民主党 (アメリカ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国政党
民主党
Democratic Party
US Democratic Party Logo.svg
全国委員長 トム・ペレス
下院議長[1] ナンシー・ペロシ
下院院内総務 ステニ-・ホイヤー
上院院内総務 チャック・シューマー
成立年月日 1828年1月8日(193年前)[2]
前身政党 民主共和党[3][4]
本部所在地 ワシントンD.C.の旗 ワシントンD.C.サウス・キャピトル・ストリート英語版430番地
北緯38度53分3秒 西経77度0分30.4秒 / 北緯38.88417度 西経77.008444度 / 38.88417; -77.008444
合衆国下院議席数
235 / 435   (54%)
(2019年1月3日現在)
合衆国上院議席数
45 / 100   (45%)
(2019年1月3日現在)
党員・党友数
4134万人(有権者登録届出数)[5]
(2016年2月)
政治的思想・立場 中道左派[6][7] - 左派[8]
リベラル[9]
モダン・リベラリズム[10][11]
社会自由主義[12]
国際協調主義[13]
党派:
 • 保守主義保守派[14][15]
 • 第三の道
 • 連邦主義[13]
 • 進歩主義[16]
 • 民主社会主義[17][18][19]
 • 社会民主主義[20]
 • 左派ポピュリズム[21][22][23]
 • 中道主義[14][24]
シンボル Democratic Disc.svg
ロバ
公式カラー    
国際組織 進歩同盟[25]
公式サイト Democrats.org
テンプレートを表示

民主党(みんしゅとう、英語: Democratic Party)は、アメリカの政党共和党と並んで、現代のアメリカの二大政党の一つである。

トーマス・ジェファーソンが創設した民主共和党を起源とし、1828年アンドリュー・ジャクソンの支持者によって設立された。世界最古の歴史を持つ現存政党である[26]第二政党制下(1828年-1854年)では、ホイッグ党政権交代を繰り返したが、南北戦争以後の第三政党制第四政党制下(1860年-1932年)では共和党に圧倒されて大半の時期野党に沈んだ[27]。現在の第五政党制下では共和党と拮抗して政権交代を繰り返している。

結党当初は民主党が右派、共和党が左派に位置付けられていたが、20世紀前期に保革が逆転している。以後は「大きな政府」志向が強く、マイノリティーの支持を集めている。都市部に強く、大都市が集まる東海岸西海岸に強い支持基盤がある[28]。2010年代以降は党内に中道派(中道左派、穏健派)と左派(急進左派)の対立を抱えている[29][30][31][32][33][34][35][36]

これまでに15人の民主党員がアメリカ合衆国の大統領を務めた。最初の民主党大統領は1829年から1837年まで在職した第7代大統領アンドリュー・ジャクソンで、直近は2009年から2017年まで在任した第44代大統領バラク・オバマである。2020年大統領選挙に当選したジョー・バイデンも民主党員である。2020年現在、民主党は下院で過半数、15の州政府のトライフェクタ(知事職と両院)[37]、アメリカのほとんどの主要都市の市長職[38]、合計19の州議会で過半数を保持している。現在の最高裁判所判事9人のうち3人は民主党大統領によって任命されている。

党のイメージカラーは青で民主党が強い州を「青い州(blue state)」と呼ぶ[28]。党のシンボルはロバ。民主党最初の大統領アンドリュー・ジャクソンが選挙戦中に対立政党国民共和党員から「Jackson」という名前から「jackass=ロバ(のろま・間抜けを意味する)」と揶揄されたのを逆手にとって自らのシンボルをロバにしたことが始まりと言われている[28]

党史[編集]

米民主党の起源は憲法制定期の反連邦派英語版(リパブリカンズ 共和派)までさかのぼることができるが、直接の前身はトーマス・ジェファーソンらが創設した民主共和党である[39]。同党は州権論を標榜し、連邦主義の強い国民共和党に対抗し[40]1828年大統領選挙アンドリュー・ジャクソンを当選させ、民主党と改名した[39]

民主党最初の大統領アンドリュー・ジャクソン

初期の頃のジャクソンの民主党は東部名望家層の支配に反発する新興西部の農民やコモン・マン(家柄や教育がない人々)の利益を代表し、特権廃止、機会均等、競争の自由、普通選挙制、官職交替制、全国党大会制など民主的諸制度の確立に努めたが[39]、ジャクソン大統領の度重なる拒否権行使などに反発を強めた反ジャクソン諸派が糾合して1834年にホイッグ党が結成され、この後しばらく民主党とホイッグ党の二大政党制となった(第二政党制[41]

1830年代末に南部利益の代弁者であるカルフーン派が民主党に復帰すると、ジャクソン時代とは逆に黒人奴隷を使役してプランテーションを経営する南部入植者たちが党のヘゲモニーを握るようになり、奴隷制の維持拡大を求める南部保守主義の影響が強まった。党は分裂を回避するために奴隷制問題への態度表明を避けるようになった[42]

しかし1850年代には工業化する北部を中心に奴隷制問題が政治争点として浮上し、民主党内も奴隷制を支持する南部民主党員と奴隷制への批判を強める北部民主党員の間で亀裂が深まった[43]。特に1857年カンザス準州で制定された奴隷制支持の条文を含むルコンプトン憲法英語版の是非をめぐって、同憲法を支持した南部贔屓のブキャナン大統領派と、これに反対するダグラス派が激しい党内対立を起こした[44]

1850年代半ばにはホイッグ党の消滅と、北部を基盤に反奴隷制を標榜する進歩主義政党共和党の台頭が起こり、ジャクソン時代から連邦議会の支配権を握ってきた民主党は1858年の選挙で少数派に転落[45]。さらに奴隷制が争点となった1860年大統領選挙では民主党はダグラスを擁立した北部民主党英語版と、それに反対して奴隷制支持者ブレッキンリッジを擁立した南部民主党英語版に分裂したため、北部の都市を集中的に回る選挙戦を展開した共和党のリンカーンが当選した[46]

南北戦争後、党は再統一したものの[47]、長期の停滞を余儀なくされ、共和党政権に対する半永久的な野党となった。第三政党制第四政党制期(1860年から1932年)にはグロバー・クリーブランドウッドロウ・ウィルソンのそれぞれ2期16年しか大統領を輩出できず、いずれも共和党の内紛に負うところが大きかった[39]。19世紀前半が農民を支持基盤とし、土地利益の促進を目指した民主党の時代とするなら、19世紀後半は産業資本とそれと利害関係を持つ西部農民を支持基盤として急激な工業化を図る共和党の時代だった[48]

しかしこの間も民主党は反中央集権と個人的自由を打ち出すことによって共和党政権に取り残された不満層の受け皿として存続した[49]。南北戦争の敗地にされ、共和党政権に怨念を持つ南部の人々、北部の都市部で低賃金に苦しむ移民(特にカトリック)、資本主義の発展で没落していく西部の中小農民などがこの時期の民主党支持層だった[50]。この時期、北部の工業都市は外国(特に先進資本主義国イギリス)の工業から国内市場を防衛する手段として保護関税を求めていたので、共和党政権がそれを推進したのに対し[51]、南部の農村部は低関税ないし自由貿易を求めたため[52]、民主党の候補は関税引き下げを選挙で訴えた[53]

共和党が大実業家の利益の代弁者となって政治的腐敗が進行したことで政治刷新を求める運動が高まり、その機運を背景に党は1912年にウィルソンを大統領に当選させることに成功したが、第一次世界大戦後には再び共和党に敗北し、長らく政権の座から遠ざかった[54]

民主党の都市化・左傾化を決定づけたフランクリン・ルーズベルト

1920年代になると民主党は都市大衆を基盤とした勢力として本格的に再生されていく。世界大恐慌を背景に党の都市化を完成させたのが1932年に大統領に当選したフランクリン・ルーズベルトと彼のニューディール政策だった[39]。特に第二次ニューディール政策は老齢年金や失業保険などを定めた1935年の社会保障法の制定や高率の累進所得税や法人税の設定など左旋回が顕著であり[55]、これを契機に党は社会的自由主義を推進する政党となった[56][57]。労働者や小農、失業者、移民、黒人などの低所得者層から支持され、この支持層を「ルーズベルト連合(Roosvelt Coaliton)」と呼ぶようになり[58]1936年以降の長年にわたる多数党化に成功した[39]。ルーズベルトの登場後、民主党の左傾化は決定的となり、逆に共和党や南部民主党勢力英語版はルーズベルトへの対抗から保守化を強めていった[59]

第二次世界大戦後にはソ連の不穏な動きや、北朝鮮による韓国侵略などで反共主義が高まり、共和党上院議員マッカーシーらによる赤狩りなどの風潮の中、民主党政権は共産主義と結びつけられて信用を失墜していった[60]1952年大統領選挙では民主党人気の凋落と、共和党が当時NATO司令官だったドワイト・アイゼンハワーの担ぎ出しに成功したことで20年ぶりに共和党に政権を奪われた[61]

初のカトリック大統領で暗殺により神話化したジョン・F・ケネディ

反共主義の高まりの中で民主党の保守化も強まったが、1960年大統領選挙では「ニュー・フロンティア」をスローガンにした党候補ジョン・F・ケネディを、アメリカ史上初のカトリック(非WASP)、また初の20世紀生まれの大統領として当選させ、若々しさを期待させた[62]。同時にケネディは南部民主党をつなぎとめるため、保守系議員の信頼が高いリンドン・ジョンソンを副大統領とした[63]。ケネディは黒人公民権運動の高まりで揺れる中の1963年11月22日テキサス州ダラスにおいて暗殺された。その悲劇的な最期は彼を神話化するとともに、それ以降のアメリカ社会に訪れた対立と混乱をいっそう際立たせる効果をもたらした[64]。ケネディ暗殺後には副大統領ジョンソンが大統領に昇格したが、ベトナム戦争への本格介入と長期化によって党内に著しい分裂が生じた[54]

1968年大統領選挙では共和党のリチャード・ニクソンに政権を奪われた。ニクソンは黒人公民権政策に否定的な態度を取ることによって南部の支持を獲得する「南部戦略」をとって民主党の地盤だった南部への進出を進めた[65]1972年大統領選挙でもニクソンに敗北したが、ウォーターゲート事件でニクソンが辞職した後の1976年大統領選挙では共和党の現職ジェラルド・R・フォードに党候補ジミー・カーターが勝利し、8年ぶりの民主党政権が誕生した。しかしカーター政権下では財政赤字が膨らんだうえにイラン革命石油危機によるスタグフレーションなど経済危機が深刻化し、人気は急落、「小さな政府」を掲げるロナルド・レーガンら共和党右派が支持を集めるようになり、1980年大統領選挙では現職カーターがレーガンに敗れた[66]

その後はロナルド・レーガン2期、父ブッシュ1期の12年にわたる長期の共和党政権下で民主党は野党に甘んじた[54]。保守色の強いレーガンの時代に共和党の南部進出はより強固となり、1980年と1984年の大統領選挙では「レーガン・デモクラット英語版」と呼ばれる南部民主党員のレーガン支持現象が発生している[67]

