村崎百郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
村崎 百郎
誕生 黒田 一郎
1961年
日本の旗 日本 北海道
死没 2010年7月23日
日本の旗 日本 東京都練馬区羽沢
職業 フリーライター
漫画原作者
編集者
小説家
翻訳家
言語 日本語
最終学歴 明治大学文学部
活動期間 1995年 - 2010年
ジャンル 鬼畜系
電波系
漫画原作
エッセイ
代表作 『鬼畜のススメ』
『電波系』
『社会派くんがゆく!』
『村崎百郎の本』
デビュー作 『ゲスメディアとゲス人間』
配偶者 森園みるく
公式サイト 村崎百郎WEBサイト
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

村崎 百郎(むらさき ひゃくろう、1961年 - 2010年7月23日)は、日本鬼畜系電波系ライター編集者翻訳家漫画原作者漫画家森園みるく

生まれつき「電波」を受信する特異体質であると自称し、狂気に満ちた特異なキャラクターと豊富な知識で書かれる秀逸かつ猟奇的な文章で「鬼畜系」の地位を築き「電波系」という言葉を定着させた。

概要[編集]

月刊漫画ガロ1993年10月号の特集「夜、因果者の夜」で特殊漫画家根本敬によるゴミ漁りのインタビューで「村崎百郎」としてメディアに初登場。その後、世紀末鬼畜ブーム・悪趣味ブームにおいて「すかしきった日本の文化を下品のどん底に叩き堕とす」ことを目的に1995年より「鬼畜系」を名乗り、この世の腐敗に加速をかけるべく「卑怯&卑劣」をモットーに日本一ゲスで下品なライター活動を始める[1]

ゴミ漁りのノウハウを詳細に解説した『鬼畜のススメ』(データハウス)や自身の電波体験を綴った『電波系』(太田出版)といった著書を世に送り出し、1990年代から2000年代にかけて活動した[2][3]

ペンネームの「村崎百郎」は本名の「黒田一郎」をもじったもので、「村崎」はキチガイ色の「」に由来し、「百郎」は本名の「一郎」から鬼畜度を百倍にして付けたという[4]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1961年北海道で生まれる。小学三年の時に過疎の田舎に転居するが、そこで陰湿ないじめを受ける[5]。村崎によれば小学五年の夏に海で溺れかけた際に宇宙の始まりを目撃し[5][6][7]、その神秘体験によって村崎は大きな解放感と充足感を得るが、同時に凶悪な「何か」が身体に侵入し[8]、鬼畜活動に邁進する使命を帯びたと述べている[6]。この体験以降、村崎はいじめっ子達への凄惨な復讐に明け暮れる荒廃した日々を送っていたとしている[5]

北海道倶知安高等学校卒業後、上京し明治大学文学部を卒業。製粉工場に勤務する傍ら、1987年より出版社のペヨトル工房に勤務する[2]。後に共同作業者となる根本敬青山正明とは、ペヨトル工房の雑誌銀星倶楽部16』(1992年8月発行)のクローネンバーグ特集で仕事を発注した縁から知り合う[9]。これについてペヨトル工房の同僚編集者であった木村重樹は「少なくともクローネンバーグ特集が企画されていなかったら『危ない1号』もあの顔ぶれで世に出ることはなかった」「鬼畜・悪趣味ブームの源泉のひとつは、まさにこの辺りに端を発していたのかもしれない」と回想している[10]

メディアデビュー[編集]

漫画雑誌『ガロ1993年10月号の特集「根本敬幻の名盤解放同盟/夜、因果者の夜」で根本敬によるインタビューで「村崎百郎」としてメディアに初登場。この際に工員と名乗り、工員風の似顔絵つきで紹介されている(ペヨトル工房勤務だから「工員」にしたとのこと)。続けて『宝島301994年8月号でも根本敬の連載「根本敬の人生解毒波止場」で33歳の工員としてゴミ漁りのインタビューが掲載された[11]

その後、世紀末に端を発した鬼畜ブーム・悪趣味ブームの中でライター活動を本格化させ[2]、ブームの到来を宣言した『ユリイカ1995年4月臨時増刊号「総特集=悪趣味大全」に「ゲスメディアとゲス人間/ワイドショーへの提言」と題した原稿を寄稿、これがライターデビューとなる[12]

