ロシア内務省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロシアの旗 ロシアの行政官庁
ロシア連邦内務省
Министерство внутренних дел Российской Федерации
Emblem of the Ministry of Internal Affairs.svg
Flag of MVD of Russia.png
ロシア内務省紋章(上)ロシア内務省旗(下)
役職
内務大臣 ウラジーミル・コロコリツェフ
概要
所在地 モスクワ ジトナヤ通り 16
北緯55度43分51秒
東経37度36分50秒
座標: 北緯55度43分51秒 東経37度36分50秒
設置 1991年
前身 ソビエト連邦内務省
ウェブサイト
http://www.mvd.ru/
テンプレートを表示

ロシア内務省(ロシアないむしょう、ロシア語: Министерство внутренних дел、略称:МВД、ラテン文字での略称はMVD)は、ロシア連邦の内政を管掌しロシアの警察機関を持つ。2016年以前は、分離独立運動対策のための軍事組織ロシア国内軍を有していたが、現在は国家親衛隊ロシア語版として独立している。

歴史[編集]

独立国家共同体(CIS)成立に先立ち、1991年12月19日、ボリス・エリツィンは、内務機関と国家保安機関を統合するロシア・ソビエト連邦社会主義共和国保安・内務省ロシア語: Министерство безопасности и внутренних дел РСФСР)の設立を命令した。12月25日、独立国家共同体(CIS)が正式に成立し、ソ連内務省の機能・機関が正式に移管されたが、1992年1月、最高裁判所の決定により保安・内務省は廃止され、内務省と保安省に分離された。

1992年2月、組織犯罪総局及び経済犯罪総局を設置。3月、捜査活動法が採択され、ロシアの捜査活動は内務省の内規ではなく、法律により初めて規制されることとなった。

2016年4月、国内軍をはじめとした武装組織が独立し、国家親衛隊とされた。これにより内務省は純粋な警察組織とされた[1]。同時に移民庁と麻薬流通監督庁は内務省の一部とされ[2]、それぞれ移民総局と麻薬統制総局となった。

機構[編集]

  • 取調委員会
  • 行政部
  • 国有財産保護部
  • 人事保障部
  • 道路交通安全部
  • 閉鎖領域・体制施設法秩序保障部
  • 輸送機関法秩序保障部
  • 公共秩序警備部
  • 組織犯罪・テロ対策部
  • 内査部
  • 後方部
  • 刑事捜索部
  • 経済保安部
  • 組織監察部
  • 法務部
  • 財政・経済部
  • 情報分析総合センター
  • 刑事鑑識センター
  • 国家施設「ロシアMVD全ロシア科学研究所」

国家親衛隊に移された機構[編集]

国内軍系[編集]

  • 国内軍
    • オドン、独立作戦任務師団(旧ジェルジンスキー師団) - Отдельная дивизия оперативного назначения : ОДОН
    • 航空隊

公共秩序警備部系[編集]

  • オモン、特別任務機動隊(ロシア版SWAT) - отряд мобильный особого назначения : ОМОН

組織犯罪・テロ対策部系[編集]

  • 緊急対応特殊課(組織犯罪対策) - специальный отдел быстрого реагирования : СОБР

歴代内務大臣[編集]

任期 大臣 備考
1992年 - 1995年 ヴィクトル・エリン 上級大将、内務省出身
1995年 - 1998年 アナトリー・クリコフ 上級大将、軍出身。副首相、ロシア連邦議会下院国家会議議員(安全保障委員会所属)
1999年 セルゲイ・ステパーシン ロシア連邦保安庁長官、法務大臣、首相、内務省出身
1999年 - 2001年 ウラジーミル・ルシャイロ ロシア安全保障会議書記、CIS執行書記、内務省出身
2001年 - 2003年 ボリス・グルイズロフ ロシア連邦議会下院国家会議議長、統一ロシア党首
2004年 - 2012年 ラシド・ヌルガリエフ 上級大将。KGB出身
2012年 - ウラジーミル・コロコリツェフ 上級大将。内務省出身

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]