グァルティエロ・ヤコペッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グァルティエロ・ヤコペッティ
Gualtiero Jacopetti
生年月日 (1919-09-04) 1919年9月4日
没年月日 (2011-08-17) 2011年8月17日(満91歳没)
出生地 バルガ
死没地 ローマ市
国籍 イタリアの旗 イタリア
職業 映画監督
主な作品
世界残酷物語

グァルティエロ・ヤコペッティGualtiero Jacopetti, 1919年9月4日 - 2011年8月17日)は、イタリア映画監督雑誌記者

略歴[編集]

雑誌社で芸能記者として働いた後、当時「夜もの」と呼ばれた、性風俗を紹介する一連のドキュメンタリー映画の製作に参加する。

1961年、世界中の奇妙なまた野蛮な風習を描いたドキュメンタリー映画『世界残酷物語』を発表。やらせも含まれたこの映画は、主題曲「モア」のヒットとともに世界中で興行的成功を収めた。その後も同じ路線の作品を製作しつづけ、モンド映画というジャンルを築いた。

ヤコペッティの大残酷』以後は監督業からは遠のき、ショッキング映画のプロデュースなど表だった活動はしていなかったが、2004年にアメリカで発売されたDVDボックスのボーナストラックThe Godfathers of Mondoで世界残酷物語シリーズの撮影裏話を披露し健在ぶりをアピールした。

2011年8月17日、ローマ市内の自宅で死去。91歳没[1]

主な監督作品[編集]

製作・脚本[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 伊映画監督のヤコペッティさん死去 世界残酷物語 朝日新聞 2011年8月19日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]