高田馬場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 新宿区 > 高田馬場
高田馬場
さかえ通り
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 東京都
特別区 新宿区
地域 淀橋地域
人口 (2015年(平成27年)12月1日現在[1])
 - 計 18,439人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 162-0833
人口は高田馬場一丁目から四丁目までの合計

高田馬場(たかだのばば・たかたのばば)は、東京都新宿区北部の町名である。高田馬場一丁目から四丁目までがある。

ただし、本来の高田馬場とは、西早稲田三丁目にあった馬場の名で、江戸時代に「高田馬場の決闘」が戦われたのもその地である。地名としては、付近一帯(北の豊島区高田や西の中野区上高田に至る)を「高田」と呼んだ。

通称「馬場(ばば)」。

特徴[編集]

JR山手線西武新宿線東京メトロ東西線高田馬場駅に乗り入れるほか、都営バスも多く発着しており、都内主要地域へのアクセスも良好である。近隣地域も含めて多くの大学専門学校予備校が集まっており、高田馬場駅全国屈指の学生街を形成している。他の学生街同様、飲食店は総じて低価格であり、近年では駅周辺から西早稲田方面にかけて早稲田通り沿い一帯がラーメン激戦区として知られている。例年10月中旬に「大高田馬場祭り」が行われ、サンバチームが招かれるなど、大勢の観客で賑わいを見せる。

2004年頃には、名物としてが取り上げられた他、2005年頃からは、秋葉原千代田区)・池袋豊島区)と並んでクリエイターブームの発祥地となっている。

また、在日ミャンマー人が多く住んでおり、「リトル・ヤンゴン」と呼ばれる日本最大のミャンマー人コミュニティを形成している。

範囲[編集]

狭義では高田馬場一丁目から四丁目を指すが、単に「高田馬場」「馬場」などと呼ばれる地域としては、高田馬場駅から早稲田大学方向に通学する者やその学生街が形成されている影響、旧町域(諏訪町、戸塚町)が同じであったこと、史跡の高田馬場跡があることから、西早稲田一丁目から西早稲田三丁目までが含められ、さらに駅周辺の下落合一丁目、豊島区高田三丁目の新目白通り以南周辺までも含めることがある。

地名[編集]

穴八幡宮内の流鏑馬像

馬場の名の由来[編集]

1636年、徳川三代将軍家光により旗本達の馬術の訓練や流鏑馬などのための馬場が造営された。

一説に、この地が家康の六男で越後高田藩主だった松平忠輝の生母、高田殿(茶阿局)の遊覧地(景色のよい遠望を楽しむために庭園を開いた所)であったことから、高田の名をとって高田馬場としたとする。だが、それ以前に、この一帯が高台である地形から俗称として高田とも呼ばれていたため、その名を冠したとの説、その2つの由来が重なったためとの説もある。一説には、高田村[どこ?]の飛び地があったためとも言われている。

近隣には高田(豊島区)、上高田中野区)の地名が現存する。

地名化[編集]

1975年に住居表示が実施された際に町名としての「高田馬場」が発足したが、高田馬場駅地名の由来となった史跡の高田馬場は、行政上の高田馬場には含まれない。よって、現在の行政区分は駅名が直接の由来であると考えられる。

1910年、地元の鉄道駅設置の請願運動により山手線に駅が開業することになったものの、鉄道院は駅の所在地名(地元要望案は上戸塚、諏訪森)を採用せず、駅から1km程離れた史跡の高田馬場を駅名に採用して読みを「たかのばば」とし、後に開業する鉄道2線もこれに倣った。1975年住居表示実施に伴う町名変更の際、新宿区は駅周辺の町名をそれまでの諏訪町、戸塚町一~四丁目などから、駅名と同じ高田馬場に変更して一丁目~四丁目を割り振った。しかし、史跡の高田馬場跡は西早稲田三丁目となったため、町名と史跡の場所が一致しなくなった。

読み[編集]

史跡の高田馬場は慣習的に「たかのばば」と呼ばれ、付近の通称地名もこのように呼ばれていたが、駅名等の浸透により「たかのばば」が一般化している。 ちなみに落語の演目『高田馬場(高田の馬場)』では「たかのばば」、大手銀行支店名や郵便局名では、三菱東京UFJ銀行みずほ銀行が「たかのばば」、三井住友銀行郵便局が「たかのばば」の呼称を使用している。

