タカ派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タカ派(タカは、英語:halk, bellicist)とは、政治的傾向の分類で、戦争など武力を辞さない姿勢を持つ人または集団を指す語。強硬派(きょうこうは)ともいう。対義語ハト派である。

語義[編集]

猛禽類であることから、その持つ雰囲気や習性などを政治的傾向の分類にもちいたもの。

現代の日本では、軍事力に肯定的な人物がタカ派に分類されることが多い。日本の政治においては、特定の政党派閥で分類されることもあるが、基本的にどの政党や派閥にもタカ派とハト派の議員が存在している。

右派とタカ派のイメージは往々にして同一視されるが、右派とタカ派は同じではない。左派においてもハト派・タカ派が存在することはあり得るし、ハト派・タカ派の区分は他の政治勢力と比較した上で判断される相対的なものでしかない。たとえば、現代では軍事力を否定している日本共産党も、かつては軍事革命路線の所感派(タカ派)と平和革命路線の国際派(ハト派)で別れており、反戦非武装中立を訴えていた日本社会党社民党の前身)も、「社会主義政権になれば反戦と非武装中立を破棄する」と宣言した向坂逸郎などが一定の影響力を持っていた。日本共産党は第六回全国協議会で暴力による革命を放棄したが、それでも軍事革命にこだわる勢力は新左翼となっている。

諸外国では、アメリカ第二次世界大戦朝鮮戦争ベトナム戦争冷戦において積極的だったのは民主党であり、一方、これらの戦争に消極的で、デタントを始めたのは共和党アイゼンハワー政権~ニクソン政権~フォード政権の流れ)である。一方で、共和党もいわゆる新冷戦でソ連との対決姿勢を強めた(レーガン政権)ほか、湾岸戦争ジョージ・H・W・ブッシュ政権)、イラク戦争を始めとする対テロ戦争ジョージ・W・ブッシュ政権)において先導的な役割を果たしている。

関連項目[編集]