言葉狩り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

言葉狩り(ことばがり)とは不当な要求をして特定の言葉を遣わせないようにする事。筒井康隆の作品「無人警察」を巡って1993年に起きた一連の事件の中で扱われ世間に浸透した[1]

概要[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 吉村和真, 田中聡, 表智之共著、「差別と向き合うマンガたち」、臨川書店、2007.7 ISBN 978-4-653-04013-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]