釣崎清隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

釣崎 清隆(つりさき きよたか 1966年 - )は日本写真家映像作家文筆家

死体写真家として知られ、ヒトの死体を被写体にタイコロンビアメキシコロシアパレスチナ等、世界各国の犯罪現場、紛争地域を取材し、これまでに撮影した死体は1,000体以上に及ぶ。

富山県出身。慶應義塾大学文学部卒。学生時代より映画制作、文筆活動に従事。大学卒業後、AV監督を経て、1994年、写真家として活動を開始。1995年、NGギャラリーにて初個展。

経歴[編集]

10歳の時に映画『ジョーズ』が公開されたことに刺激を受け、一人で劇場に足を運び、自然と「映画監督になりたい」と思うようになる。中学生になると一層映画館へ通うようになり、劇場に弁当を持ち込んで『ジャンク』を一日中見るほどだった[1]。また、家庭でも親子で『デスファイル』やグァルティエロ・ヤコペッティの監督作品を観るなど、両親は子供だからと残酷描写を子供の目から隠したりしなかった[3]

高校一年の頃から自主映画の撮影を始め、慶応大学に進む。当時はバブル景気で社会全体が軽佻浮薄な方向に流れ「ひとつのことに打ち込むことがバカにされる時代」であったが、同じ方向を目指す者同士が集まり映画制作を続けた。サークルの先輩の紹介でアダルトビデオの批評を書いていたことからAV業界に詳しくなり、人権団体と争ってでも作品を出すV&Rプランニングの姿勢や、当時日活ロマンポルノが潰れて、その人材の受け皿となっていたシネマジックを見、「AVから日本の映像文化が変わると確信」してAVの世界に飛び込むことになる。当初はV&Rプランニングへ入社する予定だったが、恋人の説得によりシネマジックに入社する[5][7]

シネマジックには2年半勤めたものの、27歳になりAV業界での活動に限界を感じ始めていた。その時、悪趣味を売りにする鬼畜系雑誌『TOO NEGATIVE』の編集者小林小太郎[8]にタイで死体写真の撮影を勧められ、それまでは写真は映像より劣る物と考えていた[9]ものの、ロサンゼルス行きを考えていたこともあって承諾、タイでの撮影後、ロサンゼルスへ行き、さらにそこから近いということで1995年1月コロンビアへ拠点を移した[4]

後に、釣崎は「自分たちは純粋培養でどうしようもなく甘い世代だから、ただ絶望して潰れてしまうより自発的に突破口を切り開いていかないと何も変わらないという思いがあった。例えば、実際の死に触れないでホラー映画監督になるほど、僕は恥知らずじゃない」と語っている[10]が、このコロンビアでの体験は衝撃的なものとなった。当時のコロンビアは政府とメデジン・カルテルという巨大犯罪組織との間に繰り広げられた麻薬戦争が終わって間もなく、その残党や後を取ったカリ・カルテルの跳梁は元より、左翼ゲリラFARCが国土の三分の一を支配し、極右民兵組織なども入り乱れる内乱状態にあり、麻薬や誘拐、暗殺といった犯罪が日常化した世界だった。首都ボゴタで死体の撮影を求めてマフィアとの接触を図っていた釣崎は、エンバーミングを専門とするオロスコと出会い、その生き様に惹かれて長期の撮影に入る事になる[6]

2013年6月から、取材、また憂国的感情から、福島第一原子力発電所周辺で放射線測定の作業員として働いている[11]。釣崎が働く会社は、国の法令違反基準の確認項目全てに違反している最下層の下請け会社で[12]、全員同室で寝起きする雑魚寝状態の飯場だという。釣崎は、原発事故後の福島に現れた状況を、ゴールドラッシュや宝石鉱山を思い起こさせる、かつての高度成長期のタコ部屋などの労働環境と同質のものと語り、その実態を利権抗争の繰り広げられる「暴力大陸」と形容している[11]

原子力に関しては、原発推進派ではないが、原子力技術の研究を盲目的に捨て去るような非合理でヒステリックな政策は取るべきでないとの考えである[13]

