ビリー (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Billy
Billy - Super Abnormal Magazine (masthead).png
ジャンル 鬼畜系
エログロ
変態性欲
サブカルチャー
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 500円→600円
出版社 白夜書房
発行人 中沢慎一
編集スタッフ 小林小太郎
青山正明
山崎春美
東良美季
明日修一
吉武政宏
中野D児
神野龍太郎
刊行期間 Billy
1981年6月 - 1984年11月
Billyボーイ
1984年12月 - 1985年8月

Billy』(月刊ビリー)は、白夜書房1981年から1985年まで発行していたポルノ雑誌キャッチコピーは「スーパー変態マガジン」。

スカトロから死体獣姦SM児童買春切腹マニア幼児プレイロリコンドラッグシーメールアナルマニアフリークスボンデージフィストファックまで豪華なラインナップで綴る悪趣味の限りを尽くした日本を代表する伝説変態総合雑誌であり、鬼畜系と呼ばれるエロ本草分けとして名実ともにエログロ雑誌の一時代を築き上げた[1][2]

本項では同誌の後継誌『Billyボーイ』についても扱う。

概要[編集]

1981年6月創刊。元々本誌は白夜書房の高橋という新入社員が「芸能雑誌を作りたい」という一言から始まった雑誌で、当初はその後の路線からは想像が付かない位に至って普通の真面目な芸能インタビュー雑誌だった[3]

しかし、返本率が7~8割を超えるなど売れ行き不振から半年で大幅に路線変更となり[1]、責任を感じた高橋は雑誌から降板[3]。それに伴い本誌の下請けになった編集プロダクションVIC出版」の小林小太郎が実質的な編集権を主導し[1]1982年2月号より変態路線に誌面刷新、同年3月号からは「スーパー変態マガジン」をキャッチフレーズに国内のサブカル史に名前を残す伝説変態雑誌に変貌を遂げた[4]。この路線変更の経緯は白夜書房より同時期に刊行されていた変態ロリコン雑誌『Hey!Buddy』とよく似ている。

スーパー変態マガジンになってからは返本率が2割にまで下がり[3]、その先鋭的な編集方針は当時のサブカルアングラ界隈にも少なからぬ認知度と知名度、足跡を残した。当時高校生だった石野卓球大槻ケンヂらサブカル系の著名人も本誌から絶大な影響を受けたことを後に語っている[5][6][7]

ちなみに当時の一般的なエロ本は撮り下ろしのヌード写真が主体であったが、本誌ではライターによる読み物などサブカルチャー系の記事・情報が非常に充実しており、この編集スタイルについて発行人の中沢慎一によれば「売れない雑誌を引き継いだわけだから、いかに安く作るかを考えて、ライターに原稿料を払った方が面白いものが出来ると思った」とのことで、コストが掛かる撮り下ろしのヌードを出来るだけ減らし、代わりに低予算で済む読み物の記事を充実させたのだという[8]。結果的に本誌は「活字の多いエロ本」の草分けとなり、1980年代以降のエロ本界に変革をもたらすことに繋がった[8]

ちなみに編集発行人の名義は中沢慎一だが、実質的な編集は前述の経緯から小林小太郎とされ、同誌で編集や執筆を行った永山薫は「(小林が)実質的に変態版『ビリー』の初代編集長」と語っている[9]。一方で小林はインタビューで「死体とかグロなもんについては素人ですよ。『Billy』以前は死体写真に対する興味はゼロだった。平口広美さんのところで死体写真集を見たときに、これはいけるってピンときたけど、その後も特別な愛着はない。でも載せるとかえって周りが盛り上がっちゃってね。読者の方が絶対詳しいですよ。でもどうせやるのなら人間の中にあるヘンなものを全部暴き出すところまでやりたかった」と回想しており、別段自身に変態的な特性は無かったとしている[10]。また小林によれば読者アンケート人気を一切無視した編集方針をとっていたようで「読者に主導権は渡さない、向こう主導になると終わりだと思ってやってた」とも後に語っている[10]

廃刊[編集]

“スーパー変態マガジン”を自称する本誌はその名の通り人の殺し方美味しいうんこの食べ方、変態写真の読者投稿コーナーなど、エロ本とはいえ商業誌としては当時でも余りに斬新な異端ネタが満載であったが、当時の白夜書房では本誌以外にも末井昭編集の『写真時代』や高桑常寿編集の『Hey!Buddy』などアングラ寄りでサブカルチャー色の強い過激なエロ本が人気を博していた。