この原稿の中で村崎は「電波」と自称する悪魔の声(あるいは他人の妄想悪意)が生まれつき常時聞こえてくるという「電波系」の特異体質であることを打ち明け、熟練した現在では「電波」に流されることなく感情をうまくコントロール出来ていると語っている。その後も精神病理専門誌imago』(青土社)に「電波」にまつわるエッセイを複数回執筆する。また幻想文学に傾倒していた村崎はアルトーバロウズについての電波評論を『ユリイカ』(青土社)に度々寄稿し、それらは後に『村崎百郎の本』(アスペクト)に再録された。

鬼畜ブーム到来[編集]

1995年より青山正明率いる東京公司編集の伝説的な鬼畜系ムック危ない1号』(データハウス)に参加し、ゴミ漁りルポ「ダスト・ハンティング=霊的ゴミ漁り」「勝手にゴミュニケーション」を寄稿、一躍同誌の看板作家となる。

1996年1月10日には新宿ロフトプラスワンで“20世紀末最悪のトークライブ”「鬼畜ナイト」を主宰する。このイベントは『危ない1号』第2巻「キ印良品」刊行記念、および東京公司新年会、並びに大麻取締法違反で昨年保釈されたばかりの青山正明を励ます会を兼ねたもので、村崎を中心に青山正明吉永嘉明柳下毅一郎根本敬佐川一政夏原武釣崎清隆宇川直宏石丸元章クーロン黒沢といった鬼畜系文化人が総決起し、伝説のトークセッションとなった。イベントの模様は同年8月に『鬼畜ナイト 新宿でいちばんイヤ~な夜』(データハウス)として書籍化され、7万部を売り上げるヒットを記録した[13]。同年9月には根本敬との共著で単行本『電波系』を太田出版より上梓する。

初の単独著作となる『鬼畜のススメ 世の中を下品のどん底に叩き堕とせ!! みんなで楽しいゴミ漁り』(データハウス)の著者略歴では、1961年シベリア生まれ。最終学歴は中卒。1980年に上京。1995年より「すかしきった日本の文化を下品のどん底に叩き堕とす」ために「鬼畜系」を名乗り、この世の腐敗に加速をかけるべく「卑怯&卑劣」をモットーに日本一ゲスで下品なライター活動をはじめるとしていた[1]。なお『鬼畜のススメ』は“鬼畜的生き方の入門書”として、ゴミ漁りのノウハウを詳細に解説している本であり、村崎がゴミ集積場から日々持ち帰った種々のゴミを通して人間の生活や精神構造、更には思想までをも事細かに分析する様子が綴られている。

危ない1号』の後継誌『危ない28号』(データハウス)では「世紀末鬼畜放談」と題したエッセイを連載したほか、ミリオン出版月刊誌GON!』に「汚物童子・村崎百郎の勝手に清掃局/隣の美女が出すゴミ」と題したゴミ漁りの連載を1995年10月号から1999年5月号まで行う。その後も同誌に「村崎百郎の魁!!鬼畜塾!」を1999年7月号から2001年5月号まで連載していた。

悪趣味ブームの他のライターは記事は鬼畜だが、ライター本人はまともというスタンスであったが、村崎は自身も異常であるというキャラクターに則りつつ、執筆活動を行っていたのが特徴であった[2]。公の場に登場する際や書籍などに写真が掲載される際には、常に頭部を全て覆う紫色の頭巾(片目の部分に穴が開いている)を被って素顔を隠していた[2]。自称していたプロフィールについても、真偽のほどや詳細は不詳となっていたが、2001年に出版社ペヨトル工房の回顧録『ペヨトル興亡史─ボクが出版をやめたわけ』に村崎百郎の名義で寄稿し、週1回のボランティアを経てペヨトル工房のアルバイトになり、さらに同社の社員になっていたことを自ら明かしていた[3]

