早稲田鶴巻町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 新宿区 > 早稲田鶴巻町
早稲田鶴巻町
—  町丁  —
早稲田鶴巻町の位置(東京23区内)
早稲田鶴巻町
早稲田鶴巻町
早稲田鶴巻町の位置
座標: 北緯35度42分30.49秒 東経139度43分32.48秒 / 北緯35.7084694度 東経139.7256889度 / 35.7084694; 139.7256889
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Shinjuku, Tokyo.svg 新宿区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 5,712人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 162-0041[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬

早稲田鶴巻町(わせだつるまきちょう)は、東京都新宿区町名[4]。「丁目」の設定のない単独町名である。住居表示未実施。郵便番号は162-0041[2]

地理[編集]

新宿区の北部に位置する。地域北部は、概ね新目白通りに接し、文京区関口一丁目に接する。地域東部は、新宿区榎町・新宿区山吹町にそれぞれ接する。南部は新宿区早稲田町に接する。西部は、新宿区戸塚町一丁目に接する。地域中央部を東西に早大通りが通っている。また、地域内にある新目白通りとの交差点である鶴巻町交差点を始点として外苑東通りが南に向かって通っている。地域内の多くは住宅地となっている。また地域内には印刷製本関連の企業も見ることができる。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)の公示地価によれば、早稲田鶴巻町523番6の地点で67万6000円/m2となっている[5]

歴史[編集]

1300年正安2年)より1460年寛正元年)まで、現在の元赤城神社の地に赤城神社が存在したが、当時は田島村と呼ばれていた。江戸時代早稲田村に属し、小

名として鶴巻が存在した。1891年明治24年)早稲田鶴巻町となる。早稲田大学開校後は学生街として発展し、当町のヨーロッパ軒で初めてソースカツ丼を売り出したという逸話があるほか、学生用の下宿屋が多く、井伏鱒二は自身の学生時代を『牛込鶴巻町』に著している。

地名の由来[編集]

元禄の頃小石川村において田で鶴の放し飼いを行っており、早稲田村にも飛来したので、当地に鶴番人を置いたことによると伝わる。「鶴」を本来は「水流」であるとし、かつて当地を流れていた蟹川と結び付ける説もある。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
早稲田鶴巻町 3,830世帯 5,712人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

番地 小学校 中学校
全域 新宿区立鶴巻小学校 新宿区立牛込第二中学校

交通[編集]

当地域に鉄道駅はないが、東京メトロ東西線早稲田駅東京メトロ有楽町線江戸川橋駅都電荒川線早稲田停留所が利用可能な範囲にある。

施設[編集]

かつて存在した施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 住民基本台帳人口 町丁別世帯数及び男女別人口”. 新宿区 (2017年12月1日). 2017年12月22日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月22日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、P880
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 通学区域”. 新宿区 (2017年9月19日). 2017年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]