しかし3誌とも都条例不健全図書指定に幾度となく引っかかってきた雑誌でもあり、その中でも同誌は最もエログロかつアングラな変態総合情報雑誌として度々当局から警告を受けていた。結局『Billy』は1984年11月号が都条例の不健全図書に指定されたのを契機に休刊に追い込まれるが[4]、同年12月号より『Billyボーイ』として新創刊する[3]

『Billyボーイ』は『Billy』を青年向けにライトにシフトした体裁だったが全く内容が変わっておらず、条例違反により1985年8月号をもって再度廃刊となった[1]。同誌編集者の吉武政宏は廃刊に寄せて「売れなくて廃刊になるなら納得もできるが、都条例第8条に連続2回ひっかかるという最悪の事態。不健全図書として今後の発売の見通しが悪く、あえなく廃刊することに決定しました。長い間ビリーを愛読してくれた皆さん、ありがとう」と編集後記で語っている[4]

また時期を同じくして変態ロリコン雑誌『Hey!Buddy』増刊『ロリコンランド8』(白夜書房1985年9月発行)が猥褻図画頒布の容疑で摘発され発禁処分となり、『Hey!Buddy』本誌も1985年11月号をもって廃刊となった。

『Billy』『Hey!Buddy』の両誌に寄稿していた青山正明は2誌廃刊の最たる理由として「失敗したのはA4グラフ誌であんなことやっちゃったっていう。やっぱり目立ちますからね。目立つところに置かれちゃうし、それで当局に目をつけられて、過激なことができなくなった」と指摘している[9]。その後、エログロナンセンス文化の受け皿であったエロ本80年代後半以降、ロリコン美少女路線に押され、鬼畜系は不毛の時代が続いたという[9]

後に小林小太郎90年代版『Billy』を標榜したポルノ雑誌TOO NEGATIVE』(吐夢書房)を1994年に創刊。同誌ではトレヴァー・ブラウンを起用し、死体写真家釣崎清隆を輩出するなど大きな功績を残した。一方で青山正明1995年より鬼畜系ムック危ない1号』(データハウス)を創刊し、同誌は世紀末日本鬼畜ブーム・悪趣味ブームを巻き起こす起爆剤の役割を果たすことになる。

白夜書房出身の風俗ライターラッシャーみよしは本誌について「ウンコSMフィストファック死体奇形だ。言ってみれば『クイックジャパン』と『危ない1号』と『GON!』を全部ぶっこんだような雑誌」「もっとも『危ない1号』の青山正明編集長はこの頃の白夜書房のメイン・ライターだけど。それはともかく『ビリー』の衝撃というのは他に似た雑誌がなかっただけにものすごいもので、毎月、毎月、うひゃあとか、こんなんありィみたいな感動にうちふるえていたわけさ」と後年回想している[11]

関連項目[編集]

関連雑誌[編集]

関連人物[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 天災編集者!青山正明の世界 第37回「変態雑誌ビリーにおける青山正明」
  2. ^ 天災編集者!青山正明の世界 第25回「永山薫インタビュー」part2
  3. ^ a b c d 沢木毅彦「巨匠インタビュー② コアマガジン取締役社長 中沢慎一」、『エロ本のほん』ワニの穴3、 178 - 183頁。
  4. ^ a b c 白夜書房『Billyボーイ』1985年8月号「編集後記」
  5. ^ 大槻ケンヂ×石野卓球×ピエール瀧「スラッシュ・トーク」
  6. ^ 石野卓球インタビュー「二度と会うこともないと思いますけど、はじめまして」”. THE FASHION POST (2016年8月20日). 2017年12月30日閲覧。
  7. ^ 石野卓球、"エロ"がテーマの新作『LUNATIQUE』は「性の私小説」”. SILLY (2016年8月4日). 2017年12月30日閲覧。
  8. ^ a b 本橋信宏東良美季「社会に受け入れられない部分を本にするのがエロ本屋 中沢慎一インタビュー」、『エロ本黄金時代』、 117 - 130頁。
  9. ^ a b c 青山正明永山薫自販機本からハッカー系まで─アンダーグラウンドでいこう! 『JAM』『ヘヴン』『ビリー』『危ない1号』ほか」、『別冊宝島345 雑誌狂時代!』、 185 - 195頁。
  10. ^ a b 小平絞、鈴原成「『マネされる前にお前らのところに行ってやる』グロス・エキシビジョニストの旅 NG Gallery館長 小林小太郎氏に聞く」、『世紀末インターネット大全 鬼畜ネット』、 12 - 15頁。
  11. ^ ラッシャーみよし「『ウィークエンド・スーパー』の衝撃─青春の思い出は白夜書房と共に…」、『エロ本のほん』ワニの穴3、 84 - 87頁。

外部リンク[編集]