鬼畜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鬼畜(きちく)とは、人を人とも思わないような残酷な行為、また性的行為を含む非道な行為をする人間を指して言う。

概要[編集]

もとは仏教の概念である六道のうち、餓鬼畜生の二道をあわせた「餓鬼畜生」の略語である。

この二道には、俗神や自然神、そして鬼神(きじん)なども配せられたが、鬼神は悪鬼としての意味も含まれるようになった。そうしたところから、鬼・畜生(おに・ちくしょう)の略語として考えられるようになった。

またこれが転用されて、今日使われる一般的な用語として、残虐非道な行為をする人に対して「鬼畜」と呼ばれるようになった。この残虐非道な行為としての鬼畜という概念を一般に定着させた代表的な存在としてマルキ・ド・サドの一連の作品、特に「ソドム120日」が挙げられる。殺人強姦屍姦カニバリズムなどの反社会的・反倫理的行為がこれに相当する。

性格類型の一つとして、嫌がらせなどといった精神的にも悪影響を及ぼす陰惨な行為や、徹底的な屈辱を与える行為(奴隷として利用など)を平気でする人を「鬼畜」と呼ぶことがある。(前述では精神的な意味合いが多いが、肉体的な苦痛、つまり拷問などを行う場合も使われる。)「極悪人」(「極悪非道」)の象徴として用いられることもある。

サブカルチャーに於ける鬼畜[編集]

成人向け漫画アダルトアニメなどのサブカルチャーにおいては、SMレイプスカトロジーなどの行為が「鬼畜系」(または「陵辱系」)と称されている。これは度が過ぎるサディストを指した用語でもある。

小説ピカレスク小説)・映画漫画アニメゲーム等のサブカルチャーにおいて、敵役悪役悪党の特徴として「鬼畜」と表すことが多い。その割には支持され、高い人気があるほどの反響を持ち、人間の本質をうかがわせる人材として扱われる事もある。

サブカルチャーに於いて「鬼畜」「鬼畜系」という言葉が普及した背景には、1990年代悪趣味ブームにおいて「日本の文化を下品のどん底に叩き堕とす」ために「鬼畜系」を標榜して『危ない1号』『危ない28号』『GON!』『imago』などで執筆活動を行っていた鬼畜系電波系ライター村崎百郎の存在がある。

蔑称[編集]

かつて大日本帝国太平洋戦争大東亜戦争)中に、アメリカイギリスを敵視し「鬼畜米英」、「鬼畜米帝」と呼び蔑視していた。きっかけは昭和19年米国の雑誌ライフが日本兵の骨を器やペーパーナイフとして使っているところを写真付きで載せ、それを知った日本人が鬼畜の所業であると怒り呼び始めたことから[1]。他、同時代において国際法違反であるにも関わらず、民間人を標的とした対日焦土化作戦(日本本土空襲)を推し進めたアメリカ陸軍航空軍第21爆撃集団司令官カーチス・ルメイは「鬼畜ルメイ」と蔑称で呼ばれた。

同名の作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 史記と日本人 平凡社

関連項目[編集]