東京・小石川に生まれた作家の永井荷風は日記『断腸亭日乗』の中で「…秋葉ヶ原に停車場あり。これをアキハバラ駅と呼ぶ。鉄道省の役人には田舎漢多しと見えたり。高田の馬場もタカダと濁りて訓む」と記し[2]秋葉原を「あきはばら」、高田馬場を「たかだのばば」と読ませるのは、鉄道省の役人に東京の地名に疎い田舎者が多いからだろうと評している。

住居表示実施に伴う町名の変遷[編集]

住居表示実施後
(1975年6月1日~)
住居表示実施前(各町名ともその一部)
淀橋区 牛込区
高田馬場一丁目 戸塚町二丁目、戸塚町三丁目、諏訪町
高田馬場二丁目 戸塚町二丁目、戸塚町三丁目
高田馬場三丁目 戸塚町三丁目、戸塚町四丁目、下落合二丁目、柏木五丁目
高田馬場四丁目 戸塚町三丁目、戸塚町四丁目
戸塚町一丁目(住居表示は未実施)
西早稲田一丁目 戸塚町一丁目
西早稲田二丁目 戸塚町一丁目、戸塚町二丁目、諏訪町 高田町(全域)、戸山町
西早稲田三丁目 戸塚町一丁目、戸塚町二丁目

歴史[編集]

広重「名所江戸百景」に描かれた高田馬場

「高田馬場流鏑馬(やぶさめ)畫図」を引用した江戸期の随筆「蘿月庵國書漫抄」には、射手の武士名や介添、弓指、的立、馬の種類などが記載されている。それによれば射手の名は一番「能勢河内守源頼忠」、二番「宮城越前守大江和忠」、三番「萩原主水正菅原雅忠」・・・などである[3]

史跡の「高田馬場跡」はかつての戸塚村の中、現在の新宿区西早稲田一丁目5の一部、および三丁目1~2、12~14番付近(地図)にあたり、広さは東西へ6町(約650m)、南北へ30余間(約55m)。横長の形状をしていた。

沿革[編集]

隣接自治体・行政区[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

都営バス

カッコ内の停留所は町域外。

  • 学02:高田馬場駅前 - 早大正門
  • 高田馬場駅前 - 高田馬場二丁目( - 早大正門)
  • 飯64:小滝橋車庫前 - 九段下
  • 上69:小滝橋車庫前 - 上野公園
  • (小滝橋車庫前 - )小滝橋 - 高田馬場四丁目 - 高田馬場三丁目 - 高田馬場駅前 - 新宿区社会福祉協議会前 - 高田馬場二丁目( - 九段下/上野公園)
  • 高71:高田馬場駅前 - 九段下
  • 高田馬場駅前 - 高田馬場駅通り - 新宿区スポーツセンター入口 - 学習院女子大学前( - 九段下)
  • 池68:池袋駅東口 - 渋谷駅東口/早稲田
  • 早77:早稲田 - 新宿駅西口
  • (池袋駅東口/早稲田 - )高田馬場二丁目 - 学習院女子大学前( - 渋谷駅東口/新宿駅西口)

学習院女子大学前バス停は、地下鉄西早稲田駅と同じ場所にある。

関東バス
  • 百01:高田馬場駅 - 東中野駅
  • 高田馬場駅前 - 高田馬場駅通り - 高田馬場四丁目( - 東中野駅)

道路[編集]

地形[編集]

主な建物・施設[編集]

以下の施設は、住所上の所在地としては高田馬場ではない。

物語への登場[編集]

手塚治虫の代表作『鉄腕アトム』の主人公・アトムが、2003年4月7日に高田馬場で誕生したという設定になっていること、手塚プロダクション本社が高田馬場にあることに因み、山手線高田馬場駅の発車ベルは鉄腕アトムの主題歌のメロディーとなっている(なお、手塚プロダクションのスタジオがある新座駅でもこのメロディーが採用されている)。 また、早稲田口を出たガード下に手塚キャラクター総出演の大きな絵が掲示されている。

柳美里の小説「山手線内回り」(2007年)の『JR高田馬場駅戸山口』の舞台になったことでも知られる。都営戸山ハイツや箱根山も本文に登場する。

金田一少年の事件簿の登場人物の1人が高田馬場のアパートに住んでる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 住民基本台帳の町丁別世帯数及び男女別人口(日本人と外国人の合計) 新宿区
  2. ^ 永井荷風「断腸亭日乗」の大正15年(1926年)7月12日の記述
  3. ^ 尾崎雅嘉「蘿月庵國書漫抄」吉川弘文館(日本随筆大成 巻2)、1927年,417頁

外部リンク[編集]