していることから、外国人参政権に賛成である福島はこれを自身への発言だったとして同4月19日の記者会見において帰化した朝鮮人ではないと否定し、名誉毀損だとして発言の撤回を求めた[59][60]。これに対し在日韓国人辛淑玉は、一緒に闘ってきたはずの仲間(福島)から「あなたたちと私は別」と差別されたように感じたと語っている[61]
  • 5月28日普天間基地を辺野古へ移設するとした政府方針への署名を拒否し、大臣を罷免された。後の記者会見では「社民党、私は沖縄を裏切ることはできない。沖縄の人たちにこれ以上の負担を押し付けることに加担できない。署名はできない」と述べた。また「私を罷免することは、沖縄を切り捨てることだ。国民を裏切ることだ」と指摘した[62]。同30日、政権離脱を決定し、その理由として「辺野古の沖に造らないということを国民の皆さん、沖縄の皆さんに約束してきた社民党としては、自分たちの言葉に責任を持つ政治をしっかりやっていかなければならないと考えた」と述べた[63]
  • 11月1日尖閣諸島中国漁船衝突事件海上保安庁が撮影したビデオ映像を視聴した後、「道路でちょっとコツンとぶつかるような、あてて逃げるという映像だ。(挑発行為は)離れてるし、分からなかった。反日デモがエスカレートしている状況だ。国民に公開することは慎重であるべき」との考えを示した[64]
  • 2012年11月2日、参議院緊急質問において「復興予算被災地以外で使われていることに、被災者が激怒しています。当然です」と発言。公費助成の根拠法である東日本大震災復興基本法(2011年6月施行)[65]は、東日本大震災からの復興の円滑かつ迅速な推進と活力ある日本の再生を図ることを目的とする(法1条)と明記しており、いわゆる復興予算が震災からの復興だけに使われる物ではないことが示され、社民党も賛成し可決成立した。その後、2011年6月から当該発言のあった同年11月にかけて、公的助成制度を活用した社民党本部の耐震診断費用850万円のうち約280万円が復興予算から出ていたことが明らかになり、又市征治幹事長は「復興予算から出ていたことは後から知った。法的には問題ないが復興予算とは別建てであるべきだ」として、復興予算相当分の280万円を被災地に寄付することを表明した[66]
  • 橋下徹が端を発した慰安婦の問題に対して、2013年5月14日に社民党党首として当時の日本維新の会代表・橋下徹の従軍「慰安婦」必要発言についての談話を表明した。その中で福島は、以下のように語り、強く反発している。
かつて、従軍「慰安婦」はいなかった、従軍「慰安婦」制度はなかった、狭義の強制性はなかったなどと隠蔽発言して糾弾された保守政治家はいたが、従軍「慰安婦」制度自体を必要だったと肯定する発言は聞いたことがない。軍規律維持に慰安婦制度が必要ということは、当時の日本軍は戦地で暴行をするような軍隊だったと認めたに等しい[67]
  • ある自治体が、生活保護受給者がパチンコに行ったりいろいろしていたら通報するようにという条例を作る。つまり、生活保護を受けるのがスティグマ、何か悪いことのように、あるいは引下げということが議論になって生活保護バッシングが報道も含めてすごく起きる。そうすると、もちろん不正受給はいけないけれども件数からすればそんなに多くない。生活保護を受けることが、何かやっぱりいけないというか、その場所にも行けないし、その場で何か言われたら怖いとか、やはり今の生活保護バッシングは悪い面も生んでいるというふうに思いますが、いかがですか[68]

家族・親族[編集]

弁護士の海渡雄一事実婚の関係にある。婚姻届を提出しておらず娘が非嫡出子となっており、非嫡出子の相続差別に反対している。「家族の中でも個人ひとりひとりを尊重する主義を持って」いる。[69]著書では「私は、子供が18歳になったら“家族解散式”というのをやろうと思っていて、それ以降は、パートナーと子供ともスープのさめない距離に住んで、名実共に個人単位で暮らしていきたいなと思っている。家族だって、ひとつの定義にすぎない。家族も個人のネットワークなんだ。」[70]「子どもが18歳になれば、『ご勝手に』と言いたい。365日、24時間、他人の干渉なしに生きて、自分でも白紙の人生をどう生きるか考えたらいいし、私もそうしたい。私の場合は、子どものごはん休みのいろんなやりくりをする ことから『解放』されたいのだ。バンザーイ」[71]と述べている。

その他[編集]

インターネット上のデマ「福島瑞穂の迷言」
2003年7月19日2ちゃんねるの書き込みを発端として、拳銃規制派である福島に対して流されたインターネット上のデマ。「テレビ番組『朝まで生テレビ』で、警察官の拳銃使用について『絶対反対』『凶悪犯と言えども警察官は丸腰で逮捕に向かうべき』」などと発言したというもので、インターネット上の有志によって検証されたが、過去の放送においても該当する発言は確認されることはなかった[72][73][74][75]
