アリス出版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アリス出版は、かつて存在した自動販売機雑誌編集プロダクション1970年代から1980年代にかけて自販機本の最大手出版社だった。創設者は備前焼陶芸家小向一實(こむかい かずみ)。旧社名は平和出版[1]

歴史[編集]

設立[編集]

アリス出版は1975年頃に小向一實の個人事務所として発足したのが始まりとされている[2]。ただし初期からアリス出版の下請けを行っていたKUKI経営者の中川徳章によれば「1974年にアリス出版の仕事をするために会社を作った」と証言しており、正確な創設時期は依然不明のままである[3]

元々小向は檸檬社という出版社でエロ実話誌を作っていたが、厳格な倫理規定に加えて出版取次会社が檸檬社の出版物をゾッキ本として正規の流通ルートから外して古書市場に流していたことに兼ねてより不満を抱いていた[4]。ほどなくして東京雑誌販売(東雑)の中島規美敏が設立した平和出版(後のアリス出版)でグラフ誌を制作するアルバイトを頼まれた小向は、そこで出版取次を介さず自動販売機のみで雑誌を流通させることが出来る「雑誌コードを取らない唯一独自の販路」に強く興味を持つようになり、アリス出版を設立するに至ったと述べている[4]

なお平和出版での編集作業は小向がほとんど一人で行っていたため、いつの間にか平和出版は小向の個人事務所になっていたという[2]。しかし、すでに同名の出版社が存在していたため、ある時期から社名を平和出版からアリス出版に変更したとされる[5]。平和出版がいつアリス出版を名乗るようになったのか、正確な時期は不明であるが、亀和田武米澤嘉博を編集長に迎えたエロ劇画誌劇画アリス』が1977年9月に創刊していることから、少なくともその頃までにはアリス出版を名乗っていたとみられる[5]

初期[編集]

当初は小向の個人事務所として始まったアリス出版であったが、設立から半年後に檸檬社から亀和田武を招き入れ、二人で制作したエロ本を東雑が全国の自販機に流すという形で、実質的なスタートを切る[4]

アリス出版の自販機本は、それまでのエロ本実話誌には無かったドラマ性やストーリー性を大胆に導入したことから爆発的なヒットを記録し[6]、一躍自販機本の最大手出版社に躍り出る。この「写真を組み合わせてストーリーを作る」というエロ本の手法は小向が編み出したもので、後に小向は「それ以前の実話誌の写真ってヒドかったじゃない。女のハダカを見せるってことに全然リアリティがない。突然脱がして、とかやってたわけでしょ。俺も別にドラマがやりたいとかじゃないんだよ。そうじゃなくて、センズリする時って、誰でもある程度ドラマを組み立ててるわけでしょ。だから、そういう手法って当然有効なわけじゃない」と語っている[4]

1970年代にアリス出版が発行した代表的なグラフ誌に、制作費を惜しみなく投入した歴史エロ超大作『日本売春史[6]職権乱用警察官容疑者の女性をレイプする『濡れた警棒』シリーズ[6]ウサギを飼育している変態男が行きずりの女性を拉致監禁して飼育する豊田薫制作のアングラエロ本生娘飼育[6]、巨匠・杉浦則夫カメラマンに迎えて茅葺き屋根の古い農家でセーラー服姿の妹と兄の情交をドラマチックに描写した『兄・妹[7]などがある。

合併と分裂[編集]

アリス出版は知名度が上がるにつれ、ユニークな才能を持つ若手編集者が続々と集まるようになり、ワイドショー番組からはテレビ取材も受けるなど、各方面から注目を集めるようになっていった[8]

最盛期の1980年にはアリス出版のライバル企業であった明石賢生率いる自販機本出版社のエルシー企画合併するが、同年8月に副社長の明石が突如独立し、これに追従する形で旧エルシー企画とアリス出版のほとんどの編集メンバーが明石が新たに立ち上げた群雄社出版にスピンアウトする[9][10]

また時期を同じくしてモデルクラブから派遣されたヌードモデルの中に未成年者がいたことが警察当局の調べで判明した為、小向一實社長が児童福祉法違反で逮捕され、結果的に小向は業界から自主引退する事となった[11]。さらにこの頃からPTAによる悪書追放運動警察当局からの摘発、地方公共団体青少年保護育成条例制定など自販機ポルノへに対する規制強化が進んだこともあり、アリス出版は年々縮小、衰退の道を辿った。