ニューデモクラット英語版の中心人物であり、民主党の左翼色を弱めて中道政党化を推進したビル・クリントン

また80年代には高いレーガン人気のもと民主党内でもレーガンの「小さな政府」論に影響を受けてニューディール・リベラリズムから脱却しようという機運が若い民主党員の間で起こった。彼らは恵まれない有権者への配慮という伝統的な党の立場に軸足を残すことでレーガンと差別化しつつ、従来の党主流派リベラルを労働組合の傀儡と批判した。この勢力はやがてニューデモクラット英語版と呼ばれるようになり、アーカンソー州知事ビル・クリントンがその代表格だった[68]1992年大統領選挙では南部や中道の票を確保できる候補と期待されたクリントンが党大統領候補となり、湾岸戦争の勝利で有利とみられていた現職父ブッシュの再選を阻止して当選を果たし、12年ぶりに民主党政権を誕生させた[69]。クリントンはこれまでの民主党大統領より経済問題で共和党保守派に近い立場だったが、社会・文化問題はリベラルな立場だったので結局二大政党の対立は緩和されず、目玉の医療保険改革も共和党の反対で挫折し、支持率は低下、1994年中間選挙では上下両院とも共和党に過半数を奪われた[70]。しかしこの選挙で党内リベラル派が退潮したのでクリントンは本来共和党保守派の争点だった社会福祉改革、財政均衡、犯罪防止強化、家族重視の価値観、不要な規制撤廃などを政策アジェンダに取り込み、民主党に付きまとう「増税と歳出増の党」というイメージの払拭を図った。加えて冷戦終了後の軍縮による財政赤字の減少、オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件の優れた演説、好景気などに後押しされて支持率が再上昇、1996年の大統領選挙で再選された[71]。第二期をクリントンはうまく乗り切り、1998年には連邦財政の黒字をたたき出し、増税と社会政策への野放図な支出という民主党のイメージを一変させ、民主党の中道政党化を完成させた[72]

2000年の大統領選挙ではクリントン政権の副大統領アル・ゴアが党候補として出馬したが、クリントン政権末期の不倫スキャンダルが尾を引いたことや左派の第三候補ラルフ・ネーダーの出馬で票を削られたことで、共和党候補子ブッシュに得票数ではわずかに上回るも獲得選挙人数で敗れて落選となり、政権を失った[73]2001年9月11日同時多発テロ事件後には国民団結ムードの中で民主党もブッシュ政権に協力の姿勢を取り、テロ直後のアフガン戦争はほぼ挙国一致で遂行されたが、その後のイラク戦争をめぐっては民主党内は意見が分かれ、2002年10月の対イラク武力行使容認決議案に約半数の民主党議員が反対に回っている。しかし「戦時大統領」ブッシュの強い人気のもと2002年の中間選挙は民主党が上下両院とも議席を減らして敗北[74]。その後イラク戦争への批判が高まってくるとブッシュ政権の支持率は低下傾向に入ったが、2004年の大統領選挙は党候補ジョン・フォーブズ・ケリーがブッシュに敗北しており、同時に行われた上下両院選挙でも民主党はさらに議席を落とすという惨敗に終わった[75]。しかし2期目の中間選挙である2006年11月の議会選挙はイラク戦争問題だけでなく、ハリケーン・カトリーナ被災の対応遅れや共和党議員のスキャンダルなどが連続する中で行われたため、民主党が上下両院において多数派を奪還している[39]

初の非白人大統領バラク・オバマ

2008年大統領選挙ではケニアにルーツのある黒人系の血を引く党候補バラク・オバマが同国史上初めて非白人の大統領に選出され、8年ぶりに政権を奪還した[39]。また、同時に行われた上下両院の議会選挙でも議席を伸ばした。オバマは国民皆保険の公的健康保険制度の導入を目指したが、共和党や民主党右派の反発が強く、修正を迫られ、最終的には民間保険会社に対する政府の監督を強化するとともに低所得者層の保険料控除制度を州ごとに創設させ、事業者に従業員の保険加入を義務付ける医療保険改革案(オバマケア)を2010年3月に成立させた。しかしこれには巨額の政府支出を必要となり、共和党右派は「社会主義」と批判してオバマ攻撃を強めた。失業率の高さもあって2010年の中間選挙で民主党は議席を減らし、上院では過半数を維持したものの、下院では共和党に過半数を奪われた[76]。2012年の大統領選挙ではオバマ大統領が再選を果たしたが[77]、同時に行われた議会選挙は上院は民主党、下院は共和党というねじれが続いたままの結果となった[78]。さらに2014年の中間選挙では上院も下院も共和党に過半数を奪われた[79]

2016年大統領選挙では史上初の女性大統領の誕生を目指す元ファーストレディヒラリー・クリントンを党候補にしたが、共和党候補のドナルド・トランプに対して得票数では約300万票上回ったものの獲得選挙人数で敗北したため政権を失った。しかし2018年中間選挙では民主党が下院の過半数を奪還することに成功した[80]

さらに2020年大統領選挙ではオバマ政権の副大統領だったジョー・バイデンを党候補とし、現職のトランプを破って当選。2021年1月20日からバイデンが第46代アメリカ合衆国大統領に就任する予定である[81]。同日に行われた下院選挙と上院選挙でも民主党は両方で過半数を獲得した(上院はカマラ・ハリス次期大統領の議長決裁含む)。民主党がホワイトハウスと上下両院をすべて掌握したのは2009年以来のことである[82]

党の思想や傾向など[編集]

党の基本的立場[編集]

一般に共和党が市場を重視する「小さな政府」を推進するのに対し、民主党は政府の役割を重視する「大きな政府」を推進するとされる。そのため民主党は福祉(公的扶助)に関して拡充を目指し、公的扶助受給者に対して介入を行うことに反対する傾向がある。対して共和党は公定扶助をできる限り縮小するとともに、公的扶助受給者には勤労論理教育や労働を義務付けることを目指す傾向がある。ただし民主党でもニューデモクラット英語版などは公的扶助受給者に労働を課すことを主張する傾向がある[83]

民主党は健康保険制度について国民皆保険に前向きである[84]ビル・クリントン政権下ではファースト・レディヒラリー・クリントンの提唱による国民皆保険の公的健康保険制度(ユニバーサルヘルスケア)の導入案が1994年後半の議会にかけられている(議会の多数を握る共和党の反対で挫折した)[85]。またバラク・オバマ政権下では民間保険会社が販売する健康保険の購入を公的補助のもと国民に義務付けた医療保険制度改革(オバマケア)が発効している(2017年に政権に就いたトランプ共和党政権がオバマケアの廃止を目指して裁判所に違憲として提訴、係争中となっている[86])。

累進課税相続税の強化、法人税引き上げに賛成の立場を取る[83]。また自由貿易主義を主張する共和党とはやや一線を画す国内産業保護主義を取る。特に労働組合や環境派などのリベラルに自由貿易反対の傾向が強い。他方ニューデモクラットは自由貿易に前向きであることが多い[83]

共和党に比べ環境問題への取り組みに積極的である[83]。地球温暖化問題に取り組む民主党のアル・ゴア元副大統領は、ドキュメンタリー映画『不都合な真実』での環境問題に対する啓発活動が評価され2007年のノーベル平和賞を受賞するなど話題になった[87]

LGBTの権利の擁護にも積極的で[88]同性婚シビル・ユニオンに賛成する者が多いと言われる[83]

武器保有権を定めた合衆国憲法修正第二条を「州の権利」と理解することで、これを「個人の権利」と理解する共和党に比べると、銃規制に前向きと言われる[83][88]

他に選挙資金改革[88]、刑事司法と移民制度改革[88]マリファナの合法化[89] などにも前向きな傾向がある。

ただしアメリカは政党規律が弱いので、以上に上げたような傾向に全ての民主党員が当てはまるわけではない点に注意を要する[83]

中道派と左派[編集]

2016年大統領選予備選挙2020年大統領選予備選挙など、近年の民主党内では中道派中道左派穏健派)と左派急進左派)の対立がよく見られる。左派とは社会保障の大幅な拡充を訴え、その財源として敵視する大企業富裕層から「富裕税」を取り立てることや[90]国防費[91] および警察予算[92] の削減を主張する勢力である。対する中道派はそれに反対ないし慎重な立場をとる勢力である[90]

左派(急進左派)の代表的人物サンダースウォーレンオカシオ=コルテス

左派あるいは急進左派の代表的人物としてはバーニー・サンダース[93]エリザベス・ウォーレン[94]アレクサンドリア・オカシオ=コルテス[93]イルハン・オマル[95]ラシダ・タリーブ[95] などがいる

2020年次期大統領・次期副大統領英語版ジョー・バイデンカマラ・ハリス。中道派の代表的人物である。

対する中道派の代表的人物としてはジョー・バイデン[96][97]カマラ・ハリス[97]ヒラリー・クリントン[98]ピート・ブティジェッジ[96]エイミー・クロブシャー[99] などがいる。また元大統領のビル・クリントン[100]バラク・オバマ[101]アル・ゴア[102]元副大統領も中道派とされる。下院議長ナンシー・ペロシも左派を警戒する立場である[95]

サンダースが1991年に6人で発足させた下院民主党左派議員の集まり「議会進歩派議連英語版」は2018年にオカシオ・コルテスら若手の当選により95人に増加し、今や同党下院の4割を占めており、その分中道派は細ってきている[97]。左派台頭の原因は冷戦時代の実感が薄い1980年代以降生まれの「ミレニアル世代」が、自由を抑圧する社会主義の負の側面への抵抗感より、格差の是正への期待を左派に寄せるようになったためだという指摘がある[103]

2016年大統領選挙の民主党の敗因として当時の候補ヒラリー・クリントンが左派を軽視しすぎたせいで左派の票が得られなかったという分析があったため、2020年大統領選挙の民主党候補バイデンは政策をかなり左派に寄せた[97][104]。左派も前回の反省から2020年大統領選挙では全面的にバイデン支援に回った[105]。しかしそのために大統領選挙ではドナルド・トランプから「バイデンは極左に乗っ取られた操り人形」[97]、「社会主義者の『トロイの木馬』」[106] と執拗に攻撃された。共和党の戦略アドバイザーのホイット・エドワーズは「バイデンが左派の政治家になれば、国民全体の過半数をまとめることができるはずの自身の能力を損なうだろう」と分析する[97]

2020年の大統領選挙にバイデンの当確が出た後、左派はバイデンに閣僚ポストなどを見返りとして要求していると伝えられるが[105]、閣僚ポスト配分は現在のところ中道派を中心に行われており、左派たちは蚊帳の外に置かれて不満を抱いていると報道されている[107]。また2020年連邦議会選挙の民主党の党勢が振るわなかったことについて、左派と中道派の間で責任の押し付け合いが発生していると伝えられる。大統領選挙戦中は「打倒トランプ」を優先して対立を避けた両派だったが、バイデン当選後は封印してきた対立に再燃の兆しがあると報じられている[95]