週刊新潮が報じた又市征治の女性スキャンダル問題への対応
2007年6月21日に発売された「週刊新潮(6月28日号)」において、又市が議員宿舎を愛人との密会に用いたとの記事[76]に対し、事実無根であるとして、同日発行元の新潮社を相手取って3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める訴訟東京地裁に起こす[77][78]とこれを擁護し、徹底的に闘うと宣言。しかし、又市が自ら提訴していたにもかかわらず、2008年6月30日に訴訟放棄を行い、事実上記事の内容を認める結果となるや、「取材に応じることはできません」などとし前言を翻したと報じられた[79]
労働保険未加入問題
産経新聞の報道によると、2009年3月4日、自らが代表を務める「福島みずほ事務所」(東京)において、平成18年度までの数年間、雇用する私設秘書2人について労働保険に加入させていなかったことが判明した。同事務所は「17年ごろに雇用を始め、労働保険加入の手続きを開始したが、委託事務組合との折衝などで遅れてしまったようだ」と釈明した。福島は2008年12月、小沢一郎民主党代表(当時)とともに、舛添要一厚生労働相(当時)に対する「非正規労働者支援の緊急申し入れ」の中で、「多くの非正規労働者雇用保険の加入漏れの恐れがあることがわかった。非正規労働者が、資格がありながら雇用保険に加入していない実態を掌握する措置を講ずること」などを求めており、産経新聞は、「両党とも派遣社員などの労働保険未加入を批判していながら、党首自らの事務所で同様の問題を抱えていたことになる。」と論評した[80]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週現スペシャル 学校別 世の中、上には上がいる 私が見た大秀才たち 本当に頭がいいとはこういうことか
  2. ^ 1992年1月11日付朝日新聞
  3. ^ a b c 【阿比留瑠比の極言御免】慰安婦問題の発火点、日本人弁護士の画策(1/3ページ)”. 産経新聞 (2013年11月15日). 2013年11月15日閲覧。
  4. ^ 週刊新潮 2014・7・3号
  5. ^ a b c 【阿比留瑠比の極言御免】慰安婦問題の発火点、日本人弁護士の画策(3/3ページ)”. 産経新聞 (2013年11月15日). 2013年11月15日閲覧。
  6. ^ “社民・福島氏、北ミサイル迎撃批判を延々と 野党席からも失笑”. 産経新聞. (2009年3月26日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090326/plc0903261851015-n1.htm 2009年12月4日閲覧。 
  7. ^ “普天間問題で福島消費者相を罷免、首相「連立維持したい」”. ロイター. (2010年5月29日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-15567320100528 2010年5月29日閲覧。 
  8. ^ “<社民党>福島党首が辞任表明 衆院選と参院選敗北で引責”. 毎日新聞. (2013年7月25日). オリジナル2013年7月25日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/ThdLf 2013年7月25日閲覧。 
  9. ^ 社民党OfficialWeb┃議員┃役員一覧2013年7月25日 第63回常任幹事会
  10. ^ 鳩山内閣資産公開 14億円で首相1位 ブリヂストン株など保有資産時価90億円 長妻厚労相は本人分資産ゼロ 山陽新聞 2009年10月23日
  11. ^ 1992年1月11日付朝日新聞
  12. ^ http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150116/plt1501161550001-n1.htm
  13. ^ 米大統領宛に集団的自衛権行使容認「不支持」を要請 蓮舫氏ら 産経新聞 2014年4月21日 2014年4月29日閲覧。
  14. ^ 村道で検問した基地移設反対派とトラブル→警察、検察から取り調べを受けた依田啓示さん 「福島瑞穂衆院議員の公設秘書にはツイッターで『そこで食べるな…』と」「逆境を支えた妻には感謝しています」 産経新聞 2017年6月18日
  15. ^ [1]「こんにゃくゼリーによる窒息死事故に関する緊急申し入れ」
  16. ^ 1992年1月11日付朝日新聞
  17. ^ 公共事業チェック議員の会
  18. ^ 国会議員署名これまでと今後の展望 - 空港はいらない静岡県民の会(2009年3月7日時点のアーカイブ
  19. ^ 「福島瑞穂のいま会いたい いま話をしたい」(ISBN 9784750317502
  20. ^ 週刊金曜日第267号 ムダな公共事業をどう止める?
