カンパニー松尾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カンパニー松尾(カンパニー まつお、1965年6月29日 - )は、日本AV監督

来歴[編集]

  • サラリーマン家庭の2人兄弟の長男として生まれる[1]
  • 愛知県立春日井西高等学校卒業後、東京の映像専門学校「東放学園専門学校」に入学。卒業後、テレビ番組の制作会社「テレキャスジャパン」に就職するが1年で倒産[2]
  • その後、ラーメン屋でバイトを始める。そんな中、番組制作会社時代の知り合いがAV制作会社を立ち上げたので、そこで働くこととなった。

人物[編集]

  • 愛知県春日井市出身[2]
  • 監督名は、高校時代に、近所の店で「ほか弁」を仕入れて学校で売るなどしていた活動を「松尾カンパニー」と呼んでいたことから。
  • AV界にハメ撮りというジャンルを定着させた第一人者[2]葵刀樹工藤澪と共に、「ハメ撮り御三家」と呼ばれることもある)。
  • 全国のテレクラを巡り、素人を相手としたロードムービー的アダルトビデオ「私を女優にして下さい」シリーズを生み出す。
  • AVにポップな映像処理や音楽を取り入れるなど、映像的な面からAV界に彼が与えた影響は大きい。
  • ハマジムが運営するアダルトサイトPORNOGRAPH、や、光夜蝶、他のAVメーカーでも監督をしている。
  • 「早熟のスケベーはダメ」「セックスを知るのが遅いと結局いろいろと妄想が働くでしょう。その溜めがAVへいきつくからいいんです」を持論とする[1]
  • 座右の銘は、「SEX, Curry and Rock&Roll」。
  • AV以外のライフワークでは、ミュージシャン豊田道倫のライブを撮り続けており、2000年に『豊田道倫 映像集』、2005年に『豊田道倫 映像集Ⅱ』(HMJM RECORDS)をDVDで発表。さらに、2011年2月に『豊田道倫 映像集3』が上映された。
  • マスターベーションを覚えたのが小学校5年生の時で、手でしごくのではなく、もっぱら布団にこすりつける方法を好んだという[1]
  • 童貞喪失は22歳の時で、相手はロケバスで知り合ったAV女優亜里沙だった[1][3]
  • 24歳の時、仕事で知り合ったAV女優林由美香に失恋[1]
  • 1998年、1児を持つ女性と入籍[1]
  • 1999年のインタビューでは、年収1000万円を超えると語っている[1]
  • 趣味はオートバイ
  • 好きな食べ物はカレー[1]
  • 過去に「45歳までAVやって、そのあとは絶対カレーショップをやるつもりです」と発言[1]、2010年にとうとうその年を迎えたが、現在もAVに専念しており、まだカレーショップは開業していない。

主な代表作[編集]

アダルトビデオ[編集]

シリーズもの[編集]

  • 私を女優にして下さい[2]
  • 仮想風俗体験 これがテレクラ
  • 全国縦断素人ナマ撮りドキュメント 燃えよテレクラ 
  • 面接ドキュメント 裸の履歴書
  • 素人参加募集ビデオ 〜としてみませんか?
  • 素人モデルズ
  • ザ・プライバシー
  • 素人大開脚
  • SEX生中継
  • テレクラ&ナンパキャノンボール
    • テレクラキャノンボール2009 賞品はまり子*Gカップ
    • 裏テレクラキャノンボール2009 ホントにさよなら、まり子*Gカップ
    • テレクラキャノンボール2013 賞品は神谷まゆ新山かえで
    • 裏テレクラキャノンボール2013 女達のキャノンボール、それぞれの朝
  • 恥ずかしいカラダ
    • 恥ずかしいカラダ NO.1 EROS 水城奈緒(水城奈緒
    • 恥ずかしいカラダ 18歳 デビュー ゆず(小倉ゆず
  • 世界弾丸ハメドラー
  • 麗しの〜シリーズ(麗しの家庭教師、麗しのキャンペーンガールなど)
  • 巨乳三昧
  • ハメ撮る!(光夜蝶
  • ○○×カンパニー松尾(アイデアポケット

他多数

単発もの[編集]

他多数

総集編[編集]

  • メーカー横断ベスト!!! カンパニー松尾8時間(AV30)
  • カンパニー松尾VS働くスケベお姉さん 8時間(AV30)
  • ハマジム10周年特別企画 オールタイムベスト10時間 part.2 カンパニー松尾編
  • カンパニー松尾×PORNOGRAPH BEST 6時間

映画[編集]

DVD(アダルトもの以外)[編集]

  • 月刊 三津谷葉子
  • 豊田道倫 映像集
  • 月刊 小泉麻耶

著書[編集]

  • 素人娘ジャパン(太田出版)
  • 職業AV監督(原作)(秋田書店、画・井浦秀夫

雑誌[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i いその・えいたろう『AV監督』所収「カンパニー松尾 子宮帝国の狙撃手」(幻冬舎アウトロー文庫、1999年)
  2. ^ a b c d e f g カンパニー松尾が愛したオンナたち」、『ザ・ベストマガジン スペシャル』第20巻第7号、KKベストセラーズ2012年7月、 68-73頁。
  3. ^ “AV誕生から35年──カンパニー松尾&バクシーシ山下、2人のレジェンド監督が語るAV業界の変遷とは”. リテラ. (2015年11月28日). http://lite-ra.com/2015/11/post-1727.html 

外部リンク[編集]

インタビュー[編集]