ベノナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ベノナないしベノナ計画(VENONA、Venona project)は、1943年から1980年まで37年間の長期にわたって、アメリカ合衆国陸軍情報部(通称アーリントンホール、後のNSA/アメリカ国家安全保障局)とイギリス情報機関が協力して行ったソ連と米国内に多数存在したソ連スパイとの間で有線電信により交信された多数の暗号電文を解読する極秘プロジェクトの名称である。

日本では、ベノナをヴェノナと表記したり、解読されたファイル群を指してベノナ文書もしくはベノナファイルと呼称する事が一般的である。

本作戦開始以来、半世紀以上に渡って極めて高度な機密として秘匿されてきたが、米ソ冷戦の終結、1991年のソビエト連邦の崩壊などの状況の変化を受け、1995年7月にこれらソビエトスパイの暗号解読文書の一部が公開され、さらなる公開で約3000に上る解読文書が公開された[1]。 現在、これら解読文書の多くは米国CIAやNSAのホームページにて公開されている。 また後年、多くの研究家達がミトロヒン文書とのすり合わせ検証を行った結果、べノナファイルの信憑性は極めて高い事が確認されている。 先立っては「JADE」、「BRIDE」、「DRUG」という名が使用されていた[2]


概要[編集]

ソ連が一般に採用していた暗号法は、元の文の単語や文字を数字に変換するとともに暗号文解読のためのワンタイムパッド法の場合には本文と同じ量になる)を付加する方法であった。 正しい使用法をすれば、ワンタイムパッド法で暗号化された文は決して解読できないことが理論的に知られている。しかし、ソ連関係者の一部が暗号化に際して誤りを犯し、一度使用した鍵を再利用してしまった(一度使用した鍵をただちに廃棄するのがワンタイムパッド法の原則である)。これにより、膨大な通信文の一部、又は文書の一部分に限られたが解読が可能になった。

第二次世界大戦末期の1945年5月に、アメリカ軍情報部がドイツザクセンおよびシュレースヴィヒでソ連の暗号書を発見した[3]。これは、ナチスドイツがフィンランドのソ連領事館を制圧した[4]際に、半分焼け焦げた暗号書を発見しドイツへ送られたものだった。1944年末フィンランド将校から別の暗号書もアメリカに送られたがOffice of Strategic Servicesがソ連に返還した[5]。これがアメリカで活躍するソ連国家保安委員会(当時は内務人民委員部、NKVD)のスパイ網で使用されているものと関連があることがわかった。

また1942年初頭に、ソ連NKVD通信センターは、使い捨て暗号表(ワンタイムパッド)を35,000ページ複製し2組の暗号表を作った。これにより同一暗号で暗号化された通信文が2つあることになった。そのため、アメリカ国家安全保障局(NSA)のメレディス・ガードナーほか優秀な解読者は暗号を破ることができた。

解読は極秘であったが、イギリス情報局秘密情報部(SIS) のアメリカ駐在連絡代表キム・フィルビーがソ連に情報を流したため、ソ連は解読が実施されていることを知っていた。しかし当時フィルビーはSIS長官候補であったため、彼を温存するためにこの情報を利用しなかったという。

解読で明らかになったこと[編集]

  • 1950年ドイツ出身のユダヤ人、ローゼンバーグ夫妻がマンハッタン計画で生み出された核兵器の製造方法に関する機密情報をソ連に漏洩した容疑で逮捕され、第二次世界大戦後の米国を震撼させる大スパイ事件(ローゼンバーグ事件)となった(主犯のローゼンバーグ夫妻は1953年に死刑)。後に公開されたヴェノナ文書群の解析で、主犯のローゼンバーグ夫妻と妻エセルの実弟、デビッド・グリーングラスはそれぞれコードネームが割り振られていたソ連のスパイであったことが確認された。(下記コードネーム一覧表参照)
  • アイバー・モンタギュー
Ivor Goldsmid Samuel Montagu 1904-1984。GRUのスパイ。コードネームはIntelligentsiaとNobility。国際卓球連盟創設者、会長(1926-67)、2代スウェイスリング男爵ルイス・モンタギューの息子、ヒッチコック映画のプロデューサー。MI6ミンスミート作戦(「存在しなかった男」作戦)を指揮したユエン・モンタギューは兄である[7]
  • フランクリン・ルーズベルト
米国研究家による近年のヴェノナ研究により、KGB暗号電文内で第32代アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトが「キャプテン」というコードネームで呼ばれていた事が判明している(工作活動を行っていたかどうかについては不明)。
  • OSS
戦時に設立された臨時のインテリジェンス機関で、後のCIAの前身。OSS要員にスパイがいるのでは?との嫌疑がかけられたときに、創設者のウィリアム・ドノバンは「必要があればスターリンだってリクルートするさ」などとジョークを飛ばしていたことがあったが、実際にはコミンテルン活動家、マルクス主義者が多数在籍しており、少なくともこの中の一部が後にソ連のスパイであったことが露呈しているが、ウィリアム・ドノバンはOSS内部にソ連のスパイがいることを薄々感づいていながら、彼らを使い続けていたのではないか?と言われている。


