ロシア対外情報庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロシア対外情報庁
Служба внешней разведки
Служба Внешней Разведки
SVR Emblem.svg
Emblem of the Foreign Intelligence Service of Russia.svg
公式の紋章
組織の概要
設立年月日1991年12月
継承前組織
管轄ロシア連邦大統領
本部所在地ロシアの旗 ロシア連邦 モスクワ ヤセネヴォ
監督大臣
行政官
下位組織
  • 情報機関
ウェブサイトsvr.gov.ru

ロシア対外情報庁[1](ロシアたいがいじょうほうちょう、ロシア語: Служба внешней разведки(略称:СВР)、英語: Service of the External Reconnaissance of Russian Federationラテン文字転写Sluzhba vneshney razvedki Rossiyskoy Federatsii、略称:SVR)は、ロシア連邦情報機関ソ連時代のKGBで対外諜報を担当していた第一総局の後継機関である。本部はモスクワ南部のヤセネヴォに位置する。CIS加盟諸国とは相互に諜報活動を行わない協定を締結しているため、CIS加盟諸国における諜報活動には、連邦保安庁 (FSB) が従事している。

歴史[編集]

チェーカー外国課から数えて85周年を記念して作製されたバッジ

1991年12月4日にKGBの分割に関する法律が採択され、KGBの第一総局はソ連中央情報庁として独立した。1991年12月18日の大統領令により、ソ連中央情報庁に基づいて対外情報庁が設立された。

歴代長官[編集]

組織[編集]

中央機構

  • 非合法諜報局
公式の組織図に記載は無いが、SVRの公式サイトが2017年6月28日を局の95周年を祝うメッセージを掲載。その後、SVR広報部門も朝日新聞からの問い合わせに存在を認めている[2]
  • 分析・情報局
  • 対外防諜局
  • 経済情報部
  • 科学技術情報局
  • 作戦技術局
  • 情報学局
  • 作戦課(複数)
  • 運用・保障部署(複数)

世界各国のロシア大使館に支局が存在する。教育施設としては対外情報アカデミーが存在する。

脚注[編集]

  1. ^ 直訳では対外偵察局である。
  2. ^ 武器は情報、プーチン流外交/駒木明義朝日新聞』朝刊2017年8月21日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯55度35分5.9秒 東経37度31分4.65秒 / 北緯55.584972度 東経37.5179583度 / 55.584972; 37.5179583