愛国無罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

愛国無罪(あいこくむざい、: 爱国无罪)とは、「国を愛することから行われる蛮行に罪はない」を意味する中国語言葉。主として中国における反政府運動の際に用いられてきた言葉だが、2005年4月中華人民共和国で起きた反日デモで大々的に掲げられて、日本で注目された。

起源[編集]

もともとは救国入獄運動(中華民国当時の1936年5月、宋慶齢らにより結成された全国各界救国联合会の幹部が、国民党に逮捕された事件)の際に用いられたスローガン「愛国無罪、救国入獄」が発祥とされる。五四運動天安門事件などでこの言葉が使われたとされている。

反日における愛国無罪[編集]

2005年の中国における反日活動では「抗日有理、愛国無罪」とのスローガンが掲げられた。天安門事件以降反日教育が強化され、現在ではもっぱら反日デモにだけ通用するスローガンとも言われているが、一方で本質は反政府運動であると指摘する声も強い。また、文化大革命時のスローガン「造反有理革命無罪」との関連もあげられる。

2012年の中国における反日活動野田佳彦内閣尖閣諸島国有化決定を受けて激化したが、この際も一部暴徒により日系企業の工場や店舗に対する放火や略奪、邦人襲撃や大使車国旗の強奪が起き、中国ネットユーザーは愛国無罪を主張して暴徒化した中国人を称賛した。

このような中国国内の反日デモでの犯罪行為については「愛国無罪」の世論を無視できない中国政府のジレンマもあるとされる。

反日無罪[編集]

上記の概念から派生して、中国や韓国などで日本国、日本人、日本の組織に対して利益を害する行為を行った者が罪に問われない(あるいはごく軽い刑に処される程度)ことを指して「反日無罪」と呼ぶマスメディアもある[1][2]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 坂野良吉 「反日デモと「愛国無罪」によせて--歴史と現在・将来」、『季刊中国』 (日本中国友好協会)第82号27-36頁、2005年 
  • 福田和也 「福田和也の闘う時評 拡大版(148)エセ市場主義が招いた「愛国無罪」」、『週刊新潮』 (新潮社)第17号150-153頁、2005年 
  • 「総力特集 もう我慢の限界だ! 中国・韓国 反日暴動「愛国無罪」の大罪」、『週刊文春』 (文芸春秋)第17号26-40頁、2005年 

関連項目[編集]