2017年8月3日、東京都世田谷区豪徳寺の自宅アパートで、物置のブーツの中に覚醒剤約1グラムを所持していたとして、警視庁に現行犯逮捕された[14][15]。「中南米で麻薬組織を取材した時に勧められ、覚醒剤を使い始めた」「瞬間的に頭がさえ、帰国後も使用していた」と話しているという[14][15]

作品[編集]

映画[編集]

  • 『死化粧師オロスコ』1999年 スペイン語 監督・撮影 釣崎清隆[16][17]
  • 『ジャンクフィルム 釣崎清隆残酷短編集』1995―2007年 監督・撮影・編集 釣崎清隆 2007年 第37回ロッテルダム国際映画祭タイム&タイド部門選出
  • 『ウェイストランド THE WASTELAND』2012年 監督・撮影・編集 釣崎清隆 音楽 Corrupted "El Mundo Frio"(H:G fact) 制作 オロスコ製作委員会

著書[編集]

  • 『世界残酷紀行 死体に目が眩んで』 リトル・モア 2000年
  • 『ファイト批評』 共著アイカワタケシ 洋泉社 2005年
  • 『死者の書』 三才ブックス 2011年
  • 『エメラルド王』 共著 早田英志 新潮社 2011年
  • 『原子力戦争の犬たち 福島第一原発戦記』 東京キララ社 2017年

写真集[編集]

  • 『danse macabre to the HARDCORE WORKS』 NGP 1996年
  • 『REVELATIONS』 IMHO DWW社 2006年
  • 『REQUIEM DE LA RUE MORGUE』 IMHO DWW社 2006年
  • 『10 stories of DEADLY SPEED』 自主制作 2006年
  • 『DEATH:PHOTOGRAPHY 1994-2011』 Creation Books 2012年

出典・脚注[編集]

