山崎春美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山崎春美
生誕 (1958-09-02) 1958年9月2日(59歳)
出身地 日本の旗 日本, 大阪府
ジャンル アバンギャルド
ニュー・ウェイヴ
パンク・ロック
職業 ミュージシャン
ライター
編集者
担当楽器 ヴォーカル
活動期間 1977年 -
共同作業者 高杉弾
大里俊晴
白石民夫
佐藤薫
香山リカ
町田町蔵
隅田川乱一
野々村文宏
ロリータ順子

山崎春美(やまざき はるみ、1958年9月2日 - )は、日本ロックミュージシャン編集者ライター。伝説的自販機本Jam』編集者。雑誌『HEAVEN』3代目編集長。日本大学芸術学部文芸学科中退[1]

前衛的なロックバンド「ガセネタ」「TACO」などで活動した。

来歴[編集]

1975年、大阪の高校生だった山崎春美は、阿木譲の『ロック・マガジン』に美文を執筆し、注目される。

1977年、上京。大里俊晴連続射殺魔の浜野純らと、明治大学の現代音楽ゼミで知り合い、自称「ハードロック」バンド「ガセネタ」を結成する。「吉祥寺マイナー」などで活動し、灰野敬二白石民夫工藤冬里、当時は音楽活動をせず役者を目指していたECDをはじめ、また、東京ロッカーズのバンドたちなど多くのアンダーグラウンドミュージシャンと交流を持つ。

1978年日本大学芸術学部文芸学科入学[2]。佐内順一郎(高杉弾)や美沢真之助(隅田川乱一)と日芸で知り合い、伝説的自販機本Jam』の編集に参加。また松岡正剛の『遊塾』(日遊塾)にも入り、『遊』増刊号を編集。

同年、山崎がリスペクトしていた阿部薫が他界。阿部の妻である鈴木いづみとも交流があり、山崎をモデルにした『ラブ・オブ・スピード』という小説も書かれている。またガセネタに対して「このバンドの為なら何でもする」[3]と語った音楽評論家間章も同年に他界。

1979年、ガセネタは解散。

同年、行方不明になっていた漫画家蛭子能収を再発見し『Jam』誌上で再デビューさせる[1]

1980年自販機本Jam』の後継誌であるニューウェーブ雑誌『HEAVEN』(アリス出版群雄社)の創刊に参加。高杉弾近藤十四郎に続いて山崎が3代目編集長となる。野々村文宏を副編集長兼ライターとし、また『遊』の工作舎で知り合ったまだ医大生の香山リカライターデビューさせ、彼女のペンネームの名付け親となる。さらに祖父江慎細川周平、美沢真之助なども参加した。

同年、伝説的ロックバンドTACO」を結成。TACOは吉祥寺マイナーのイベント「愛欲人民十時劇場」「剰余価値分解工場」にて、山崎を中心にイベントの主宰者であった白石民夫、そして大里俊晴、後飯塚僚、平野勝、田中トシが集い、美沢真之助、山本土壺らが介入、さらにロリータ順子(篠崎順子)が加わり、後に1st.アルバムに参加するミュージシャン達を巻きこんでいくなど、音楽的・出版的人間関係から集まった不定形の即興音楽集団だった。

同年、前述のライブのオムニバス・アルバム『愛欲人民十時劇場』がピナコテカレコードよりリリース。ちなみに特典付録はアルミ箔に包んだ人糞だった。なおこのアルバムはTACO名義でなく「山崎春美グループ」の名義で発表されている。

さらに、灰野敬二に続くピナコテカレコード第2弾としてTACOの1st.アルバムをリリースする予定だったが中止となる。この幻の「タコ/1st」は、2012年発売の『タコBOX 甘ちゃん』に収録された。

1981年、雑誌『HEAVEN』の廃刊を受け、明石賢生社長の招き入れで群雄社出版に入社するが一か月で退社[4][5]

この頃より不定期で雑誌『HEAVEN』主宰の伝説的イベント「天国注射の昼」を日比谷野外音楽堂で開催。TACO、じゃがたら町田町蔵巻上公一THE FOOLSGAUZE突然段ボールコクシネルなど当時のアンダーグラウンドシーンで活躍するバンドが多数出演した。

1982年、「自殺未遂ライブ」と称し、ステージで手首を出刃包丁で切り、救急車で運ばれる[4]。その会場でのドクターストップ役は、香山リカが務めた[4]

1983年坂本龍一遠藤ミチロウ町田町蔵、工藤冬里、上野耕路、宮沢正一、NON、川島バナナなど多彩なミュージシャンと山崎の歌詞とのコラボレーションによる1st.アルバム『タコ』 を発表。ピナコテカレコードからのリリースで、ジャケットは花輪和一合田佐和子だった。