党の外交問題に対する立場[編集]

民主党は外交については一般に国際機関やグローバル・アジェンダを重んじた国際協調主義の立場を取るとされており[83]、単独行動主義の強い共和党との対比で民主党はハト派とされることが多い。共和党に比べると軍事力行使にもやや消極的である[83]。しかし、第1次第2次世界大戦朝鮮戦争ベトナム戦争などへの参戦は民主党政権によって行われており、必要と判断すれば戦争をためらうような党ではない。またコソボ空爆などの例がある様に先進国各国の協力・支援が取り付けられれば国際連合(国連:UN)を無視した武力行使も辞さない。

2020年の大統領選挙で当選を確実にしたジョー・バイデンは「米国は戻ってきた。米国は世界を率いる用意がある」「米国は同盟諸国と組んだときが最も強力だ」と述べ、ドナルド・トランプ時代の「米国第一」主義から決別し、「同盟重視」を前面に打ち出していく立場を表明している[108]

対中政策[編集]

中華人民共和国に対しては、議会を中心に保護貿易主義の傾向が強いので、対中貿易赤字には敏感である。下院議長ナンシー・ペロシなどを中心とするリベラル派が人権問題チベット問題を非難するなど近年は中国の軍事拡張に批判的な姿勢を取るケースが増えつつある。このことから近年党内では対中強硬派が台頭している。中国が香港の自治を踏みにじる「香港国家安全維持法」を施行したことに対抗して、2020年7月1日、民主党が過半数を占める下院は、中国に制裁を科す「香港自治法案」を全会一致で可決させた。下院議長ペロシは「国家安全維持法は香港の人々に対する残忍で徹底的な弾圧であり、約束されていた自由を破壊しようしている」と中国を批判した[109]。2020年大統領選挙戦中バイデンは中国共産党総書記習近平のことを「100万人のウイグル族収容所に入れた悪党」と名指しで非難している[110]

当選後もバイデンは中国の不公正な貿易慣行や人権侵害などについて「中国政府に責任を負わせる」と述べ「中国と競う上で、志を同じくする同盟国やパートナー国と連合することによって我が国の立場は一層強くなる」「我が国だけなら世界経済に占める割合は約25%にすぎないが、民主的なパートナー国と連合すれば、経済的な影響力は2倍以上になる」と述べ、トランプ政権の同盟国軽視の単独行動主義を批判するとともに同盟国と連携して中国に対抗していく考えを示した[111][112]

台湾政策[編集]

民主党は2020年大統領選挙の政策綱領において「台湾関係法」の履行を約束し、台湾住民の期待と最良の利益に合致した両岸問題の平和的解決を引き続き支持するという立場を表明した。中華民国台湾)外交部は「これを歓迎し、感謝する」「今後も引き続き米民主党、共和党の両方と緊密な協力関係を築き、共通の価値観に基づく台米のグローバル・パートナーシップをより深める」とする声明を出した[113]

対ロシア政策[編集]

ロシアについては2016年の大統領選挙に介入して党候補ヒラリー・クリントンの当選を妨害したと言われていることがあって[114]、民主党内は反ロシアの機運が強く、「もっとも主要な敵」と位置付けている[115]

中東政策[編集]

中東問題に関しては、共和党ほど親イスラエルではない傾向がある。2016年12月23日には民主党オバマ政権が、イスラエル政府や親イスラエル派のドナルド・トランプ(当時次期大統領)からの要求を退けて、イスラエル入植活動停止を求める国連安保理決議に拒否権を発動せず、同決議を可決させている。イスラエル政府とトランプはこの対応を激しく批判した[116][117]。しかしオバマ政権は立場を変えず、同年12月28日には同政権の国務長官ジョン・フォーブズ・ケリーがイスラエルの入植活動を公然と批判する演説を行った。アメリカの主要閣僚が同盟国のイスラエルを公然と非難するのは極めて異例のことだった[118]

民主党急進左派でムスリム系の下院議員イルハン・オマルラシダ・タリーブは特に反イスラエル的な言動で知られ、イスラエル政府から反ユダヤ主義者として批判されている。2019年に彼女らがイスラエルが占領しているヨルダン川西岸や東エルサレムを訪問しようとした際、トランプ大統領が「オマール議員とタリーブ議員の訪問を認めたら、イスラエルは大きな弱みを見せることになる。2人はイスラエルと全てのユダヤ人を憎んでいるし、その考えを変える手立てはない。ミネソタ州とミシガン州で2人が再選されるのは困難だろう。不名誉な議員だ!」とツイートし、2人を入国禁止にするようイスラエル政府に呼びかけた。イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相がこれに応じて「(両議員の)唯一の目的はイスラエルを傷つけ、イスラエルに対する反逆を扇動することだ」として2人を入国禁止処分に処した事件があった[119][120]

カナダ・ヨーロッパ諸国[編集]

比較的リベラルなカナダヨーロッパ諸国とは相性がいいことが多い。2020年大統領選挙でもバイデン当選、トランプ落選の報にカナダやヨーロッパは総じて歓迎ムードである[121][122]

党の支持層[編集]

長期の共和党政権が続いた第三政党制・第四政党制期(1854年-1932年)には共和党が北部を支持基盤とし、近代産業の振興の立場を取ったのに対して、民主党は南部を中心とした勢力を支持基盤に持ち、南部の農場主等の権益の擁護を中心としていた。南北戦争で敗戦地にされ、取り残された南部の人々はリンカーンを出した共和党への怨嗟の念を強め[123]、「南部の失われた大義」の感情を持ち、共和党の対立政党である民主党を支持した[49]。南部の民主党支持の伝統はこの後長期にわたって続き、貧者の党である民主党内に南部の貴族的な有産者階級が多数混じるという奇妙なねじれ現象を起こすことになった[123]。南部以外でこの時期に民主党を支持したのは北部の移民たちだった。彼らは都市部や工場で低賃金で働く社会の底辺層を構成し、現状の社会に不満を募らせ、民主党支持に傾いた[124]。特にカトリック移民は、プロテスタント国家権力の干渉から私生活の自由を求める願望が強く、民主党の個人的自由の訴えに共感した[49]。さらに資本主義の進展で共和党がますます商業・工業の党になっていくにつれて、西部の中小農民も取り残された人々となり、彼らも民主党支持へ傾いた[125]

1920年代以降、都市大衆を基盤とした政党への転換がみられるようになり、特に世界恐慌のさなかの1932年フランクリン・ルーズベルトが大統領に就任してホワイトハウス入りし、大恐慌で苦しむ都市労働者黒人アフリカ系アメリカ人)、カトリック教徒ユダヤ系市民、そして民主党の伝統的な支持基盤である南部人らを結集したいわゆる「ニューディール連合」を形成することとなった[126]

しかしルーズベルトの登場後、民主党の都市化・左傾化は決定的となり、南部民主党はその不満から共和党とともに保守化を強めていった[59]1964年の公民権法および1965年の投票権法の後、多様な価値観を内包する党は、公民権立法などの人種政策の実施過程において、南部白人層の離反を招くことになった。これにより両党の中心的な基盤は変化し、大統領選の駆け引きにおいて南部の州はより確実に共和党寄りとなり、北東部の州はより確実に民主党寄りとなった。1970年代から1980年代にかけては南部民主党の保守派が次々と共和党へ移るようになり[127]、1980年や1984年の大統領選挙では「レーガン・デモクラット英語版」(南部白人の民主党員が共和党のロナルド・レーガンに投票した現象)も発生している[67]

また女性の権利をめぐる中絶論争で進歩的な政策を取ることから宗教的保守派などの離反も招いた。ここに二大政党制の再編成が起こり、民主党は窮地に追いやられることになったといわれている。その後もヒトES細胞の研究の可否、同性愛の諾否(性的少数者LGBTの権利諾否)、同性間における結婚同性結婚)の諾否など、キリスト教国家として宗教的価値観と関連する問題で一般に進歩的な政策をとることから、宗教的保守派(ただし、カトリック教会は除外)の支持は失っている。

かつては強力だった労働組合の要素は1970年代以降は小さくなったが、労働者階級は民主党の重要な構成要素であることに変わりはない。また、都市部に住む人々、女性、大卒者、ミレニアル世代性的宗教的人種的マイノリティも民主党を支持する傾向にある[128][129][130]

現在の主な支持層は東海岸西海岸および五大湖周辺の大都市市民および、プロフェッショナル、アカデミア、若年層、労働階級である[131]。また黒人アフリカ系)、ヒスパニック(ラテン系・南米系)、アジア系フィリピン系アメリカ人華僑日系アメリカ人韓国系アメリカ人等)などの非ヨーロッパ系の人種的マイノリティにも民主党支持者が多い[132]。ただしヒスパニックのうちキューバ系はキューバで共産革命が起きた際に亡命してきた人やその子孫が多いので、反共主義の感情が根強く、共和党支持者が多い[133]

2008年の大統領選挙で民主党大統領候補バラク・オバマの応援演説に駆けつけたクロウ族議長英語版カール・ベン英語版

アリゾナニューメキシコモンタナノースダコタサウスダコタワシントンD.C.アラスカアイダホミネソタウィスコンシンオクラホマ[134]ノースカロライナなどに住むネイティブ・アメリカンインディアン)も大半が民主党を支持している。ネイティブアメリカンの民主党への投票率の高さは黒人のそれを超える[135]

また、音楽産業やハリウッド映画産業などのエンターテインメント業界からの支持が強いのも特徴である。大統領選挙中間選挙などでは、民主党を支持している著名なミュージシャン俳優など芸能関係者が応援演説に駆け付ける姿がよく見られる。2020年の大統領選挙でもビリー・アイリッシュテイラー・スウィフトがバイデン支持を表明したり[136]レディ・ガガがバイデンの応援演説に駆けつけたり[137]ブラッド・ピットがバイデンのキャンペーンCMに出演したり[138]、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の監督ルッソ兄弟がバイデンの選挙活動を支援するための資金集めパーティーを企画してクリス・エバンススカーレット・ヨハンソンポール・ラッドマーク・ラファロドン・チードルゾーイ・サルダナら映画出演者が参加するなどしている[139][注釈 1]

マサチューセッツ州ニューヨーク州カリフォルニア州は民主党が優勢な州である」と認識されているが、1908-2004年の25回の大統領選挙で最多得票を獲得した候補者の所属政党を見ると、マサチューセッツは民主党が17回-共和党が8回、ニューヨークは民主党が14回-共和党が11回、カリフォルニアは民主党が11回-共和党が13回-独立党派が1回である。1957-2006年と現職の州知事の在職期間を見ると、マサチューセッツは民主党が26年-共和党が28年、ニューヨークは民主党が26年-共和党が28年、カリフォルニアは民主党が20年-共和党が34年である。近年の知事の在職期間を見ると、マサチューセッツは1991-2007年、ニューヨークは1995-2006年、カリフォルニアは1983-1999年、2003-2011年は共和党の州知事の在職期間である。

