鬼畜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鬼畜(きちく)とは、もとは仏教用語で、仏教の概念である六道のうち、餓鬼畜生の二道をあわせた「餓鬼畜生」の略語である。

上記の用語が転化を重ねて、人を人とも思わないような残酷な行為、また性的行為を含む非道な行為をする人間を指して言うようになった。

概要[編集]

上記の通り、鬼畜とは本来は餓鬼道と畜生道の二道を表す用語である。

この二道には、俗神や自然神、そして鬼神(きじん)なども配せられたが、鬼神は悪鬼としての意味も含まれるようになった。そうしたところから、鬼・畜生(おに・ちくしょう)の略語として考えられるようになった。またこれが転用されて、今日使われる一般的な用語として、残虐非道な行為をする人に対して「鬼畜」と呼ばれるようになった。

この残虐非道な行為としての鬼畜という概念を一般に定着させた代表的な存在としてマルキ・ド・サドの一連の作品、特に「ソドム120日」が挙げられる。殺人強姦屍姦カニバリズムなどの反社会的・反倫理的行為がこれに相当する。

性格類型の一つとして、嫌がらせなどといった精神的にも悪影響を及ぼす陰惨な行為や、徹底的な屈辱を与える行為(奴隷として利用など)を平気でする人を「鬼畜」と呼ぶことがある。「極悪人」(「極悪非道」)の象徴として用いられることもある。

サブカルチャーに於ける鬼畜[編集]

成人向け漫画アダルトアニメなどのサブカルチャーにおいて、SMレイプスカトロジーなどの行為が「鬼畜系」(または「陵辱系」)と称されている。これは、度が過ぎるサディストを指した用語でもある。

小説ピカレスク小説)・映画漫画アニメゲーム等のサブカルチャーにおいて、敵役悪役悪党の特徴として表すことが多い。その割には支持され、高い人気があるほどの反響を持ち、人間の本質をうかがわせる人材として扱われる事もある。

元祖鬼畜系漫画家として山野一は、主役となる人物を窮乏あるいは荒廃した生活環境に置き、社会生活で遭遇する様々な悲惨さや悪意を、滑稽さの混じった入念な表現で描き「鬼畜系」の作風を早くから確立している。山野の代表作である『四丁目の夕日』では工場労働者の悲惨な環境と人間の負の部分を嫌というほどに見せ付ける圧巻の描写から現在でもカルト的な人気を誇る。

また、成人向け漫画の世界で自分の世界を築き上げる作者も多く、もちろん、エロでなければ描けない世界というものもある。また一つにはエロが必須であることを除けば、それ以外の表現はむしろ一般の雑誌より制約の少ない舞台であり「鬼畜系」の作品発表の場となっている。なかでも早見純オイスタークジラックスなどは「鬼畜系」の極北に位置する最も過激な作風を持つ漫画家である。

その他[編集]

関連項目[編集]