ベノナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ベノナないしベノナ・プロジェクト(VENONA, Venona project)は、後のUKUSA協定国際的監視網の起源となるもので、1943年から1980年まで37年間の長期にわたって、アメリカ合衆国陸軍情報部(通称アーリントンホール、後のNSA/アメリカ国家安全保障局)とイギリス政府暗号学校(後のGCHQ/政府通信本部)が協力して行った、ソ連と米国内に多数存在したソ連スパイとの間で有線電信により交信された多数の暗号電文を解読する極秘プロジェクト(シギント)の名称である。ヴェノナと表記したり[1][2]、解読されたファイル群をヴェノナ文書、もしくはヴェノナファイルと呼称する事もある。

後年解読された暗号電文を元に様々な研究が行われた結果、1930年代から第二次大戦後の1940年代末までに米国国内の政府機関、諜報機関、軍関係、民間組織などに数百人単位のソ連のスパイ、スパイグループ及びスパイネットワークが存在し、当時の米国政府の政策や意思決定をソ連有利に歪め、世論などがこれらの様々な工作活動によって多大な影響を受けていた間接侵略シャープパワー)の可能性があることが明らかになった。

概要[編集]

本作戦開始以来、半世紀以上に渡って極めて高度な機密として秘匿されてきたが、米ソ冷戦の終結、1991年のソビエト連邦の崩壊などの状況の変化を受け、1995年7月にこれらソビエトスパイの暗号解読文書の一部が公開され、さらなる公開で約3000に上る解読文書が公開された[3]。 現在、これら解読文書の多くは米国CIAやNSAのホームページにて公開されている。 また後年、研究家達によってミトロヒン文書とのすり合わせ検証が行われた。 先立っては「JADE」、「BRIDE」、「DRUG」という名が使用されていた[4]

詳細[編集]

ソ連が一般に採用していた暗号法は、元の文の単語や文字を数字に変換するとともに暗号文解読のためのワンタイムパッド法の場合には本文と同じ量になる)を付加する方法であった。正しい使用法をすれば、ワンタイムパッド法で暗号化された文は決して解読できないことが理論的に知られている。しかし、ソ連関係者の一部が暗号化に際して誤りを犯し、一度使用した鍵を再利用してしまった(一度使用した鍵をただちに廃棄するのがワンタイムパッド法の原則である)。これにより、膨大な通信文の一部、又は文書の一部分に限られたが解読が可能になった。

第二次世界大戦末期の1945年5月に、アメリカ軍情報部がドイツザクセンおよびシュレースヴィヒでソ連の暗号書を発見した[5]。これはドイツ軍フィンランドのソ連領事館を制圧した[6]際に、半分焼け焦げた暗号書を発見しドイツへ送られたものだった。1944年末フィンランド将校から別の暗号書もアメリカに送られたがOffice of Strategic Servicesがソ連に返還した[7]。これがアメリカで活躍するソ連国家保安委員会(当時は内務人民委員部、NKVD)のスパイ網で使用されているものと関連があることがわかった。

また1942年初頭に、ソ連NKVD通信センターは、使い捨て暗号表(ワンタイムパッド)を35,000ページ複製し2組の暗号表を作った。これにより同一暗号で暗号化された通信文が2つあることになった。そのため、アメリカ国家安全保障局(NSA)のメレディス・ガードナーほかの解読者は暗号を破ることができた。

解読は極秘であったが、秘密情報部(SIS) のアメリカ駐在連絡代表キム・フィルビーがソ連に情報を流したため、ソ連は解読が実施されていることを知っていた。しかし当時フィルビーはSIS長官候補であったため、彼を温存するためにこの情報を利用しなかったという。

暗号突破[編集]

暗号突破時に判明したこと。

解読で判明したこと[編集]