組織[編集]

現在の民主党全国委員長トム・ペレス英語版

制度的な組織は民主党も共和党も同じである。アメリカの二大政党は西欧や日本の政党とは異なり、党全体の意思決定を行う機関も、党の最高責任者の党首も、党の基本理念を定めた綱領も存在しない[140]。政党の組織についても、政党の公式な組織である「政党組織」(party organization)と、政党に所属する公職者(大統領や連邦議会議員)からなる「国家組織の中の政党」(party in gonvernment)では基本的に分離して存在しており、競合・対立することすらある[140]。ここでは政党組織について触れるものとし、連邦議会における党については下記を参照

全国委員会(National Committee)が党の最高機関と位置付けられており、この全国委員会が四年に一度全国大会を組織し、その大会において大統領候補と副大統領候補が選出される。また全国委員会は一年に二度会合を開くが、委員に就任するのは地方政治などで活躍した著名な党員が多い。全国委員会本部は首都ワシントンD.C.に置かれ、委員長は常勤で務める[141]。委員長は党首ではなく、事務局長的な役割を果たすにとどまる(党首のような物は民主党にも共和党にも存在しない)[142]。委員長には将来性のある若手政治家が付くことが多い。大物政治家が形式的に就任するようなことはなく、委員長は実際に総務の一切を引き受け、そのポストは若手政治家のトレーニングの場になっていると見られる[143]。本部には広報担当など様々な部局が存在し、専門職としての背景を備えた人間たちが務めている[141]

全国委員会の下には州委員会(State Committee)がある。州委員会の形は州ごとに様々であるが、州内の郡(county)や選挙区(district)から選出された委員がメンバーになっている。州委員にそれほど権限があるわけではないが、全国大会の州代表になることが多いので実力者が就任することが多い[141]

州委員会の下に郡委員会(County Committee)や選挙区委員会(District Committee)がある[144]。実際の党活動は郡や市の委員会の単位で行われる[142]。選挙区とは連邦下院議員を選出する目的で作られた区割りであり下院議員選挙において重要な意味を持つため、地元の有力者が就任することが多く、彼の周りに側近の活動家たちが控えていて、いざという時には側近たちがさらにその側近たちを駆り出すという出動態勢を整えていることが多い。民主党と共和党はこのような有力者を全米にそれぞれ3000人持っているといわれる[144]

選挙区はさらにプレシンクト(precinct)という住民数百人規模の小さな地区で分割されており、そこの統括者をキャプテンと呼ぶ。キャプテンは民主党・共和党それぞれ10万人持っていると言われ、その中で頭角を現した者が選挙区の指導者になり、その中でさらに指導力を発揮した者は州委員会のメンバーになり、全国大会に出席できる名誉を得られる[145]

予備選挙が普及する以前は地方党組織は「マシーン」と呼ばれ、地方党幹部は各種選挙での党の候補者の指名権を握ったので大きな権限を持ち。「ボス」と呼ばれた。ボスが行う任用は猟官制といわれる情実任用制度であり、選挙や党活動で貢献することが採用や昇進に有利になることが多かった。しかしこのやり方だと党や幹部への忠誠心が重視されがちで、しばしば不適切な人物の採用や昇進が行われる原因になったことから、しだいに能力主義や試験による採用・昇進に移っていった。さらに政党民主化の流れの中で党の候補者は予備選挙で決めるやり方が普及していった[146]

民主党も共和党も強固な組織政党というわけではない点に注意を要する。党上部組織や党幹部の指示に従わないと処罰されるような文化はアメリカの二大政党には存在しない[142]。党員たちは党の組織系統に注意を払うことなどほとんどないので、不明確な責任体制の中で物事を進めるのが一般的である。その実態は各地方の有力者の緩やかな連合体にすぎず、政党運営方法には地元特有の事情が大きく働き、地方ごとに様々である。上部組織のいうことなど全く意にかえさないキャプテンも珍しくはないし、党内での対立や派閥争いなどは頻繁である[147]。入党や離党も全くの自由であり、有権者登録や予備選挙登録の際に党名を記入する欄があり、そこに記入するとその党の党員として扱われ、それ以外の入党手続きは一切ない。党費納入義務も党活動への参加義務もほとんどないと言ってよい[142]

大統領候補と副大統領候補[編集]

選出方法[編集]

2020年2月3日アイオワ州エイムズで開かれた民主党の第15地区党員集会英語版の様子
2008年3月4日オハイオ州予備選挙に投票する有権者

党の大統領候補・副大統領候補は、民主党でも共和党でも党全国大会に出席する代議員の投票によって選出される。1972年以前の全国大会の代議員は、州レベルの地方党幹部の影響下にある者がほとんどであり[148]、実質的に地方党組織を取り仕切る「マシーン」政治を行う「ボス」たちの間で決められていた[149]。大統領選に向けた予備選も一応存在したが、参考程度でしかなかった[148]。しかし1968年の民主党全国大会における混乱の影響で、1972年から指名候補の選択が一般有権者に委ねられるようになり、現在のような各州ごとに予備選挙や党員集会を行って代議員を選出するスタイルが普及した[148]

予備選挙は一般有権者が各地に設置された最寄りの投票所に行き、そこであらかじめ支持する候補を表明している代議員候補に無記名投票するという間接選挙制である。時間はほとんどかからない。州によって党員のみが投票できるクローズド・プライマリーである場合と、党員以外も投票できるオープン・プライマリーである場合がある[150][151]。予備選挙の費用は州が負担する[151]

これに対して党員集会とは党員が会合によって代議員を選出する方法である。党員集会は長くてもせいぜい数時間であり、参加者は代議員への投票を挙手などで表明する[152]。党員集会は限られた場所でしか行われないため、一般的に予備選挙より参加人数が少なくなり、熱狂的な支持者が付きやすい極端な候補や活動家が大きな影響力を持つ傾向がある[150][152]。党員集会は州ではなく各州政党によって行われる[153]

どちらを行うかは、州ごとに様々である(両方行う州もある)[151]。党員集会はかつて多かったが、現在は予備選挙を行う州が増えており、2020年民主党予備選挙で党員集会を行ったのはネヴァダ州ノースダコタ州ワイオミング州アイオワ州の4州のみだった[152]

予備選挙や党員集会は大統領選挙が行われる年の1月から6月にかけて各州ごとに実施される。最初の党員集会が開かれるアイオワ州と最初の予備選挙が開かれるニューハンプシャー州はメディアの注目を集めるため、立候補者たちにとっても戦略上大きな意味を持つといわれる[150]。1976年には「ジミーって誰なんだ?」と揶揄されていたジミー・カーターがここで突然登場して全米に名前を売り、党大統領候補の座を射止めたのはその典型である[150]

その後、他州でも予備選挙や党員集会が実施されていく。山場とされるのが2月から3月初旬の火曜日で各州の予備選挙や党員集会が集中するスーパー・チューズデーであり、ここでの勝敗が結果を決めることが多い[154][155]。2020年3月3日のスーパーチューズデーもそれまで劣勢だったバイデンが他の中道候補の辞退で中道票を集めて左派候補バーニー・サンダースに勝利したことで、党大統領候補に選出される流れとなった[156]

予備選挙や党員集会で多数の支持を得た候補が党の正式候補として選出されるのが、7月以降に実施される全国大会である。ここでは各州の代議員に加え、特別代議員と呼ばれる人々も選出に関与する。民主党の場合だと連邦議会議員や州知事、党の全国委員会の構成員、かつての大統領や副大統領、上下両院議長、院内総務などが特別代議員となる。しかし実質的には候補はそれまでの各州での予備選挙や党員集会によって決している場合が大半なので、全国大会は党の大統領候補と副大統領候補をメディアにアピールするためのセレモニーの場でしかないのが通常である[154]

副大統領候補は大統領候補により指名され、党全国大会で選出される。その人選は大統領候補とのバランスが意識されることが多い。例えば大統領候補がイデオロギー的に中立な人なら、副大統領候補はイデオロギー色の強い人にしたり、大統領候補が都市部出身者なら、副大統領候補は農村地帯出身者にするなどして、党員の一部が他党の候補に投票するのを防ぐ[154]。2020年にはブラック・ライヴズ・マター(BLM)運動が高まる中での白人男性バイデンの大統領候補選出になったことから、黒人とインド系のハーフである非白人女性カマラ・ハリスが副大統領候補に選出されている[157]

歴代候補[編集]

