大里俊晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1980年撮影

大里 俊晴(おおさと としはる、1958年2月5日[1] - 2009年11月17日)は日本現代音楽研究者、横浜国立大学教育人間科学部教授。新潟県出身。

経歴[編集]

新潟県立新潟高等学校を卒業後、早稲田大学文学部フランス文学を学ぶ。同時にロックバンドガセネタ」「タコ」などで山崎春美らとともに演奏活動を行う。大学卒業後、パリ第8大学芸術研究科修士課程、研究課程に学び、ダニエル・シャルルに師事する。

留学から帰国した1990年代以降、『ユリイカ』などを舞台に現代音楽を主な対象とした評論活動を展開する。また、自らノイズ系のパフォーマンスを行うとともに、リュク・フェラーリなどフランスの前衛的な音楽家を積極的に日本に紹介した。1992年には、自らのバンド経験を下敷きにした小説『ガセネタの荒野』(洋泉社)を出版している。

その出版にあたり大里は、

丸宝(行晴)、一生のお願いがある。何もいわずに、この原稿『ガセネタの荒野』を本にしてくれ。頼む。1円の印税もお金も受け取る気はない。ただし、1文字も変えずに出版してくれ。それ以外はすべてまかせる。古本屋で100円で売っている本のようなものをであってほしい。これを出さないと、俺はこれから生きていけないのだ。パリからも帰れないのだ。

と語った[2]。評論活動のかたわら、早稲田大学などの非常勤講師を務めていたが、1998年、横浜国立大学教育人間科学部に助教授として採用された。以降、多彩なゲストを迎えて共演するなど、型破りな授業を展開した[3]

横浜国立大学では、梅本洋一木下長宏と同僚であり、2000年にはこの3名の共編で『現代フランスを知るための36章』(明石書店)が出版された。

大里は、2006年に公開された間章についてのドキュメンタリー映画『AA』では、インタビュアーを務めている[4]

横浜国立大学で同僚だった、室井尚[5]木下長宏[6]によれば、大里はシャイな人柄で医者に体を晒すことを嫌って健康診断などを受けず、菜食と甘味に偏った食生活(本人曰く、「菜食主義」ではなく「菜食趣味」)によって健康を蝕んだ結果、晩年には闘病を強いられ、遂には落命したという。

2009年11月16日 22時30分(危篤。ほぼ意識もうろう状態で)大里「ガセネタは凄いバンドだった。あんなバンド、ない。[2]

2009年11月16日 22時31分、大里「ジミ・ヘンはここで死なない。[2]

2009年11月17日没。享年51。

2010年、評論を中心とした著作集『マイナー音楽のために』(月曜社)が出版された[7]

2011年には月曜社より生前唯一の単著『ガセネタの荒野』が復刊される。あわせてガセネタの10枚組CD-BOX『ちらかしっぱなし-ガセネタ in the BOX』がリリースされた。

書籍[編集]

  • 「ガセネタの荒野」(洋泉社)(1992)※2011年に月曜社より復刊。
  • 「マイナー音楽のために」(月曜社)(2010)
  • 「役立たずの彼方に 大里俊晴に捧ぐ」(2010)※渡邊未帆が中心となって編集した追悼文集。

音楽[編集]

  • 「タカラネタンチョトタカイネ」(2011)※1970年代後半の吉祥寺マイナー時代(共演・工藤冬里ほか)、1980年代のタコ時代、1990年代の渡仏~帰国後(共演・テニスコーツほか)、2000年代の横浜国立大学内でのセッション(共演・大友良英ほか)の音源を5枚のCDに、2008年の「間章に捧げる即興演奏」を1枚のDVDに収録したボックス・セット
  • 「間章に捧げる即興演奏」(2018)※2008年新潟の国際映像メディア専門学校でのライブ音源、2008年新宿の貸スタジオでの録音、1991年パリでの演奏音源を収録したCD
  • ガセネタタコは各項目を参照

出典[編集]

  1. ^ マルチメディア文化課程演習担当者 大里俊晴[リンク切れ]
  2. ^ a b c 『役立たずの彼方に』オフィスOsato、2010年6月1日。
  3. ^ 発信する横浜国大 大里俊晴インタビュー - ウェイバックマシン(2005年4月7日アーカイブ分)
  4. ^ Cast 出演者のプロフィール”. ユーロスペース (2005年). 2011年6月16日閲覧。
  5. ^ 追悼:大里俊晴君のこと - 短信 Virtual Time Garden 2009年11月18日付
  6. ^ 木下長宏のウェブログ
  7. ^ 大里俊晴『マイナー音楽のために 大里俊晴著作集』月曜社、2010年11月24日、523頁。ISBN 978-4-901477-77-2