  • 原爆スパイ問題: ローゼンバーグ事件とクラウス・フックス
    米国が巨額の費用と大量の科学者、技術者を動員して製造に成功した原子爆弾の製造方法がスパイによってソ連に流出、わずか数年でソ連は核爆弾の製造に成功、核保有国となり後に数十年続く米ソ冷戦の発端になる。
    1950年ドイツ出身のユダヤ人、ローゼンバーグ夫妻がマンハッタン計画で生み出された核兵器の製造方法に関する機密情報をソ連に漏洩した容疑で逮捕され、第二次世界大戦後のアメリカでスパイ事件「ローゼンバーグ事件」とされ、ローゼンバーグ夫妻は1953年に死刑執行された。後に公開されたヴェノナ文書群の解析で、ローゼンバーグ夫妻と妻エセルの実弟、デビッド・グリーングラスはそれぞれコードネームが割り振られていたソ連のスパイであったことが確認された(下記コードネーム一覧表参照)。
    ヴェノナの解読は、原子力関連スパイ、クラウス・フックスの暴露においても重要だった。最初のメッセージの中には、CHARLESとRESTのコードネームで参照されていた、マンハッタンプロジェクトの科学者からの情報が解読されたものもある。1945年4月10日、モスクワからニューヨークへのメッセージの1つは、チャールズが提供した情報を「大きな価値を持っている」としている。

当事者の記録と、第三者の反証[編集]

ジョン・ローウェンサール(弁護士)[10]
  1. ヒスとされている暗号名”アレス”はGRU(軍)のために働いているが、国務省のヒスは非軍事情報しか入手できない。
  2. ヒスはマーシャル・プランで、ソビエト封じ込め政策を支持している。
  3. ヒスはヤルタ会談後モスクワに行ったので、GRUは直接本人と話せるはずだが、副外相のアンドレイ・ヴィシンスキーに伝言を頼んだことは矛盾する。
  4. FBIは国務省の文書をコピーした『ボルチモア文書』が、ヒスのタイプライターの製造日とシリアル番号が異なる偽造と知りながら隠蔽(上訴も棄却)。
  5. リチャード・ニクソンが無罪判決を下した陪審員は、下院非米活動委員会に召喚される可能性があると示唆[11]
  6. ノエル・フィールドヘーデ・マッシングの証言について、『偽証で法外な嘘』という手記を書き、ヒスの無実を主張し続けた。
  7. 多くは伝聞証拠であり、暗号名は使い回されている上に、国務省には同姓の人物がいたので、アルジャー・ヒスをスパイと裏付ける証拠はない。
チェスター・レーン(弁護士)

ボルチモア文書が捏造された証拠で、ヒスは冤罪だと証明できる[12][13]

ラッセル・ブラッドフォード(ロングビーチ警察歴史協会) ラルフ・ブラッドフォード(政治家)

FBIは他のタイプライターで、同じ文書を偽造できると知りながら隠蔽した[14]

アンソニー・サマーズ(ノンフィクション作家)

元ホワイトハウス顧問のジョン・ディーンは回顧録で、ニクソン大統領の主任弁護士チャールズ・コルソンが、ニクソンは下院非米活動委員会がタイプライターを複製したのを認めたと述べている。ニクソンは否定したが元FBI副長官のサリヴァンは、証拠を捏造するようFBIに依頼したら「フーバーは喜んで引き受けただろう」と語った。サマーズは偽造や偽情報を仕込んだ、不穏な記録があると指摘している[15]

アラン・ベルモント(FBI情報部長)

(上記の理由から)ベノナ文書を証拠として採用するのは不適切[16]

アメリカ国家安全保障局(NSA)

(上記の理由から)KGBの記録に、ヒスの名前が発見されたと”推定される”。アレスは”恐らく”ヒスであるとして、断定はしていない[17]

ジェフ・キッセロフ(歴史家)
  • ヒスに関する矛盾点[18]
  1. 暗号名”アレス”がメキシコシティにいた頃、ヒスはワシントンにいた。
  2. ノエル・フィールド(NKVDのスパイ)を採用したとされる時期、フィールドはロンドン軍縮会議のため、アメリカ国内にいなかった。
  3. ウィテカー・チェンバース(元共産党員)が証言した、ヒスが持ち帰ったとされるメモは彼の手元になかった。
  4. ヘーデ・マッシング(共産主義者)は、国外追放の圧力の下で証言しており、虚偽の陳述をしている。
  5. マッシングはヒスに会う1週間前、(氷点下になる)真冬のポトマック川で夫と遊泳したと証言。
  6. マッシングは彼女の本を精査したFBIに、事実を隠すために捏造したことを認めた。
  7. ヒスが米共産党の主宰者に車を寄付したという件で、譲渡証明書の署名が偽造されていた。
ドミトリー・ヴォルコゴノフ上級大将(反ソ連の公文書監督者)

