Maher Shalal Hash Baz

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Maher Shalal Hash Baz
出身地 日本の旗 日本
ジャンル 実験音楽
レーベル Kレコード
共同作業者 ジム・オルーク
メンバー 工藤冬里
工藤礼子
くどうなみお
中崎博生
澁谷浩次
旧メンバー 柴山伸二
篠田昌已
高橋幾郎
向井知恵
中尾勘二
渡邉浩一郎
西村卓也
高橋朝
植野隆司
さや

Maher Shalal Hash Baz (マヘル・シャラル・ハシュ・バズ) は、インディーズで活動する日本実験音楽バンドで、工藤冬里を中心とした不定形ユニットである。ふたつの自主制作カセットをリリースしたのち、オルグレコードより『Maher Goes To Gothic Country』(1991) 、83トラックに及ぶボックスセット『Return Visit To Rock Mass』(1996)を発表。その後ドミノ・レコーズ傘下でスティーヴン・パステル(ザ・パステルズ)の運営するジオグラフィックと契約。同レーベルから発売した2枚のアルバム、『From A Summer To Another Summer (An Egypt To Another Egypt)』(2000) 、『Blues Du Jour』(2003)により、海外でも知られることになる。2007年にはキャルヴィン・ジョンソン(ビート・ハプニング他)が主宰するアメリカの名門インディーレーベル、Kレコードより『L'Autre Cap(邦題:他の岬)』をリリース。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • "Maher Shalal Hash Baz" (d's; 1985; カセットテープ)
  • "Pass Over Musings" (d's; 1985; カセットテープ)
  • "January 14th 1989 Kyoto Maher Goes To Gothic Country" (Org; 1991; LP)
  • "Return Visit To Rock Mass" (Org; 1996; 83 Track Box-Set / 3-CD)
  • "Souvenir De Mauve" (Majikick; 1999; CD)
  • "From A Summer To Another Summer (An Egypt To Another Egypt)" (Geographic; 2000; 2-LP / CD) ※Best-Album
  • "Blues Du Jour" (Geographic; 2003; CD / LP)
  • "Maher Shalal Hash Baz / The Curtains - "Make Us Two Crayons On The Floor" (Yik Yak; 2003; CD) ※Live-Album
  • "Faux Depart" (Yik Yak, 2004; CD)
  • "These Songs" (incerta, 2004; CDR) ※Live-Album
  • "他の岬 L'Autre Cap" (K; 2007; CD)
  • "C'est La Derniere Chanson" (K; 2009; 2-CD)
  • "マヘル国立気分 Live 1984-85" (PSF; 2006; CD) ※1984年明大前キッド・アイラックホール(ファースト・ライブ)と1985年WATTSのライブを収録
  • "ポールのドーター / live" (exhibiTion, 2008; CDR) ※Live-Album
  • "maher shalal hash baz 1996 showboat special edtion" (dependent direct sales,2010; CDR) ※Live-Album
  • "maher shalal hash baz/L.A" (dependent direct sales,2010; CDR) ※Live-Album
  • "HELLO NEW YORK" (OSR,2016; CD / LP) ※Live-Album

シングル[編集]

  • "Unknown Happiness" (Geographic; 2000; 7"EP)
  • "Maher On Water" (Geographic; 2002; 10-inch / Cd-Single)
  • "Open Field" (Geographic; 2003; CD-Single)
  • "Live Aoiheya January 2003" (Chapter Music; 2005; Mini-CD) ※Live-Single
  • "Ethiopia" (incerta, 2004; CDR) ※Live-Single

DVD[編集]

  • Maher Shalal Hash Baz with 篠田昌已 - "腰くだけの犬" (PSF; 2008; DVD) ※1987年明大前キッド・アイラックホールでのライブを収録
  • "C'est la Derniere Chanson tour" (Youth; 2010; DVD) ※2009年8月の日本ツアーのライブを収録

Bill Wells & Maher Shalal Hash Baz[編集]

  • "How's Your Bassoon, Turquirs" (Geographic; 2006; 7-inch)
  • "Osaka Bridge" (Karaoke Kalk; 2006; CD / LP)
  • "Gok" (Geographic; 2009; CD)

主な関連作品[編集]

NOISE

  • "天皇" (Angel; 1980; LP) ※工藤冬里+大村(工藤)礼子によるユニット、CDで再発

工藤冬里

  • "Atlantic City" (繋船ホテル; 1981; カセットテープ / Siwa; 2005; LP)
  • "Unify My Heart" (2004; CDR)
  • "piano solo at mono" (igloo; 2007; CDR)
  • "ピアノ・ソロ(彼は窓から帰って来る、手に職を持って)" (PSF; 2009; CD)
  • "すべての読書は道場破りである" (mds; 2011; CDR/DVDR)
  • "徘徊老人 その他" (7e.p.; 2014; CD)

工藤礼子

  • "Fire Inside My Hat" (Org; 1997; CD)
  • "夜の稲 Rice Field Silentlyriping In The Night" (Majikick; 2001; CD)
  • "人" (HYOTAN; 2006; CD)
  • "草" (HYOTAN; 2006; CD)
  • "塵をなめる" (HYOTAN; 2008; CD)

工藤礼子/工藤冬里

  • "Light" (siwa; 2008; CD)
  • "これから" (PSF; 2009; CD)
  • "みかん" (HYOTAN; 2013; CD)

くどうなみお

  • "はるのあめ" (HYOTAN; 2008; CD)
  • "Love Songs" (HYOTAN; 2010; CD-R)

関連書籍[編集]

  • "open field" (WK&CO 若林商會; 2005) ※工藤冬里の故郷松山での生活を撮影した写真集、写真=白井綾、テキスト=工藤冬里
  • "工藤冬里 詩集「棺」" (十六夜書房; 2011)
  • "工藤冬里 詩集「遠い夜」" (机と枕; 2013) ※CDR付

外部リンク[編集]