若杉要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

若杉 要(わかすぎ かなめ、1883年明治16年)7月9日[1] - 1943年昭和18年)12月9日[1])は、日本外交官。駐アメリカ合衆国公使

経歴[編集]

熊本県出身。1906年(明治39年)、東亜同文書院を卒業し、外務書記生試験に合格した。1911年(明治44年)、オレゴン州立大学を卒業し、さらに1914年大正3年)にはニューヨーク大学を卒業した。1917年(大正6年)、外交官及領事官試験に合格し領事官補となった。イギリス大使館三等書記官、ロサンゼルス領事外務書記官第二課長、同第一課長、イギリス大使館二等書記官、同一等書記官、サンフランシスコ総領事、中華民国公使館一等書記官、同大使館参事官上海総領事を歴任。1936年(昭和11年)、ニューヨーク総領事に任命され、1940年(昭和15年)に退官した。

1941年(昭和16年)、特命全権公使としてアメリカ合衆国に派遣され、日米交渉にあたった。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年。
  2. ^ 人事興信所『人事興信録 第14版(下)』、1943年

参考文献[編集]

  • 日本官界情報社編 『日本官界名鑑 昭和十七年版』 日本官界情報社、1942年