ヒスがソ連の代理人として働いたことは一度もない[19]

ジュリアス・コビャコフ少将SVR

マッシングとフィールドの個人ファイルを調べたが、ヒスに関するものは1つもなかった。ヒスは”アレス”ではない[20]

ヴィクター・ナヴァスキー(ジャーナリスト)
  1. アレン・ワインスタインの著書『偽証罪: ヒス・チェンバース事件』に登場する全員が誤用されたと答え[21]、その1人サム・クリーガーはワインスタインから慰謝料をもらい、謝罪と訂正を公表すると約束したが守られていない[22]
  2. ベノナ文書を根拠にヒスをスパイとする人々は、みずからが支持する情報だけを集めて、ウラジーミル・パブロフ(外交官)が回顧録で否定した事など、相反する反証を無視している。ベノナ文書は冷戦構造を歪曲するために利用された[23]
ハーベイ・クレア(歴史学教授)

『米国にソ連のスパイがいた』は大枠として正しいが、細部は間違っていて単なる魔女狩りだった。小物のスパイは判明したが、その他は立証されていない[24]

アサン・テオハリス(FBI/ジョン・フーバー/米諜報機関専門の歴史家)

FBIはマッカーシズムを促進しながら、防諜の失敗を隠ぺいした[25]

アレン・ワインスタイン(官僚・歴史家・大学教授)

ベノナ文書は説得力はあるが、決定的ではない[26]

エドゥアルト・マーク(研究家)

ヒスは”アレス”だった可能性のある1人にすぎない[27]

ヴィターリー・パヴロフ中将(NKVD米国部副部長)

ハリー・ホワイトは工作対象でスパイではない。財務省には2人のエージェントがいて、それ以上の情報源は不要だった[28]

ブルース・クレイグ(諜報専門の歴史家)

交換された情報は法律の範囲内だったため、多くの人はホワイトの行動をスパイ行為と見なしておらず、現在の法的基準でもスパイ行為には当たらない[29]

ベン・ステイル(経済学者)

ホワイトはマルクス主義者ではなく、ケインズ経済学派である[30]

ヴェノナファイルに登場する暗号名[編集]

代表的な暗号名一覧[7]
実名 暗号名
フランクリン・ルーズベルト第32代米合衆国大統領 キャプテン(船長)
ヘンリー・モーゲンソウ 米財務長官 ネイボッブ(太守、成金)
ウィンストン・チャーチル英首相 ボア(猪)
シャルル・ド・ゴール自由フランス代表、仏大統領 ラス
ウィリアム・ドノバン米OSS局長 アナウンサー
陸軍省 アーセナル
商務省 ティーショップ
アメリカ・ロシア・インスティテュート デパートメント
Office of Strategic Services キャビン
アメリカ合衆国国防長官 ボム
米国経済戦争局 BEW
軍需生産委員会 デポ
オークリッジ原子力研究施設 キャンプ1、ラガー1
ロスアラモス国立研究所 キャンプ1、ラガー2、キャンプY
ニューメキシコマンハッタン計画研究施設 キャンプX
マンハッタン計画、原爆 イノーマス(巨大)
原爆 バルーン
ワシントン カルタゴ
サンフランシスコ バビロン
ニューヨーク ビッグタウン
ロサンゼルス カーン
イギリス A
イギリス外務省 バックストリート
イギリスSIS(MI6)ニューヨーク事務所 バー
OSSロンドン支局 ブロードウェイ
モスクワ米国大使館 カントリーハウス
メキシコ 田園
レフ・トロツキー オールドマン
アーネスト・ヘミングウェイ アルゴ
ウォルター・リップマン(コラムニスト) バンブルビー
ニューヨーク大学 ゆりかご
ジェットエンジン開発スパイ計画 エア
KGB ビッグハウス
アメリカ共産党 カンパニー

ソ連のスパイ及び協力者一覧[編集]

