Maher Shalal Hash Baz

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Maher Shalal Hash Baz
出身地 日本の旗 日本
ジャンル 実験音楽
レーベル Kレコード
共同作業者 ジム・オルーク
メンバー 工藤冬里
工藤礼子
くどうなみお
中崎博生
澁谷浩次
沓沢久美子(kotolis、PEPE & PRIMA)
旧メンバー 柴山伸二
篠田昌已
高橋幾郎
向井知恵
中尾勘二
渡邉浩一郎
西村卓也
高橋朝
植野隆司
さや

Maher Shalal Hash Baz (マヘル・シャラル・ハシュ・バズ) は、インディーズで活動する日本実験音楽バンドで、工藤冬里を中心とした不定形ユニットである。ふたつの自主制作カセットをリリースしたのち、オルグレコードより『Maher Goes To Gothic Country』(1991) 、83トラックに及ぶボックスセット『Return Visit To Rock Mass』(1996)を発表。その後ドミノ・レコーズ傘下でスティーヴン・パステル(ザ・パステルズ)の運営するジオグラフィックと契約。同レーベルから発売した2枚のアルバム、『From A Summer To Another Summer (An Egypt To Another Egypt)』(2000) 、『Blues Du Jour』(2003)により、海外でも知られることになる。2007年にはキャルヴィン・ジョンソン(ビート・ハプニング他)が主宰するアメリカの名門インディーレーベル、Kレコードより『L'Autre Cap(邦題:他の岬)』をリリース。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • "Maher Shalal Hash Baz" (d's; 1985; カセットテープ)
  • "Pass Over Musings" (d's; 1985; カセットテープ)
  • "January 14th 1989 Kyoto Maher Goes To Gothic Country" (Org; 1991; LP)
  • "Return Visit To Rock Mass" (Org; 1996; 83 Track Box-Set / 3-CD)
  • "Souvenir De Mauve" (Majikick; 1999; CD)
  • "From A Summer To Another Summer (An Egypt To Another Egypt)" (Geographic; 2000; 2-LP / CD) ※Best-Album
  • "Blues Du Jour" (Geographic; 2003; CD / LP)
  • "Maher Shalal Hash Baz / The Curtains - "Make Us Two Crayons On The Floor" (Yik Yak; 2003; CD) ※Live-Album
  • "Faux Depart" (Yik Yak, 2004; CD)
  • "These Songs" (incerta, 2004; CDR) ※Live-Album
  • "他の岬 L'Autre Cap" (K; 2007; CD)
  • "C'est La Derniere Chanson" (K; 2009; 2-CD)
  • "マヘル国立気分 Live 1984-85" (PSF; 2006; CD) ※1984年明大前キッド・アイラックホール(ファースト・ライブ)と1985年WATTSのライブを収録
  • "ポールのドーター / live" (exhibiTion, 2008; CDR) ※Live-Album
  • "maher shalal hash baz 1996 showboat special edtion" (dependent direct sales,2010; CDR) ※Live-Album
  • "maher shalal hash baz/L.A" (dependent direct sales,2010; CDR) ※Live-Album
  • "HELLO NEW YORK" (OSR,2016; CD / LP) ※Live-Album

シングル[編集]

  • "Unknown Happiness" (Geographic; 2000; 7"EP)
  • "Maher On Water" (Geographic; 2002; 10-inch / Cd-Single)
  • "Open Field" (Geographic; 2003; CD-Single)
  • "Live Aoiheya January 2003" (Chapter Music; 2005; Mini-CD) ※Live-Single
  • "Ethiopia" (incerta, 2004; CDR) ※Live-Single

DVD[編集]

  • Maher Shalal Hash Baz with 篠田昌已 - "腰くだけの犬" (PSF; 2008; DVD) ※1987年明大前キッド・アイラックホールでのライブを収録
  • "C'est la Derniere Chanson tour" (Youth; 2010; DVD) ※2009年8月の日本ツアーのライブを収録

Bill Wells & Maher Shalal Hash Baz[編集]

  • "How's Your Bassoon, Turquirs" (Geographic; 2006; 7-inch)
  • "Osaka Bridge" (Karaoke Kalk; 2006; CD / LP)
  • "Gok" (Geographic; 2009; CD)

主な関連作品[編集]

NOISE

  • "天皇" (Angel; 1980; LP) ※工藤冬里+大村(工藤)礼子によるユニット、CDで再発

工藤冬里

  • "Atlantic City" (繋船ホテル; 1981; カセットテープ / Siwa; 2005; LP)
  • "Unify My Heart" (2004; CDR)
  • "piano solo at mono" (igloo; 2007; CDR)
  • "ピアノ・ソロ(彼は窓から帰って来る、手に職を持って)" (PSF; 2009; CD)
  • "すべての読書は道場破りである" (mds; 2011; CDR/DVDR)
  • "徘徊老人 その他" (7e.p.; 2014; CD)
  • "Enka Blues" (OSR Tapes; 2016; カセットテープ)
  • "Live At Harness" (Moone Records; 2018; カセットテープ)
  • "Gala-Kei (ガラ刑)" (Bruit direct disques; 2018; 2LP+CD)

工藤礼子

  • "Fire Inside My Hat" (Org; 1997; CD)
  • "夜の稲 Rice Field Silentlyriping In The Night" (Majikick; 2001; CD)
  • "人" (HYOTAN; 2006; CD)
  • "草" (HYOTAN; 2006; CD)
  • "塵をなめる" (HYOTAN; 2008; CD)

工藤礼子/工藤冬里

  • "Light" (siwa; 2008; CD)
  • "これから" (PSF; 2009; CD)
  • "みかん" (HYOTAN; 2013; CD)

くどうなみお

  • "はるのあめ" (HYOTAN; 2008; CD)
  • "Love Songs" (HYOTAN; 2010; CD-R)

関連書籍[編集]

  • "open field" (WK&CO 若林商會; 2005) ※工藤冬里の故郷松山での生活を撮影した写真集、写真=白井綾、テキスト=工藤冬里
  • "工藤冬里 詩集「棺」" (十六夜書房; 2011)
  • "工藤冬里 詩集「遠い夜」" (机と枕; 2013) ※CDR付

外部リンク[編集]