その後、山崎は「家業を継ぐ」と大阪に帰郷し、TACOも解散。雑誌内雑誌『HEAVEN』は香山リカ、及びデザイナー陣が以降の編集を担当した。

1984年、1983年11月法政大学学館ホール、同志社大学学館ホールでのライブを収録した2nd.アルバム『セカンド』をリリース。このライブでのメンバーは山崎、大里俊晴、佐藤薫(EP-4)、野々村文宏の4人。またジャケットは霜田恵美子だった。

同年、最後まで文章を書いていた『宝島』からも撤退し絶筆[4]

1986年町田町蔵、元INUの北田昌宏と「至福団」を結成し、カセットブック『どてらいやつら』をリリース。山崎はこのカセットブックのブックレットの編集を担当した(ただし音源でも一曲だけ台詞を読んでいる)。

1987年、山崎の公私ともにパートナーであった、ロリータ順子が他界。

1992年大里俊晴によるガセネタの伝記的小説『ガセネタの荒野』が発売。

1993年、結婚[4]。同年にはPSFレコードより、ガセネタの1978年のライブおよびスタジオライブが収録されたアルバム『Sooner or Later』がリリース、これがガセネタの初音源となる。

1994年、長男が誕生[4]。同年、北村昌士のSSEレーベルより、TACOの2枚のアルバムがカップリングでCD『タコ大全』としてリリースされたが、町田町蔵がゲストヴォーカルを務める曲「きらら」は差別用語自主規制音が入り、また宮沢正一や遠藤ミチロウが参加した「赤い旅団」に至っては同じく自主規制として一切の情報が記載されない等、内容の不備があり、作品自体も山崎の許可を得ずにプレスされた海賊盤であった。

1996年太田出版発行のサブカルチャー雑誌『Quick Japan』11号で「山崎春美という伝説──“自殺未遂ギグ”の本音」と題した特集が組まれる[4]

2009年、山崎のガセネタからの盟友である大里俊晴が他界。

2011年、TACOの2枚のアルバムがディスクユニオンよりリマスタリングされた紙ジャケットCDとして再発。ライナーノーツには、山崎を始め、香山リカ、佐藤薫、野々村文宏の文章が掲載されている。そして、山崎と佐藤薫の監修による10枚組CDボックスセット『ちらかしっぱなし-ガセネタ in the BOX』がリリースされた。

2012年、初期TACOにてサウンド面で大きな役割を果たした白石民夫をフィーチャーした4枚組CDボックスセット『タコBOX Vol.1 甘ちゃん』をリリース。また、山崎はTACO名義でライブを行い、活動を再開。

2013年、これまで書き紡いだ原稿を自選した集大成の初著書『天國のをりものが 山崎春美著作集1976-2013』を河出書房新社より上梓。

2015年11月、後期TACOの音源を収録した4枚組CDボックスセット『タコBOX Vol.2 8ナンバー』をリリース。そして新宿ロフトにて「大里俊晴七回忌」として、遠藤ミチロウ、乾純、佐藤薫工藤冬里、久下恵生、向島ゆり子、後飯塚僚、野々村文宏香山リカなどかつてのメンバー・関係者が集ったライブ「SHINDACO~死んだ子の齢だけは数えておかねばならない」を開催。ロリータ順子のパートは当時彼女と交遊があった戸川純が歌った。

ガセネタ[編集]

ガセネタは、山崎春美を中心とした日本最初期のパンクロックバンドあるいはハードロックバンドである。レパートリーは「雨上がりのバラード」「父ちゃんのポーが聞こえる」「宇宙人の春」「社会復帰」の4曲。

1977年結成。吉祥寺マイナーを中心に大学構内や学園祭などでゲリラ的に活動を続け、結成からわずか2年後の1979年に解散。活動当時は音源を一切リリースせず、解散から13年後の1992年大里俊晴が発表したガセネタの伝記的小説『ガセネタの荒野』に対抗してアルバム『Sooner or Later』を1993年にリリース、これがガセネタの初音源となる[6]

その後も長らく伝説的存在となっていたが、2015年のライブ「SHINDACO~死んだ子の齢だけは数えておかねばならない」より本格再始動する[7]

音楽評論家間章が晩年に「このバンドの為なら何でもする」[3]と語ったことでも知られ、山崎は後年「“タコ”はバンドではない。自分が参加したバンドは“ガセネタ”だけだ」とも述懐している[4]

メンバー[編集]

アルバム[編集]