ヴェノナファイル及びその他で判明したソ連・コミンテルンのスパイ一覧(判明、もしくは疑い濃厚な者を含む)[要検証]
実名 カバーネーム 経歴など 特定元
ネイサン・グレゴリー・シルバーマスター ロベルト 財務省、軍需生産委員会 訴追されず、 財務省の財務官僚を中心とした”シルバーマスターグループ”のリーダーでヘンリー・モーゲンソウ財務長官の政策決定に大きく関与、第二次大戦を前後して事実上米国の経済政策をコントロールしていたスパイグループの中心人物である FBI Venona
ヘレン・シルバーマスター英語版 ドーラ ネイサン・グレゴリー・シルバーマスターの妻 Venona
ハリー・デクスター・ホワイト ジュリスト もしくは リチャード 財務次官補 IMF理事長 1941年11月対日圧迫外交における最後通牒・「ハル・ノート」の原案を起草 1948年自殺 Venona
フランク・コー英語版
Frank Coe
ピーク 財務省金融調査部長、IMF 北京に逃亡 Venona
ソロモン・アドラー英語版
Solomon Adler
サックス 財務省中国支援担当責任者 北京に逃亡 Venona
ウィリアム・ヘンリー・テイラー英語版
William Henry Taylor
エイコーン 財務省中東部門 Venona
ソニア・ゴールド英語版
Sonia Steinman Gold
ジェーナ 財務省 Venona
アービン・カプラン英語版
Irving Kaplan
財務省  
エイブラハム・ジョージ・シルバーマン英語版
Abraham George Silverman
エルロン 統計学者 財務省 Venona
ラフリン・カリー英語版
Lauchlin Currie
ペイジ もしくは ビム 大統領補佐官 コロンビアに亡命 Venona
ウィリアム・ウルマン英語版
William Ludwig Ullmann
ポロ ドナルド パイロット 少佐、陸軍参謀本部 Venona
ビクター・パーロ Victor Perlo レイダー 国家復興局統計専門家、戦時工業生産委員 スパイチーム”パーログループ”のリーダー Venona
エドワード・フィッツジェラルド(アドバイザー)英語版 テッド 軍需生産委員会 Venona
ハロルド・グラッサー英語版
Harold Glasser
ルーブル 財務省 Venona
ハリー・マグドフ タンもしくはカント 軍需生産委員会 Venona
アラン・ローゼンバーグ英語版 ロイもしくはロザ 財務省外国経済局 Venona
ドナルド・ウィーラー英語版 イズラ OSS調査分析部門 Venona
アルジャー・ヒス アリス 国務長官上級補佐官、カーネギー国際平和財団理事長 FBI Venona
ハリー・ホプキンス “役に立つまぬけ” 大統領顧問、ルーズベルトの旧友 1946年病死 Venona
ローレンス・ダガン英語版
Laurence Duggan
プリンス 国務省、国連救済復興局長補佐 1948年自殺 Venona
ドナルド・ヒス英語版
Donald Hiss
国務省、アルジャー・ヒスの兄  
ジョン・サービス英語版
John S. Service
国務省、在中米軍司令官政治顧問  
ジョン・デイビス 在中米軍司令官政治顧問 1952年南米に逃亡  
ジョン・カーター・ヴィンセント 国務省極東課長  
マイケル・ストレイト英語版
Michael Straight
国務省、大統領スピーチライターケンブリッジ・ファイヴと学友  
ベラ・ゴールド英語版 エイコーン 1938年ソニア・ゴールドと結婚 Venona
チャールズ・クレイマー英語版 プラム 上院小委員会スタッフ Venona
ベルナール・シュスター エコー 購買委員会 Venona
ダンカン・リー英語版 コッホ OSS@戦略情報局ラテンアメリカ調査分析課長 Venona
モーリス・ハルペリン英語版 ハレ OSS顧問 Venona
ジュリアス・ジョゼフ英語版 コーション OSS極東部門副主任 Venona
ベラ・ジョゼフ英語版 カレッジ OSS局員、ジュリアスの妻 Venona
ヘレン・テニー英語版 ミューズ OSS局員 Venona
フランツ・レオポルド・ノイマン ラフ 政治学者、OSSドイツ課コンサルタント Venona
ウィリアム・ワイスバンド英語版 ゼベノ リンク 陸軍保安局ロシア課言語専門家 Venona
アンドリュー・ロス英語版 海軍情報部国務省連絡将校  
