信濃町 (新宿区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯35度41分 東経139度43分 / 北緯35.68度 東経139.72度 / 35.68; 139.72

日本 > 東京都 > 新宿区 > 信濃町 (新宿区)
信濃町
—  町丁  —
JR信濃町駅
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 東京都
特別区 新宿区
地域 四谷地域
人口 (2015年(平成27年)12月1日現在[1])
 - 計 927人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 160-0016 

信濃町(しなのまち)は、東京都新宿区町名

地理[編集]

町域にはJR総武線(各駅停車)信濃町駅があり、外苑東通りを境界として西側には慶應義塾大学病院、東側には創価学会の本部や多数の関連施設が所在することで知られる。

新宿区の南部に位置する。町域北部は、須賀町と一部左門町に接し、東部から南東部にかけては、南元町に接する。東部の一部は、若葉三丁目に接している。南部は、JR中央線線路などを境に、霞ヶ丘町に繋がり、西部は大京町に繋がる。

外苑東通りの西側は、慶應義塾大学病院・慶應義塾大学信濃町キャンパス(医学部)や東京電力病院民音音楽博物館などが見られる。反対に地域南部の外苑東通りの東側では、創価学会本部など創価学会の関連施設が立ち並ぶ地域となっており、「学会村」とも呼ばれる[2]。地域の南端付近には総武線(各駅停車)の信濃町駅がある。

町域中央を外苑東通りが縦貫している。幹線道路沿いは、各種ビルが立ち並ぶが、道路から離れると、北部は住宅地になっている。

  • 宗教事情や政界事情を語る際、創価学会のことを本部がある所在地である「信濃町」という隠語で表現することがある(政界に関しては公明党を指す。政界隠語として各党の本部を所在地で表すことはよくある)。
  • 「信濃町商店振興会」加盟店のステッカーは創価学会のシンボルである三色旗と同じくの三色である[2]。また、町内ではこの三色をワンポイントとして用いた商店等の看板が随所に見られる。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

地名の由来は、当地に江戸時代幕臣永井尚政信濃守)の屋敷があったことによっている[2]

沿革[編集]

  • 1873年明治6年)外苑東通りを境に四谷東信濃町と千駄ヶ谷西信濃町ができる。
  • 1879年(明治12年)千駄ヶ谷西信濃町は千駄ヶ谷村に編入され、同村の字となる。
  • 1889年(明治22年)旧千駄ヶ谷西信濃町が四谷区に再編入される。
  • 1891年(明治24年)四谷区千駄ヶ谷村字西信濃町と字火薬庫前をもって四谷西信濃町ができる。
  • 1911年(明治44年)「四谷」の冠称廃止。
  • 1943年昭和18年)東信濃町と西信濃町が合併し、信濃町となる。
  • 1953年(昭和28年)元イタリア大使館武官邸を購入し、創価学会本部が信濃町に移転。
  • 2013年平成25年)創価学会の新しい本部施設として建設された「総本部」の中心施設が完成し、「広宣流布大誓堂(こうせんるふ・だいせいどう)」と命名される。なお、「総本部」の名称は、信濃町全域にある創価学会の施設の総称として位置づけられた。

町名の変遷[編集]

1872年(明治5年)7月
1879年(明治12年)4月 1891年(明治24年)3月 1911年(明治44年)5月 1943年(昭和18年)4月
四谷東信濃町 東信濃町 信濃町
千駄ヶ谷西信濃町 南豊島郡千駄ヶ谷村)
字西信濃町
(四谷区に編入)
四谷西信濃町
西信濃町
千駄ヶ谷一丁目 (南豊島郡千駄ヶ谷村)
字火薬庫前
行政区分の変遷

施設[編集]

慶應病院
東京電力病院
創価学会・広宣流布大誓堂
旧・西信濃町地区
旧・東信濃町地区

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 住民基本台帳の町丁別世帯数及び男女別人口(日本人と外国人の合計) 新宿区
  2. ^ a b c 古川利明 『システムとしての創価学会=公明党』(第三書館 1999年10月25日) ISBN 978-4807499229

外部リンク[編集]