ドムドムフードサービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ドムドムフードサービス
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
243-0021
神奈川県厚木市岡田3050番地
厚木アクストメインタワー14階
設立 2017年4月27日
業種 小売業
事業内容 総合フードサービスチェーン
代表者 代表取締役社長 竹内秀樹
資本金 1億5000万円
主要株主 (株)レンブラント・インベストメント 100%
テンプレートを表示

株式会社ドムドムフードサービスは、2017年7月1日より、ドムドムハンバーガーなどの外食チェーンを運営する予定の日本の企業。

概要[編集]

これまでドムドムハンバーガーは、長年株式会社ダイエーの子会社である株式会社オレンジフードコートが運営し、全盛期である1997年には355店舗を運営していた。しかし、2000年代に入ってダイエーの不振により閉店が相次ぎ、売上も減少し、2017年5月現在のドムドムハンバーガーの店舗は43店舗までに減少していた[1][2]

オレンジフードコートの親会社であるダイエーは2017年3月28日に、株式会社レンブラントホールディングスとの間で、ドムドムハンバーガー事業を、レンブラントホールディングスへ譲渡する契約を締結。レンブラントホールディングスは同年4月27日に、事業を譲受する子会社として、株式会社ドムドムフードサービスを、株式会社レンブラント・インベストメントの100%子会社として設立した[2]

ドムドムフードサービスは2017年7月1日付で、オレンジフードコートが運営していたドムドムハンバーガー43店舗中22店舗、ディーンズバーガー2店舗、ディッパーダンのフランチャイズ店2店舗、ドムドムハンバーガーとディッパーダンの併設店2店舗の計28店、ドムドムハンバーガーのフランチャイザーの地位や商標権などをオレンジフードコートから譲受する予定。譲受後もドムドムハンバーガーブランドは維持される予定である。ドムドムフードサービスは、同年9月以降をめどに、メニューの見直しを実施するほか、ロゴマークやSI(ストアアイデンディティ)の変更、2021年3月期までに19店舗を新規出店するなどの経営施策を実施する予定である[3][4]

沿革[編集]

  • 2017年
    • 3月28日 - ダイエーとレンブラントホールディングスとの間で、ドムドムハンバーガー事業をレンブラントホールディングスへ譲渡する契約を締結。
    • 4月27日 - ドムドムハンバーガー事業を譲受する新会社として、株式会社ドムドムフードサービスを設立。
    • 6月中旬 - 新生銀行の子会社である新生企業投資の出資を受ける予定。
    • 7月1日 - オレンジフードコートから、28店舗並びにドムドムハンバーガーの商標権などを譲受する予定。

事業を手掛ける予定の事業[編集]

2017年5月現在、譲受する店舗は未定となっている。

ドムドムハンバーガー(DOMDOM)
ドムドムフードサービスは22店舗を譲受する予定。
なお、レンブラントホールディングスのプレスリリースによると、前述の通りロゴマークを変更する予定であるが、2017年5月19日に放送されたTBSラジオ荒川強啓 デイ・キャッチ!』にて、ニュースプレゼンターの阿曽山大噴火より、ロゴマークは変更するものの、象(どむぞうくん)のマークは存続予定とレンブラントホールディングスへの取材結果が伝えられている。
ディーンズバーガー(DEAN'S BURGER)
ドムドムフードサービスは2店舗を譲受する予定。
ディッパーダン(Dipper Dan)
クレープジェラートの店。2017年7月1日以降もオレンジフードコートが運営し、ドムドムフードサービスはフランチャイズ店2店舗を譲受する予定。

この他にも、ドムドムハンバーガーとディッパーダンの併設店舗2店舗も譲受する予定。

脚注[編集]

  1. ^ ハンバーガーの「ドムドム」、ダイエーが事業売却IT media ビジネスニュース 2017年5月18日
  2. ^ a b ドムドムバーガー/ホテル、不動産事業のレンブラントHDに事業を譲渡流通ニュース 2017年5月19日
  3. ^ 事業譲受に関するお知らせレンブラントホールディングス 2017年5月19日
  4. ^ ドムドムバーガー/ソファを配したカフェ風店舗を展開流通ニュース 2017年5月19日