シュレースヴィヒ (都市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シュレースヴィヒ

Schleswig
シュレースヴィヒ聖堂
シュレースヴィヒ聖堂
シュレースヴィヒの紋章
紋章
シュレースヴィヒの位置(ドイツ内)
シュレースヴィヒ
シュレースヴィヒ
北緯54度31分05秒 東経9度34分13秒 / 北緯54.51806度 東経9.57028度 / 54.51806; 9.57028
ドイツの旗 ドイツ
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州
シュレースヴィヒ=フレンスブルク郡
政府
 • 市長 Thorsten Dahl
面積
 • 合計 24.3 km2
標高
1 m
人口
(2020年12月31日)[1]
 • 合計 25,322人
 • 密度 1,042人/km2
郵便番号
24837
市外局番 04621
ナンバープレート SL
自治体コード 01 0 59 075
ウェブサイト www.schleswig.de

シュレースヴィヒ: Schleswig; デンマーク語: Slesvig; 南部ユトランド方言: Sljasvig, 古英語: Sleswick; 低地ドイツ語:Sleswig)は、ドイツシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州北東に位置する都市。シュレースヴィヒ=フレンスブルク郡の郡庁所在地。人口は約27,000人、主要産業は革と食品加工。都市の名前はバルト海の端にある入り江シュライと、昔のヴァイキング言語及び現代のデンマーク語で 湾を意味する"vik" もしくは "vig"に由来する。シュレースヴィヒは「シュライの湾」という意味である。

地理[編集]

この都市はシュライFördeの西の終わりに位置し、アンゲルンシュヴァンゼンの2つの半島に分かれている。Geestの国に続くシュレースヴィヒ=ホルシュタイン高地地方の西端にある。市街地は海抜0m~20mに位置する。市内にはブラウト湖がある。

近隣の主要都市はフレンスブルクフースムキールアウトバーン 7が都市のすぐ西側を走っている。連邦道路 76連邦道路 77はシュレースヴィヒが終点、連邦道路 201が街の北を走っている。シュレースヴィヒ駅はノイミュンスター-フレンスブルク線フースム-キール線インターシティICEが停車する。

気候[編集]

気候は湿度が高く海洋性気候である。年平均気温は8℃で、年平均降水量は925mmとなる。

シュレースヴィヒの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C°F 2
(36)
3
(37)
6
(43)
10
(50)
16
(61)
19
(66)
20
(68)
20
(68)
17
(63)
13
(55)
7
(45)
4
(39)
11.4
(52.6)
日平均気温 °C°F 0
(32)
1
(34)
3
(37)
6
(43)
11
(52)
15
(59)
16
(61)
16
(61)
13
(55)
9
(48)
5
(41)
2
(36)
8.1
(46.6)
平均最低気温 °C°F −1
(30)
−1
(30)
0
(32)
3
(37)
7
(45)
10
(50)
12
(54)
12
(54)
10
(50)
7
(45)
3
(37)
0
(32)
5.2
(41.3)
降水量 mm (inch) 79
(3.11)
50
(1.97)
61
(2.4)
55
(2.17)
61
(2.4)
71
(2.8)
92
(3.62)
87
(3.43)
86
(3.39)
90
(3.54)
105
(4.13)
88
(3.46)
925
(36.42)
平均降水日数 13 10 12 10 9 10 12 11 11 12 15 13 138
平均月間日照時間 42 67 103 168 226 231 213 215 145 98 51 40 1,599
出典:The Weather Network [2]

歴史[編集]

1600年 シュレースヴィヒ

ヘーゼビューヴァイキングは804年に初めて現在の街の南方に移住したと言われている。バルト海地域の中でも勢力が強く200年以上もこの地域を支配していた。種々の破壊ののち、1050年に人々はシュライの対岸に街を移し、シュレースヴィヒの街となった。1066年になるとヘーゼビューもついに破壊され、シュレースヴィヒはデンマーク王国の一部として残ることになった。[要出典]

1544年にゴットルプ城が地方領主の邸宅となった。ゴットルプの公爵はデンマーク王の家臣で、現在のシュレースヴィヒ=ホルシュタインよりも広い土地を支配していた。1721年に、大北方戦争が終わるとゴットルプの公爵は力を失い、土地はデンマーク王の王料地となった。第二次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争(1864年)の後、シュレースヴィヒはプロイセン王国に併合された。

名所[編集]

ノイヴェルク庭園(Neuwerk-Garten)と地球儀の家(Globushaus)、後方にゴットルプ城

著名な出身者[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  • Municipal website (ドイツ語)
  • Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Schleswig" . Encyclopædia Britannica (英語) (11th ed.). Cambridge University Press.
  • public domain Reynolds, Francis J., ed. (1921). "Schleswig (seaport)" . Collier's New Encyclopedia (英語). New York: P. F. Collier & Son Company.