末期[編集]

小向の引退後、初期のメンバーがすべて抜けたアリス出版だったが、その自由な社風を慕って入社した竹熊健太郎藤原カムイ神崎夢現ピストン原田などの若手編集者らが後期のアリス出版を支え、経営悪化の中でも質の高いグラフ誌を世に送り出していた[12]

アリス出版がいつ消滅したのかは未だに謎に包まれたままであるが、同社の看板雑誌『少女アリス』の編集長だった川本耕次1985年頃までにアリス出版が消滅したのではないかと推測している[13]。その一方で21世紀までアリス出版の残党による編集プロダクションが存在していたとする証言もある[13]

現在もアリス出版を名乗る法人東京都豊島区東池袋1丁目27番5号に登記上所在しているが、事業実態がないペーパーカンパニーであり、本項のアリス出版と関連性があるかどうかも不明である。

代表的な出版物[編集]

エロ本の体裁を装いながらサブカルチャーアングラカルチャーに深くコミットしたカルチャーマガジンで、当時の自販機本が個人もしくは数名程度のスタッフによって製作されていたのに対し、本誌ではスタッフだけで30人以上が参加するなど自販機本関係者が総動員されたかのような誌面が展開されていた[18]エルシー企画神崎夢現いわく、最初に『Jam』の影響を受けた自販機本が本誌であるという[19]。しかし、エロ以上にカルチャー色の強い誌面・内容は自販機本の一般的な読者層から支持を得ることが出来ず、2号を最後に佐山は編集長を降板し編集部も解散。その後、エロ路線に誌面を刷新するが、わずか4号で廃刊した[18]評論家小田光雄は本誌が短期間で廃刊したことについて「自販機による流通販売の限界を告げていたことになろう」と述べている[18]
ちなみに第2号には伝説的な企画記事「鈴木いづみベッドインタビュー」(聞き手:山崎春美)が掲載されている。鈴木は1986年自殺した伝説的な小説家であり、伝説的なサックス奏者阿部薫の妻でもある。著作に山崎春美をモデルにした『ラブ・オブ・スピード』という小説のほか『恋のサイケデリック!』などがある。

出身者[編集]

関連会社[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 川本耕次『ポルノ雑誌の昭和史』ちくま新書 2011年 84-87頁。
  2. ^ a b 竹熊 & 小向 1997, p. 172.
  3. ^ 川本耕次『ポルノ雑誌の昭和史』ちくま新書 2011年 84頁。
  4. ^ a b c d 竹熊 & 小向 1997, p. 173.
  5. ^ a b 川本耕次『ポルノ雑誌の昭和史』ちくま新書 2011年 87頁。
  6. ^ a b c d 竹熊 & 小向 1997, p. 173 - 174.
  7. ^ 川本耕次『ポルノ雑誌の昭和史』ちくま新書 2011年 86-87頁。
  8. ^ 神崎 2017, p. 110.
  9. ^ ただし、この分裂事件はアリス出版内部での軋轢によるものではなく、自販機本取次会社の東京雑誌販売(東雑)との関係悪化に起因するものであった。
  10. ^ 川本耕次『ポルノ雑誌の昭和史』ちくま新書 2011年 120頁。
  11. ^ 竹熊 & 小向 1997, p. 175.
  12. ^ 川本耕次『ポルノ雑誌の昭和史』ちくま新書 2011年 121頁。
  13. ^ a b 川本耕次『ポルノ雑誌の昭和史』ちくま新書 2011年 123頁。
  14. ^ a b c d e 川本耕次『ポルノ雑誌の昭和史』ちくま新書 2011年 90頁。
  15. ^ 川本耕次『ポルノ雑誌の昭和史』ちくま新書 2011年 118頁。
  16. ^ 神崎 2017, p. 111.
  17. ^ ある編集者の遺した仕事とその光跡 天災編集者!青山正明の世界 第5回
  18. ^ a b c d 自販機本の時代”. 小田光雄. 論創社 (2017年11月15日). 2018年1月17日閲覧。
  19. ^ 神崎 2017, p. 107.
  20. ^ a b c d e f g ばるぼら「日本出版史のターニング・ポイント 自販機本の世界」、『エロ本黄金時代』、 51 - 61頁。
  21. ^ 別冊宝島345『雑誌狂時代!―驚きと爆笑と性欲にまみれた「雑誌」というワンダーランド大研究!』宝島社 1997年11月 193-194頁。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]