当落 候補と当選者 大統領
肖像 大統領 肖像 副大統領 任期
1828年 Andrew jackson headFXD.jpg アンドリュー・ジャクソン John C. Calhoun (cropped 3x4 close).jpeg ジョン・カルフーン1 7代 1829年 - 1837年
1832年 Martin Van Buren by Mathew Brady c1855-58 (cropped).jpg マーティン・ヴァンビューレン
1836年 Martin Van Buren by Mathew Brady c1855-58 (cropped).jpg マーティン・ヴァンビューレン Richard Mentor Johnson A29919 (cropped 3x4).jpg リチャード・ジョンソン 8代 1837年 - 1841年
1840年 Martin Van Buren by Mathew Brady c1855-58 (cropped).jpg マーティン・ヴァンビューレン Richard Mentor Johnson A29919 (cropped 3x4).jpg リチャード・ジョンソン    
1844年 James Knox Polk by George Peter Alexander Healy (detail), 1846 - DSC03261.JPG ジェームズ・ポーク George Mifflin Dallas 1848 crop.jpg ジョージ・ダラス 11代 1845年 - 1849年
1848年 Unsuccessful 1848.jpg ルイス・カス WilliamOButler (cropped 3x4).jpg ウィリアム・バトラー英語版    
1852年 Franklin Pierce - Cropped.jpg フランクリン・ピアース Fernando Wood (New York City Mayor).png ウィリアム・R・キング2 14代 1853年 - 1857年
1856年 James Buchanan in 1860 - Meade Brothers.jpg ジェームズ・ブキャナン John Breckinridge 1860.jpg ジョン・ブレッキンリッジ 15代 1857年 - 1861年
1860年 Stephen A Douglas - headshot.jpg スティーブン・ダグラス (北部) HerschelVespasianJohnson.png ハーシェル・ジョンソン英語版    
John Breckinridge 1860.jpg ジョン・ブレッキンリッジ (南部) Joseph Lane (cwpbh-02170) (cropped closein 3x4).jpg ジョセフ・レーン英語版  
1864年 GeorgeMcClellan2.jpg ジョージ・マクレラン GeorgeHPendleton (cropped 3x4).png ジョージ・ペンデルトン英語版  
暗殺昇格 Andrew Johnson photo portrait head and shoulders, c1870-1880.jpg アンドリュー・ジョンソン3 無し 17代 1865年 - 1869年
1868年 Horatio Seymour - Brady-Handysmall.jpg ホレイショ・シーモア Francis P. Blair cph.3a02329 (cropped 3x4).jpg フランシス・ブレア    
1872年 HoraceGreeley.png ホレス・グリーリー4 BGratzBrown.png グラッツ・ブラウン英語版4  
1876年 5 SamuelJonesTilden.png サミュエル・ティルデン Thomas Andrews Hendricks (cropped 3x4).jpg トーマス・ヘンドリックス  
1880年 WinfieldScottHancock.png ウィンフィールド・ハンコック William Hayden English, 1880.jpg ウィリアム・イングリッシュ  
1884年 StephenGroverCleveland.jpg グロバー・クリーブランド Thomas Andrews Hendricks (cropped 3x4).jpg トーマス・ヘンドリックス2 22代 1885年 - 1889年
1888年 5 StephenGroverCleveland.jpg グロバー・クリーブランド AllenGThurman.png アレン・サーマン英語版    
1892年 StephenGroverCleveland.jpg グロバー・クリーブランド Adlai Stevenson I by Saroney c1892 (cropped 3x4).jpg アドレー・スティーブンソン1世 24代 1893年 - 1897年
1896年 William Jennings Bryan (4454880310).jpg ウィリアム・ブライアン ArthurSewall.png アーサー・スウォール英語版    
1900年 Adlai Stevenson I by Saroney c1892 (cropped 3x4).jpg アドレー・スティーブンソン1世  
1904年 AltonBParker.png アルトン・パーカー Henry Gassaway Davis Crop (cropped closein 3x4).jpg ヘンリー・ディヴィス英語版  
1908年 William Jennings Bryan, 1860-1925 (closein cropped 3x4).jpg ウィリアム・ブライアン JohnWKern.jpg ジョン・ケーン英語版  
1912年 National star-spangled banner centennial, Baltimore, Maryland, September 6 to 13, 1914 (1914) (14588085507).jpg ウッドロウ・ウィルソン Thomas Riley Marshall headshot (3x4 b).jpg トーマス・マーシャル 28代 1913年 - 1921年
1916年
1920年 James M. Cox 1920 (cropped2).jpg ジェイムズ・コックス FDR-1944-Campaign-Portrait (cropped).jpg フランクリン・ルーズベルト    
1924年 John William Davis.jpg ジョン・ディヴィス Charles Wayland Bryan (3x4 A).jpg チャールズ・ブライアン英語版  
1928年 AlfredSmith (closein cropped 3x4).png アルフレッド・スミス AR Joseph Robinson (3x4).jpg ジョゼフ・ロビンソン英語版  
1932年 FDR-1944-Campaign-Portrait (cropped).jpg フランクリン・ルーズベルト John Nance Garner (3).jpg ジョン・ガーナー 32代 1933年 - 1945年
1936年
1940年 Henry-A.-Wallace-Townsend (cropped 3x4).jpeg ヘンリー・ウォレス
1944年 TRUMAN 58-766-06 CROPPED.jpg ハリー・トルーマン
病死昇格 TRUMAN 58-766-06 CROPPED.jpg ハリー・トルーマン 無し 33代 1945年 - 1953年
1948年 AlbenBarkley.jpg アルバン・バークリー
1952年 AdlaiEStevenson 3x4 (A).jpg アドレー・スティーブンソン2世 Alabama Sen. John Sparkman (cropped 3x4).jpg ジョン・スパークマン    
1956年 SenatorKefauver(D-TN).jpg エステス・キーフォーヴァー  
1960年 John F. Kennedy, White House color photo portrait (cropped 3x4) A.jpg ジョン・F・ケネディ 37 Lbj2 3x4.jpg リンドン・ジョンソン 35代 1961年 - 1963年
暗殺昇格 37 Lbj2 3x4.jpg リンドン・ジョンソン 無し 36代 1963年 - 1969年
1964年 H Humphrey (cropped2).jpg ヒューバート・ハンフリー
1968年 H Humphrey (cropped2).jpg ヒューバート・ハンフリー Edmund Muskie.jpg エドマンド・マスキー    
1972年 George McGovern bioguide.jpg ジョージ・マクガヴァン Sargent Shriver 1961 (cropped 3x4).jpg サージャント・シュライバー英語版  
1976年 Carter cropped.jpg ジミー・カーター U.S Vice-President Walter Mondale (closeincropped3x4).jpg ウォルター・モンデール 39代 1977年 - 1981年
1980年 Carter cropped.jpg ジミー・カーター U.S Vice-President Walter Mondale (closeincropped3x4).jpg ウォルター・モンデール    
1984年 U.S Vice-President Walter Mondale (closeincropped3x4).jpg ウォルター・モンデール GERALDINE FERRARO.jpg ジェラルディン・フェラーロ英語版  
1988年 Dukakis1988rally (cropped2).jpg マイケル・デュカキス LloydBentsen (cropped 3x4).jpg ロイド・ベンツェン  
1992年 Bill Clinton (cropped 2).jpg ビル・クリントン Al Gore, Vice President of the United States, official portrait 1994 (closeincrop3x4).jpg アル・ゴア 42代 1993年 - 2001年
1996年
2000年 5 Al Gore, Vice President of the United States, official portrait 1994 (closeincrop3x4).jpg アル・ゴア Joe Lieberman official portrait 2 (cropped) (cropped).jpg ジョー・リーバーマン    
2004年 John F. Kerry (cropped).jpg ジョン・ケリー John Edwards, official Senate photo portrait (cropped).jpg ジョン・エドワーズ  
2008年 President Barack Obama, 2012 portrait crop.jpg バラク・オバマ Joe Biden 2013.jpg ジョー・バイデン 44代 2009年 - 2017年
2012年
2016年 5 Hillary Clinton by Gage Skidmore 2 (1).jpg ヒラリー・クリントン Tim Kaine 116th official portrait (cropped).jpg ティム・ケイン
2020年 Joe Biden 2013.jpg ジョー・バイデン Kamala Harris official photo (cropped).jpg カマラ・ハリス 46代 2021年 -
  1. ^ 辞任
  2. ^ 在任中に死去したため後任無し。
  3. ^ 共和党のエイブラハム・リンカーン大統領の副大統領、リンカーンが暗殺されたため昇格。
  4. ^ グリーリーとブラウンは民主党と自由共和党の両党から指名された。グリーリーは選挙後間もなく死去した。
  5. ^ 得票数では最多得票を得たが、選挙人団を過半数確保できず落選した

連邦議会における党[編集]

連邦議会の党指導部[編集]

連邦議会内においては、民主党・共和党ともに下院の院内総務とその補佐役の院内幹事英語版を中心とする党指導部が意見集約を図るのが一般的となっている[158]

ただし議会内の党の規律はさほど強固ではない。議員には議院内閣制の国におけるような党議拘束が課されることはなく、議会内の党指導部の方針に逆らったとしても党を除籍されたり、再選や議会内での出世に致命的な悪影響が及ぶようなことはない[159]。むしろ委員会や本会議における議案の採決ではそれぞれの党の議員が自由に賛成票や反対票を投じる「交差投票」(cross voting)になることが多く[159]、下院議長を選出する場合などを除いては多数党も少数党も離反者が出るのが一般的となっている[158]

歴史的には連邦政府がさほど重要な役割を果たさず、議員のポストがパトロネージに基づいて配分された19世紀から20世紀への世紀転換期には連邦議会議員の行動はほぼ党派に分かれて行われるものだったが、20世紀以降は議会政党の規律は弱まった[158]。「皇帝」と称された下院議長ジョセフ・ガーニー・キャノン英語版が失脚(1910年)したことや、20世紀初頭から大統領権限が強化されるようになったことがこの傾向を強めたとされる[159]

ただし1960年代以降には党派対立が深まったり、大統領の果たす役割が大きくなってコートテイル現象(連邦議会選挙の結果が大統領選挙の結果と連動する現象)が発生しやすくなったことがあって、とりわけ下院の重要法案採決について政党規律が強まっているとの指摘がある[158]。特に近年は選挙資金が増大傾向にあるため、各候補たちは政党から支給される資金への依存度を高めており、結果、党の政治活動委員会(PAC)の資金配分に関わる政党指導部が議員たちへの影響力を強めているのではないかと考えられている[160]

加えて、各議員の委員会への配属や、議会での発言の機会、その時間の決定などに政党が大きな役割を果たすようになったことも議員の党指導部への忠誠が強くなる傾向に拍車をかけている。また自らの再選のため重要な法案を通す場合には他の候補との協力が必要であり(ログ・ローリングと呼ばれる)、その取引コストを低下させるためにも政党を意識した行動をする議員が増えてきている[160]

連邦議会の党勢[編集]