  21. ^ 有事法制はいらない
  22. ^ http://s04.megalodon.jp/2008-0211-1024-45/www2u.biglobe.ne.jp/~hyakuman/sandou.html
  23. ^ 「共謀罪」に反対する超党派国会議員と市民の集い
  24. ^ 1999年6月8日 参議院法務委員会 - 15号
  25. ^ 「共謀罪」反対で、超党派国会議員と市民の緊急集会
  26. ^ [2]
  27. ^ “[林タモツ 「感動もトラウマも、すべてここにある」"サブカル聖地"ロフトプラスワンの道標(ロフトプラスワン店長・天野宇空氏)]”. 日刊サイゾー (2010年2月). 2010年12月9日閲覧。
  28. ^ 証拠を一部開示へ~狭山事件の再審を求める市民集会”. 曹洞宗公式サイト・曹洞宗ネット (2010年7月19日). 2010年12月9日閲覧。
  29. ^ 小原擁 (2010年5月17日). “口蹄疫:社民・福島担当相も宮崎入り 知事ら関係者の要望聞く /宮崎”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20100517ddlk45040294000c.html 2010年5月18日閲覧。 
  30. ^ 聯合ニュース 韓国国会議員、日本側に慰安婦問題などの議論要求
  31. ^ 中央日報 - 韓日議員40人「日本は植民地支配の被害賠償せよ」
  32. ^ 「菅談話、まだ足りない」「慰安婦、サハリンの謝罪必要」… 日韓国会議員会議詳報 (1/3ページ) - MSN産経ニュース [3]
  33. ^ [4]NPO法人日中国会議員書画展実行委員会
  34. ^ 児童ポルノ禁止法改正案に8党首の賛否くっきり ネット党首討論会 ハフィントンポスト 2013年6月29日
  35. ^ 表現規制反対のためのガイド 2013選挙情報
  36. ^ 政策ピックアップ公式ホームページ
  37. ^ a b [www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009112300075 “民法改正に意欲=福島消費者相”]. 時事通信. (2009年11月23日). www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009112300075 2009年11月23日閲覧。 
  38. ^ 『婦人公論』1994年9月号
  39. ^ 『結婚が変わる、家族が変わる』日本評論社
  40. ^ 『娘たちへ 〜母から娘に伝える人生に大切な80の知恵〜』岩崎書店
  41. ^ ポルノ単純所持の処罰は妥当か(福島みずほのどきどき日記)
  42. ^ こんにゃくゼリーの死亡事故に関し、内閣府国民生活局に申し入れ(福島みずほのどきどき日記)
  43. ^ 4人の死刑執行 麻生内閣で2回目 47NEWS 2009年1月29日
  44. ^ 社民党 声明・談話 死刑執行に強く抗議する(談話)
  45. ^ 週刊文春、2014年11月13日
  46. ^ 国会会議録検索システム:平成13年11月15日 153次参議院予算委員会6号の発言者406人目、対応ページ41Pより。国会会議録検索システム:平成13年11月15日 153次参議院予算委員会6号”. 国会 (2001年11月15日). 2013年1月12日閲覧。
  47. ^ 第153回国会 予算委員会 第6号参議院
  48. ^ 福島みずほのどきどき日記
  49. ^ 福島みずほのどきどき日記
  50. ^ 安倍首相辞任表明 政界の反応
  51. ^ “ビタミンカラー”の既製服で元気与えます…党首直撃《2》社民党・福島瑞穂党首報知新聞 2007年7月14日