ウィラード・ゼルベ・パーク英語版
Willard Zerbe Park
国連救済復興庁  
ルース・リブキン英語版 国連救済復興庁  
デビッド・ワイントローブ英語版 国連救済復興庁  
フローラ・ウォブシン ゾラ OWI戦時事務局、国務省、バーナードカレッジ3人娘 Venona
マリオン・デイビス ルー 海軍情報局米州課、国務省、バーナードカレッジ3人娘 Venona
ジュディス・コプロン シーマ 外国エージェント登録局、バーナードカレッジ3人娘 Venona
ロバート・ミラー 中国政府工場委員会  
エディス・エメリー リス エコノミスト Venona
ウルスラ・クチンスキー Ursula Maria Kuczynski ソーニャ ドイツ共産党の女性活動家、1930年上海に渡りリヒャルト・ゾルゲの助手を務める。ゾルゲの推薦で1933年、モスクワの諜報学校で訓練を受けた後に満州で活動。大戦時に渡英し、後にマンハッタン計画で原子爆弾開発に関わるクラウス・フックスをスパイとしてリクルートした。原子爆弾の情報をソ連にもたらした功績により、複数回ソ連より叙勲。後半生を東ドイツで過ごし、ペンネーム「ルース・ヴェルナー」で作家活動も行っていた。1977年に東ドイツで発表した手記「ソーニャレポート」が1991年、英語版で出版されたことによりソ連のスパイであったことが発覚 手記
クラウス・フックス Klaus_Fuchs レスト チャールズ マンハッタン計画に参画した理論物理学者、米英双方の核兵器関連の機密情報をソ連に漏洩したスパイ。1950年、MI5の捜査を受けスパイ行為を自白、後に裁判で懲役40年の有罪判決を受けて投獄され英国の国籍を剥奪される。1959年に釈放された後、東ドイツに渡り科学者としての活動を再開。この頃中華人民共和国に核兵器製造法をもたらしたとされる。5年後の1964年、中華人民共和国は核兵器の開発に成功。 Venona MI5
クリスタル・フックス・ハイネマン Kristel Heineman アリ クラウス・フックスの妹 Venona
ジュリアス・ローゼンバーグ アンテナ リベラル 技術者、原爆スパイ ローゼンバーグ事件の主犯 1953年死刑 [31] FBI Venona
エセル・ローゼンバーグ ジュリアス・ローゼンバーグの妻、原爆スパイ ローゼンバーグ事件の主犯 1953年死刑 [31] FBI Venona
デビッド・グリーングラス キャリバー 陸軍機械工、ジュリアス・ローゼンバーグの妻エセルの弟、ローゼンバーグ事件に関与した原爆スパイ [31] FBI Venona
ルース・グリーングラス ワスプ デビッド・グリーングラスの妻、原爆スパイ ローゼンバーグ事件に関与したが告発されず [31] FBI Venona
ハリー・ゴールド レイモンド ガス グース 化学者、原爆スパイ Venona
セオドア・ホール ヤングスター ハーバード大生、原爆スパイ 告発されず Venona
クラレンス・ヒスキー 化学者、原爆スパイ  
アルフレッド・サラン ヒューズ 陸軍通信隊、電気技師、原爆スパイ チェコスロバキアに亡命 Venona
ジョエル・バー メーター スカウト 陸軍通信隊、電気技師、原爆スパイ チェコスロバキアに亡命 Venona
不明 クアンタム 原爆スパイ Venona
不明 ペルス 原爆スパイ Venona
ケネス・リチャードソン コンデンサー 電子工学専門家 Venona
ウィリアム・パール ノーム ヤコブ 航空工学者、アメリカ航空諮問委員会 Venona
バイロン・ダーリン アーネスト ヒューロン 物理学者、空軍技術研究 Venona
ウィリアム・レミントン 経済学者、大統領諮問評議会 *'54服役中、囚人に殺される  
モートン・ソベル ゼネラルエレクトリック社エンジニア  
ジョンズ・オリン・ヨーク ニードルス 航空機関連企業社員 Venona
ピエール・コット フランス航空大臣、中道右派、仏ソ連携を主張  
フレッド・ローズ カナダ国会議員  
キム・フィルビー スタンリー MI6英国秘密情報部、新聞記者 C5 63年ソ連に亡命 Venona
ドナルド・マクリーン ホーマー 英国外務省米国課長 C5 51年ソ連に亡命 Venona
ガイ・バージェス ヒックス 英国外務省在米大使館書記官 C5 51年ソ連に亡命 Venona
