浦田賢治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浦田賢治(うらた けんじ、1935年2月27日- )は、日本法学者憲法学者早稲田大学名誉教授憲法学舎主宰。熊本県葦北郡佐敷町出身。

来歴[編集]

主著[編集]

  • 『現代憲法の認識と実践』日本評論社 1972年
  • 『憲法の精神 きみたちはどう生きるか』日本評論社 1985年
  • 『イギリス憲法』J.A.G.グリフィス, T.C.ハートレー共著 浦田ほか共訳 三省堂 1987年
  • 『いまの日本の法は 君たちはどう学ぶか』日本評論社 1991年初版/2001年第3版
  • 『プリマブック憲法』法律文化社 2000年初版/2005年第2版
  • 『沖縄米軍基地法の現在』一粒社 2000年
  • 『立憲主義・民主主義・平和主義』三省堂 2001年
  • 『核不拡散から核廃絶へ 軍縮国際法において信義誠実の義務とは何か』日本評論社 2010年
  • 『核抑止 国際法からの挑戦』日本評論社 2011年
  • 『原発と核抑止の犯罪性 国際法・憲法・刑事法を読み解く』日本評論社 2012年

参考文献[編集]

  • 水島朝穂ほか編『現代立憲主義の認識と実践 浦田賢治先生古希記念論文集』(日本評論社、2005年)