鶴岡法斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鶴岡 法斎 (つるおか ほうさい、1973年9月20日 - ) は、日本の評論家漫画原作者コラムニスト

来歴[編集]

千葉県八街市出身。千葉県立泉高等学校卒業後に営業マン、書店員などを経て雑誌ライターとなる。 唐沢俊一と師弟関係にあったが現在は絶縁。新宿ロフトプラスワンへは共に主催・ゲストとして多数出演していた。共著に対談集「ブンカザツロン」がある。 元と学会会員。スカラベ地蔵、ハグルマルなどのバンド名で音楽活動も行っている。

人物[編集]

  • ロフトプラスワンに1995年の富久町の開店直後から唐沢俊一と出演している。
  • ライター駆出し時代にお笑いライブに頻繁に通い、マイナー芸人にも詳しい。
  • 1996年の「月刊漫画ガロ」のコラム掲載以降、サブカルチャー関連の執筆が増える。
  • 1997年にデジタルG(元デジタルガロ)HP内の大喜利サイト「ドリフト道場」の道場主となる(2008年閉鎖)
  • 2001年末の第1回日本オタク大賞以降、同イベントにゲスト・進行役として出演。
  • 2002年に江口寿史田村信大地丙太郎とともにギャグ作家ユニット「CC's」を結成。
  • 元・立川志加吾(現・雷門獅篭)とともにロフトプラスワン深夜イベント「新宿ほうかご倶楽部」を開催。
  • 早稲田大学第二文学部、静岡大学にてマンガ史などの非常勤講師を務める。
  • 2005年よりネイキッドロフトにてトークイベント「エログロ・ハイセンス!」を主催。(計12回、2008年まで)
  • 面白漫画倶楽部のメンバーとして2007年よりトークイベントに参加。

主な著作[編集]

出演番組[編集]

出演作品[編集]

外部リンク[編集]