サー・アンソニー・ブラント ジョンソン 王室絵画鑑定官 C5 79年発覚 Venona
ジョン・ケアンクロス リスト 外務省、MI6、暗号解析官 CF 52年ローマに逃亡 Venona
エドガートン・ハーバート・ノーマン カナダ外交官、GHQ調査課長 57年自殺 MI5
トーマス・アーサー・ビッソン アーサー アジア専門家、GHQ顧問、日本国憲法草案訳者 Venona
フィリップ・キーニー ブレダン 図書館専門家、OSS顧問、GHQ図書館担当官 Venona
メアリージェーン・キーニー 図書館専門家、フィリップの妻  
ベアテ・シロタ・ゴードン GHQ民政局調査員、ロシア語が堪能 日本国憲法起草に関与。人権及び男女平等についての草案を複数起草。現行日本国憲法では第24条、第25条、第27条に採用されている。  
フレデリック・フィールズ・ヴァンダーベルト 資産家  
エドワード・カーター 太平洋問題調査会(IPR)・事務長、親中反日  
ジョゼフ・ミルトン・バーンシュタイン マーカス 太平洋問題調査会(IPR) Venona
オーエン・ラティモア 太平洋問題調査会(IPR)発行の月刊誌であるパシフィック・アフェアーズの編集長、蒋介石顧問  
フィリップ・ジャッフェ 中国支援評議会常任理事、親中反日誌アメラシア発行人  
ミルドレッド・プライス 中国支援評議会事務局長  
メアリー・プライス ディア ミルドレッド・プライスの妹、ヘラルドトリビューン紙秘書 Venona
マーサ・ドッド・スターン ライザ 駐ドイツ米大使ウィリアム・ドッドの娘。在独時代(1933年)ソ連の外交官(GRU諜報員)ボリス・ビノグラドフと男女関係になったことを契機にソ連のスパイとなる。父親のオフィスから米国の外交機密文書を持ち出したり、ドイツ高官達から政治及び軍事機密情報を聞き出し、これら大量の情報をソ連にもたらしていた。1940年米国に帰国後ソ連の工作員と結婚し、引き続きスパイ活動を行っていたが、1950年代FBIに追われてモスクワに逃亡、後東欧にて死亡[32] FBI Venona
ウィリアム・ドッドJr. ボーイ プレジデント 駐ドイツ米大使ウィリアム・ドッドの息子 マーサ・ドッド・スターンの4つ年上の兄 FBI Venona
不明 バーガー ベルリン、マーサ・ドッド・スターンの連絡員 Venona
I・F・ストーン ジャーナリスト、朝鮮戦争北進説を主張  
マーク・ゲイン シカゴ・サン東京特派員、「ニッポン日記」著者  
アグネス・スメドレー 親中共ジャーナリスト ソ連崩壊後にコミンテルンの工作員であったことが判明。リヒャルト・ゾルゲの協力者であり上海時代から深い関係にあった。南京大虐殺をプロパガンダした人物として知られている。米英双方からソ連コミンテルンのスパイの可能性が有るとしてマークされていたが、大戦後の1949年2月に出された「ウィロビーレポート」でスパイ認定される(後に訴訟などで認定が一旦取り下げ)。その後チャールズ・ウィロビー少将らが改めてゾルゲ事件に関するレポートを作製。1950年、下院非米活動委員会から召喚状が発せられたがロンドンに逃亡、到着した日の晩に急死した。  
ウォルター・ソル・バーンスタイン ハリウッド映画脚本家  
フロイド・ミラー 左派ジャーナリスト  
ポール・ロブスン 黒人俳優、歌手(義勇軍行進曲を英訳し歌ったことで有名)  
ミハエル・レッシング フィルム 20世紀フォックス社フィルムラボ技術者 Venona
不明 アイバ 中東・イスラエル問題の情報源 Venona
モリス・コーエン ボランティア 書店経営、アメリカ共産党、連絡員 Venona
ロナ・コーエン レスリー モリスの妻、連絡員 Venona
アレクサンダー・コーラル ベルク 市教育委員会学校補修工、連絡員 Venona
ヘレン・コーラル ミランダ アート アレクサンダーの妻、連絡員 Venona
エマ・フィリップス コーラ Venona
フィリップス アンペア ロイ エマの夫 Venona
ヘレン・ローリー エルザ エマ アメリカ共産党、アール・プラウダーの姪 Venona
マーガレット・ブラウダー ジン アンナ アールの妹、アメリカ共産党 Venona
バーナード・シュスター エコー ディック アメリカ共産党 Venona
ジョゼフ・カッツ X インフォーマー アメリカ共産党 Venona
アール・ブラウダー ヘルムスマン アメリカ共産党書記長 Venona

