岡留安則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡留 安則(おかどめ やすのり、1947年11月23日 - )は、日本ジャーナリスト、元『噂の眞相』編集長・発行人。

来歴・人物[編集]

鹿児島県曽於郡末吉町生まれ。宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校では野球部に所属。法政大学社会学部入学後、学生運動の闘士となり、大学3年のとき構造改革左派のプロレタリア学生同盟に参加。1970年に卒業後、70年安保を境に学生運動から脱落。同法学部学士入学し、在学中は高田馬場土方アルバイトを経験。1972年卒業。

赤石憲彦率いる東京アドエージに入社し、以後2年半、業界紙の編集に携わる。1975年に退社し、新島史と共同で『マスコミ評論』を創刊、編集長となる。しかし、その後編集方針で新島と対立するようになり、1978年、5人のスタッフともども新島に追放された。

周囲に資金援助を仰ぎ、3000万円を集めて東京新宿に事務所を借り、反権力スキャンダル雑誌を売りとする月刊誌『噂の眞相』を1979年3月に創刊。1980年、『噂の眞相』は皇室ポルノ事件で広告の多くを失い危機に陥るが、その後は広告を頼りにしない方針で立ち直り、休刊まで黒字を維持した。ノーテンキを自称し、個人的な知人・友人であっても容赦なく批判や話題の種にする事で知られた。但し、『噂の眞相』に連載中の人物のみはこの限りではない。また、田中康夫宅八郎の対立では、田中に甘すぎるとの宅側の不満が上がった。

2004年4月号限りで噂の眞相を休刊すると[1]沖縄県移住。翌年1月には「『噂の眞相』25年戦記」(集英社新書)を著し、発行から休刊までの総括を発表した。月刊誌『WiLL』にウェブログの内容を連載。『WiLL』は保守色の強い雑誌であり、岡留の思想とは相容れない誌面だが、花田紀凱編集長との個人的な親交から連載していたが、読者からの反発を受けて2008年2月“紙面の都合で休載”とされそのまま連載終了してしまった。

ちなみに噂の眞相はテレビ番組という形で復活しており、タイトルはそのものズバリ「TVウワサの眞相」。雑誌時代のテイストを残し月1回で放送され、メインキャスターを岡留が務めていた(番組はCSデジタルテレビ局の朝日ニュースターで放送され、2007年3月15日放送分で終了した)。

現在は東京スポーツで「マンデー激論」を月に一度担当。2013年9月現在、那覇市のスナック『酒処 瓦家別館』の店主を務めている。

主な著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]