妻の森園みるくは、村崎が原作を担当した漫画の共同執筆を行っていたほか、マネージメントや資料集め、食事などのサポートをしていた。生前の村崎は『危ない28号』の連載「世紀末鬼畜放談」において、森園とは同棲しており内縁の妻だとしていたが、「村崎百郎」のパブリックイメージに反するとして結婚していることは認めていなかった。2人が結婚したとする記事には抗議して、セックスだけの関係と訂正するように要求していた[2][14]

刺殺[編集]

2010年7月23日午後5時頃、読者を名乗る32歳の男性に東京都練馬区羽沢の自宅で48ヶ所を滅多刺しにされ殺害された[2][15]。自ら警察に通報して逮捕された容疑者は精神病により通院中で[16]精神鑑定の結果、統合失調症と診断され不起訴となった[17]

練馬警察署の調べによると、容疑者は根本敬を当初殺害する予定だったが、根本が不在であったため『電波系』(太田出版)の共同執筆者であった村崎の自宅に向かったという[18]。なお犯行時に妻の森園みるくは食事に出かけており、難を逃れている[6]

なお森園の証言によると、村崎は事件の一週間前から「俺はこの部屋でキチガイに包丁で殺される」と語るなど自身の死を予言しており[6][19]、それまで全く興味のなかった生命保険にも事件直前に加入していた[6]。村崎が死の直前まで使っていた仕事用のパソコンには「ミズの中からさざ波を立てて移動しながら浮かび上がる十字架イエス像」という文章が遺されていたという[20]

事件報道で、本名が「黒田一郎」であることや[15]、実際は北海道出身で、最終学歴は明治大学文学部卒業であり、ペヨトル工房に勤務していたことが公になった[2]。ちなみに『危ない1号』第2巻の著者紹介では、黒田一郎と村崎百郎の両名が別々に記載されており、この中で黒田は「61年、北海道生まれ、編集者兼ライター。芸術や文学の中の、極めて特殊な分野の編集を長年地道に行ってきた。性格は温厚で人当たりも良く『誠実編集』をモットーにコツコツとまじめに働くタイプ」と紹介されているのに対し、村崎は「61年、シベリア生まれ。工員ライター鬼畜系にして、数千チャンネルの電波を受信する電波系キ○ガイ」と紹介されていた。

没後[編集]

2014年4月よりデータハウス鵜野義嗣社長が運営している神奈川県伊東市の博物館『まぼろし博覧会』内に常設展示「村崎百郎館」が開設された。この施設では村崎が生前集めた数多くのゴミなどが展示されている[21]。また村崎が集めた膨大な蔵書類は森園によって一部が明治大学図書館に寄贈された[20]

村崎の死後、森園の周辺では不可解な心霊現象が度々起こり[20][22]、7回忌にあたる2016年7月23日には村崎が生前使っていたノートパソコンに村崎の目のような模様が浮かんでいたという[6][19][20]。森園はこの出来事を切っ掛けに事件前後の状況を漫画化した実録エッセイ漫画私の夫はある日突然殺された』を2017年に発表し、電子書籍配信サイト『めちゃコミック』『Renta!』より配信中である。

著書[編集]

  • 『鬼畜のススメ 世の中を下品のどん底に叩き堕とせ!! みんなで楽しいゴミ漁り』データハウス 1996.7

共著[編集]

  • 危ない1号東京公司 データハウス 1995-1997 ※村崎百郎と黒田一郎の両名義で編集に参加
  • ジ・オウム太田出版 1995.10 ※村崎百郎と黒田一郎の両名義で寄稿
  • 鬼畜ナイト』東京公司 データハウス 1996.8 ※企画および編集に参加
  • 電波系根本敬 太田出版 1996.9 ※電波系にまつわる体系的な考察を行った書
  • 『夜、因果者の夜』幻の名盤解放同盟 ペヨトル工房 1997 ※黒田一郎名義で編集に参加
  • 『電波兄弟の赤ちゃん泥棒』木村重樹 河出書房新社 1998
  • 危ない28号』データハウス 1998-1999
  • 『社会派くんがゆく!』唐沢俊一 アスペクト 2001
  • 『社会派くんがゆく! 激動編』唐沢俊一 アスペクト 2003
  • 『社会派くんがゆく! 死闘編』唐沢俊一 アスペクト 2004
  • 『社会派くんがゆく! 逆襲編』唐沢俊一 アスペクト 2005
  • 『社会派くんがゆく! 維新編』唐沢俊一 アスペクト 2006
  • 『社会派くんがゆく! 乱世編』唐沢俊一 アスペクト 2006
  • 『社会派くんがゆく! 復活編』唐沢俊一 アスペクト 2008
  • 『村崎百郎の本』アスペクト 2010 ※死後、京極夏彦根本敬などの関係者の証言や、本人が遺した文章などから綴った書

