愛敬浩二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

愛敬 浩二(あいきょう こうじ、1966年6月30日 - )は、日本の法学者名古屋大学教授。専門は憲法学憲法思想史・比較憲法学。博士(法学)(早稲田大学、1996年)。元民主主義科学者協会法律部会理事[1]

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学外における役職[編集]

著書[編集]

  • 『近代立憲主義思想の原像:ジョン・ロック政治思想と現代憲法学』(法律文化社、2003年)
  • 『改憲問題』(ちくま新書、2006年)

共編[編集]

  • 『憲法』第4版 浦田賢治共編 法学書院 2010 演習ノート
  • 『講座人権論の再定位 2 人権の主体』編 法律文化社 2010 
  • 『3・11と憲法』森英樹,白藤博行共編著 日本評論社 2012

翻訳[編集]

  • ジェレミー・ウォルドロン『立法の復権 議会主義の政治哲学』長谷部恭男,谷口功一共訳 岩波書店 2003

脚注[編集]

  1. ^ 民主主義科学者協会法律部会(民科)役員名簿・第24期(2014年11月~2017年10月)