星条旗 (国歌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
The Star-Spangled Banner
和訳例:星条旗
Defence of Fort M'Henry
「マクヘンリー砦の防衛」(後の米国国歌になる詩)。1814年に大版(ブロードサイド)印刷され、現存している2枚のうち1枚。

国歌の対象
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

作詞 フランシス・スコット・キー(1814年)
作曲 ジョン・スタフォード・スミス(1780年)
採用時期 1931年
試聴
テンプレートを表示

星条旗』(せいじょうき、: The Star-Spangled Banner)は、アメリカ合衆国国歌。歌詞は、1814年9月に当時35歳の詩人・弁護士のフランシス・スコット・キーによって書かれた[1]

歴史[編集]

1812年に始まった米英戦争のさなかの1814年9月、ボルティモアメリーランド州)のマクヘンリー砦での事である。フランシス・スコット・キーは、友人である医師を含む捕虜の交換交渉のためにイギリス帝国の軍艦に乗り込んだ。イギリス側の司令官は、最終的にはキーもその友人も解放することに同意した。

しかし機密保持のため、帝国艦隊が砦を砲撃する間、2人は軍艦内で抑留される事となった。激しい夜間砲撃の後、9月14日[2]の夜明けを迎えたキーらは、曙光の中で(“by the dawn’s early light”)、砦の上に星条旗(その当時は星15個、縞15本)が聳えるのを目にする。

激しい砲撃にも砦が死守された事に感銘を受けたキーは、直ぐさま「マクヘンリー砦の防衛」という詩の着想を得、持参していた手紙の裏に書き留める。2日後、ボルチモア市街に友人達と無事に戻った16日の夜、インディアン・クイーン・ホテル(Indian Queen Hotel)で推敲し、4節の詩に体裁を整え、複写を作成し、翌17日に周囲に披露した[3]

この詩はさらに、人気のあった酒飲み歌「天国のアナクレオンへ」のメロディに合わせてアレンジされ、同年10月14日にボルチモアのホリデー・ストリート・シアター(Holliday Street Theatre)で歌曲として初披露された後、“The Star-Spangled Banner”(「星条旗」)として出版された[3]。曲の「天国のアナクレオンへ」は、イギリスの作曲家ジョン・スタッフォード・スミスによって1780年に書かれ、英米で人気を得た曲である。アナクレオンは古代ギリシアの詩人で、恋愛や酒を題材にした詩を書いた人物。同じメロディが、ルクセンブルクの国歌に使われたこともある。

その後、ハーバート・フーヴァー大統領時の1931年3月3日、キー作詞の「星条旗」が、アメリカ合衆国の国歌として正式に採用された。それ以前はMy Country, 'Tis of Theeが事実上の国歌であった。

ロシア帝国の作曲家ラフマニノフは、この曲をピアノ用に編曲した。ロックギタリストジミ・ヘンドリックスは、この曲を度々エレクトリック・ギターで演奏し、特に1969年のウッドストック・フェスティバルでの演奏は有名である。(映画『ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間』、アルバム『ライヴ・アット・ウッドストック』等で聴ける)

なお、曲名を「星条旗よ永遠なれ」と日本語翻訳する例が間々あるが、「星条旗よ永遠なれ (Stars and Stripes Forever)」は作曲家ジョン・フィリップ・スーザによる行進曲であり、全く別の曲である。こちらは、1987年12月に「アメリカ合衆国の行進曲 (National March)」に制定された。

歌詞[編集]

歌詞には「rocket」という一節があり、日本語訳では「狼煙」「砲火」「砲弾」等と翻訳されるが、これは文字通りロケットであり、フォートマクヘンリーへの砲撃で発射されたコングリーヴ・ロケットのことである。

原文[編集]

O say can you see, by the dawn's early light,

What so proudly we hailed at the twilight's last gleaming,

Whose broad stripes and bright stars through the perilous fight,

O'er the ramparts we watched, were so gallantly streaming?

And the rocket's red glare, the bombs bursting in air,

Gave proof through the night that our flag was still there;

O say does that star-spangled banner yet wave

O'er the land of the free and the home of the brave?


On the shore dimly seen through the mists of the deep,

Where the foe's haughty host in dread silence reposes,

What is that which the breeze, o'er the towering steep,

As it fitfully blows, half conceals, half discloses?

Now it catches the gleam of the morning's first beam,

In full glory reflected now shines in the stream:

'Tis the star-spangled banner, O long may it wave

O'er the land of the free and the home of the brave.


And where is that band who so vauntingly swore

That the havoc of war and the battle's confusion,

A home and a country, should leave us no more?

Their blood has washed out their foul footsteps' pollution.

No refuge could save the hireling and slave

From the terror of flight, or the gloom of the grave:

And the star-spangled banner in triumph doth wave,

O'er the land of the free and the home of the brave.


O thus be it ever, when freemen shall stand

Between their loved homes and the war's desolation.

Blest with vict'ry and peace, may the Heav'n rescued land

Praise the Power that hath made and preserved us a nation!

Then conquer we must, when our cause it is just,

And this be our motto: 'In God is our trust.'

And the star-spangled banner in triumph shall wave

O'er the land of the free and the home of the brave!

日本語訳[編集]

おお、見えるか、夜明けの光が

輝きに向かい、何を高らかに?

戦いの中、城壁の上に

勇みたなびく、太き縞に星が

ロケットが赤く、炸裂する中

光が教えた、夜通したなびいてたことを

おお、星条旗は、今もたなびくか?

自由の地に、勇者の地に

メディアファイル[編集]

音声[編集]

動画[編集]

星条旗のモノクロ映画。演奏と歌唱、歌詞テロップ
1944年のもの
星条旗のカラー動画。演奏、歌詞テロップ
1940年のもの

以前の国歌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ジョン・パウエル『ドビュッシーはワインを美味にするか? 音楽の心理学』早川書房、2017年、28頁。ISBN 978-4-15-209720-0
  2. ^ Smithonian: THE STAR-SPANGLED BANNER
  3. ^ a b Smithonian: "Star-Spangled Banner and the War of 1812" 2013年9月14日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]