漫画原作[編集]

以下のすべて、森園みるく作画

  • 『悪魔の帰還 サターン・リターン』太田出版 1998.10
  • 『メランコリア』ソフトバンククリエイティブ 1999.3
  • 『鬼畜街エピソード1/ケツの戦慄』データハウス危ない28号』第5巻 1999.11 ※同誌廃刊のため未完、単行本未収録
  • 『フィータス 人間未満』筑摩書房 2000.7
  • 『鬼畜流ディープスロット』竹書房 2001.10
  • 『シンデレラ 世界一美しい残酷童話』双葉社 2002.11
  • 『黒衣のヴィーナス 森園みるくミステリー選集』双葉社 2003.5
  • 『氷の涯』双葉社 2003.10
  • 『まぼろしの街 廃墟をめぐる闇と恐怖』双葉社 2004.4
  • 『まんがグリム童話 クレオパトラ氷の微笑1』ぶんか社 2005.2
  • 『まんがグリム童話 クレオパトラ氷の微笑2』ぶんか社 2005.2
  • 『まんがグリム童話 クレオパトラ氷の微笑3』ぶんか社 2005.2
  • 『まんがグリム童話.クレオパトラ氷の微笑4』ぶんか社 2005.3
  • 『まんがグリム童話 クレオパトラ氷の微笑5』ぶんか社 2005.3
  • 『まんがグリム童話 エリザベート・バートリー女たちの悪夢』ぶんか社 2005.10
  • 『極妻母ちゃんドタバタ日記』ぶんか社 2006.7
  • 『極妻母ちゃんドタバタ日記2』ぶんか社 2007.3
  • 『実録!銀座ホステス物語 元銀座ホステスが大告白!』ぶんか社 2007.10
  • 『夜の果ての旅』マンガ図書館Z
  • 『ワイルドガーデン』マンガ図書館Z

関連人物[編集]

