暴支膺懲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

暴支膺懲(ぼうしようちょう)とは支那事変日中戦争。対米英開戦以降は大東亜戦争に含まれる)における大日本帝国陸軍のスローガンで、第二次世界大戦の直前から終結までの、代表的な反中キャッチフレーズである。但し、当時の中国は共産党政府(=中華人民共和国)ではなく国民党政府(=中華民国)である。

ことばの意味は「暴戻(ぼうれい)支那(しな)ヲ膺懲(ようちょう)ス」の短縮形で、「横暴(=暴戻)な中国(=支那)を懲らしめよ」を意味するキャッチフレーズである。

概要[編集]

大本営が国民の戦闘精神を鼓舞するために利用したスローガンでもある。

1937年昭和12年)7月の盧溝橋事件7月7日)および通州事件7月29日)を発端にして頻用されるようになり、「暴支膺懲国民大会」が数多く開催された。同年7月21日には日本革新党日比谷公会堂で開催した[1]ほか、9月2日東京府東京市(当時)の芝公園で開催された対支同志会主催・貴族院及び在郷軍人会、政財界後援による暴支膺懲国民大会では「共匪追討」(=共産主義の悪党を追い討て)や「抗日絶滅」がキャッチフレーズとなっており、政財界や言論界の人物が登壇したという[2]。こうして盛り上がった反中感情は、日本国内で諜報活動間接侵略をおこなうソ連ゾルゲ諜報団尾崎秀実の工作によって扇動・利用され、泥沼の日中戦争を経て太平洋戦争に繋がっていった。

対米英開戦後(太平洋戦争中)は「鬼畜米英」が前置されるようになり、合わせて「鬼畜米英、暴支膺懲」となった。

国共内戦後[編集]

第二次世界大戦後の国共内戦の結果として中国共産党が中国を制し、現在に至っている。従って、第二次大戦後は「暴支膺懲」の語が「反中共」運動のキャッチフレーズとしても用いられている[3][4]

文献情報[編集]

出典[編集]

  1. ^ 東京朝日新聞』 1937年7月22日朝刊
  2. ^ 『東京朝日新聞』 1937年9月3日朝刊
  3. ^ 手錠の画に「暴支膺懲」が描かれたTシャツClub T
  4. ^ 2019年9月29日東京大会のお知らせ 反中共デー東京大会共闘委員会

関連項目[編集]