V&Rプランニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ブイアンドアールプランニング
V&R Planning Co.,ltd.
種類 株式会社
略称 V&Rプランニング
本社所在地 170-0004
東京都豊島区北大塚2-20-4
設立 1986年4月1日
業種 情報・通信業
事業内容 ビデオソフト及びマルチメディアソフト(アダルト・一般作)の企画、制作、販売、衛星放送等への番組提供
代表者 三枝進代表取締役
売上高 7億円(年商)
従業員数 8名
関係する人物 三枝進(前代表取締役)
外部リンク http://www.vandr.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社V&Rプランニング(ブイアンドアールプランニング)は、日本のアダルトビデオメーカー

概要[編集]

「鬼のドキュメンタリスト」の異名をとるAV監督安達かおるが1986年に設立。宇宙企画クリスタル映像など美少女系アダルトビデオ全盛時代に、レイプスカトロなど、主流とは一線を画した作品をリリースし続け、アダルトビデオ業界のみならず、サブカルチャー分野においてもカリスマ的人気を博した。

また安達かおるのみならず、バクシーシ山下カンパニー松尾インジャン古河など数多くの異色AV監督を輩出したことでも知られる。

元々はビデ倫(日本ビデオ倫理協会)所属だったが、あまりの過激さゆえに発売禁止、審査拒否になることもしばしばあった。バクシーシ山下の『女犯』は、あまりにリアルなレイプ映像ゆえフェミニスト団体から抗議が殺到し、社会問題となった。また井口昇による史上最悪のエログロドキュメント『ウンゲロミミズ』(主演:卯月妙子)では排泄物嘔吐物などを扱った過激な演出から一部でカルト的人気を得る。

2004年にはビデ倫を脱退し、セルメーカー中心のメディア倫理協会にフィールドを移す。ソフト・オン・デマンドグループに入るが2004年9月を最後にリリースを停止。以降、関連会社であるケイ・ネットワークから過去のV&R作品の再編集作品がリリースされる程度だった。

V&Rプランニングの制作陣はそのまま新たにV&Rプロダクツを発足、従来の過激暴力路線とは全く逆のベクトルを向いた、明るくポップなアダルトビデオメーカーとして制作を続けている。

2006年5月、V&Rプランニングとしては久々に新作(『服従学園〜血桜組、修羅の戦い』、『中出しマ○コにカメラ入れちゃいましたパート2』)をリリースする。

なお、『服従学園〜血桜組、修羅の戦い』はじめ、一部の作品はオリエンタル・ドリームレーベルで海外向け作品としても発売されている(V&Rプランニング制作ロゴも入っている)。その際はスカトロシーンなどアメリカの法律に抵触されるシーンはカットされている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]