バクシーシ山下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バクシーシ 山下(バクシーシ やました、1967年1月27日 - )は、日本AV監督文筆家。本名は山下浩司(やました こうじ)[1]岡山県邑久郡(現:瀬戸内市)出身。「バクシーシ」とはヒンディー語で「おめぐみを」の意[1]。旧所属はV&Rプランニング。現在フリー。

来歴[編集]

  • 大学生の頃、テレクラのティッシュ配りをしていた際に路上で知り合ったスカウトマンの勧誘を受け、AV男優のアルバイトを始める[1]
  • その後、カンパニー松尾の誘いで、V&Rプランニングに入社し、安達かおるの下で助監督を務める[1]
  • 1990年、衝撃的レイプ作品「女犯」でデビュー。
  • 女犯2」では、実際に強姦しているとしか見えなかったため、フェミニズム団体から抗議を受ける等で物議を醸すこととなった[2]
  • その一方で社会諷刺を題材としたAV作品を手掛るなど、「社会派AV監督」の異名を持つ[2]
  • 1996年8月、V&Rプランニング退社後はフリーで活躍[2]ハマジムナチュラルハイなどで作品作りをしている。
  • 代表作には「女犯」シリーズ、「ボディコン労働者階級」、「激犯」など[2]

著書[編集]

  • セックス障害者たち AV監督バクシーシ山下全撮影記録(太田出版 1995.7 のち幻冬舎文庫)
  • 私も女優にしてください(編)(太田出版 1997.9)
  • 「ひとり暮らし」の女たち お泊りルポ(太田出版 2003.4)
  • ひとはみな、ハダカになる。(理論社 2007.10)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 井浦秀夫『AV烈伝・参』、2003年、小学館、p.5-30。
  2. ^ a b c d 監督プロフィール”. V&Rプランニング. 2012年9月29日閲覧。

外部リンク[編集]

インタビュー[編集]