馬場下町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 東京都 > 新宿区 > 馬場下町
馬場下町
—  町丁  —
馬場下町交差点(旧称・穴八幡交差点)
馬場下町の位置(東京23区内)
馬場下町
馬場下町
馬場下町の位置
座標: 北緯35度42分22.73秒 東経139度43分11.03秒 / 北緯35.7063139度 東経139.7197306度 / 35.7063139; 139.7197306
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Shinjuku, Tokyo.svg 新宿区
地域 牛込地域
標高 10m (33ft)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 509人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 162-0045[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬

馬場下町(ばばしたちょう)は、東京都新宿区町名[4]。丁番を持たない単独町名である。住居表示未実施。郵便番号は162-0045[2]

地理[編集]

新宿区の北部に位置する。町域北部は、戸塚町一丁目に接する。町域北東部・東部は、早稲田町に接する。南東部は、喜久井町に接する。南西部は戸山に接する。西部は、西早稲田に接する(地名はいずれも新宿区)。早稲田駅の出口の西側の一角に当たる。早稲田通り沿いなどには商店やビルが立ち並んでおり、付近は早稲田大学への通学者等で人通りが多い。道路から離れると住宅が見られる。

早稲田通りが通っている。また町域内にある早稲田通りとの交差点である馬場下町交差点(旧・穴八幡交差点)を始点として諏訪通りが西へ向かって伸びている。同じく町域内にある早稲田通りとの交差点である早稲田駅前交差点を始点として夏目坂通りが南に向かって伸びている。

歴史[編集]

町の位置が「高田の馬場」から下る八幡坂の下にあったことによる。

牛込村。正保二年(1645)蔭涼山済松寺領となったが、延享二年(1745)町奉行支配となり牛込馬場下横町を称した。明治2年正覚寺門前を、同5年南側の士宅を、同13年下戸塚村658~677番地を併合し、同44年から牛込の冠称を外して今日に至ってる。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
馬場下町 321世帯 509人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番地 小学校 中学校
全域 新宿区立早稲田小学校 新宿区立牛込第二中学校

交通[編集]

東京地下鉄早稲田駅

早稲田通り下に東京メトロ東西線早稲田駅がある。早稲田通り沿いなどにバスの便もある。

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 住民基本台帳人口 町丁別世帯数及び男女別人口”. 新宿区 (2017年12月1日). 2017年12月22日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月22日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、P878
  5. ^ 通学区域”. 新宿区 (2017年9月19日). 2017年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]