  52. ^ 福島みずほのどきどき日記 福田総理の辞任記者会見について
  53. ^ 官僚頼み、坊ちゃん集団 野党、対決姿勢強める共同通信 2008年9月24日
  54. ^ 民主党、皮をはいだら社民党?…福島党首が対抗意識 2004年7月9日 読売新聞
  55. ^ 普天間基地移設問題 年内決着見送りへ 日テレNEWS24 2010年12月17日閲覧
  56. ^ 『月刊社民』09年9月号より
  57. ^ 外国人参政権法案「錦の御旗として今国会で実現」
  58. ^ <民団新年会>韓日来賓のあいさつ
  59. ^ 石原知事「先祖」発言 社民・福島氏が撤回求める
  60. ^ 2011年4月30日朝日新聞
  61. ^ “明日も喋ろう/(2)辛 淑玉さん”. 朝日新聞. (2011年4月30日). オリジナル2011年5月3日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2011-0501-1452-09/mytown.asahi.com/hyogo/news.php?k_id=29000001104300001 2011年2月22日閲覧。 
  62. ^ 福島氏、罷免は「沖縄切り捨て」 会見で首相批判 47NEWS 2010年12月17日閲覧
  63. ^ 社民党、鳩山政権からの離脱を決定 日テレNEWS24 2010年12月17日閲覧
  64. ^ 産経ニュース2010.11.1
  65. ^ [5] 第177回国会 2011年 6月 20日 投 票 結 果]
  66. ^ 朝日新聞2013年2月7日 社民党、復興予算同額寄付へ 旧本部の耐震診断に使用
  67. ^ 橋下徹・日本維新の会代表の従軍「慰安婦」必要発言について(談話)
  68. ^ 2013年5月28日の厚生労働委員会議事録[6]
  69. ^ 福島瑞穂『子育てノート』(徳間書店)
  70. ^ 『結婚はバクチである』(大和書房)より。
  71. ^ 『福島瑞穂の落第子育てノート』(主婦の友社)より。
  72. ^ 「福島瑞穂の迷言」という都市伝説について(事務所コメント付)
  73. ^ 2ちゃんねるにコピペされていた“福島瑞穂の迷言”はねつ造?
  74. ^ 2年間のすったもんだで、ようやくねつ造確定“福島瑞穂の迷言”
  75. ^ 福島瑞穂の迷言 2012年にもなって、この話が蒸し返されています。
  76. ^ 議員宿舎を「ラブホ」にしちゃった社民党・又市幹事長…元“愛人”の赤裸々な告白 週刊新潮 2007年6月28日号 P32〜35
  77. ^ 社民党の又市幹事長、新潮社を提訴・女性問題掲載で(日本経済新聞)
  78. ^ 又市社民幹事長、新潮社を提訴「重大な選挙妨害だ」と(朝日新聞)
  79. ^ 姑息な又市副党首「こっそり訴訟放棄」―「愛人マッサージ嬢」もあきれる(週刊新潮 2008年7月17日)
  80. ^ 産経新聞「小沢事務所、労働保険未加入も 社民・福島党首も数年間」 2009年3月5日

外部リンク[編集]

公職
先代:
小渕優子
日本の旗 特命担当大臣男女共同参画
第11代:2009年 - 2010年
次代:
玄葉光一郎
先代:
小渕優子
日本の旗 特命担当大臣少子化対策
第5代:2009年 - 2010年
次代:
玄葉光一郎
先代:
創設
日本の旗 特命担当大臣消費者及び食品安全
初代:2009年 - 2010年
次代:
荒井聰
党職
先代:
土井たか子
社会民主党党首
第3代:2003年 - 2013年
次代:
吉田忠智
先代:
又市征治
社会民主党副党首
2013年 -
次代:
現職
先代:
渕上貞雄
社会民主党幹事長
第4代:2001年 - 2003年
次代:
又市征治