ヴェノナ作戦等で判明した米国内におけるソ連のスパイ及び協力者
 実 名 カバーネーム 経歴など
ハリー・ホワイト Harry Dexter White ジュリスト、リチャード 財務次官補、IMF理事長 1948自殺
アルジャー・ヒス Alger_Hiss アリス 国務長官上級補佐官、カーネギー国際平和財団理事長
ラフリン・カリー Lauchlin_Currie ペイジ、ビム 大統領補佐官 コロンビアに亡命
ハリー・ホプキンス Harry_Hopkins “役に立つまぬけ” 大統領顧問、ルーズベルトの旧友 1946病死
ローレンス・ダガン Laurence_Duggan プリンス 国務省、国連救済復興局長補佐 1948自殺
ドナルド・ヒス   国務省、アルジャー・ヒスの兄
ジョン・サービス   国務省、在中米軍司令官政治顧問
ジョン・デイビス   在中米軍司令官政治顧問 1952南米に逃亡
ジョン・カーター・ヴィンセント   国務省極東課長
マイケル・ストレイト   国務省、大統領スピーチライター ケンブリッジ・ファイヴと学友
フランク・コー ピーク 財務省金融調査部長、IMF 北京に逃亡
ソロモン・アドラー サックス 財務省中国支援担当責任者 北京に逃亡
ハロルド・グラッサー ルーブル 財務省
ウィリアム・テイラー   財務省中東部門
ソニア・ゴールド ジェーナ 財務省
アービン・カプラン   財務省
アラン・ローゼンバーグ   財務省外国経済局
ネイサン・グレゴリー・シルバーマスター Nathan_Gregory_Silvermaster ロベルト 財務省、軍需生産委員会 訴追されず
ヘレン・シルバーマスター ドーラ ネイサン・G・シルバーマスターの妻
ベラ・ゴールド アコーン 農務省
チャールズ・クレイマー プラム 上院小委員会スタッフ
ベルナール・シュスター エコー 購買委員会
ダンカン・リー コッホ OSS@戦略情報局ラテンアメリカ調査分析課長
モーリス・ハルペリン ハレ OSS顧問
ジュリアス・ジョゼフ コーション OSS極東部門副主任
ベラ・ジョゼフ カレッジ OSS局員、ジュリアスの妻
ドナルド・ウィーラー イズラ OSS調査分析部門
ヘレン・テニー ミューズ OSS局員
フランツ・レオポルド・ノイマン ラフ 政治学者、OSSドイツ課コンサルタント
ウィリアム・ウルマン ポロ、ドナルド、パイロット 少佐、陸軍参謀本部
ウィリアム・ワイスバンド ゼベノ、リンク 陸軍保安局ロシア課言語専門家
アンドリュー・ロス 海軍情報部国務省連絡将校
ジョージ・シルバーマン エルロン 陸軍省
ウィラード・パーク 国連救済復興庁
ルース・リプキン 国連救済復興庁
デビッド・ワイントロープ 国連救済復興庁
フローラ・ウォブシン ゾラ OWI戦時事務局、国務省、バーナードカレッジ3人娘
マリオン・デイビス ルー 海軍情報局米州課、国務省、バーナードカレッジ3人娘
ジュディス・コプロン シーマ 外国エージェント登録局、バーナードカレッジ3人娘
ビクター・パーロ Victor Perlo レイダー 国家復興局統計専門家、戦時工業生産委員 スパイチーム”パーログループ”のリーダー
ハリー・マグドフ タン、カント 軍需生産委員会
エドワード・フィッツジェラルド テッド 軍需生産委員会
ロバート・ミラー 中国政府工場委員会
エディス・エメリー リス エコノミスト
クラウス・フックス レスト、チャールズ マンハッタン計画に参画した理論物理学者、原爆製法をソ連に漏洩したスパイ
ジュリアス・ローゼンバーグ アンテナ、リベラル 技術者、原爆スパイ ローゼンバーグ事件の主犯 1953年死刑
エセル・ローゼンバーグ ジュリアス・ローゼンバーグの妻、原爆スパイ ローゼンバーグ事件の主犯 1953年死刑
デビッド・グリーングラス キャリバー 陸軍機械工、ジュリアス・ローゼンバーグの妻エセルの弟、ローゼンバーグ事件に関与した原爆スパイ
ルース・グリーングラス ワスプ デビッド・グリーングラスの妻、原爆スパイ ローゼンバーグ事件に関与したが告発されず
ハリー・ゴールド レイモンド、ガス、グース 化学者、原爆スパイ
セオドア・ホール ヤングスター ハーバード大生、原爆スパイ 告発されず
クラレンス・ヒスキー 化学者、原爆スパイ
アルフレッド・サラン ヒューズ 陸軍通信隊、電気技師、原爆スパイ チェコスロバキアに亡命
ジョエル・バー メーター、スカウト 陸軍通信隊、電気技師、原爆スパイ チェコスロバキアに亡命
不明 クアンタム 原爆スパイ
不明 ペルス 原爆スパイ

