芸術家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

芸術家(げいじゅつか)は、自身の芸術活動が社会的に認められた状態にある人を指す。アーティストアーチスト: artist)とも呼ばれる。日本語の「芸術家」と英語の「artist」には、若干の含みの違いがある。

後述する各分野の専門家のことを指すほか、一つの表現手法に拘らず、様々な形態で作品を制作している人物について使われる場合が多い。例えば絵だけで表現する人に対しては「画家」という肩書きが用いられるが、絵のほかに彫刻や建築デザインなど、複数のジャンルを手がけている人物に対しては「画家で彫刻家で建築デザイナー」などというよりも、簡潔に「芸術家」や「アーティスト」と表現されることがある。基本的に作品の売上が主な収入源となっている。

芸術家は固有の才能を持った上で社会活動を展開しなければ、認知度が上がることもなく、生活に必要な収入すら得られない。従って、芸術家志望者の殆どは、自称芸術家として扱われると共に、単なる低所得者に落ちぶれるか、諦めて別の業界に転職することになる。

辞書による定義[編集]

「大辞泉」(小学館)によると「芸術作品の創作活動を行う人」、「日本国語大辞典」(小学館)によると「芸術作品を創造し、また、表現する人。詩人、美術家、音楽家の類」[要出典][リンク切れ](以上2つは、Yahoo!辞書)。また、「大辞林」(三省堂)によると「画家・音楽家・作家など芸術活動を行う人」(Weblio辞書)。

芸術家の種類[編集]

芸術家の一覧[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 歌手のうち、自分で作詞や作曲を行う者を「アーティスト」、そうでない者を「アイドル」と分別する見方もある。

関連項目[編集]