ポリティカル・コレクトネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ポリティカル・コレクトネス: political correctness、略称:PC)とは、政治的・社会的に公正・公平・中立的で、なおかつ差別偏見が含まれていない言葉や用語のことで、職業性別文化人種民族宗教ハンディキャップ年齢婚姻状況などに基づく差別・偏見を防ぐ目的の表現を指す。

1980年代多民族国家アメリカ合衆国で始まった、「用語における差別・偏見を取り除くために、政治的な観点から見て正しい用語を使う」という意味で使われる言い回しである。「偏った用語を追放し、中立的な表現を使用しよう」という運動だけでなく、差別是正に関する活動全体を指すこともある。

この運動は日本語など英語以外の言語にも持ち込まれ、いくつかの用語が置き換えられ、言い換えられたが、しばしば伝統的な文化や概念と対立する。

この運動を皮肉った「政治的に正しいおとぎ話」(en:Politically Correct Bedtime Stories)シリーズの書籍も存在する。

概要[編集]

この立場では、職業性別文化人種民族宗教障害年齢婚姻状況などによる社会的な差別偏見が含まれていない、公正・公平な表現・用語を使うよう推奨している。適切な表現が存在しない場合は、新語が造られることもある。

英語敬称においては、男性を指す「Mr.ミスター」が未婚・既婚を問わないのに対し、女性の場合は「Missミス」(未婚)、「Mrs.ミセス」(既婚)と区別されるが、それを女性差別だとする観点から、未婚・既婚を問わない「Ms.ミズ」という表現に置き換えられるようになった。この語は、「mister」の女性形で、未婚・既婚を問わない語として17世紀頃に使用されていたが、その後、「Miss」「Mrs.」に置き換えられていた。それがポリティカル・コレクトネスによって復活したことになる。

人種・民族においては、黒人を指す「Blackブラック」がアフリカ系アメリカ人を意味する「African Americanアフリカン・アメリカン」に置き換えられた。しかし、両者は厳密には同一ではない(肌が黒いからアフリカ系だとは限らず、アフリカ出身だから黒人だとも限らない)。また、「アフリカ系アメリカ人」という表現は、アメリカでの歴史が長い家系(奴隷の子孫で、英語を母語とする者)とそうでない近年の移民(英語を母語としない者)を同じ枠で括ってしまうことになるため、特に前者の中にはそう呼ばれるのを嫌がる者もいる。

一方、本来はインド人を意味する「Indianインディアン」がアメリカ州の先住民族を指すことが多かったため、カナダでは「First Nationファースト・ネーション」、米国では「Native Americanネイティブ・アメリカン」という表現に置き換えられた。

職業名に(伝統的に男性であることを示唆する)「~man」がつくものは女性差別的であり、ポリティカル・コレクトネスに反するとして、「~person」などに変更されているものがある。以下のようにすでに定着している表現も多くなってきた。

職業 伝統的な表現 ポリティカル・コレクトな表現
議長 chairman chairperson または chair
警察官 policeman police officer
消防官 fireman fire fighter
実業家 businessman businessperson
要の人物 key man key person

専業主婦や家政婦など、女性であることが当然と決め付けるような表現も問題となる。固有名詞であるウルトラマンスーパーマンは言い換えない。

また、身体的特徴を持つ人を述べる際には、その特徴に直接言及することは避けて婉曲表現を用いる。例えば、「精神障害のある」を意味する「mentally challenged」という表現、「耳の不自由な」を意味する「hearing-impaired」という表現。

特定の用語の使用だけでなく、言葉の表現の仕方だけで問題になる場合もある。例えば、アメリカの大統領候補であったロス・ペローは、ある公開質問の場において、黒人の観衆からの質問に対して「あんたたち」(: You People)という表現を多用した。これが黒人をよそ者扱いしているとして批判された。

さらに、特に北米などで多様な宗教に配慮をしようという動きも含まれる。例えばクリスマスキリスト教の行事であるため、公的な場所・機関、大手企業では他の宗教のことも考慮して「メリー・クリスマス」と言わずに、「ハッピー・ホリデーズ」(他の宗教の人たちも年末年始は休日になるので)と言い換えたほうがよいとされる。クリスマスカードも「Season's Greeting(季節のご挨拶)」に書き換えられているものが多い。2004年の年末の記者会見では、ブッシュアメリカ合衆国大統領も「メリー・クリスマス」ではなく、「ハッピー・ホリデーズ」と述べた。また、イタリアでは小学校の年末の演劇会において、例年恒例であったキリストの降誕劇を止めて、『赤ずきん』に変えるというところも現れた。しかし、これらに対しては伝統や文化の否定であるという意見もあり、論争となっている。

