ヒューミント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヒューミント: HUMINT、Human intelligence)とは、人間を媒介とした諜報活動のこと。合法活動や捕虜の尋問等も含み、スパイ活動のみを指すわけではない。外交官駐在武官による活動をリーガル(Legal―合法)、身分を偽るなど違法な手段で不法に入国しての活動をイリーガル(Illegal―非合法)と呼ぶ。

ヒューミントの手段[編集]

  • 聴取(Debriefings):友軍、民間人への質問
  • 選別(Screening):人的情報源、メディアからの情報の評価、選別
  • 連絡(Liaison):友軍、民間組織との連絡
  • HUMINT接触作戦(HUMINT Contact Operations):いわゆるスパイ活動
  • 文書開拓(Document Exploitation:DOCEX):全メディアからの情報の抽出
  • 尋問(Interrogation):捕虜等の尋問
  • ハニートラップ(Honey trap) :男女の性的関係を利用した、いわゆる「色仕掛け」。なお「Honey-trap」という言葉はイギリスの小説家、ジョン・ル・カレの造語である[1]

ヒューミントを行う機関[編集]

脚注[編集]

  1. ^ How authors from Dickens to Dr Seuss invented the words we use every day”. The Guardian. The Guardian (2014年6月17日). 2018年9月27日閲覧。

関連項目[編集]