下院 大統領1 上院
選挙年 獲得議席1 増減2 獲得議席1 増減2 選挙年
1828/29年英語版
136 / 213
アンドリュー・ジャクソン
26 / 48
1828/29年英語版
1830/31年英語版
126 / 213
減少 10
26 / 48
増加 1 1830/31年英語版
1832/33年英語版
143 / 240
増加 17
21 / 48
減少 3 1832/33年英語版
1834/35年英語版
148 / 242
増加 5
22 / 48
増加 1 1834/35年英語版
1836/37年英語版
132 / 242
減少 12 マーティン・ヴァン・ビューレン
34 / 52
増加 3 1836/37年英語版
1838/39年英語版
126 / 242
減少 2
28 / 52
減少 7 1838/39年英語版
1840/41年英語版
98 / 242
減少 28 ジョン・タイラー3
22 / 52
減少 7 1840/41年英語版
1842/43年英語版
146 / 223
増加 484
23 / 54
増加 3 1842/43年英語版
1844/45年英語版
140 / 224
減少 8 ジェームズ・ノックス・ポーク
27 / 54
増加 3 1844/45年英語版
1846/47年英語版
109 / 230
減少 30
35 / 58
増加 2 1846/47年英語版
1848/49年英語版
115 / 233
増加 5 ザカリー・テイラー
33 / 62
減少 5 1848/49年英語版
1850/51年英語版
117 / 233
増加 2 ミラード・フィルモア
33 / 62
減少 2 1850/51年英語版
1852/53年英語版
150 / 234
増加 33 フランクリン・ピアース
35 / 62
減少 1 1852/53年英語版
1854/55年英語版
81 / 234
減少 69
33 / 62
減少 3 1854/55年英語版
1856/57年英語版
132 / 237
増加 49 ジェームズ・ブキャナン
34 / 62
減少 3 1856/57年英語版
1858/59年英語版
83 / 238
減少 49
38 / 66
減少 4 1858/59年英語版
1860/61年英語版
44 / 183
減少 54 エイブラハム・リンカーン
30 / 68
減少 8 1860/61年英語版
1862/63年英語版
72 / 184
増加 27
10 / 68
減少 1 1862/63年英語版
1864/65年英語版
33 / 193
減少 39
9 / 72
減少 1 1864/65年英語版
1866/67年英語版
47 / 224
増加 14 アンドリュー・ジョンソン
10 / 72
増減なし 0 1866/67年英語版
1868/69年英語版
67 / 243
増加 20 ユリシーズ・グラント
9 / 74
増減なし 0 1868/69年英語版
1870/71年英語版
94 / 243
増加 335
14 / 74
増加 3 1870/71年英語版
1872/73年英語版
85 / 292
減少 9
19 / 74
増加 2 1872/73年英語版
1874/75年英語版
180 / 293
増加 92
28 / 74
増加 9 1874/75年英語版
1876/77年英語版
155 / 293
減少 25 ラザフォード・ヘイズ
35 / 76
増加 5 1876/77年英語版
1878/79年英語版
141 / 293
減少 14
42 / 76
増加 6 1878/79年英語版
1880年英語版
128 / 293
減少 13 ジェームズ・ガーフィールド
37 / 76
減少 5 1880/81年英語版
1882年英語版
196 / 325
増加 68 チェスター・A・アーサー
36 / 76
減少 1 1882/83年英語版
1884年英語版
182 / 325
減少 14 グロバー・クリーブランド
34 / 76
減少 2 1884/85年英語版
1886年英語版
167 / 325
減少 15
36 / 76
増加 2 1886/87年英語版
1888年英語版
152 / 332
減少 15 ベンジャミン・ハリソン
37 / 76
増減なし 0 1888/89年英語版
1890年英語版
238 / 332
増加 86
39 / 85
増加 2 1890/91年英語版
1892年英語版
218 / 356
減少 20 グロバー・クリーブランド
42 / 88
増加 3 1892/93年英語版
1894年英語版
93 / 356
減少 105
40 / 88
減少 4 1894/95年英語版
1896年英語版
124 / 357
増加 31 ウィリアム・マッキンリー
32 / 90
減少 7 1896/97年英語版
1898年英語版
161 / 357
増加 37
25 / 90
減少 9 1898/99年英語版
1900年英語版
151 / 357
減少 10
28 / 90
増加 2 1900/01年英語版
1902年英語版
176 / 386
増加 25 セオドア・ルーズベルト
32 / 90
増加 3 1902/03年英語版
1904年英語版
135 / 386
減少 41
31 / 90
減少 2 1904/05年英語版
1906年英語版
167 / 391
増加 32
28 / 90
減少 5 1906/07年英語版
1908年英語版
172 / 391
増加 5 ウィリアム・タフト
31 / 92
増減なし 0 1908/09年英語版
1910年英語版
227 / 435
増加 55
40 / 92
増加 7 1910/11年英語版
1912年英語版
291 / 435
増加 62 ウッドロウ・ウィルソン
47 / 96
増加 4 1912/13年英語版
1914年英語版
230 / 435
減少 61
53 / 96
増加 3 1914年英語版
1916年英語版
214 / 435
減少 166
54 / 96
減少 2 1916年英語版
1918年英語版
192 / 435
減少 22
47 / 96
減少 6 1918年英語版
1920年英語版
131 / 435
減少 61 ウォレン・ハーディング
37 / 96
減少 10 1920年英語版
1922年英語版
207 / 435
増加 76
42 / 96
増加 6 1922年英語版
1924年英語版
183 / 435
減少 24 カルビン・クーリッジ
41 / 96
減少 2 1924年英語版
1926年英語版
194 / 435
増加 11
46 / 96
増加 7 1926年英語版
1928年英語版
164 / 435
減少 30 ハーバート・フーバー
39 / 96
減少 6 1928年英語版
1930年英語版
216 / 435
増加 52
47 / 96
増加 8 1930年英語版
1932年英語版
313 / 435
増加 97 フランクリン・ルーズベルト
58 / 96
増加 11 1932年英語版
1934年英語版
322 / 435
増加 9
69 / 96
増加 9 1934年英語版
1936年英語版
334 / 435
増加 12
74 / 96
増加 5 1936年英語版
1938年英語版
262 / 435
減少 72
69 / 96
減少 8 1938年英語版
1940年英語版
267 / 435
増加 5
66 / 96
減少 3 1940年英語版
1942年英語版
222 / 435
増加 45
57 / 96
減少 8 1942年英語版
1944年英語版
242 / 435
増加 20
57 / 96
減少 1 1944年英語版
1946年英語版
188 / 435
減少 54 ハリー・S・トルーマン
45 / 96
減少 11 1946年英語版
1948年英語版
263 / 435
増加 75
54 / 96
増加 9 1948年英語版
1950年英語版
235 / 435
減少 28
49 / 96
減少 5 1950年英語版
1952年英語版
213 / 435
減少 22 ドワイト・D・アイゼンハワー
47 / 96
減少 2 1952年英語版
1954年英語版
232 / 435
増加 19
49 / 96
増加 2 1954年英語版
1956年英語版
234 / 435
増加 2
49 / 96
増減なし 0 1956年英語版
1958年英語版
283 / 435
増加 49
64 / 98
増加 15 1958年英語版
1960年英語版
262 / 435
減少 21 ジョン・F・ケネディ
64 / 100
減少 1 1960年英語版
1962年英語版
258 / 435
減少 4
66 / 100
増加 3 1962年英語版
1964年英語版
295 / 435
増加 37 リンドン・ジョンソン
68 / 100
増加 2 1964年英語版
1966年英語版
248 / 435
減少 47
64 / 100
減少 3 1966年英語版
1968年英語版
243 / 435
減少 5 リチャード・ニクソン
57 / 100
減少 5 1968年英語版
1970年英語版
255 / 435
増加 12
54 / 100
減少 3 1970年英語版
1972年英語版
242 / 435
減少 13
56 / 100
増加 2 1972年英語版
1974年英語版
291 / 435
増加 49 ジェラルド・フォード
60 / 100
増加 4 1974年英語版
1976年英語版
292 / 435
増加 1 ジミー・カーター
61 / 100
増減なし 0 1976年英語版
1978年英語版
277 / 435
減少 15
58 / 100
減少 3 1978年英語版
1980年英語版
243 / 435
減少 34 ロナルド・レーガン
46 / 100
減少 12 1980年英語版
1982年英語版
269 / 435
増加 26
46 / 100
増加 1 1982年英語版
1984年英語版
253 / 435
減少 16
47 / 100
増加 2 1984年英語版
1986年英語版
258 / 435
増加 5
55 / 100
増加 8 1986年英語版
1988年英語版
260 / 435
増加 2 ジョージ・H・W・ブッシュ
55 / 100
増加 1 1988年英語版
1990年英語版
267 / 435
増加 7
56 / 100
増加 1 1990年英語版
1992年英語版
258 / 435
減少 9 ビル・クリントン
57 / 100
増加 1 1992年英語版
1994年英語版
204 / 435
減少 54
47 / 100
減少 10 1994年英語版
1996年英語版
206 / 435
増加 2
45 / 100
減少 2 1996年英語版
1998年英語版
211 / 435
増加 5
45 / 100
増減なし 0 1998年英語版
2000年英語版
212 / 435
増加 1 ジョージ・W・ブッシュ
50 / 100
増加 57 2000年英語版
2002年英語版
204 / 435
減少 7
49 / 100
減少 2 2002年英語版
2004年英語版
202 / 435
減少 2
45 / 100
減少 4 2004年英語版
2006年英語版
233 / 435
増加 31
51 / 100
増加 68 2006年英語版
2008年英語版
257 / 435
増加 21 バラク・オバマ
59 / 100
増加 88 2008年英語版
2010年英語版
193 / 435
減少 63
53 / 100
減少 68 2010年英語版
2012年英語版
201 / 435
増加 8
55 / 100
増加 28 2012年英語版
2014年英語版
188 / 435
減少 13
46 / 100
減少 98 2014年英語版
2016年英語版
194 / 435
増加 6 ドナルド・トランプ
48 / 100
増加 28 2016年英語版
2018年英語版
235 / 435
増加 41
47 / 100
減少 18 2018年英語版
2020年英語版
222 / 435
減少 13 ジョー・バイデン
50 / 100
増加 389 2020年英語版
  1. ^ 獲得議席の欄の色は多数派を占めた政党色。大統領の欄の色は大統領の所属党派。
      民主党
  2. ^ 選挙の直前と直後の比較
  3. ^ 大統領就任後にホイッグ党を除籍された
  4. ^ 「償還」民主党4議席を含む
  5. ^ Dubin, Michael J. (March 1, 1998). United States Congressional Elections, 1788-1997: The Official Results of the Elections of the 1st Through 105th Congresses. McFarland and Company. ISBN 978-0786402830. https://books.google.com/books?id=9ElyQgAACAAJ&q=United+States+Congressional+Elections,+1788-1997:+The+Official+Results p221は、9人から10人の議員を「保守派」とし分類し、民主党議員は94人とカウントしている。一方Martis, Kenneth C. (January 1, 1989). The Historical Atlas of Political Parties in the United States Congress, 1789-1989. Macmillan Publishing Company. ISBN 978-0029201701. https://books.google.com/books?id=q0hyQgAACAAJ&q=The+Historical+Atlas+of+Political+Parties+in+the+United+States+Congress,+1789-1989 pp124-125は、区別せず民主党議員を104人としている。
  6. ^ 進歩党3議席と社会党1議席と連合を組んで過半数を維持。
  7. ^ 副大統領ディック・チェイニー(副大統領は上院議長を兼務)は共和党上院議員ジム・ジェフォーズ英語版が共和党を離党して民主党へ移るまで議長決裁で共和党に上院の過半数を与えていた。
  8. ^ 民主党と連携する2人の無所属議員を含む。
  9. ^ 1月5日のジョージア州の2議席の決選投票はいずれも民主党候補(ラファエル・ワーノック英語版ジョン・オソフ英語版)に当確報道が出た[161]。次期副大統領カマラ・ハリスの議長決裁を含めて民主党が過半数の見込みとなった[162]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一方の共和党ドナルド・トランプ陣営はミュージシャンたちに嫌われて集会に使う楽曲の許諾を得るのさえ困難だった。トランプはローリング・ストーンズのファンだったが、当のストーンズ側からは「キャンペーンに曲を使ったら訴える」と拒絶されている[136]

出典[編集]

