明石賢生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

明石 賢生(あかし けんせい、1943年 - 1996年)は、日本の編集者実業家カメラマンエルシー企画群雄社出版社長。アリス出版副社長。

自販機本ビニ本アダルトビデオといった各時代のエロメディアにおいて活躍した。

経歴[編集]

1943年大分県生まれ。学生時代は全共闘ブント系マル戦派)の活動家で、1968年ベトナム反戦運動の一環として闘われた東京王子米軍野戦病院反対闘争では逮捕されたこともある。

早稲田大学を3年で中退後、印刷屋や小規模出版社の営業職など転々とし、三崎書房エド・プロダクツ)系列の出版社で『コクリコ坂から』の漫画原作者である佐山哲郎と共にインテリ向けのエロ本などを編集する。

これと並行して下落合[1]スナック「クレジオ」で店長を3年間務め、常連客の赤塚不二夫平野甲賀及川恒平八木眞一郎隅田川乱一らと顔馴染みになる[2]。また暴走族スペクターブラックエンペラーからの人望も集めるなど幅広い人脈を築いた[2]

1976年、旧知の編集者である佐山哲郎を誘って自販機本出版社エルシー企画を設立。武蔵野大門名義でヌードカメラマンも兼任し、スカトロエロ本の先駆けとなる『女子便所』シリーズやフェティッシュな接写写真・局部アップなどでエロ本の新境地を開拓、自販機本業界に旋風を巻き起こす。

1979年からは高杉弾近藤十四郎山崎春美編集の伝説的自販機本Jam』『HEAVEN』のスポンサー役を務め、爆弾企画「山口百恵宅のゴミ漁り」を世に送り出す。

1980年、エルシー企画が自販機本最大手のアリス出版合併、同社の副社長に就任するも同年辞職し、アリス退社組を率いて高田馬場群雄社出版(通称・群雄社)を同年設立する。

1981年2月猥褻図画販売の疑いで群雄社に家宅捜索が入り逮捕される[3]。同年3月、明石逮捕の影響で『HEAVEN』は廃刊[4]

1982年9月には日本初のスカトロ専門誌『スカトピア』(群雄新社)を創刊する[5]

群雄社では自販機本以外にビニ本や一般書にも進出するが、経営不振で1983年に倒産。

アダルトビデオメーカーアトラスにじゅういち」の前身となるビデオ制作会社「ビップ」の代表取締役が最後の肩書となった[6]

出版界に数々の伝説を遺し、1996年急逝。

カネは持ってる者が払う[2]カネは出すが口は出さない[7]が信条の太っ腹な経営者だったと伝えられている。

部下[編集]

社風[編集]

かつて明石主宰の群雄社出版で仕事をしていた竹熊健太郎は当時の業界を振り返って次のように回想している。「だいたいこの会社、社長(故人)が元全共闘の過激派で、社員の多くがヒッピー、営業部長がヤクザ、編集局長がお坊さんポルノ小説家と、なんというかまともな人が誰もいないのがナイスでした」[10]「私が20歳でドロップアウトして転がり込んだ80年代初頭のアダルト雑誌界は、恐らく天才密度世界一の場所であったと断言出来ます。本当に、天才の皆さんが床に散乱したダーティ・松本先生、蛭子能収先生の生原稿をふんずけて歩いてました。天才にはどうやら正と負の二種類があり、正の天才は立派な社屋を構える小学館集英社講談社に、負の天才はアリス出版や群雄社、セルフ出版(現・白夜書房)のような日の当たらない雑居ビルに集まっていたように私は感じるのです。実は小学館・集英社と群雄社は目と鼻の先、200メートルも離れてない場所にありました」[11]「たぶん僕は一生分の天才奇人変人たちと遭遇したに違いない。最初、僕が想像していたようなヤクザはそこにはいなかった。かわりにいたのは過激派崩れやフーテンにヒッピー、頭のネジが外れた芸術家、天才的三文作家、ストリートパンクス等、心優しきアウトサイダーばかりである。彼・彼女らが作っていた『自販機本』は、あらゆる意味で出版界の革命だった。なによりもそれは通常の書店には置かれない。立ち読みすらできない。また本が本なだけに、文句を言ってくる読者も少ない。ということは逆に“何をやっても許される”出版天国、アナーキズムの理想郷がそこにあったともいえる」[12]「事実、最盛期には『ポルノですらない』自販機本が続出していた。アヘアへ・ヌードの表紙をめくるといきなりドラッグの特集が組まれていたり、芸能人の捨てたゴミをグラビアで完全紹介していたり、天皇がニッコリ微笑んでいたり、わけのわからん数式がズラーッと並んでいたり……。哄笑と毒電波ライン・ダンスを踊っているようなそのあまりの怪しさに、僕は骨の髄まで浸食されてしまった。その頂点に位置するのが、高杉弾山崎春美らを中心とするオナニー&メディテーションマガジンJam』『HEAVEN』である」[12]

脚注[編集]

  1. ^ Billy』1982年2月号のインタビューではクレジオの所在地は下落合だが、『スペクテイター』39号掲載の記事「なぜなに学習塾 自販機本『Jam』ってなあに?」(ばるぼら)では中落合となっている。
  2. ^ a b c 白夜書房Billy』1982年2月号 山崎春美のスーパー変態インタビュー「ウンチでビルが建った!? 群雄社代表取締役 明石賢生
  3. ^ Quick Japan』Vol.16「天国桟敷の人々─エロ本三国志④ 群雄社設立とビニール本の時代」p.183
  4. ^ 後に同誌は「雑誌内雑誌」として他誌に移籍する。事件の顚末については「Jam (自販機本)#廃刊~雑誌内雑誌として再出発」を参照。
  5. ^ ある編集者の遺した仕事とその光跡 天災編集者!青山正明の世界 第36回 スカトロ誌における青山正明”. ばるぼら. 大洋図書 (2008年12月7日). 2018年3月24日閲覧。
  6. ^ ビップは群雄社の映像部門として1982年に設営され、群雄社倒産後もアダルトビデオメーカーとして存続した。初代社長は近藤十四郎
  7. ^ 『Quick Japan』Vol.14「天国桟敷の人々─隅田川乱一インタビュー」p.161
  8. ^ 川本耕次『ポルノ雑誌の昭和史』ちくま新書 2011年 p.37
  9. ^ ある編集者の遺した仕事とその光跡 天災編集者!青山正明の世界 第5回
  10. ^ 忘れえぬ君(1)イッサクさんの巻 - たけくまメモ 2006年3月6日
  11. ^ 竹熊健太郎のツイート 2014年2月16日
  12. ^ a b 『Quick Japan』Vol.12 竹熊健太郎「自動販売機と青春―エロ本は僕らの学校だった」p.128 - 129

参考文献[編集]