  1. ^ ジャンクは後にV&Rプランニングを設立する三枝進の制作指揮。
  2. ^ a b 『死化粧師 オロスコ(完全版)』 釣崎清隆 インタビュー 第3回|HMV ONLINE [English Site]
  3. ^ 「小っちゃい頃から大学生くらいの頃までずっと、死体のビデオとか、それこそV&Rが撮った『デスファイル』のシリーズとか、それこそ僕の小っちゃい頃とかは、グァルティエロ・ヤコペッティっていう、イタリアのショックメンタリーの作家の作品とかが大好きで、家族揃って観てるわけですけど。そういう意味で何ていうか、そういうものを観る目が肥えてるっていうか(笑)。むかしから好きだったんですよ。
      うちの親父がまた、労働者なんで。肉体労働者って、ああいうのがやっぱり、何か好きなんですよね。世界的にみてもそうですよね。労働者の文化です、大衆文化というか。 」[2]
  4. ^ a b c art drops インタビュー 2008 vol.4 テーマ:「現実と虚構の狭間」 ドイケイコ
  5. ^ 「サークルの先輩の紹介でライターになったんだけど、とにかく毎月平均約50本の作品を観ていて、ひとつの文化圏ともいえるAVのクリエイティビティーに衝撃を受けた。とくにV&Rプランニングは人権団体と一悶着あったり、宮崎勤事件で話題になった『ギニーピッグ』をリリースしていたことでも知られるエキサイティングなメーカーだった。あと、SMビデオの老舗会社シネマジックの作品は洗練されてて好きだった。ちょうど日活ロマンポルノが無くなった時期で、技術はあるのに仕事を失ったスタッフの受け皿になっていた。その当時僕はAVから日本の映像文化が変わると確信したんだ」[4]
  6. ^ a b 釣崎清隆×バクシーシ山下 『死化粧師オロスコ』対談|人間の生と死、尊厳と猟奇、人間存在そのものを問う残酷物語『死化粧師オロスコ』のDVD発売記念企画! - 骰子の眼 - webDICE
  7. ^ 同年代で、V&Rプランニングに入社していたバクシーシ山下とはすれ違う形になり、付き合いが始まるのはコロンビアに拠点を移した1995年から96年頃になる[6]
  8. ^ スーパー変態マガジン『Billy』(白夜書房)の元編集者。また小林はシネマジックの社長、横畠邦彦がかつて雑誌編集者だった時代の後輩にあたる[4]
  9. ^ 「もともと僕は、映像畑の出身で、写真とかってそれまで全く撮ったことないというか。映像やってる人には得てしてありえるんですけど、“スチールのことを差別する”っていうか、“バカにする”っていうかね。もう最初っから、高校生の時に自主映画を撮った頃から、写真とか全然興味がなくて。
     だからほんとに、AVメーカー辞めてからはずっと純粋に、死体しか撮ってないんですよね。なぜそうなのかって言うとそれは、仕事をもらったからなんですけど。それを受けたのは、まあ、死体は動かないじゃないですか?ほんと単純な理由で、「動かないものをなめるように撮ったところで、結局一緒じゃん」って思ったんですよ。思ったというか、成り立つじゃないですか、そういう考え方は。だから、「死体はスチールが向いてるんじゃないかな」っていう、ほんとに簡単な理由なんですけど。[2]
  10. ^ Kiyotaka Tsurisaki interview 2/2 -art drops-
  11. ^ a b 地獄のハードコアカルチャー最前線『進捗ナイト』#21 14:00,41:45
  12. ^ 労働者は、薬物中毒などを経てきた者等が多く、労基などに駆け込まないように洗脳下に置き、退職を希望すると働き続けるよう恫喝されるという。
  13. ^ 釣崎「原発をやめるのは、良くない。未来の技術に対する挑戦をやめるのは、日本の生命線を断つようなもの。今の旧来型の原発技術は古い技術。原発モデルは廃れて遠くないうちに核融合発電なんかに取って代わると思うけど、放射性廃棄物を無毒化する核変換技術の研究開発などはまさに現在進行形の1F廃炉事業の中で進められるべきだし、東電はホントはやらなくていいトリチウムの除去技術を広く公募しているけど、考えようによっては科学技術立国の未来を開く意欲的な挑戦とも言えるかも。 でも、脱原発となると、国是、民族的トラウマとしてあらゆる原子力にかかわる研究開発を放棄することになるだろう。無責任だと思う。」
    釣崎「そう、俺は別に原発推進派ではないですよ。ただ、新しい技術に対して門戸を閉ざすようなことをやっちゃいけない。そんなこと言ったら、「CERN」の巨大加速器LHC(注1)なんか、電磁波とかすごいヤバイじゃん。スイスのジュネーブ郊外の田舎にあるから誰も文句言わないけれど。実は、つくば市にも同じ装置があるじゃない。」「反原発派から絶縁されたことも…」元福島原発作業員・釣崎清隆が“酷い国・日本”を本音で語る! “作業員に触ると被ばくする”と考える人も | TOCANA
  14. ^ a b “「麻薬組織取材で勧められ」 写真家、覚醒剤所持の疑い”. 朝日新聞DIGITAL. (2017年8月3日). http://www.asahi.com/articles/ASK834DJHK83UTIL017.html 2017年8月3日閲覧。 
  15. ^ a b “覚醒剤所持“紛争写真家”を現行犯逮捕”. 日テレNEWS24. (2017年8月3日). http://www.news24.jp/articles/2017/08/03/07368744.html 2017年8月3日閲覧。 
  16. ^ 撮影協力 アルバロ・フェルナンデス・ボニージャ 編集 三枝進・釣崎清隆 制作 オロスコ製作委員会 制作協力 V&Rプランニング 2001年モントリオール世界映画祭Cinema of Tomorrow部門・第4回ボゴタ国際ドキュメンタリー展正式出品
  17. ^ オロスコのDVD化が十年近く遅れたのはアメリカ同時多発テロ事件で北米市場からの引きが壊滅したため。地獄のハードコアカルチャー最前線『進捗ナイト』#21 65:00

参考文献[編集]

  • 「死体写真家対談 死体にまたがった男たち 八雲順一vs釣崎清隆」 『危ない1号 第2巻』 pp20-23 データハウス 1996年4月25日
  • 釣崎清隆 「世界一素敵な国コロンビア」 『危ない1号 第3巻』 pp228-235 データハウス 1997年9月30日
  • 釣崎清隆 『死者の書』 三才ブックス 2011年3月26日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]