  1. ^ アメリカの下院議長は党派色が強いため、下院議長が事実上の下院多数党代表である。
  2. ^ Donald B. Cole (1970). Jacksonian Democracy in New Hampshire. Harvard University Press. p. 69.
  3. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ) コトバンク. 2018年11月12日閲覧。
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 コトバンク. 2018年11月12日閲覧。
  5. ^ Ballot Access News & TruthInMedia
  6. ^ N. Scott, Arnold (April 7, 2011). Imposing Values: Liberalism and Regulation. Oxford University Press. p. 3. ISBN 9780199705290. https://books.google.com/books?id=lY5jG6G1NQ8C 2015年11月27日閲覧。 
    "Modern liberalism occupies the left-of-center in the traditional political spectrum and is represented by the Democratic Party in the United States".
  7. ^ Starr, Paul (2012). “Center-Left Liberalism”. The Oxford Companion to American Politics. https://www.princeton.edu/~starr/articles/articles12/Starr_Center-left-liberalism.html 2017年3月13日閲覧。. 
  8. ^ [1]
  9. ^ 政治・経済教育研究会 編 『政治・経済用語集 第2版』 山川出版社、2019年、15頁。ISBN 978-4-634-05113-3
  10. ^ Arnold, N. Scott (2009). Imposing values: an essay on liberalism and regulation. Florence: Oxford University Press. p. 3. ISBN 978-0-495-50112-1. https://books.google.com/books?id=xGNRRwkZFysC. "Modern liberalism occupies the left-of-center in the traditional political spectrum and is represented by the Democratic Party in the United States." 
  11. ^ “President Obama, the Democratic Party, and Socialism: A Political Science Perspective”. The Huffington Post. (2012年6月29日). http://www.huffingtonpost.com/benjamin-knoll/obama-romney-economy_b_1615862.html 2019年2月1日閲覧。 
  12. ^ Paul Starr. “Center-Left Liberalism”. Princeton University. 2019年2月1日閲覧。
  13. ^ a b 百科事典マイペディア コトバンク. 2018年11月12日閲覧。
  14. ^ a b Dewan, Shaila; Kornblut, Anne E. (2006年10月30日). “In Key House Races, Democrats Run to the Right”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2006/10/30/us/politics/30dems.html 2019年2月1日閲覧。 
  15. ^ 浩, 田中. 保守政党 - 日本大百科全書(ニッポニカ) コトバンク. 2019年2月1日閲覧。
  16. ^ Ball, Molly. “The Battle Within the Democratic Party”. The Atlantic. 2019年2月1日閲覧。
  17. ^ Delk, Josh (2018年5月2日). “Clinton: Being a capitalist 'probably' hurt me with Dem voters”. The Hill. http://thehill.com/blogs/blog-briefing-room/385942-clinton-being-a-capitalist-probably-hurt-her-2016-election-prospects 2019年2月1日閲覧。 
  18. ^ Debebedetti, Gabriel (2016年2月22日). “Poll: Majority of Democrats say socialism has 'positive impact'”. Politico. https://www.politico.com/story/2016/02/democrats-poll-socialism-219600 2019年2月1日閲覧。 
  19. ^ Marcin, Tim (2017年6月28日). “Democrats Want a Socialist to Lead Their Party More Than a Capitalist”. Newsweek. http://www.newsweek.com/democrats-want-socialist-lead-their-party-more-capitalist-629659 2019年2月1日閲覧。 
  20. ^ Raza, Syed Ali (2012), Social Democratic System, Global Peace Trust, p. 91 
  21. ^ Goldfarb, Zachary A (2013年11月30日). “More liberal, populist movement emerging in Democratic Party ahead of 2016 elections”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/politics/more-liberal-populist-movement-emerging-in-democratic-party-ahead-of-2016-elections/2013/11/30/6729a850-53a7-11e3-9e2c-e1d01116fd98_story.html 2019年2月1日閲覧。 
  22. ^ Etzioni, Amitai (2015年1月8日). “The Left's Unpopular Populism”. The Atlantic. https://www.theatlantic.com/politics/archive/2015/01/the-lefts-unpopular-populism-elizabeth-warren-democratic-party/384310/ 2019年2月1日閲覧。 
  23. ^ Shahid, Waleed (2016年12月15日). “America in Populist Times: An Interview With Chantal Mouffe”. The Nation. https://www.thenation.com/article/america-in-populist-times-an-interview-with-chantal-mouffe/ 2019年2月1日閲覧。 
  24. ^ Hale, John (1995). The Making of the New Democrats. New York: Political Science Quarterly. p. 229. "Second, insofar as Democrats in Congress are roughly split into liberal and centrist wings." 
  25. ^ Progressive Alliance Parties & Organisations 2019.11.21閲覧
  26. ^ "The Democratic Party, founded in 1828, is the world's oldest political party" states Kenneth Janda; Jeffrey M. Berry; Jerry Goldman (2010). The Challenge of Democracy: American Government in Global Politics. Cengage Learning. p. 276. ISBN 9780495906186. https://books.google.com/?id=t_lC8k3SELMC&pg=PA276 
  27. ^ 松尾弌之 1995, p. 116.
  28. ^ a b c “いまさら聞けない民主党” (日本語). NHK. (2019年11月12日). https://www3.nhk.or.jp/news/special/presidential-election_2020/basic/system/system_03.html 2020年11月8日閲覧。 
  29. ^ バイデン氏、党内融和おぼつかず 回避したい6年前の“悪夢”(西日本新聞)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年11月12日閲覧。
  30. ^ 【米大統領選2020】 民主中道派がバイデン氏で結束 左派サンダース氏と対決構図へ」『BBCニュース』。2020年11月12日閲覧。
  31. ^ 穏健中道派「一本化」で「バイデン優位」となった民主党指名争い フォーサイト-新潮社ニュースマガジン:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年11月12日閲覧。
  32. ^ 「中道」対「左派」深まる路線対立 民主党、初の候補者討論会” (日本語). 西日本新聞ニュース. 2020年11月12日閲覧。
  33. ^ 民主党が勝利するためには、党内の分断を乗り越え、中道派と左派がいかに政策の融合を図るかがポイントに/足立正彦(米州住友商事ワシントン事務所シニアアナリスト)” (日本語). 特定非営利活動法人 言論NPO. 2020年11月12日閲覧。
  34. ^ 民主党 副大統領候補に中道派ハリス氏を指名|金融市場動向|投資信託のニッセイアセットマネジメント” (日本語). ニッセイアセットマネジメント株式会社. 2020年11月12日閲覧。
  35. ^ 民主、中道派が巻き返し 米大統領選候補討論会” (日本語). 日本経済新聞 (2019年11月21日). 2020年11月12日閲覧。
  36. ^ 米民主候補争い 左派と中道の溝は埋まるのか : 社説” (日本語). 読売新聞オンライン (2020年3月5日). 2020年11月12日閲覧。
  37. ^ State government trifectas”. Ballotpedia. 2018年1月13日閲覧。
  38. ^ Thompson. “How Democrats Conquered the City”. The Atlantic. 2020年3月13日閲覧。
  39. ^ a b c d e f g h 日本大百科全書(ニッポニカ)『民主党(アメリカ合衆国)』 - コトバンク
  40. ^ 有賀貞 et al. 1994, p. 300.
  41. ^ 有賀貞 et al. 1994, p. 316.
  42. ^ 有賀貞 et al. 1994, pp. 363-364.
  43. ^ 有賀貞 et al. 1994, p. 375.
  44. ^ 有賀貞 et al. 1994, pp. 389-390.
  45. ^ 有賀貞 et al. 1994, p. 384.
  46. ^ 有賀貞 et al. 1994, p. 394.
  47. ^ 有賀貞 et al. 1993, p. 119.
  48. ^ 斎藤眞 & 古矢旬 2012, p. 114.
  49. ^ a b c 有賀貞 et al. 1993, p. 50.
  50. ^ 松尾弌之 1995, p. 125-128.
  51. ^ 斎藤眞 & 古矢旬 2012, p. 118.
  52. ^ 有賀貞 et al. 1994, p. 305.
  53. ^ 有賀貞 et al. 1993, p. 58.
  54. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説『民主党[アメリカ合衆国]』 - コトバンク
  55. ^ 斎藤眞 & 古矢旬 2012, p. 205-206.
  56. ^ Arnold, N. Scott (2009). Imposing values: an essay on liberalism and regulation. Florence: Oxford University Press. p. 3. ISBN 978-0-495-50112-1. https://books.google.com/?id=xGNRRwkZFysC. "Modern liberalism occupies the left-of-center in the traditional political spectrum and is represented by the Democratic Party in the United States." 
  57. ^ Grigsby, Ellen (2008). Analyzing Politics: An Introduction to Political Science. Florence: Cengage Learning. pp. 106–107. ISBN 978-0-495-50112-1. https://books.google.com/?id=xGNRRwkZFysC. "In the United States, the Democratic Party represents itself as the liberal alternative to the Republicans, but its liberalism is for the most part the later version of liberalism—modern liberalism." 
  58. ^ 斎藤眞 & 古矢旬 2012, p. 208.
  59. ^ a b 有賀貞 et al. 1993, p. 283-284.
  60. ^ 松尾弌之 1995, p. 162.
  61. ^ 有賀貞 et al. 1993, p. 363.
  62. ^ 有賀貞 et al. 1993, p. 392.
  63. ^ 有賀貞 et al. 1993, p. 391.
  64. ^ 有賀貞 et al. 1993, p. 402.
  65. ^ 有賀貞 et al. 1993, p. 434.
  66. ^ 斎藤眞 & 古矢旬 2012, p. 256-259.
  67. ^ a b 久保文明, 砂田一郎 & 松岡泰 2017, p. 78.
  68. ^ 斎藤眞 & 古矢旬 2012, p. 288-289.
  69. ^ 斎藤眞 & 古矢旬 2012, p. 289-290.
  70. ^ 斎藤眞 & 古矢旬 2012, p. 291-294.
  71. ^ 斎藤眞 & 古矢旬 2012, p. 294-296.
  72. ^ 斎藤眞 & 古矢旬 2012, p. 297.
