隅野隆徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
隅野 隆徳
人物情報
生誕 1935年????
日本の旗 日本 東京府
出身校 東京大学
学問
研究分野 憲法学
研究機関 専修大学
学会 日本公法学会
日本財政法学会
テンプレートを表示

隅野 隆徳(すみの たかのり、1935年 - )は日本法学者専修大学名誉教授。専門は憲法学

来歴[編集]

東京府に生まれる。戦時中に集団疎開を経験した後に、1958年に東京大学法学部第二類卒業。1963年に同大学院博士課程を中退した。同年に専修大学法学部講師に就任、1968年に助教授、1975年に教授となり、法学部長などを歴任した。専修大学に42年間勤務し、主に憲法学の研究・教育に従事した。2005年に同大学名誉教授となる。

政治活動[編集]

九条の会など護憲を主張する論客としての市民活動もあり、共産党推薦で参議院憲法調査会公述人として出席している。国民投票法教育基本法改正、有事法制などに批判的である。憲法改悪阻止各界連絡会議代表幹事などを務め、共同声明での政治的意思表明をすることも多い。

研究活動[編集]

日本公法学会、日本財政法学会などに所属した。人身の自由、基本的人権日本国憲法改正問題などに言及した。

著書[編集]

論文[編集]

先代:
高柳信一
全国憲法研究会事務局責任者/事務局長
1971年 - 1974年
次代:
浦田賢治
先代:
北野弘久
日本財政法学会理事長
2001年 - 2004年
次代:
吉田善明