情報機関

拡張半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アメリカのNSA本部

情報機関(じょうほうきかん、: intelligence services: Espionage agencies)とは、国家安全保障上の観点から情報収集・分析し、政府首脳に報告する政府機関である[1]諜報機関と同義[2]

概要

情報収集の一環として諜報活動を行うが、国によってその任務や組織はさまざまである。国家安全保障において諜報・諜報活動の優劣は非常に重大な要素である。特に敵対国の情報収集・分析は極めて難しく、高度な諜報・諜報活動が必要となる。

情報機関は諜報・諜報活動により収集した情報を分析して、政府首脳外務省国防省などに報告を上げる。さらに情報操作秘密作戦などを行う場合もある。敵対国や国際テロ組織などによる諜報・諜報活動を阻止するため、情報収集活動を仕掛けてくる組織や要員に対し、警察による逮捕国外退去処分などで活動そのものを無力化する防諜も行う[3]

情報機関を機能別に分類すれば、外国の政治軍事外交経済などに関する情報を収集する対外情報機関と、敵の諜報活動の探知、自国内で起こる容疑事件の処理など、機密保護国家体制に対する破壊工作の摘発などを担当する防諜機関に大別される[4]。対外情報収集は、大統領もしくは首相直属の中央情報機関、国防省・軍・外務省などがおもに担当している。防諜は軍の防諜部隊のほか、多くの国が国内防諜の専門組織をもっている[5]

日本の情報機関は、事務の内閣官房副長官が主催する合同情報会議に集約される。構成員は内閣情報官のほか、内閣危機管理監公安調査庁次長防衛省防衛政策局長外務省国際情報統括官警察庁警備局長情報コミュニティを構成している。中でも警察庁警備局を司令塔とする公安警察が日本の情報機関の中核を担い、内閣情報官も警察官僚の指定席である[6]。日本の情報機関は過小評価される傾向にあるが、日露戦争時の明石元二郎太平洋戦争時の陸軍中野学校陸軍参謀本部第二部第八課陸軍登戸研究所などは当時の国際水準で第一級の能力を持っていた。第二次世界大戦後も外務省は任国の中枢に複数の外交官を食い込ませることで機微に触れる情報を入手している。また、警察庁のカウンターインテリジェンスは世界最高水準にあり、サイバー・インテリジェンスにおいても自衛隊は高い能力を持っている[7]

各国の主な情報機関

日本

韓国

イスラエル

イギリス

フランス

ドイツ

ロシア

アメリカ

情報収集の手段

  • ヒューミント(HUMINT:Human―):人間による情報収集。協力者獲得工作を含む。一般に、協力者は、浸透される組織(国家)からはスパイと呼ばれるが、浸透する側からはエージェントと呼ばれる。
  • フォトミント:写真撮影による情報収集。
  • イミント(IMINT:Imagery―):偵察衛星偵察機による写真偵察。イマジント(IMAGINT)とも。
  • シギント(SIGINT:Signals―):電波や電子信号を傍受する事による情報収集
    • コミント(COMINT:Communication―):通信傍受暗号解読、交信(トラフィック)解析。
    • エリント(ELINT:Electronic―):非通信用(レーダー等)の電磁放射からの情報収集
    • アシント(ACINT:Acoustic―):SOSUSなどからの水中音響情報などによる潜水艦艦船および水中武器の音響情報収集
    • フィシント(FISINT:Foreign instrumentation signals―):テレメトリービーコン信号等からの情報収集
  • マジント(MASINT:Measurement and Signatures―):対象の特徴を決定付ける情報。IMINTやSIGINTの処理を含む。
    • ラディント(RADINT:Rader―):レーダー信号の傍受
    • 周波数情報(Frequency―):核爆発や、エンジンの周波数から得られる情報の収集
    • E-O情報(E-O―):紫外線可視光線赤外線から得られる情報の収集
    • 地球物理学情報(Geophysical―):地震、大気の振動、磁場の変化等から得られる情報の収集
    • ヌシント(NUCINT:Nuclear―):放射線から得られる情報の収集(異常増加で原子力施設の事故や核実験などが探知出来る)
    • 物質情報(Materials―):化学物質の分析から得られる情報の収集
  • テキント(TECHINT:Technical―):技術的な情報収集を総称してテキントという。テクニカル・インテリジェンスと略さない場合は、特に、外国軍の装備等を入手して調査することから得られる情報の収集のことを指す。
  • オープン・ソース・インテリジェンス(オシント、OSINT:Open sourse-):一般的なメディアが公開している出版物や活字情報、放送内容の分析
  • コリント(COLLINT:Collective―):利害関係を同じくするインテリジェンス機関が相互に協力すること[9]
  • 防諜(CI:Counterintelligence):外国の諜報活動への対抗策。外国の諜報機関への情報収集

脚注

参考文献

  • Brian Freemantle(著)、新庄哲夫(訳)、『KGB』、新潮社、1983年、ISBN 4106002469
  • Dennis Eisenberg(著)、佐藤紀久夫(訳)、『ザ・モサド 世界最強の秘密情報機関』、時事通信社、1993年、ISBN 4788780208
  • 落合浩太郎編著、『インテリジェンスなき国家は滅ぶ 世界の情報コミュニティ』、亜紀書房、2011年、ISBN 4750511269

関連項目

外部リンク