年表[編集]

以下はNSAのVENONA Chronologyによる

  • 1943年2月1日-ジーン・グラベルがアーリントンホール英語版にてVENONA作戦を始める。
  • 1943年11月-リチャード・ハーロック中尉が初めてソ連の外交暗号の弱点を発見する。フランク・ルイスがこれをさらに広げる。
  • 1943年-VENONA作戦が拡大。F.クーデルト大佐、ウィリアム・B・S・スミス少佐が責任者となる。
  • 1944年11月-KGBの暗号を、セシル・フィリップス、ジュヌビヌーブ・フェインステイン、ルシール・キャンベルが初めて破る。
  • 1945年-ソ連大使館員イゴーリ・グゼンコ英語版が亡命[注釈 1]。エリザベス・ベントリーとウィテカー・チェンバースが、FBIにソ連のアメリカにおける諜報活動を通報。
  • 1945年5月-アメリカ軍情報部がドイツのザクセンおよびシュレースヴィヒでソ連の暗号書を発見。
  • 1946年7月-12月-メレディス・ガードナーがKGBの暗号書の復元を開始した。解読されたいくつかの暗号文の一つには、原爆に関するものが含まれていた。
  • 1947年8月30日-メレディス・ガードナーが、暗号文に含まれるKGBスパイの偽名についての研究を行う。
  • 1947年9月-G-2のカーター・W・クラーク大佐がFBIのS・ウェルズレイ・レイノルズにアーリントンホールにおけるKGB暗号解読に成果があったことを報告する。
  • 1948年10月19-20日-FBI本部のロバート・J・ランファイアがメレディス・ガードナーと接触を始め、多数の諜報活動の捜査が始まる。
  • 1948年-1951年-VENONAの調査により、アルジャー・ヒスクラウス・フックスハリー・ゴールド英語版ディビット・グリーングラス英語版セオドア・ホールウィリアム・パール英語版ローゼンバーグ夫妻ガイ・バージェス英語版ドナルド・マクリーンキム・フィルビーハリー・ホワイトフランツ・レオポルド・ノイマンなど多くの主要KGBエージェントが特定される[4]
  • 1952年-1953年-初期のKGB暗号を解読。GRU文書が解読された。その後の20年間に多くのスパイが特定された。
  • 1953年-CIAが公式にVENONAを報告し、防諜活動に協力を始めた。
  • 1960年-イギリスがGRU文書の解読を開始。
  • 1960年-1980年-数百もの暗号文が初めて解読される。初期に解読されたものも再解読される。
  • 1980年10月1日-VENONA終了
  • 1995年7月-VENONA FILEの一部が初めて公開される[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1945年9月5日、在カナダソ連大使館に勤務していたイゴーリ・グゼンコ英語版が亡命し、ソ連の諜報活動を暴露した。

出典[編集]