年表[編集]

以下はNSAのVENONA Chronologyによる

  • 1943年2月1日-ジーン・グラベルがアーリントンホール英語版にてVENONA作戦を始める。
  • 1943年11月-リチャード・ハーロック中尉が初めてソ連の外交暗号の弱点を発見する。フランク・ルイスがこれをさらに広げる。
  • 1943年-VENONA作戦が拡大。F.クーデルト大佐、ウィリアム・B・S・スミス少佐が責任者となる。
  • 1944年11月-KGBの暗号を、セシル・フィリップス、ジュヌビヌーブ・フェインステイン、ルシール・キャンベルが初めて破る。
  • 1945年-ソ連大使館員イゴーリ・グゼンコ英語版が亡命[8]。エリザベス・ベントリーとウィテカー・チェンバースが、FBIにソ連のアメリカにおける諜報活動を通報。
  • 1945年5月-アメリカ軍情報部がドイツのザクセンおよびシュレースヴィヒでソ連の暗号書を発見。
  • 1946年7月-12月-メレディス・ガードナーがKGBの暗号書の復元を開始した。解読されたいくつかの暗号文の一つには、原爆に関するものが含まれていた。
  • 1947年8月30日-メレディス・ガードナーが、暗号文に含まれるKGBスパイの偽名についての研究を行う。
  • 1947年9月-G-2のカーター・W・クラーク大佐がFBIのS・ウェルズレイ・レイノルズにアーリントンホールにおけるKGB暗号解読に成果があったことを報告する。
  • 1948年10月19-20日-FBI本部のロバート・J・ランファイアがメレディス・ガードナーと接触を始め、多数の諜報活動の捜査が始まる。
  • 1948年-1951年-VENONAの調査により、ジョン・ダワーアルジャー・ヒスクラウス・フックスハリー・ゴールド英語版ディビット・グリーングラス英語版セオドア・ホールウィリアム・パール英語版ローゼンバーグ夫妻ガイ・バージェス英語版ドナルド・マクリーンキム・フィルビーハリー・ホワイトフランツ・レオポルド・ノイマンなど多くの主要KGBエージェントが特定される[2]
  • 1952年-1953年-初期のKGB暗号を解読。GRU文書が解読された。その後の20年間に多くのスパイが特定された。
  • 1953年-CIAが公式にVENONAを報告し、防諜活動に協力を始めた。
  • 1960年-イギリスがGRU文書の解読を開始。
  • 1960年-1980年-数百もの暗号文が初めて解読される。初期に解読されたものも再解読される。
  • 1980年10月1日-VENONA終了
  • 1995年7月-VENONA FILEの一部が初めて公開される[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b VENONA Archived 2014年6月28日, at the Wayback Machine. National Security Agency Central Security Service
  2. ^ a b Benson, Robert L.. “The Venona Story”. National Security Agency. 2004年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年6月26日閲覧。
  3. ^ NSA VENONA公式サイト VENONA Chronology
  4. ^ 1941年6月22日にペツァモ市の領事館。
  5. ^ ヘインズ&クレア 2010
  6. ^ 元谷 2008、p.156以降
  7. ^ 「ピンポン外交の陰にいたスパイ」ニコラス・グリフィン著、五十嵐加奈子訳、柏書房
  8. ^ 1945年9月5日、在カナダソ連大使館に勤務していたイゴーリ・グゼンコ英語版が亡命し、ソ連の諜報活動を暴露した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]