  • 『Sooner or Later』(1993) ※1978年の明治大学でのライブ、スタジオライブを収録
  • 『ちらかしっぱなし-ガセネタ in the BOX』(2011) ※1977年夏のごく初期から1979年3月30日解散前夜まで、時期や参加メンバーによって「こたつで吠えろ」「て」「ガセネタ」「アナルキス」など名前を変えながら行なった様々なライヴや練習スタジオのカセット一発録音を8枚のCD(disk1~8)に、ハイライズのメンバー(成田宗弘、南條麻人、氏家悠路)などに山崎春美が加わった1985年のライヴ音源(他)をdisk-9に、さらにMOODMANによる2011年ガセネタ・スピード・ミックス盤を附した10枚組。「雨上がりのバラード」26テイク、「父ちゃんのポーが聞こえる」27テイク、「宇宙人の春」17テイク、「社会復帰」11テイク、プラスその他11テイク、以上670分92テイク収録。また1977年のガセネタ初期セッション「こたつで吠えろ!」を番外編CDとして先着特典付。
  • 『グレイティスト・ヒッツ』(2011) ※ベスト・アルバム

TACO[編集]

TACO(タコ)は、山崎春美を中心とした不定形音楽集団の総称である。ガセネタの解散後、山崎春美や白石民夫を中心に結成された。

メンバー[編集]

※不定形のバンドのため、山崎以外はどこまでが正式メンバーなのかは不明。アルバムにクレジットされている参加ミュージシャンを列記する。

アルバム[編集]

  • 『タコ』(1983) 2011年、公式CD化
  • 『セカンド』(1984)※1983年11月法政大学学館ホール、同志社大学学館ホールでのライブを収録。2011年、公式CD化
  • 『タコ大全』(1994) ※「タコ」「セカンド」の2in1CD。前述の通り山崎の許諾を得ていないため、海賊版CDとして扱われる。
  • 『タコBOX Vol.1 甘ちゃん』(2012) ※1981年末までの初期タコにて、サウンド面で大きな役割を果たした白石民夫をフィーチャーし、4CDに収録。また、ピナコテカレコードから1982年にリリース予定だった幻の「タコ/1st」をdisc4に収録。
  • 『タコBOX Vol.2 8ナンバー』(2015) ※山崎春美と佐藤薫を中心とした、1982年末以降の後期タコを4CDに収録。「セカンド」のオリジナル音源、1983年8月日比谷野音「天国注射の昼」の音源などを収録。

オムニバス参加

  • 『Live at LOFT & SHELTER」(1997)「42nd」(未発表ライブ音源)収録
  • 『MOODOOISM』(2011)「人質ファンク」(「タコ」収録曲)「のろい しばり」(「セカンド」収録曲)収録

映像

その他[編集]

  • 『愛欲人民十時劇場』(1981) ※吉祥寺マイナーで行なわれたライブのオムニバス・アルバム。ピナコテカレコード発売。「山崎春美グループ」名義で1曲収録。
  • 『Aura Music』(1983) ※かげろうレコード/ゼロ・レコードのオムニバス・アルバム。「山崎春美 with Fragment」名義で「歌に身を切られる」収録。
  • 『どてらいやつら』(1986) ※「町田町蔵FROM至福団」名義のカセットブック。雑誌「宝島」のJICC出版局発売。山崎は冊子の編集を担当。なお、1991年にCD化されているが、冊子は付いていない。
  • 『Early Works1977-1978(Memories of Yasushi Ozawa)/園田佐登志』(2009) ※元不失者の小沢靖の追悼CD。ガセネタ+園田佐登志によるアナルキスの音源を3曲収録。
  • 『タカラネタンチョトタカイネ/大里俊晴』(2011) ※5枚組BOXの1~3枚目に、1970年代後半の吉祥寺マイナー時代、1980年代のタコ時代の音源を収録。

著書[編集]

  • 『天國のをりものが 山崎春美著作集1976-2013』河出書房新社(2013年)

脚注[編集]

  1. ^ a b スーパー変態マガジン『Billy』(白夜書房)1982年3月号 63-66頁「蛭子能収インタビュー」(聞き手・構成:山崎春美)
  2. ^ 幻冬舎『SPECTATOR』vol.39「パンクマガジン『Jam』の神話」より
  3. ^ a b ガセネタ「Sooner or Later」帯文より
  4. ^ a b c d e f g h 太田出版Quick Japan』11号「山崎春美という伝説──“自殺未遂ギグ”の本音」より
  5. ^ 山崎春美「WHO'S WHO 人命事典 第3回」幻冬舎『スペクテイター』39号 127頁。
  6. ^ 剛田武の地下音楽入門 第3回:ガセネタ
  7. ^ 山崎春美率いる伝説のバンド、TACOおよびガセネタが本格再始動音楽ナタリー
  8. ^ 香山リカ著「ポケットは80年代がいっぱい」より

参考文献[編集]

  • 「ガセネタの荒野」大里俊晴(洋泉社) (1992) ※2011年に月曜社より復刊。
  • クイック・ジャパンVol.11 特集・山崎春美という伝説」(太田出版) (1996)
  • 「ポケットは80年代がいっぱい」香山リカ(バジリコ) (2008)

外部リンク[編集]