扇動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三島事件において、自衛官らの扇動を試みる三島由紀夫。彼の試みは失敗した。

扇動(せんどう)とは、大衆の前で演説などをすることによって、人々の感情を高ぶらせ、意見を変更させたり、特定の行動を起こすように誘導することをいう[1]煽動せんどうとも表記される。英語アジテーションagitation)を略して『アジ』と言うこともある。視覚よりも聴覚を利用する方が効果的であるとされ[1]マスメディアを利用して動画や音声を放送する手法が用いられる。似たような概念としては、教育及び宣伝が挙げられる[1]

海外における扇動[編集]

国によっては扇動を行うことそのものが犯罪行為に該当する場合があり、ドイツには民衆扇動罪という罪が存在する。歴史上では、極めて大きな異質な団体などが出現したのは、一人の特質なカリスマ性を持った指導者が大衆を扇動したことが最大の原因であったという例がしばしば存在する。

また、ロシアの革命家ウラジーミル・レーニンが著した「宣伝・扇動」という名前の書物がある(日本版は国民文庫刊)。これだけでなく、社会主義国ソ連北朝鮮など)の指導政党には「宣伝扇動局」という部門がある。

日本[編集]

日本では煽動について「他人に犯罪その他の違法行為をなさしめるよう刺激を与える行為」と定義され、煽動罪として以下のものが規定されている。

教唆犯に類似するが、被煽動者が決意を有するに至ったことを必要とせず、煽動行為があればただちに処罰可能な独立共犯である点で異なる。そのため、日本国憲法第21条に規定された表現の自由と衝突する可能性もある。煽動罪に関する判例としては食糧緊急措置令違反事件や破防法事件がある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c 小項目事典,デジタル大辞泉,百科事典マイペディア,日本大百科全書(ニッポニカ), ブリタニカ国際大百科事典. “扇動とは” (日本語). コトバンク. 2021年2月17日閲覧。

関連項目[編集]