  73. ^ 斎藤眞 & 古矢旬 2012, p. 313-316.
  74. ^ 斎藤眞 & 古矢旬 2012, p. 320-321.
  75. ^ 斎藤眞 & 古矢旬 2012, p. 323-325.
  76. ^ 斎藤眞 & 古矢旬 2012, p. 337-339.
  77. ^ “オバマ氏、激戦州制して再選決める 米大統領選” (日本語). CNN. (2012年11月7日). https://www.cnn.co.jp/special/us_election/35024163.html 2020年12月6日閲覧。 
  78. ^ “米議会ねじれ続く 下院が共和、上院は民主” (日本語). 日本経済新聞. (2012年11月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0702S_X01C12A1MM0000 2020年12月6日閲覧。 
  79. ^ “オバマ民主、歴史的大敗 中間選挙 共和が上下院制す” (日本語). 日本経済新聞. (2014年11月6日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM05H45_V01C14A1MM8000 2020年12月6日閲覧。 
  80. ^ “【米中間選挙】 民主党が下院を奪還、政権に打撃 トランプ氏は上院勝利を強調” (日本語). BBCニュース. (2018年11月7日). https://www.bbc.com/japanese/46119857 2020年11月24日閲覧。 
  81. ^ “米大統領選、民主党のバイデン氏が勝利=エジソン・リサーチ” (日本語). 朝日新聞. (2020年11月8日). http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKBN27N0LQ.html 2020年11月25日閲覧。 
  82. ^ “米両院で民主多数に ジョージア州決選投票で民主党が2議席奪還”. BBC. (2021年1月6日). https://www.bbc.com/japanese/55555329 2021年1月16日閲覧。 
  83. ^ a b c d e f g h i 西山隆行 2014, p. 109.
  84. ^ 松尾弌之 1995, p. 16.
  85. ^ 松尾弌之 1995, p. 19.
  86. ^ “オバマケア廃止を要請 米最高裁にトランプ政権” (日本語). 日本経済新聞. (2020年6月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60889620X20C20A6000000/ 2020年11月24日閲覧。 
  87. ^ “地球温暖化の真実…世論を喚起は、京都議定書じゃなかった 「不都合な真実」(2006年)” (日本語). 産経新聞. (2015年12月20日). https://www.sankei.com/west/news/151220/wst1512200011-n1.html 2020年11月24日閲覧。 
  88. ^ a b c d Democratic Party on Government Reform”. Ontheissues.org. 2015年1月19日閲覧。
  89. ^ The 2016 Democratic Platform”. Democrats.org. 2018年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月22日閲覧。
  90. ^ a b 【米大統領選】米国は社会主義国になるか? 民主党急進左派は「富裕税」を主張」『NHK』、2020年11月4日。2020年12月17日閲覧。
  91. ^ アメリカ大統領選挙 主な争点は?」『BBC』、2020年11月4日。2020年12月17日閲覧。
  92. ^ 【米大統領選2020】 銃規制や人種、気候変動……両候補の姿勢を簡単に比較は」『BBC』、2020年11月2日。2020年12月17日閲覧。
  93. ^ a b 米民主党大会が開幕、バイデン氏大統領候補指名へ 政権奪還目指す」『ロイター』、2020年8月18日。2020年12月17日閲覧。
  94. ^ 左派で政策オタクのウォーレン氏 隣で記者に見せた素顔」『朝日新聞』、2019年11月17日。2020年12月17日閲覧。
  95. ^ a b c d “米民主党に不協和音、穏健派と左派、責任押し付け合い バイデン氏、政権運営難しく”. 日本経済新聞. (2020年11月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66082220R11C20A1FF8000 2020年12月22日閲覧。 
  96. ^ a b 最年少38歳、ブティジェッジの“静かなる”挑戦」『NHK』、2020年2月21日。2020年12月17日閲覧。
  97. ^ a b c d e f 中道派は細り…分断社会の対立に悩む<米大統領選 バイデンの戦い 中>」『東京新聞』、2020年8月20日。2020年12月17日閲覧。
  98. ^ クリントン氏もバイデン氏支持 民主、挙党態勢整う―米大統領選」『時事通信』、2020年4月29日。2020年12月21日閲覧。
  99. ^ エイミー・クロブシャー氏」『朝日新聞』、2020年1月29日。2020年12月21日閲覧。
  100. ^ Essay; Looking Beyond Peace”. ニューヨーク・タイムズ. 2021年1月19日閲覧。
  101. ^ Obama: 'I am a New Democrat'”. POLITICO. 2021年1月18日閲覧。
  102. ^ Need a Map?: The Left”. BROOKINGS. 2021年1月19日閲覧。
  103. ^ 左派で政策オタクのウォーレン氏 隣で記者に見せた素顔」『読売新聞』、2020年3月5日。2020年12月17日閲覧。
  104. ^ 【米大統領選2020】 挑戦者バイデン前副大統領、主要課題に対する姿勢は」『BBC』、2020年8月21日。2020年12月17日閲覧。
  105. ^ a b 米民主党大会が開幕、バイデン氏大統領候補指名へ 政権奪還目指す」『日本経済新聞』、2020年11月16日。2020年12月17日閲覧。
  106. ^ 米大統領選 トランプ氏、民主党大会にぶつけ集会 バイデン氏と支持率の差縮まる」『産経新聞』、2020年8月18日。2020年12月17日閲覧。
  107. ^ バイデン氏 「アメリカは戻った」 閣僚ら主要6人事発表」『BBC』、2020年11月25日。2020年12月17日閲覧。
  108. ^ バイデン氏、外交・安保の閣僚候補ら紹介 「米国が世界を率いる」」『産経新聞』。2020年11月25日閲覧。
  109. ^ 米下院、香港めぐり中国制裁の法案を可決 国家安全法を非難」『BBCニュース』。2020年11月28日閲覧。
  110. ^ 中国、米との対立緩和は「幻想」 バイデン氏は包囲網形成」『時事通信』。2020年11月28日閲覧。
  111. ^ “バイデン氏、同盟強化で中国に対抗…米の指導力は「巨大な真空状態」とトランプ外交批判”. 読売新聞. (2020年12月29日). https://www.yomiuri.co.jp/world/20201229-OYT1T50142/ 2020年12月30日閲覧。 
  112. ^ “米、同盟結束で対中国強固に バイデン氏、移民政策を転換方針”. 東京新聞. (2020年12月29日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/77243 2020年12月30日閲覧。 
  113. ^ “中国、米との対立緩和は「幻想」 バイデン氏は包囲網形成” (日本語). TAIWAN TODAY. (2020年8月21日). https://jp.taiwantoday.tw/news.php?unit=148,149,150,151,152&post=183679 2021年1月6日閲覧。 
  114. ^ 【米大統領選2020】 バイデン氏の勝利は世界にとって何を意味するのか」『BBCニュース』。2020年11月28日閲覧。
  115. ^ ロシア「祝福する人はいない」 米大統領選に公式反応もなし」『東京新聞』。2020年11月28日閲覧。
  116. ^ 国連安保理 イスラエル非難決議 「入植停止」 米、拒否権発動せず」『毎日新聞』。2020年11月28日閲覧。
  117. ^ 国連安保理、イスラエル入植の非難決議採択 米国は棄権」『CNN』。2020年11月28日閲覧。
  118. ^ ケリー米国務長官 演説でイスラエルを酷評 入植「背景に過激派」」『毎日新聞』。2020年11月28日閲覧。
  119. ^ イスラエル、米下院2議員の入国を禁止 トランプ大統領も支持」『BBC』、2019年8月16日。2020年12月31日閲覧。
  120. ^ イスラエル、米2議員の入国を禁止 トランプ氏が呼び掛け」『AFP』、2019年8月16日。2020年12月31日閲覧。
  121. ^ バイデン氏の米大統領当確速報にカナダは総じて歓迎ムード” (日本語). JETRO. 2020年11月28日閲覧。
  122. ^ 欧州、米欧同盟修復に期待 「バイデン大統領」を歓迎―米大統領選” (日本語). 時事通信. 2020年11月28日閲覧。
  123. ^ a b 松尾弌之 1995, p. 125.
  124. ^ 松尾弌之 1995, p. 127.
  125. ^ 松尾弌之 1995, p. 128.
  126. ^ 久保文明, 砂田一郎 & 松岡泰 2017, p. 77-78.
  127. ^ 松本俊太 2017, p. 24.
  128. ^ 1. Trends in party affiliation among demographic groups” (英語). Pew Research Center (2018年3月20日). 2018年12月29日閲覧。
  129. ^ “How Asian Americans Became Democrats”. The American Prospect. http://prospect.org/article/how-asian-americans-became-democrats-0 2016年10月22日閲覧。 
  130. ^ Brownstein (2019年5月21日). “The Democratic Party is being transformed. These House votes show how.”. CNN. 2019年5月22日閲覧。
  131. ^ http://www.cnn.com/ELECTION/2008/results/polls/#val=USP00p1
  132. ^ 西山隆行 2014, p. 83.
  133. ^ フロリダのヒスパニック系はなぜトランプ支持が意外と多かったのか? 米大統領選、ヒスパニック系の動向とその背景 ハーバービジネスオンライン
  134. ^ Paying Attention to the Native American Vote”. www.pbs.org. 2016年1月2日閲覧。
  135. ^ Dems woo Native American vote Archived December 5, 2013, at the Wayback Machine.. Politico. May 29, 2008.
  136. ^ a b “米大統領選とポピュラー音楽 リベラルは勝ったのか” (日本語). フランス通信社. (2020年12月15日). https://www.asahi.com/articles/ASNDH3401NDCTLZU001.html 2021年1月6日閲覧。 
  137. ^ “レディー・ガガさんも応援、バイデン陣営最後の訴え 米大統領選” (日本語). フランス通信社. (2020年11月3日). https://www.afpbb.com/articles/-/3313550 2020年11月25日閲覧。 
  138. ^ ブラッド・ピット、ジョー・バイデン民主党候補支持を表明 キャンペーンCMに出演” (日本語). ELLE (2020年11月3日). 2020年11月25日閲覧。
  139. ^ バイデン米大統領候補支援イベントに「アベンジャーズ」結集” (日本語). 映画com (2020年10月20日). 2020年11月25日閲覧。
  140. ^ a b 松本俊太 2017, p. 20.
  141. ^ a b c 松尾弌之 1995, p. 78.
  142. ^ a b c d 久保文明, 砂田一郎 & 松岡泰 2017, p. 81.
  143. ^ 松尾弌之 1995, p. 77.
  144. ^ a b 松尾弌之 1995, p. 79.
  145. ^ 松尾弌之 1995, p. 79-80.
  146. ^ 久保文明, 砂田一郎 & 松岡泰 2017, p. 82.
  147. ^ 松尾弌之 1995, p. 82.
  148. ^ a b c “コラム:米大統領選、党大会で「どんでん返し」あるか” (日本語). ロイター. (2016年5月6日). https://jp.reuters.com/article/uselection-party-convention-idJPKCN0XX068 2020年12月25日閲覧。 
  149. ^ 松本俊太 2017, p. 57.
  150. ^ a b c d 西山隆行 2014, p. 122.
  151. ^ a b c 国務省出版物 予備選挙と党員集会 ― 早わかり「米国の選挙」” (日本語). American Center Japan. 2020年12月2日閲覧。
  152. ^ a b c “【解説】 米大統領選の予備選・党員集会、何のため?” (日本語). (2020年2月3日). https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-51353487 2020年12月25日閲覧。 
  153. ^ “予備選と党員集会” (日本語). (2020年4月8日). https://graphics.reuters.com/USA-ELECTION-CALENDAR-LJA/0100B5DD3HH/index.html 2020年12月25日閲覧。 
  154. ^ a b c 西山隆行 2014, p. 123.
  155. ^ スーパーチューズデーって何?」『NHK』、2020年3月2日。2020年12月2日閲覧。
  156. ^ 米大統領選 日米関係の激変に備えよ! バイデンはトランプより恐ろしい」『毎日新聞』、2020年11月12日。2020年12月2日閲覧。
  157. ^ 次期副大統領ハリス氏 「多様性」体現の苦闘」『日本経済新聞』、2020年11月16日。2020年12月2日閲覧。
  158. ^ a b c d 西山隆行 2014, p. 41.
  159. ^ a b c 松本俊太 2017, p. 21.
  160. ^ a b 西山隆行 2014, p. 42.
  161. ^ “ジョージア州 上院選決戦投票” (日本語). (2020年10月20日). https://graphics.reuters.com/USA-ELECTION/GEORGIA-LJA/gjnpwkonqpw/index.html 2020年11月25日閲覧。 
  162. ^ “Democrats clinch slim majority in Senate as Jon Ossoff is projected to beat David Perdue” (英語). (2021年1月6日). https://www.cnbc.com/2021/01/06/georgia-senate-runoff-election-results-david-perdue-jon-ossoff.html 2021年1月7日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]