  1. ^ 『朝鮮戦争と日本・台湾「侵略」工作』に学ぶ「今そこにある危機」” (日本語). アゴラ 言論プラットフォーム. 2019年10月20日閲覧。
  2. ^ 「日本を降伏させるな」米機密文書が暴いたスターリンの陰謀” (jp). オピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」. 2019年10月20日閲覧。
  3. ^ a b VENONA Archived 2014年6月28日, at the Wayback Machine. National Security Agency Central Security Service
  4. ^ a b Benson, Robert L.. “The Venona Story”. National Security Agency. 2004年4月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年6月26日閲覧。
  5. ^ NSA VENONA公式サイト VENONA Chronology
  6. ^ 1941年6月22日にペツァモ市の領事館。
  7. ^ a b c ヘインズ&クレア 2010
  8. ^ 元谷 2008、p.156以降
  9. ^ ニコラス・グリフィン 『ピンポン外交の陰にいたスパイ』柏書房。 
  10. ^ John Lowenthal. “Venona and Alger Hiss”. New York University. 2022年6月26日閲覧。
  11. ^ John Lowenthal (1976年6月26日). “What the FBI knew and hid”. The Nation. 2022年7月4日閲覧。
  12. ^ Alger Hiss (1957年). “In the Court of Public Opinion”. HarperCollins. pp. 363-409. ISBN 9780060902933. https://archive.org/details/incourtofpublico00hiss/page/363/mode/1up 
  13. ^ Supplemental Affidavits in re U.S. v. Alger Hiss”. The Black Vault (1976年6月26日). 2022年7月4日閲覧。
  14. ^ Russell R. Bradford; Ralph B. Bradford (1992年). “A History of Forgery by Typewriter”. Nelson-Hall Publishers. https://archive.ph/rA8z 2022年7月4日閲覧。 
  15. ^ Anthony Summers (2000年). “The Arrogance of Power: The Secret World of Richard Nixon”. Penguin Books. pp. 73-75. ISBN 9780670871513. https://archive.org/details/arroganceofpower00summ/page/75/mode/1up 
  16. ^ Walter Schneir; Miriam Schneir (2009年4月16日). “Cables Coming in From the Cold”. The Nation. https://www.thenation.com/article/archive/cables-coming-cold-0/ 2022年6月26日閲覧。 
  17. ^ Robert L. Benson. “The Venona Story”. NSA. p. 32. 2022年6月25日閲覧。PDF p.34
  18. ^ Jeff Kisseloff (2009年). “The Alger Hiss Story » Spies: Fact or Fiction?”. New York University. 2022年6月28日閲覧。
  19. ^ The Alger Hiss Story » Interpreting Russian Files”. New York University. 2022年7月3日閲覧。
  20. ^ Julius N. Kobyakov. “Alger Hiss”. Michigan State University. 2022年6月27日閲覧。
  21. ^ Jon Wiener (2004年5月2日). “Allen Weinstein: A Historian with a History”. George Washington University. 2022年7月4日閲覧。
  22. ^ "Costly Error for Hiss Historian: Weinstein Pays for Mistake" Jon Wiener (2005年). “Historians In Trouble: Plagiarism, Fraud, And Politics In The Ivory Tower”. New Press. pp. 31-57. ISBN 9781565848849
  23. ^ Victor Navasky (2001年6月20日). “Cold War Ghosts”. The Nation. https://www.thenation.com/article/archive/cold-war-ghosts/ 2022年6月27日閲覧。 
  24. ^ Rehabilitating Joseph McCarthy?”. TFN Insider. 2022年6月28日閲覧。
  25. ^ Athan Theoharis (2002年). “How the FBI failed in counterintelligence but promoted the politics of McCarthyism in the Cold War years”. Ivan R. Dee. ISBN 9781566634205. https://archive.org/details/chasingspieshowf00theo/mode/1up 
  26. ^ Allen Weinstein (1997年). “Perjury: The Hiss-Chambers Case”. PENGUIN RANDOM HOUSE. p. 512. ISBN 9780394728308 
  27. ^ Eduard Mark (Summer 2009). “In Re Alger Hiss: A Final Verdict from the Archives of the KGB”. 11. p. 50. doi:10.1162/jcws.2009.11.3.26 
  28. ^ 須藤眞志 『ハル・ノートを書いた男 : 日米開戦外交と「雪」作戦』文藝春秋文春新書〉、1996年2月19日、165頁。ISBN 4166600281 
  29. ^ R. Bruce Craig (2012年4月12日). “Setting the Record Straight: Harry Dexter White and Soviet Espionage”. George Washington University. 2022年6月28日閲覧。
  30. ^ Benn Steil (2013年2月25日). “The Battle of Bretton Woods: John Maynard Keynes, Harry Dexter White, and the Making of a New World Order”. Princeton University Press. pp. 4,23. ISBN 9780691149097. https://archive.org/details/battleofbrettonw0000stei/page/4/mode/1up 
  31. ^ a b c d “ローゼンバーグ事件の元受刑者、半世紀以上前のスパイ行為認める”. ニューヨーク: AFP. (2008年9月13日). http://www.afpbb.com/articles/-/2517117 
  32. ^ In Search of History Spies Among Us Documentary, http://docuwiki.net/index.php?title=Spies_Among_Us 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]