日本における言葉狩りの批判と同じように、表層を変えるだけで何の本質的な意義がないとの批判も存在する。1993年には「ポリティカリー・コレクトという概念を盲目的に信仰する」姿勢を皮肉り、敢えて自分の意見を主張するという趣旨のトーク番組(en:Politically Incorrect)の放送が始まった(ビル・マーも参照)。

一部の言語では、元来女性がその職務に就くことが想定されていなかったため、単純に女性形にすると「(職業名)の妻」などの意味になってしまうなど、適切な女性形がない場合もある。

言語 言葉
ドイツ語
  • Zimmermann(大工)
オランダ語
  • timmerman(大工)
  • koopman(商人)
スウェーデン語
  • timmerman(大工)
  • köpman(商人)
  • fackman(専門家)

また、名詞によって動詞形容詞の活用が左右されるため、男性形と女性形を分けるのが基本であるフランス語のように、このような言い換えが馴染まない言語も少なくない。

日本における実例[編集]

日本においても、ポリティカル・コレクトネスの考え方により、用語が言い換えられた事例がある。

一般用語[編集]

従来の用語 中立の用語 備考
看護婦
看護士
看護師 2002年、保健師助産師看護師法改正
障害者 障がい者
障碍者
「害」の字に不満がある人の感じる悪い印象を回避するため。2001年に東京都多摩市が最初に採用。
中国語では「残疾人」「智障者」であり障碍人ではない。害する(妨害する)と動詞の時のみ妨碍と言う。足手まとい、物事の進行がスムーズに行かなくなるような、物事の進行を後ろからひっぱるみたいな[害する]だけ中国語で碍を使い、危害などはそのまま危害で日本と同じ漢字の害を使う。

高等教育をエリートのみが受けていたなど戦前は多くの難しい漢字を彼らは習得して使っていたので「障碍者」であった。しかし大衆への教育が一般化した戦後にそ子供の必修漢字を定めるために作られた常用漢字には指定予定は無い。 平均的な生徒の漢字習得率がインターネットや携帯電話変換機能で上下してる現在には他にも必要な指定すべき漢字膨大にあり、漢字汎用性の無さ、増加する常用漢字による習得負担増加もあるからである。[要出典]

助産婦 助産師 2002年、保健師助産師看護師法改正。ただし現行では資格付与対象は女性限定である(同法3条)
保健婦 保健師 2002年、保健師助産師看護師法改正
保母 保育士 1999年、児童福祉法改正
スチュワーデス
スチュワード
客室乗務員
フライトアテンダント
キャビンアテンダント(CA)
1996年に日本航空が従来の呼称を廃止。他社も追随した
土人 先住民 1997年、北海道旧土人保護法廃止
トルコ風呂 ソープランド 1984年に改称
肌色 ペールオレンジ
うすだいだい
人種により肌の色は異なることから

学校などで名前を呼ぶときの敬称に、男子に「君」、女子に「さん」を用いていたのを、男女とも「さん」で呼んでいることが一部の学校で行われている。

医学用語[編集]

従来の用語 中立の用語 備考
痴呆症 認知症 2004年、厚生労働省による改名
精神分裂病 統合失調症 2002年、日本精神神経学会による改名
らい病
癩病
ハンセン病 1996年、らい予防法廃止

認知症、統合失調症などにおける当事者や家族の心理を慮ったものである[要出典]

生物名[編集]

従来の用語 言い換え語 備考
アシナシゲンゲ ヤワラゲンゲ 2007年、日本魚類学会による改名
イザリウオ カエルアンコウ 2007年、日本魚類学会による改名
オシザメ チヒロザメ 2007年、日本魚類学会による改名
セムシウナギ ヤバネウナギ 2007年、日本魚類学会による改名
バカジャコ リュウキュウキビナゴ 2007年、日本魚類学会による改名
ミツクチゲンゲ ウサゲンゲ 2007年、日本魚類学会による改名
メクラウナギ ヌタウナギ 2007年、日本魚類学会による改名

参考文献[編集]

関連項目[編集]