  • 根本敬 - 共著の書籍『電波系』がある。
  • 青山正明 - 村崎の造形デザインに協力している。
  • 京極夏彦 - 高校の後輩であり、雑誌の企画で対談も行った。
  • 唐沢俊一 - 『社会派くんがゆく!』という対談企画を10年近く行なっていた。
  • 宇川直宏 - 村崎とは90年代より交流があり『電波系』の表紙デザインも担当した。
  • 町山智浩 - DOMMUNEの追悼番組に出演した。
  • 今野裕一 - ペヨトル工房の主宰者で村崎の師匠筋にあたる。
  • 木村重樹 - ペヨトル工房の同僚編集者であり、共著の書籍『電波兄弟の赤ちゃん泥棒』がある。
  • 柳下毅一郎 - ペヨトル工房の「黒田一郎」と翻訳の仕事を通じて面識があった。
  • きめら - 村崎の唯一の弟子で「鬼畜娘」「鬼畜アイドル」を自称する。
  • 森園みるく - 村崎の妻であり、村崎は森園の漫画原作も担当していた。
  • 岡田斗司夫 - 東京大学教養学部の「オタク文化論ゼミ」に出演したことがあり、講義の内容が『東大オタク学講座』として書籍化されている[23]
  • 尾崎未央+多田遠志 - 1997年ミニコミ誌『解放治療』を主宰し、6万字に及ぶ最長インタビューを行う[24]。共著に『村崎百郎の本』がある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 村崎百郎『鬼畜のススメ 世の中を下品のどん底に叩き堕とせ!! みんなで楽しいゴミ漁り』データハウス1996年、著者略歴
  2. ^ a b c d e f g h 「包丁男に48ヶ所 滅多刺しにされた『鬼畜作家』村崎百郎」『週刊新潮』2010年8月5日号、pp.134-135
  3. ^ a b 村崎百郎「仰げば尊しペヨトル工房」『ペヨトル興亡史─ボクが出版をやめたわけ』冬弓舎2001年、pp.184-187
  4. ^ 村崎百郎が殺されてしまった…個人サイト 2010年07月27日付
  5. ^ a b c 青林堂月刊漫画ガロ』1993年10月号「夜、因果者の夜」
  6. ^ a b c d e f 「俺は精神異常者に刺し殺される/ライター村崎百郎刺殺事件」『実話ナックルズ』2017年6月号、pp.38-39
  7. ^ 根本敬+村崎百郎『電波系』太田出版、1996年、pp.110
  8. ^ 根本敬+村崎百郎『電波系』太田出版、1996年、pp.111
  9. ^ アスペクト編『村崎百郎の本』根本敬「村崎さんには“頑張れ”という言葉が相応しい、というか、これしかない」pp.315-343、2010年
  10. ^ アスペクト編『村崎百郎の本』木村重樹「電波兄弟“弟”からの『弔辞』」pp.92-100、2010年
  11. ^ 根本敬『人生解毒波止場』洋泉社1995年、pp.102-111
  12. ^ 村崎は生前デビュー媒体を『ユリイカ』の「悪趣味大全」と公言していたが、1994年10月に『銀星倶楽部19』でコラム記事を執筆している。
  13. ^ ロフトプラスワン・今は亡き伝説の一日店長たち/第1回 青山正明(編集者・『危ない1号』編集長)
  14. ^ 唐沢俊一の裏の目コラム 『ウワサの噂真』 『岡田斗司夫のおたくWeekly』98.3.10号
  15. ^ a b “作家村崎百郎さん刺され死亡=男逮捕、「実践本にだまされた」-警視庁”. 時事通信. (2010年7月23日). オリジナル2010年7月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100726155341/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100723-00000183-jij-soci 2010年7月24日閲覧。 
  16. ^ 著書で恨まれ?村崎百郎さん自宅で刺され死亡 読売新聞 2010年7月24日
  17. ^ 村崎百郎の本 唐沢俊一ホームページ内 2010年12月10日付
  18. ^ 町山智浩ホームページ内 2010年12月04日付/根本敬『人生解毒波止場』幻冬舎文庫2010年、pp.286-288
  19. ^ a b 村崎百郎は自分の死を予言していた! 妻・森園みるくが描く衝撃エッセイ『私の夫はある日突然殺された』”. 佐藤勇馬. メンズサイゾー (2017年4月6日). 2017年7月3日閲覧。
  20. ^ a b c d 【心霊写真多数】マンガ家・森園みるくが激白、“鬼畜ライター”村崎百郎刺殺事件の真実! 憑依、幽体離脱、魔術訓練… 死は予見されていた!?(インタビュー)”. 深月ユリア. TOCANA (2017年9月28日). 2017年9月29日閲覧。
  21. ^ 鬼畜ライター・村崎百郎の世界を、伊東の怪しい秘密基地「まぼろし博覧会」内に再現!”. ダ・ヴィンチニュース (2014年4月30日). 2017年7月3日閲覧。
  22. ^ 除霊師は見た! 殺害された“鬼畜ライター”村崎百郎氏の自宅で発生する心霊現象と呪いの人形!”. 深月ユリア. TOCANA (2014年8月25日). 2017年7月3日閲覧。
  23. ^ 岡田斗司夫、村崎百郎 「第九講 ゴミ漁り想像力補完計画」『東大オタク学講座』 講談社、1997年9月26日、第3版、237-254頁。ISBN 4-06-208292-62010年7月24日閲覧。
  24. ^ 多田遠志ホームページ
  25. ^ 伝説の鬼畜ライター「村崎百郎」の記念館が完成! 妻・森園みるくが語る“鬼畜”の素顔”. 佐藤勇馬. メンズサイゾー (2014年6月8日). 2017年7月3日閲覧。

外部リンク[編集]

ニュースサイト[編集]

追悼文[編集]