芸術家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

芸術家(げいじゅつか)とは、芸術作品を創作創造し、表現する人[1][注釈 1]アーティストアーチスト: artist)とも呼ばれる。

日本語の「芸術家」と英語の「artist」には、若干の含みの違いがある[要出典]

後述する各分野の専門家のことを指すほか、一つの表現手法に拘らず、様々な形態で作品を制作している人物について使われる場合が多い。例えば絵だけで表現する人に対しては「画家」という肩書きが用いられるが、絵のほかに彫刻や建築デザインなど、複数のジャンルを手がけている人物に対しては「画家で彫刻家で建築デザイナー」などというよりも、簡潔に「芸術家」や「アーティスト」と表現されることがある。芸術活動への支援者(パトロン)から援助を受けている人、商業芸術英語版作品の収益を主たる収入源とする人の他にも、兼業で活動を行う人、前衛芸術(アバンギャルド)活動等を行い必ずしも生前に作品の真価が認められない人、あるいは土器などの民芸や、一般に純粋美術ファインアート)とみなされないアウトサイダー・アートを作る人々を含むなど、時代を経るごとにその活動は多様な概念を包摂し続けている。

Feist(1999)は、経験に開かれている、衝動性が高い、意欲的で野心が強い、自立心があり、内向的で反抗心を持っている、打ち解けにくい態度を示す、などが科学者とアーティストに共通するパーソナリティ特性であると明らかにした[2]。また、Feistによれば、空想志向、秩序の欠如、暖かみや親しみやすさがない、不安傾向が高い、情緒的に敏感、規範を疑う傾向などがアーティストに固有のパーソナリティとして挙げられるという[2]

プロとアマチュアの定義[編集]

建築士といった免許制度が存在する芸術家を除き、芸術家をプロかアマチュアか線引きするのは難しい。 そのような背景があり、自身に一定の技量や知識がある事を証明する為に、美術団体主催の公募展で入賞又は入選を果たし、同美術団体に所属しようとする芸術家は多く存在する。 美術団体に所属した芸術家には役員、会員、準会員、会友といった肩書きを付与され、この肩書きがプロの芸術家の目印として見なされる事がある。

芸術家の種類[編集]

芸術家の一覧[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ フィンセント・ファン・ゴッホ宮沢賢治のように必ずしも生前に自身の芸術活動を主な収入源とする人を指すとは限らない。
  2. ^ 歌手のうち、自分で作詞や作曲を行う者シンガーソングライターや音楽クリエイター、ミュージシャンを「アーティスト」呼称する事がある。

出典[編集]

  1. ^ コトバンク、小学館『デジタル大辞泉』「芸術家」、『精選版 日本国語大辞典』「芸術家」
  2. ^ a b Feist, G. J. (1999). “The influence of personality on artistic and scientific creativity.”. Handbook of creativity (Cambridge University Press): 273–296. https://www.researchgate.net/publication/246468067_Influence_of_Personality_on_Artistic_and_Scientific_Creativity 2021年9月30日閲覧。. 


関連項目[編集]